DMM FXにおけるロスカットの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
DMMのロスカットの基準はどうなの?

FXをする際に押さえておくべき項目、それがロスカットです。ロスカットが適用されるということは自身が相当な損失を被っていることを把握、理解しておかなければなりません。

今回はDMM FXをする際に抑えておくべきロスカットについて解説していきます。

FXは変動する資産

FXは変動する資産のようなものであり、利益が出ることもあれば、もちろん損失も出ることも必ずあります

それゆえに、ロスカットが適用されるということはロスカットのときに顧客が取引開始時点でのポジションにおける為替レートから大幅に下落していることになります。ロスカットが適用されるということはこれ以上顧客自身が受ける損失を防ぐという措置です。

為替市場が下落することによって損失が発生した時点から翌営業日までに追加証拠金以上の金額を入金ができなかった場合、その時点で強制決済するロスカットルールが適用されます。

ロスカットが適用されることにより自身の保有しているポジションの損失を最小限に抑え、再起を図るといった行動をする顧客もいます。

DMM FXのロスカットライン

DMMFXのロスカットに基準は50%!

ロスカットが適用される条件

DMM FXのロスカットのボーダーラインは取引開始時から約50%以上の損失が発生した時点で適用されます。

FXのような外貨為替によって利益を発生させることを目的としている取引においては、損失を被ることもあります。しかもリアルタイムで変動します。ロスカットになるボーダーラインの50%以上の損失の計算方法と判断基準を解説します。

ロスカットになる基準

まず自身が保有している純資産額(これは預託している証拠金(預託証拠金といわれている)から損失を差し引いたものであり現時点での保有額)を差し引いた額が、証拠金(いわゆる取引を維持する費用)になり、取引開始時の50%を切ることでロスカットが行われます。

この比率は「DMM FX」独自の数値になりますので、注意してください。

まとめ

ロスカットとはFXで取引を行う顧客にとって多大な損失を被ることを防ぐ最後のボーダーラインあり重要な決まり事になります。

取引上過度の損失が発生し、それ以降の取引で多額の借金を背負ってしまうという最悪の事態を引き起こさないためにもDMM FXのロスカットをきっちりと理解しておきましょう。

DMMFX

 

平沢 岳史
平沢 岳史
20歳ながらライター歴3年、若手プロライターとしてランサーズ、SNSなどから多数依頼を受ける。特に「資産運用、IT、医療、スポーツ」関係に強く、某サイトでは1万PVも達成。常時ご依頼受付中。
ご連絡は こちら

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る