FXのリスクを回避するには?5つのリスクとヘッジの方法6つを解説

FXのリスクを回避するには?5つのリスクとヘッジの方法6つを解説

この記事で解決できる悩み

  • FXのヘッジとは?
  • リスクヘッジすべき理由とは?
  • リスクヘッジのやり方が知りたい

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する『FXのリスクヘッジの方法6つ』を理解すれば、誰でもリスクヘッジできるようになります。

なぜなら私もリスクヘッジで損失のリスクを抑えられるようになったことで、大きな利益を獲得できるようになったからです。

それでは以下で『FXのリスク5つとヘッジのステップ4つ』について紹介しますね。

少額から取引したい!』という方は、『リスクヘッジに最適!少額取引ができるFX会社3選』をクリックすれば該当箇所に飛びます!

FXのリスクは怖いなあ。具体的な対策方法を教えてほしい!
FXに有効なリスクヘッジがあるのよ!これから紹介するわね!

【前提】ヘッジ取引とは?外貨預金とFXの関係性

ヘッジ取引とは、外貨預金などの現物取引で発生するリスクを、FXなどの先物取引を利用して回避することをいいます。

そもそも「ヘッジ」とは、回避する意味を持っています。

皆さんも「リスクヘッジ」なら聞いたことがありますよね。

この記事で解説するのは、FXで発生し得るリスクに対し、ヘッジ(回避)する方法です。

FXでリスクヘッジをすべき理由

FXはリスクヘッジが欠かせません。

リスクヘッジがあれば為替変動により投資対象から円に換算する時に、資産価格も変動してしまうといった影響を避けられます

たとえばドル円の取引を行っていた場合に、為替変動によって円ベースの資産価格も変動してしまう可能性があります。

その際リスクヘッジを行なっておけば、大損せずに済みますよ。

【ヘッジを知る前に】FXのリスク5つ

 ヘッジの方法を知る前に、FXのリスクについても把握しておきましょう。

理由はFXにどんな問題があるのかを一通り把握しておくのも、リスクヘッジのために必要だからです。

以下で、FXのリスク5つについて紹介しますね。

FXのリスク5つ

  •  為替変動
  • 金利変動
  • レバレッジ
  • オンライン
  • 流動性

リスク1:為替変動

1つ目は、『為替変動』のリスクです。

為替相場の変動によって、取引している通貨の相場が自分の予想外の方向へ変動してしまう可能性があります。

値動きの変動が激しい通貨にも関わらず大金を投資していると、急変動した際に大損してしまうので注意しましょう。

取引に最適な投資額については、のちほど詳しく紹介しますね。

リスク2:金利変動

2つ目は、『金利変動』のリスクです。

金利変動のリスクとは、自分が扱っている通貨の国の金利が変わってしまうリスクです。

スワップ金利は、安い通貨を売り、高い通貨を買った時には金利が得られます。

しかし金利の安い通貨を買った時、あるいは高い通貨を売った場合は払わなくてはいけません。

そのためスワップ運用しているトレーダーの方は、扱っている通貨の国の政策金利発表を逐一確認しておきましょうね。

リスク3:レバレッジ

リスク3:レバレッジ

3つ目は、『レバレッジ』のリスクです。

レバレッジリスクとは、レバレッジを高く設定して、取引をしたために起きてしまうリスクです。

レバレッジは自分の予想が当たれば大きな利益ですが、外れてしまった場合は大きな損失になってしまうので注意が必要になります。

安全に取引するためにも、レバレッジの倍率は1~3倍に設定して取引するようにしましょうね。

リスク4:オンライン

4つ目は、『オンライン』のリスクです。

インターネットなどの通信障害や通信機器の故障によって、思った通りの取引注文ができなくなってしまう状況です。

ネット状況が悪いと「急に接続が切れてしまう」「画面がカクカクしてしまう」などの問題が発生し、相場が急変動した際に対処できない場合もあります。

取引できない環境を避けるためにも、複数の回線をあらかじめ用意しておきましょうね。

リスク5:流動性

5つ目は、『流動性』のリスクです。

流動性リスクとは、その通貨の取引参加者が少なくなり、売買をするタイミングが限定されてしまう可能性です。

そうなると売り手と買い手の割合が不均衡になってしまい、取引が成立しなくなり、大損する可能性が高くなります。

回避するためには、流動性の高いメジャー通貨を使うようにして、マイナー通貨はなるべく扱わないようにしましょうね。

メジャー通貨ペア3つ

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/ドル

FXで効率よくリスクヘッジするためのステップ4つ

FXで効率よくリスクヘッジをするための4つのステップを紹介します。

FXにおいて効率的なリスクヘッジのステップを知っておくと、安心してFX取引が可能になるので、チェックしておきましょうね。

step
1
FXについて勉強する

step
2
分析の方法を知っておく

step
3
メジャー通貨で取引する

step
4
少額で取引する

ステップ1:FXについて勉強する

1つ目のステップは、FXについての基礎知識を勉強することです。

なぜならFX取引をするうえで基礎を身につけておかないと、問題が発生した場合、対処できず大損してしまう可能性があるからです。

少なくとも以下の単語の意味は覚えておきましょうね!

覚えておくべき単語4つ

  • チャート
    →過去の為替の価格や時間をグラフに書き表したもの。
  • 通貨ペア
    →売買する2ヶ国の通貨を組み合わせたもの。
  • レバレッジ
    →「てこ」を表し、少ない資金で大きな取引が可能なので、買ったら大きな利益だが、負けたら設定した倍率損するため扱いには注意が必要。
  • ロングとショート
    →ロングとは、買うまたは買いポジションを保有すること。
    →ショートとは、売るまたは売りポジションを保有すること。
以下に「FX初心者が学ぶべき基礎用語」について詳しく記載しているので、ぜひ読んでみてくださいね!

あわせて読みたい

fx 安全
FX初心者が安全に運用するための基礎知識2つと対策4つを解説
この記事で解決できる悩み FXを安全運用するために知っておきたい情報は何? FXを安全運用すると得られるメリットとは? FXの安全運用に必要な対策は何なのか? といった悩みを解決できる記事です。 この ...

続きを見る

ステップ2:分析の方法を知っておく

ステップ2つ目は、相場の分析方法の把握です。

なぜなら分析ができれば、相場の変動を予想して勝率をあげられるからです。

ギャンブル投資をしていても勝率は上がらず、損する割合が高くなってしまいます。

利益を出すためにも以下の分析2つは徹底しましょうね。

FXの2種類の分析

  • テクニカル分析
    →過去の相場からチャートの動きを予測する分析方法。
  • ファンダメンタルズ分析
    →経済指標を見たりなど、経済の動きから相場の変動を予測する分析方法。

ステップ3:メジャー通貨で取引する

3つ目のステップは、メジャー通貨での取引です。

理由はメジャー通貨と呼ばれる先進国の通貨は、財政破綻するリスクも低く、急変動する可能性も少ないからです。

また市場での取引量も多く流動性が高いので、相場が急変動する恐れが少なく安定した利益を稼げますよ!

ぜひ以下のメジャー通貨ペアで、取引してみてくださいね。

【メジャー通貨ペア3つ】

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/ドル

ステップ4:少額で取引する

ステップ4つ目は、少額での取引です。

なぜなら大金で取引をしてしまうと、相場が急変動した際に適切な判断ができず、大損する可能性があるからです。

そのため取引に使用する金額は最初に決めて、使いすぎないように注意しましょう。

のちほど少額取引可能なオススメFX会社を紹介しますね。

知っておいて損はない!FXリスクヘッジの方法6つ

以下でFX取引におけるリスクヘッジの方法を6つ紹介します。

先ほど紹介した4つのステップに加えて、リスクヘッジの方法も知っておくと、隙のないリスク管理が行えるようになります。

知っておいて損はありませんので、あらかじめ把握しておきましょうね。

FXリスクヘッジ6つの方法

  • 2%ルールを使う
  • レバレッジは1〜3倍で取引する
  • 余剰資金で取引を行う
  • 逆指値注文(ストップ注文)を使う
  • 時間分散投資を行う
  • 地域分散投資を行う

方法1:2%ルールで損切りをする

1つ目の方法は、2%ルールを使った損切りです。

2%ルールとは、1回の取引での許容損失額を資産の2%にして、それ以上損失した場合は損切りするルールです。

含み損になっているのにも関わらずいつかは上がるかもと期待していると、上がらなかった場合、大損してしまいます。

損切りはルールを決めて徹底しましょうね!

方法2:レバレッジは1〜3倍で取引する

方法2つ目は、1~3倍のレバレッジで取引しましょう。

先ほどのレバレッジのリスクでも解説したように、レバレッジは予測が当たれば大きな利益になりますが、外れてしまったら大損してしまいます。

ハイリスク・ハイリターンのような危険な取引を避けるためにも、レバレッジは1~3倍に抑えて取引しましょう。

1〜3倍であれば、利益も大きく、損しても大損することはありませんよ。

方法3:余剰資金で取引を行う

方法3:余剰資金で取引を行う

3つ目の方法は、余剰資金での取引です。

余剰資金とは、自己資産から生活費や備えとして必要なお金以外の余りのお金を意味します。

理由は為替変動のリスクでも解説したように、大金で取引するため生活に必要な資金まで削ってしまうと、大損した際に借金をしなければならなくなるからです。

大損を回避するためにもFXは画像の「ふやす」にもあるように自己資産の10%~40%の余剰資金で取引しましょう。

自己資産の40%なら生活に支障は出ないので、安心して取引できますよ!

方法4:逆指値注文(ストップ注文)を使う

方法4つ目は、逆指値注文(ストップ注文)です。

逆指値注文は、あらかじめ設定した価格に対して上がったら買う、下がったら売るなど、自動で注文確定が可能な方法です。

損切りを目的として使用されるケースが多く、自分で損切りをするのが難しい方にオススメですよ!

逆指値注文について詳しく知りたい方は、以下の記事に記載してありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

あわせて読みたい

逆指値のサムネ
【逆指値注文とは?】指値注文の違いと初心者におすすめの活用術
「FXで儲けるためには逆指値が必須」と言われるほど重要な注文方法です。トレンドに乗って儲ける順張りには必要不可欠です。今より高い値段で買う、今より安い値段で売る。これが逆指値です。逆指値注文を制せばFXのリスクを抑えられる!?そんな逆指値を知ろう。

続きを見る

方法5:時間分散投資を行う

方法5:時間分散投資を行う

5つ目の方法は、投資するタイミングを分散させる時間分散投資です。

投資をする額とタイミングを分散させておけば、為替の急変動による大きな損失は回避可能になります。

とくに大金を投資する際に最適で、一度に大損するリスクがなくなり、安心して取引を行えます。

投資経験の浅いうちは予想が外れる場合も多くあるので、FX初心者も失敗しても損失を軽減できますよ!

方法6:地域分散投資を行う

方法6:地域分散投資を行う

6つ目の方法は、投資先を一か所に限定せずに複数の地域・通貨に分ける地域分散投資です。

投資先を一か所に限定せず複数の地域や通貨ペアに分けて投資すると、特定通貨の為替変動による損するリスクを分散できます。

たとえば米ドルとトルコリラと英国ポンドに投資しておけば、トルコリラが急落しても米ドルと英国ポンドでリスクヘッジ可能です。

時間分散投資だけでなく、地域の分散もリスクヘッジに繋がりますよ!

リスクヘッジに最適!少額取引ができるFX会社3選

以下で1,000通貨単位からの少額取引できるオススメFX会社3選を紹介します。

4つのステップで解説したようにリスクの少ない取引をするためには、少額取引は欠かせませんよ!

少額取引できるFX会社3選

最低4円から取引できる:SBI FXトレード

SBI FXトレード

SBI FXトレードは、最低4円から取引したい方にオススメのFX会社です。

1通貨単位から取引が可能なので、最低4円から取引でき、初期資金の少ない方でも大丈夫です。

そのためリスクを抑えた取引をしたいトレーダーには最適!

少額取引かつ経験を積んで勝率を高めたい方にはオススメですよ。

スマホメインで取引するなら:YJFX!

 YJFX!は、少額かつセキュリティー面でも安心のおける環境で取引がしたい方にオススメのFX会社です。

ヤフーグループが運営しているFX会社なので、多くのトレーダーから信頼されています。

分析ツールも豊富で、使いやすいとトレーダーにも評判です。

さらに取引の回数に応じて、現金かPayPayがもらえるといった特徴もあるので、キャンペーンが充実しているFX会社で取引したい方にもオススメですよ!

セミナーで勉強しながら取引できる:外為オンライン

外為オンライン

 外為オンラインは、セミナーで勉強しながら取引したい方にオススメのFX会社です。

オンラインだけでなく、オフラインでも地方各地で無料FXセミナーの開催をしているので、自宅から近い会場で教えてもらえます。

また独自の自動売買ツールである『iサイクル2取引』を運営しているといった特徴があり、自動売買に興味のある方に最適!

FX初心者や勉強をして知識を身に着けながら取引をしたい方にオススメですよ。

FXでヘッジをする際の注意点2つ

FXでヘッジする場合は、2つの注意点があります。

誤った方法のままだと、余計に損失を増やす結果につながるので、以下で確認しておきましょう。

ヘッジをする際の注意点2つ

  • 負けを取り戻すトレードはヘッジではない
  • ヘッジファンドの存在にご用心

注意点1:負けを取り戻すトレードはヘッジではない

1つ目の注意点は、リスクヘッジの際に負けを取り返すための感情的なトレードはしてはいけないことです。

なぜなら負けを取り返すためのトレードは、冷静なトレードではないからです。

FX取引で負けてしまうときもありますが、負けてしまった場合、取引から一時撤退して敗因を分析しましょう。

次のトレードに活かせるように戦略を改善していれば、勝率は上がっていきますよ!

注意点2:ヘッジファンドの存在にご用心

注意点2つ目は、ヘッジファンドの存在には注意しましょう。

ヘッジファンドとは、投資家から集めた資金を運用して利益を出す組織で、手段を選ばず利益を出したり、売りから入るのが特徴です。

注意が必要な理由は、ヘッジファンドはいざとなれば、莫大な資金力で相場を動かせるからです。

何のイベントも事件もないにもかかわらず、大幅に下落すれば、ヘッジファンドが介入した可能性があります。

急激に下落させられ大損しないためにも、逆指値で損切りポイントを設定したり、対策を講じておきましょうね。

FXで勝率を高めるにはヘッジが重要

上記で紹介した『リスクヘッジの方法』を理解していただくと、今後は大損することはなくなり、取引の勝率を高められます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

リスクヘッジのポイント3つ

  • レバレッジは1〜3倍で取引する
  • 損切りは2%ルールで行う
  • FXは余剰資金で取引する

少額取引できるFX会社3選

FXで利益を出すには、リスクヘッジは欠かせません。

いくら利益が出ても損失が勝っていては、全体から見たらマイナス。

そのためにも『損小利大』を意識した取引を心がけてくださいね。

『リスクヘッジ』について理解できたら、次は『勝率40%アップに必要な3つの方法』の記事を読んでみましょう。

損小利大で意識すべきポイントがすぐにわかりますよ!

あわせて読みたい

【FXで大事なのは損小利大】勝率40%アップに必要な3つの方法
この記事で解決できる悩み FXの勝率を上げる方法が知りたい 勝てない原因を知りたい 勝率を上げてトータルで利益を出したい といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事で解説する「FXの勝率の ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木 教弘

荒木 教弘

当サイト編集長。株・FXトレード歴は約10年。プログラマ経験を活かし、MT4を使った自己流のチャート分析でトレードを開始。すぐに大きく利益を出したが、それ以上の損失を出して資産を減らす、という投資初心者にありがちな失敗を経験。現在は、一回の取引に一喜一憂せず、堅実に利益を積むように心掛けてトレードを継続中。

-初心者おすすめ

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.