FX 1ロットはいくらの損益?損しないための注意点3つと計算方法

1ロットはいくらになるの?

この記事で解決できる悩み

  • FXのロットについて教えて欲しい
  • ロットと通貨単位は違うの?
  • ロットを変えると何が変わるのか知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「FXのロットはどう計算するのか」を理解すれば、FX初心者でもロットに迷わずにFXが始められます。

なぜなら、私もこの方法でロットの仕組みを理解して、FXを始める時に戸惑いたくないという悩みを解決できたからです。

それでは、以下で「FXのロットの仕組み」について紹介します。

今すぐにロット数別のオススメFX会社を知りたい方は、『初心者向き!オススメFX口座BEST3』のリンクを押せば飛べますよ!

FXのロット(Lot)とは

ロットってよく聞くけど、いったい何のこと?
FXでのロットとは、「取引単位」のことです。英語で書くと「lot」で、日本語に訳すと「まとまり」や「単位」という意味になりますよ。
実際は「米ドル円を1ロット買う」や「豪ドル円を10ロット決済する」といった使い方をしますね。
このようにロットは、「どれぐらいの量を取引したのか」を判りやすくするために必要な単位ですよ!

1ロットは1万通貨と同じ

FXで「1ロット」というと、基本的には1万通貨分を意味します

1万通貨は、米ドル円の通貨ペアの場合は1万米ドル、ポンド円の通貨ペアなら1万ポンドを指します。

注意ポイント

FX会社によっては1ロットが1万通貨以外を意味するなど、ロットの基準が違うことがあります。

具体的な違いについては後ほど紹介するので、しっかり理解してください。

1ロットの値段は通貨ペア・為替レートで変わる

1ロットの値段は、通貨ペアとその時の為替レートによって変動します

例えば、1米ドル円=105円の時に1ロット買うとすると、1ロット=1万米ドルは日本円だと以下の取引になります。

見出し

105円×1万米ドル=105万円

これが1米ドル円=100円であれば、1ロットは以下のように減ります。

見出し

100円×1万米ドル=100万円

FXでロットが使われている理由

ロットが使われる理由は、通貨量で表すと桁数が多くなるので、桁数を減らして数量の認識間違いや取引操作ミスを防ぐためです。

例えば、20Lotをロットを使わずに通貨量で書くと「200,000通貨」となり、0が多くなりますよね。
さらに取引量が増えるとどうなると思いますか?
0がまた増えて…注文のときに桁数を間違えちゃうかも!
このようなミスを防ぐために、ロットを使って単位をまとめているのです。

ロットの変動はいくらのFX損益になるのか

ロットを増やせば増やすほど、為替レートの変動による損益は大きくなります

例えば1米ドル円=100円から105円に上昇し、見事5円分稼げたとします。取引量が1ロットの場合の利益は、このようになりますね。

見出し

1ロット×1万米ドル×5円=5万円

取引量を10ロットに増やした場合の利益は、このように増えます。

見出し

10ロット×1万米ドル×5円=50万円

つまり、ロットを10倍にすれば利益も10倍、ロットを100倍にすれば利益も100倍になるのです。

ただし、あまりロットを増やしすぎると、失敗した時の損失も大きくなるので注意してください。

 1pipsの変動10pipsの変動100pipsの変動
1ロット100円1,000円1万円
10ロット1,000円1万円10万円
100ロット1万円10万円100万円

レバレッジを使うFX ロットの計算方法

レバレッジを使う時のロットは、次のように計算します。

見出し

1:1ロットあたりの必要証拠金=現在の為替レート×取引量×レバレッジ倍率

2:取引可能なロット数=証拠金残高÷1ロットあたりの必要証拠金

具体的に以下のケースで計算してみましょう。

見出し

1米ドル円=100円、1万通貨単位、レバレッジ25倍、口座資金100万円とすると、

1:100円×1万米ドル÷25倍=40,000円

2:100万円÷40,000円=25ロット

と計算できます。つまり、資金100万円あれば25ロット取引できることが判りますね。

FX相場に合わせてロット数を調整しよう

相場が読みにくい時にロット数を増やすと、レートが予想と反対方向に振れた場合、損失が大きくなります

逆に、相場が予想しやすい時に絞ってロットを増やすと、大きな利益が狙えます。

このように、相場の状況に合わせてロットの数を調整するのが大事です。

根拠が薄いのに、欲張ってロットを大きくして大損する初心者が多いので、気をつけてください。

FX ロットについて3つの注意点

よーし、ロットの計算方法はバッチリだよ!
では次にロットに関する注意点を知っておきましょう。以下の3点に注意してくださいね。

ロットの注意点

  • 注意点1:FX会社によってロット数に差がある
  • 注意点2:ロット数には上限がある
  • 注意点3:キャッシュバックキャンペーンでは取引条件のロット数に注意

注意点1:ロット数はFX会社によって違う

先ほど1ロットは基本的に1万通貨だと説明しましたが1ロットがいくらの通貨単位なのかはFX会社が定める最小取引単位によります。

その理由は、1万通貨単位以外にも1,000通貨単位から取引できるFX会社があるからです。

また、トルコリラ・南アフリカランド・メキシコペソといった新興国通貨は価値の低さを理由に、1ロットが10万通貨単位のFX会社もあるので要注意です。

大ロット・小ロットの違い

大ロットと小ロットの違いは、1万通貨単位なのか、1,000通貨単位なのかです。

初心者がFXを始める場合には、1,000通貨単位の小ロットから始めましょう。

なぜなら、1万通貨の大ロットよりも失敗した時の損失額が少なくて済むので、リスクを抑えてトレードの経験を積みやすいからです。

大ロットで取引するのは、もっと経験を積んで取引に慣れてからにしましょう

 1,000通貨単位1万通貨単位
FX会社の例外為オンラインDMMFX
メリット損失が小さい
トレードの経験が積みやすい
利益は多い
デメリット利益は少ない損失が大きくなる

注意点2:FX ロット数は上限がある

FX会社によって1度の取引で扱えるロット数の上限があります

例えば、SBI FXトレードは1,000ロットまで、YJFX!は200ロットまでと決まっています。

取引数量の上限は各FX会社の公式サイトに記載されているので、実際に取引を始めるまでに必ず確認しておきましょう

注意点3:FX会社のキャッシュバックはロット数の条件が多い

FX会社が行うキャッシュバックキャンペーンの中には、取引したロット数でもらえる金額が決まる場合が多いです。

例えば「口座開設してから3ヶ月以内に500万通貨取引すると3万円キャッシュバック」と書かれていた場合、500万通貨=500Lotの取引を3ヶ月以内にしなければキャッシュバックが貰えませんよ。
え!?そうなんだ…
なのでキャッシュバックが欲しい場合は、FX会社のサイトに記載された条件をよく読みましょうね

ロット数別!初心者向きのオススメFX口座BEST3

1000通貨単位で低リスクに稼ぐなら:みんなのFX

みんなのFX

みんなのFXは、少額で取引したい人、FXの練習として低コストのFX会社を探している人、FX初心者におすすめのFX口座です。

1,000通貨(約4,000円)単位で取引でき、スプレッドも業界最狭水準の米ドル/日本円0.2銭なので、低リスクに取引したい人に向いています。

また、スワップポイントも全通貨で高く設定されているため、長期運用にもいいですよ!

FX初心者でどの口座にしようか迷っている方は、みんなのFXで取引するのが絶対におすすめです。

1,000通貨単位で自動売買するなら:外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインは、サポートを受けながら取引したい人や知識があまりないFX初心者、中期トレード予定の人におすすめのFX口座です。

レベル別にオフラインセミナーを多数開催しており、私も行ったことがありますが実践的ですぐに使える手法を教えてもらえましたよ。

また、感情に惑わされてトレードしがちな人向けに、自動売買『iサイクル2取引』も用意されています。

勝率が高いと評判で、FX初心者からプロトレーダーまで幅広い層に人気がありますよ!

アナリストによる為替レポートなどの情報コンテンツも豊富にあり、情報収集にも困らないので人気のFX会社です。

1万通貨単位でしっかり利益を出すなら:DMMFX

DMMFX

DMMFXは、資金もしっかり持っていて、短期間で低コストに稼ぎたい人におすすめのFX口座です。

1万通貨単位ですがスプレッドは米ドル/円0.2銭なので、『手数料は最小がいい!でもしっかり利益も出したい!』人に向いていますよ。

取引通信簿という取引の分析をしてくれる独自ツールもあるので、相性のいい通貨ペアや今までの取引の問題点が一目瞭然でわかりますよ!

もちろん、安心の完全信託保全ですし、LINEサポートも24時間しているので、FX取引が怖い方でも安心して取引が可能です。

FXのロットのまとめ

上記で紹介した「FXのロット計算」を実践すると、今後はロットについて知りたいと悩むことは一切なくなり、自分で1ロットがいくらなのか計算できるようになります

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

この記事のまとめ

  • FXのロットとは取引の数量単位のことで、増やせば増やすほど損益の幅も拡大
  • 1ロットは原則1万通貨単位、しかしFX会社によって単位・取引の上限が違うので必ず確認すること
  • 実際に取引する時は、相場の状況を見てロット数を調整しよう

「FX会社によってロット数が違うのでややこしい」と最初は思うかもしれませんが、この記事で紹介した計算方法を一度身につけてしまえば、簡単に計算できるようになります

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木 教弘

荒木 教弘

当サイト編集長。株・FXトレード歴は約10年。プログラマ経験を活かし、MT4を使った自己流のチャート分析でトレードを開始。すぐに大きく利益を出したが、それ以上の損失を出して資産を減らす、という投資初心者にありがちな失敗を経験。現在は、一回の取引に一喜一憂せず、堅実に利益を積むように心掛けてトレードを継続中。

-FX初心者

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.