万能型テクニカル分析 FXのMACDで稼ぐ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
macd

FXの取引を行っていると、避けて通れないのが「テクニカル分析」です。

「頼れるものは己の感のみ」という方もいらっしゃると思いますが、安定して収益を上げるためには、感情によって左右されないものを導入する必要があります。

「テクニカル分析に手を出してみたいけど、どれから手を出していいのか分からない」という方、結構多いですよね。

私もFXを始めたばかりの頃は、テクニカル分析のメニューがあるのは見ていましたが、それがどんなものか調べてもよく分からず、なかなか手を出せずにいました。

今回は、そんなアナタのために、テクニカル分析入門に最適な、万能型の「MACD」について紹介していきます。

テクニカル分析をこれから始める方向けに解説していきますので、専門用語はよく分からないという方も安心してください。

MACDってそもそもなに?

MACD なに?

MACDとは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、「マックディー」と呼ばれます。

「移動平均線の収縮」で相場を読もうというものですね。

テクニカル分析とは、チャートの傾向から、「こういうパターンの後は上がりやすい」とか分析を行い、その目安(シグナル)をチャート上に補助的に表示するものです。

この「補助的に」というのがミソで、テクニカル分析というのは、その通りにやれば必ず当たるというものではありません。

自分の感覚ではこれから上がりそうだと思うけど、テクニカル分析はどうだろうか、経済指標や政治情勢などの「ファンダメンタルズ分析」はどうだろうと、自分の予想への根拠を高めるためのものです。

また、テクニカル分析の中にも、トレンドを察知するトレンド系と、レンジ相場で効果を発揮するオシレーター系という分類があります。

少し面倒くさく感じるかもしれませんが、慣れてくると見るべきポイントが分かってきますよ。

MACDと移動平均線

MACD 振り子

MACDは分類としてはオシレーター系のテクニカル分析です。

オシレーターというのは、振り子のことで、売られすぎ・買われすぎを知るための分析です。

偏差値みたいなもので、偏りを表します。

一方で、MACDのベースとなっているのは、移動平均線(Moving Average)と呼ばれるテクニカル指標です。

広く使われている移動平均線は、トレンドを知るためのテクニカル分析なのです。

それをベースにしているMACDは、オシレーター系でありながら、移動平均線の性質トレンドも知ることができるという万能型のテクニカル分析です!

今さら聞けない!移動平均線とは?

MACD 移動平均線

順を追って説明していくと、移動平均線というのは、指定した期間における終値の平均をグラフにしたものです。

移動平均線のポイントは、「指定した期間の」平均値ということ。

例えば、期間を20日間とした場合、昨日の値は、21日前から昨日までの終値の平均ということです。

何も知らずに眺めていたとき、私は「その日ごとの始値と終値の平均なのかな」ぐらいに思っていました。

さらに、移動平均線は、非常に使いやすいのですが、設定した期間が長くなればなるほど、直近の値が反映されにくくなります。

母数が多い中で平均を取るので、昨日や一昨日の終値に大きな高騰があっても、その影響はどうしても弱くなってしまいます。

移動平均線が本領発揮するのは、複数の期間設定をしたものを同時に表示したときです。

こうすると、15日と75日と200日間で設定した移動平均線は、それぞれ違う動きをします。

この交差と広がりを見て今後を予想するのが移動平均線の使い方です。

移動平均線の種類

移動平均線 種類

実は、移動平均線には種類があります。

MACDのベースとなっているのは、「EMA」という種類の移動平均線なのですが、これも順番に説明していきますね。

単純に、設定期間の平均を出すのがSMA(Simple Moving Average)です。

略語だけだと分かりにくいですが、元の英語を見ると、結構そのままですね。

ですが、先ほど書いたようにSMAでは、直近に大きなトレンド変化点があっても、反映は遅くなります。

そこで、加重平均線と言って、直近になればなるほど、大きい数字をかけて加重をもたせるものが出てきました。

これを「WMA(Weighted Moving Average)」と言います。

しかし、WMAでもまだトレンド転換点(特に下降トレンド)が反映しにくいということで、登場したのがEMA(Exponential Moving Average)です。

Exponentialは指数の意味で、WMAよりさらに直前の終値に重きを置いています。

ただし、直近の動きに敏感ということは、それだけダマシも多くなるジレンマもあります。

MACDの見方のポイント

MACD 見方

MACDは、EMAをペースにしていることは分かりましたが、実際どのようになっているのでしょうか?

計算式としては、短期のEMAから長期のEMAを引きます。

さらに、MACDそのものの移動平均線であるシグナルを使います。

説明が分かりにくいと思いますので、実際に見てもらった方が早いと思います。

式の意味を完全に理解するのはかなり難しいですし、理解したからといってどこまでFXトレードに役立てるかは、正直疑問です。

ですので、大体の意味と使い方を覚えてもらえたらと思います。

MACDのゼロライン

MACD ゼロライン

トレンドを知る上で大切なのは、MACDとシグナルが、0のラインの上下どちらにあるか。

これで上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか大まかに判断できます。

例えば、0より上にある=移動平均線の差がプラスになっている、そして、そのMACDの移動平均線(シグナル)もプラスになっているということです。

元々の移動平均線の使い方からすると分かりやすいと思います。

短期EMAと長期EMAがどれだけ離れているか、これが偏りを示すオシレーター系インジケータ(指標)の特徴です。

MACDとシグナルの交差

シグナル交差

MACDとシグナルの交差するところもポイントとなります。

どちらがどのように交わっているかが大切です。

シグナルを下から上に抜けるようにMACDが上がる場合は、買いサイン=上昇の傾向があります。

いわゆる「ゴールデンクロス」といわれるものです。

逆に、MACDがシグナルを上から下に抜ける場合、「デッドクロス」といって、売りサインとなります。

交差する際のMACD、シグナルそれぞれの角度も大切です。

この角度が急だと、それだけ強いトレンドが予想されます。

この交差と、先ほどの0ラインのどちらにあるかを複合的に見ていきます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスやデッドクロスについて、補足しておきますね。

2つとも、移動平均線の見方で出てきたものです。

短期・中期・長期の移動平均線を表示させて、3本の交差の仕方から判断するというものです。

移動平均線をベースにしているMACDだからこそ、こうした傾向もキャッチすることができます。

MACD活用の仕方

MACD 活用

見方は分かりましたが、実際に使ってみるには、まだまだ不安が多いと思います。

具体的なMACDの使い方について紹介しましょう。

まず、最初のほうでも書いたように、どんなに万能のテクニカル分析でも、それ1つで全ての売買タイミングを捉えることはできません。

ですので、MACDだけでは分からない情報が分かるようにします。

ただ、それだとどんな情報を出せばいいのか分かりませんよね。

そこで大切になるのが、自分がどんな取引がしたいかということです。

MACD使い方パターン一例

MACD パターン

例えば、私の場合では、エントリーする最後の決め手は5分足のメインチャートです。

エントリーというのは、新規売買を仕掛けるタイミングのことです。

5分足だけでは、長期的な視点で見たときに、現在の価格がどのあたりかが分かりません。

お恥ずかしながら、短期チャートが大きく下がったところで買いエントリーをしたら、長期的にはまだまだ高値で下がり続けたという経験は一度や二度ではありません。

基本的に、私はpipsによる変動幅で目標利益に到達すればいいというデイトレード型ですが、予想が外れたときの塩漬けに備えて日足チャートを見ています。

そこに、移動平均線、RSI、MACDを表示し、傾向を見るようにしています。

RSIというのは、オシレーター系の指標で売られすぎ買われすぎを表示します。

MACDとは違う計算式で出す、純粋なオシレーター系ですので、それとMACDの動きを見て同じような動きが出ているか、妙な動きがないかなどを見ています。

もちろん、関係国の経済指標や政治・政策発表で大きな動きがなさそうかもチェックします。

結局何を見ればいいの!?

「そんなにチェックすることがあるのか」と思う方も多いと思いますが、そういう訳でもありません。

ポイントは、自分の予想の根拠固めなんですね。

もっと言うと、有利な材料探しというよりは、不穏な気配はないかという視点です。

FXでは、勝つことよりも、大きく負けないことが大切です。

少額で勝ち続けることは、実はそれ程難しくないのですが、負けたときに大きく負けてマイナスになってしまう。

これを避けることが最初のミッションです。

そのため、予想が大きく狂うような気配のものはないか、仮に反転したとしてどこまで耐えられそうかなどを考えます。

そのため、私はある程度確信があっても、日をまたいでマイナススワップが発生するエントリーは小口でしかやりません。

こうした「負けないため」の考え方が、FX脱初心者の第一歩だと私は思います。

それが出来るようになってきたら、次はいかに勝ちを増やすか、大きく勝つかとか、安定・自動化を考えるのがお勧めです。

MACDの設定はどうすればいい?

MACD 設定

テクニカル分析を使う際に、設定に関して質問いただくことが多いですが、よく使われる設定で全く問題ありません。

私も使っているMACD短期12、長期26、シグナル9日間でも、8・17・9でもいいと思います。

まずは、ベーシックな設定で、その分析の特徴を知ることが大切です。

それが分かってきたら、少しずつ設定をいじればいいのです。

例えが微妙かもしれませんが、自動車のギア比やアライメント=タイヤの角度をいじるのは、クルマいじり中級者以上の方です。

なぜなら、それらを闇雲に変えると、クルマの挙動そのものがおかしくなる、根幹に関わる設定からです。

テクニカル分析の期間設定も同様で、僅かな差で大きく結果が変わります。

最初はよく使われている設定をお勧めします。

また、矛盾しているようですが、MACDを使いこなすためには、他のテクニカル分析も使ってみることが一番近道です。

MACDと相性がいいテクニカル分析

目指す売買スタイルによって、若干変わってきますが、MACDと相性のいいテクニカル分析をいくつか紹介していきます。

比較して、特徴を把握するためにも、ぜひ複数使ってみてください。

ダブルMACD

期間設定の違うMACDを2つ表示する方法です。

意外と盲点ですが、同じテクニカル分析を使ってもいいのです。

そして、設定の異なる2つが、どういう風に違った動きをするのかを抑えることが大事です。

移動平均線

EMAをベースとしているMACDですが、見比べてもらうと分かるようにMACDと移動平均線は同じ動きをしていません。

こうしたところでも違いを抑えると傾向を掴むことができます。

ちなみに、私が表示している移動平均線はEMAで、短期15、中期75、長期200で設定しています。

オシレーター系テクニカル分析

オシレーター系 MACD

MACDはトレンド系・オシレーター系どちらの性質も持っていますが、それぞれに特化したものを併用すると、より正確に動きが分かります。

トレンド系を置くのは、ダブルMACDや移動平均線ということです。

他方で、ストキャスティクスやRSIといった純粋なオシレーター系も表示することで、MACDが示しているものとオシレーター系テクニカル分析が示しているのものズレがないか見ることができます。

特に、MACDはどちらの性質もあると言っても、トレンドよりのため、レンジ相場では機能しにくくなります。

レンジ相場での読みを補う上でも、オシレーター系はあったほうが安心ですよ。

MACDの注意点

MACD 注意点

「これ一つでOK」というテクニカル分析がないように、どの分析にも必ず注意点があります。

MACDの注意点、機能しにくくなるポイントを紹介します。

ダマシの多さ

MACD だまし

MACDは、直近値の反応が早いEMAを、比較的短い期間設定で運用します。

これは、その分ダマシが多くなるということです。

ダマシを見抜くのはなかなか難しいですが、地道に他の分析も照らし合わせてみるのが確実です。

レンジ相場

MACD レンジ相場

方向性(トレンド)が定まっていないレンジ相場では、売り買いの波が続きます。

レンジ相場では、オシレーター系のテクニカル分析が効果を発揮しますので、MACDもオシレーター系の性能を十分に発揮して欲しいところ。

ですが、ゴールデンクロスやデッドクロスが度々発生します。

MACDの動きがよく分からなくなったときも、他のテクニカル分析の動きを見てみましょう。

ローソク足の期間設定

MACDの期間はあまりいじらない方がいいお話はしました。

そして、もう1つ大切なのは、ローソク足の期間設定です。

私のチャートを見ていただくと、サブチャートの移動平均線もRSIもMACDも全て日足です。

つまり、今日の価格の動きは全く反映していません。

モバイル端末であまり分割してしまうと見にくいのでしていませんが、通常はさらに15分足でテクニカル分析を表示したりします。

チグハグな動きをしたら…?

MACD チェック

実はこれが一番注意というか、見逃してほしくないサインです。

例えば、チャートは上がっているのに、MACDが切り下がっている。

こんなときは、「ダイバージェンス」といって、トレンドの転換点になる可能性が高くなります。

裏技的な使い方ですが、これが複数のテクニカル分析(特にトレンド系とオシレーター系)を使う最大のメリットです。

こうした「あれ、おかしいぞ」という瞬間にいかに気づけるかが、中級者と上級者の違いだと、個人的には思っています。

MACDのまとめ

MACD まとめ

テクニカル分析の入門として、MACDを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

おさらいとして、簡単にまとめます。

  • MACD:偏りを示すオシレーター系のテクニカル分析
  • EMAをベースにしているため、トレンドを知ることができる
  • 0ラインに対しての配置で大まかなトレンドを知る
  • MACDとシグナルの交差の関係でゴールデンクロス、デッドクロスを把握
  • 万能型ではあるが、レンジ相場では機能しにくい
  • 複数のテクニカル分析と組み合わせて使う
  • 他のテクニカル分析と連動していないときは、トレンド転換点かも

まとめるとこんなカンジです。

繰り返しになりますが、テクニカル分析は過去の分析から傾向を知らせているだけで、予想をしているわけではありません。

予想をするのはあくまであなた自身で、その根拠を補足したり、不穏な気配がないかを確認したりするのに使うわけです。

ちなみに、テクニカル分析を使って、うまく相場を把握できるようになると、今度は自動売買が見えてきます。

自動売買に使う条件は、こうしたテクニカル分析を元に作られているからです。

色々書きましたが、まずは実際に試してもらいながら、自分の予想とどういう風に一致するか違うかを掴んでもらえたらと思います。

4千円からの投資! 50万人の初心者が選んだ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1.0銭原則固定 30円 5,000円 外為オンラインへのリンク

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門として人気のFX会社で、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすい取引ツールが人気の理由です!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと中上級者が必要とする機能をバランスよく搭載しています。

自動売買にも対応しているので、初期設定だけすれば、プログラムが24時間自動でプロのようなトレードをしてくれます。

特にスワップポイント(貰える金利)も高いので、長期売買に適したFX会社です。

FX初心者に特にお勧めです。

外為オンライン

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭原則固定(例外あり) 40円 最大 27,000円 hgs37jx

YJFX!はヤフーグループのFX専門会社で、ヤフーの資金力とシステム構築力を持ちます。

低スプレッド業者では、あまり提供のない1,000通貨(4,000円)の少額から取引ができます。

スマホアプリが有名で、以前からスマホ取引ならYJFX!といわれるほど、スマホの取引機能が充実しています。

また、現受け・現渡しといった優良サービスにより、格安で外貨両替することができます。

海外旅行前の外貨両替がお得で、空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

FX初心者でも使いやすい取引ツールは好評で、メイン取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つです。

Tポイントが貯まるのもYJFX!ならではです。

k64hdg19

FX口座数 国内第1位!  皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 35円 20,000円 DMMFX

DMM FXはFX口座数が国内第1位!(※)の超人気会社です。

65万人以上が口座を開設しています。

スプレッドは全ての通貨ペアで業界最狭水準で、デイトレードやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

取引ツールは簡単に使いこなせるので初心者に人気です。また、充実した分析ツールや為替情報の提供は、中上級者にも満足の内容です。

サポート体制は営業日の24時間対応で、業界初のLINEサポートも行っているので、FX初心者にも安心のサポート体制です。

また、非常に簡単な条件で20,000円のキャッシュバックを受けられるので、必ず貰うことをお勧めします。

(※)2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

DMMFX

話題の自動売買!利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭 30円 最大 20,000円 89d3sja

FXブロードネットは、FX業界トップクラスの低スプレッドで有名です。

スプレッドは、ドル/円が銭、ポンド/円が銭など、どの通貨ペアも低スプレッドで、取引コストが安いのが特徴です。

特に有名なのがシステムトレードの「トラッキングトレード」で、FX初心者でも簡単にできる、人気の自動売買システムです。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)よりも、約3倍の利益が出せるとして、公式サイト上で発表しています。

また、4,000円の少額からFXが始められるので手軽にFXができます。

システムトレードを活用しながらコツコツ儲けたい方には、特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネット

FX取引高 6年連続 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 31円 最大 30,000円 1n9sg

GMOクリック証券は、FX取引高6年連続で世界第1位のFX会社です。

その人気の理由の一つが、全通貨ペアで業界最小水準のスプレッドを提供していることです。

また、高スワップ(高金利)で非常に人気があり、金利収入狙いには最適のFX会社です。

使い勝手の良いシステム、24時間電話サポート等が顧客に支持され、オリコンランキングでも常に上位にいます。

低スプレッドなので、取引量が多い短期売買に最も適したFX会社で、取引コストを抑えてFXをしたい場合には、GMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

FX業界激震!ワンコイン(500円)からの投資!初心者でも安心「SBI FXトレード」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.27銭 42円 500円 89d3sja

SBI FXトレードで最大の売りは、独自サービスといってもいい1通貨単位で取引できることです。

FX初心者でもワンコイン(500円)もあれば、充分にFX取引を体験できます。

また、スプレッド幅は、業界最狭水準も注目すべき点です。

2018年オリコン顧客満足度調査で、「FX取引 取引手数料 第1位」と信頼と安心のFX会社といえます。

3m1x9

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る