私はコレで破産した。失敗談から学ぶ初心者が陥る3つ罠

更新日:

FXで失敗する原因
はぁ……またFXで失敗して損しちゃったよ
FXで連敗、つらいですよね。そんなあなたにFXで100万を失った人の話をしましょう
ひゃ、100万!?そんな大金を失った人が!?
FXで大損、それは他人事ではありません

なぜ100万円損したのか?

FXそのもので破産するようなことは限りなくないです。

一昔前のFXなら破産もありえやすいですが、今のFXは強制ロスカットもありますし、さまざまな角度からトレーダーを守るシステムは構築されています。

そのため、自由に使っていい以外のお金に手を出さなければ、絶対に破産はしないのです。

自由に使っていいお金がなくなったら辞めればいいのに、なぜやるのか?当時陥った罠と、心理についてお話しします。

ロスカット防止やナンピンのために使った

自分がとったポジションが、マイナスになったらすぐに損切り。

こんなことは常識ですが、実際FXをやっていると「損切りしたあとにまた戻ってきやがった!!」なんていう残念なシーンは良くあります。

最初のうちは毎回損切りして、今度は違う位置からポジション取りなおして少し損失を補てんして…なんて作業をちまちま繰り返すうちに「どうせ毎回戻ってくるから、損切りしなくてもいいんじゃない?」と思いやすくなってしまいます。

その結果、「損切りをしない」という最初の過ちを犯します。

そこで戻ってこなければ次は同じ過ちを犯さずに済むのに、残念ながら思惑通りに買いで入った場所に戻ってくるんですね。

そんなことが二度・三度続けば、「損切りはもったいない」という思考に切り替わり、毎回損切りをしない。そんなトレードが続くことになってしまいます。

そうこうしているうちに「今回もまた買った位置に戻ってくるだろう」と踏んで損切りしなかったポジションが、たった1万通貨というのに含み損10万円を超えるような事態になったこともありました。

そして気が付けば、強制ロスカット目の前、このまま強制ロスカットされれば一気に10万円が消えてなくなります。

なんとかしてでも阻止しなければ!という考えになってしまいました。

「待っていれば、そのうち戻ってくる!」

何の根拠もないのに、なぜかそう信じてしまって、このとき初めてクレジットカードのキャッシング枠から10万円引き出して、証拠金を補てんしました。

この場合も含めてキャッシングでしのげば、なんとかなることが多く、予想以上に利益が出ることも多かったので、次第に今度はキャッシングを使うことに抵抗がなくなっていくのです。

どうしてここで止めておかなかったんだろう?
借りていたお金も返せていたし、証拠金も増えて儲かったから意外となんとかなる、と思ってしまったそうです
その感覚に陥った結果、この方はついに危険な領域に突入することになりました

ビックイベントに参加するようになった

アメリカの重要な経済指標が発表される時は、市場にも緊張が走ります。

結果によっては1円以上軽く上下するほどの注目度なので、FXでもビックイベントとして注目されています。

経済指標の前は値動きが荒くなったり、逆に全く動かなくなったりと、テクニカルとは全然関係がない動きをしますので、こうしたときは本来トレードをすべきではありません

しかしキャッシングやカードローンがあると思えば、負けてもすぐ取り戻せるという安易な考えから、私はとうとうリスクを鑑みないトレードに手を出し始めました。

経済指標は負けも大きいですが、勝った時は利益も大きなものとなるので、手を出してしまいたくなります

またその頃はアベノミクス効果の恩恵があった時代だったので、米ドルは買えば上がるという地合いでもあったため、指標をトリガーに大金を求めて積極的にトレードするようになったのです。

有り金すべてをつぎ込むようになった

アベノミクスの恩恵を受けつつ、増益の快進撃を続けているうちに、とりあえずいま使わないお金は全てFX口座に入れておかないともったいない…という気持ちになってしまいました。

それは数日後の支払いのお金だったり、生活費だったりするのにです。

あくまで余剰金内に済ませておけばよいものを、時は金なりなんて思ってしまって、現金はすべてFX口座に集約させているなか、そのうちアベノミクスの快進撃はストップします。

買えば儲かる時代は終わり、買い豚となっていた私はとうとう勝てなくなり、口座に投入していた資金も溶けてなくなり、破産寸前になりました

初心者がFXで大損する典型的なパターン

多くのFX初心者が大損を経験してしまう理由は、たった一つです。

FX初心者は損切りができない

もっといえば、トレードする前に損切りを考えていない、損切りを躊躇するということです。

損切りは負けを認めて、損失を少なく押さえる行動ですが、あなたはどれだけ損切りについて考えたことがありますか?

結論からいうと、失敗する人に共通することはそれは損切りについての意識をしっかり持っていない、ということになります。

FXは、どんなに優れたトレーダーでも、どんなに研究されたテクニカル分析でも、100%当たるということは絶対にありません

損失が出たときに、どれだけ最小限で済ませられるか、どれだけ速いうちに損切りの判断が下せるか、これが稼げるか稼がないかの最大の要因となっています。

具体的にはまだ大丈夫だろう、いずれ戻るだろうと思っていても、全く戻らずに大きな損失になってしまったことです。

損失を認めることができない、損失を確定したくない、こういう意識が稼げない人の大きな原因になっています。

FXで失敗しないためには、最初から損失を許容するのが大事になってきます。

FXは負けるもの。負けを前提としたトレードをしよう

FXで稼ぎたいのに、なんで負けを前提にしているなんて本末転倒にみえるかもしれませんが、その考え方こそが負け組と勝ち組を隔てる根本的で絶対的な違いです。

有名ブロガーが発信する「私は稼いでいます」な体験談に目がくらみ、「どうすれば彼らのように稼げるのか?どうやったら楽に利益が出てくるのか?」しか考えられなくなりやすいですが、そもそもFXに100%という数字はあり得ません

どんなにいいテクニカル分析でも、プロの専業トレーダーでも毎回全てのトレードに勝ち続けているなんてことはなく、どんなに凄腕トレーダーでも勝つ日もあれば負ける日もあります。

それは初心者であっても、勝ち組であっても同じ。何が違うかというと、勝ち組のトレード方法は損小利大に徹している点です。

FXで失敗しないためのポイントは損小利大

損小利大とは、損失を最小限に食い留めて、利益を伸ばすということです。

毎回勝つわけではなく総合的に利益を増やすということであり、例えば10回トレードして、9回負けたとしても、最後の1回でそれを巻き返せられるほどの利益が出たということになります。

一回一回のトレードで確実に勝つことではなく、負けエントリーは即損切り利益が伸びるものだけ生かしてそこでガッツリと利食いをする。その結果、損失よりも利益が増えた状態もしくは資金維持ができ、FXという世界で生き残れる唯一の方法とされています。

もちろん勝つためにテクニカル分析などをすることは重要ですが、それでも100%勝てることなんてありえないわけですから、いかに損失を押さえるかが重要になります。

「でもそんな考えじゃ、どんどん負けていくだけじゃないの?」

いやいや、そうじゃないんですよ。

負けることを前提としたトレードが、自然と勝ちを増やしていく

負けを認めるという事は、自分の相場分析とは違う結果を認め潔く損切りすることです。

しかしエントリーする前に、損切りポイントまでのストーリーを頭の中で組み立てができていて、このラインを割った時は損切りするなど敗北ラインを明確にしていますか?

勝ちだけにこだわていると、マイナス方向に行ったときの対処がわからない、感情的になりやすくなり損切りなんてしたくない!ということにもなりかねません。

ポジションを持つときは、必ず損切りポイントも設定しましょう

そして第三者に説明出来るくらいの根拠をもって、ここのポイントに到着した場合は速やかにポジションを切るといったような、腹を括ったトレードを心掛けましょう。

損切りポイントを決めた取引方法

  1. 相場分析を行い、エントリーと損切りポイントを決める
  2. エントリーする
  3. エントリー後、自分の想像と違った方向にチャートが動けば即損切り
  4. その後再度相場分析を行って修正をかけ、またエントリーポイントと損切りポイントを決める

努力を積み重ね、コツコツと地道にトレードし続けた結果、初めて資金が増える。「そのうちチャートは戻ってくるし、損切りせずに待っていよう」なんて甘い考えが頭の片隅にあるようならば、その考えを払しょくしない限り、間違いなくいつか大きな失敗をします

資金が溶けるだけで済めば良いほうで、FX業者から追証という莫大な借金を背負うことだってあることを肝に命じてください。

常に危機感をもってトレードすることで、人間の感覚は研ぎ澄まされ、相場勘も鋭くなりトレードが上達します。次第に損切りよりも利食いの回数が増えてきて、いつのまにか資金が増えていくわけです。

まとめ

今回のまとめ

  • 初心者が失敗しやすいのは損切りを躊躇うこと
  • 損小利大は絶対守る!
  • 取引するときは損切りポイントを設定を決めておこう

FXで稼ぎたいという気持ちはよくわかります。しかし一般的には負けることが多いとされるFXは、一歩間違えれば一瞬で全財産を失うこともある恐ろしい投資です。

FXの世界で生き抜いているトレーダーの方々は、そんなFXの恐ろしさを骨の髄まで知っているからこそ、常に負ける自分を脳内に焼き付けながらトレードしているのです。

その意味というものを、初心者のうちから肝に銘じておくことは、勝ち組負け組の命運を分けるになります。

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
外為オンライン
FX初心者の登竜門として人気のFX会社。豊富なセミナーなどのサポート力が人気の理由です!
無料セミナー
自動売買
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
低スプレッド低コスト!
SBIバナー
SBI FXトレード
業界最狭のスプレッドを誇るFX口座。最低取引は1通貨~、4円から投資できるのはSBIFXトレードだけ
低コスト
約4円から投資OK
スワップ人気
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
高性能チャートが大好評
GMOクリック証券【FXネオ】口座開設
GMOクリック証券
チャート分析が使いやすさ抜群なので、その為に持っておいても損はない口座の1つです!
高性能チャート
低コスト
VRトレード
キャンペーン

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-失敗談

Copyright© FXのやさしい教室 , 2019 All Rights Reserved.