為替予想|2018年主要通貨(米ドル、ユーロ、豪ドル)長期の見通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FX為替予想

「来週の米ドル/円はどうなるか」や「10年後の為替はどうなるか」など、あなたは為替予想についてよく調べる方ですか?

今回は、なんとなく為替予想を見ながらFX取引をしている、もしくはしようとしている方に、為替予想のたった一つのコツを紹介します。

ただ、いきなり注意事項で恐縮ですが、為替予想を100%当てる方法はありません。

為替予想の最大のコツはズバリ、「自分なりの相場感を持つこと」です。

「自分なり」とは、為替予想を見る日課を付けることによって、自分なりに相場観がわかるようになります。

また、あなたがどの通貨ペアを使うか、短期・長期などトレードスタイルごとあなた分がどの期間の為替予想を調べるべきかなども変わってきます。

100%の為替予想は難しいですが、コツを掴むことで、結果的に損を減らし勝利を8割上げることができます。

ここでは何を見れば為替予想ができるのか、上手く為替予想する方法、情報が豊富なFX会社などを説明します。

為替予想はどうしたらいいかわからなかったんだ。難しそうだよね。
FXでは、為替予想はとても重要よね。勘でやらずに根拠を持って取引することで、勝率を8割上げられるわよ!ここでコツを掴んでね。

5つの主な通貨ペアの2018年為替予想

為替予想のための取引トップ5の通貨をチェック

ドル円の為替予想

ドル円の為替予想2017年同様、2018年もトランプ・ゲートの行方やイスラエル問題など、トランプ大統領の発言や行動で、相場が荒れそうです。

2018年相場の見通しの難しさは、良好な米経済や株価が続きFOMCの利上げ姿勢を受けるとドル買いが基本的な考えとなります。

その一方、性急な利上げが米経済を圧迫し2019年以降の米経済をリセッションに導くとの見方ができます。

また、日銀が出口戦略に口火を切るとの見方からは、ドル売りのリスクも健在することで、方向感がつかみづらいので、案外レンジ相場から離れない可能性もあります。

2018年の見通しについては、ドル円が年央に118円まで上昇したあと、年末にかけて反落する傾向にあるでしょう。

アメリカの為替予想においては、初心者でもわかる!FXで注目すべきニュースの見分けかたで詳しく書いているので、よろしければご覧ください。

【2018年のドル円相場の注目点】

  1. トランプ政権の行方
  2. FOMCの政策金利の行方
  3. 地政学リスク
  4. 米中間選挙
  5. 株価面
  6. 日銀の政策転換

ユーロ円の為替予想

ユーロ円の為替予想2018年のユーロ円相場の展開と戦略として、2点ポイントがあります。

まず1点目は、ユーロ円はクロス円なので、ドル円相場とユーロドル相場の展開に注意が必要です。

しかし前述の通り、ECBの引き締め姿勢と日銀の低金利政策の継続、加えて、オシレーターのドル円とユーロドルの買いサインから、ユーロ円の投資戦略は押し目買いとなるでしょう。

2点目のポイントは、年後半に日銀が低金利政策からのある程度の脱皮を決断するリスクがある点です。

その場合の調整局面では、買いはあまり得策ではないかもしれません。

ユーロ円については、15時以降を狙って毎日利益!FXユーロ/円なら空き時間で取引OKで詳しく書いているので、よければご覧ください。

【2018年のユーロ円相場の注目点】

  1. ECBの出口戦略
  2.  株価面?
  3. 日銀の政策転換
  4. 地政学リスク
  5. ドル円とユーロドルのモメンタム

ユーロドルの為替予想

ユーロドルの為替予想2018年のユーロドルの戦略はオシレーターの状況、ドル・インデックスからドル安が示唆されること、ECBの金融政策の変更などから、押し目買いで攻める形が想定です。

ECBの非伝統的手段によって1ユーロ=1.20ドルを大きく割れてきたことを考えると、少なくともこの水準からさらに上昇するには、非伝統的手段の縮小が必要だと考えられます。

2018年1月から資産購入額が月額600億ユーロから同300億ユーロに減額されると、この条件を一部満たすことになります。

また、急速な通貨高は外需にマイナスの影響を及ぼすほか、輸入物価の下落を通じてユーロ圏のインフレに下押しの圧力を与える可能性があります。

それらの影響が軽減されるには、幾分の時間調整あるいは水準調整が必要でしょう。

結果的に、ユーロドルの再上昇が2018年にずれることが考えられます。

【2018年のユーロドル相場の注目点】

  1. トランプ政権の行方
  2. FOMCの政策金利の行方
  3. ECBの出口戦略
  4. ドル・インデックスから見たユーロ相場
  5. ブレグジットの影響

ポンド円の為替予想

ポンド円の為替予想2018年のポンド円相場は、ユーロ円同様、ドル円やポンドドル相場の勢いの反転傾向です。

少なくとも英中銀が利下げに踏み切る可能性が低いことなどから、押し目買いが基本戦略となるでしょう。

【2018年の英ポンド円相場の注目点】

  1. ブレグジットの行方
  2. 英中銀の金融政策
  3. 地政学リスク
  4. 株価面
  5. 日銀の政策転換
  6. ドル円とポンドドルのモメンタム

豪ドル円の為替予想

豪ドル円の為替予想2018年の豪ドル円相場は、少なくとも上値を買うべきではないでしょう。

RBAが利上げスタンスに変わるなら買いで良いと思われますが、前述の通りそれも、2019年以降の話となりそうです。

想定レンジは、75円から91円として、現状の反発ではロングは利食い優先で、91円方向への上昇があれば、売り狙いも検討しましょう。

豪ドルについては、豪ドル円の為替見通し|オーストラリアの金利は回復するの?で詳しく書いているので、よければご覧ください。

【2018年の豪ドル円相場の注目点】

  1. インフレの動向
  2.  中国経済の動向
  3.  商品市況
  4. NZドルとの関係
  5. 日銀の政策転換

その他の高金利で注目されている3つの通貨

 トルコリラ等

2018年話題の高金利の通貨は以下の3つです。(2018年9月現在)

  • トルコリラ17.75
  • メキシコペソ:7.75%
  • 南アフリカランド:6.5%

高金利な通貨を使うメリットは、放っておくだけで毎日高い利息収入が得られることです。

トルコリラは、なんと、爆上がりしました。

今かなり話題になっていますよね!

FXは為替差益で収益を得る方法ですが、それだけでなく日本円との金利差を利用してスワップポイントでも利益を得られるのです。

スワップ金利はFXをする上で、知っておいた方が絶対にお得です。

以下で詳しく書いてますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

え!トルコリラの金利16.5%って、やらなきゃ損じゃん!
今話題よね!発表があって、8.5%もUPしたのよ!スワップ金利で収益を得たいなら、政策金利が高い通貨を使いましょう!

為替予想のポイント‐2つの要因

為替予想は、2つの分析を使って予想しよう

FXでは、ある程度今後の相場がどうなるかの予測ができなければ、ギャンブル感覚での取引になってしまうため、安定的に利益が出る確率は低くなります。

為替予想のポイントは、毎日の記録や相場チェックから自分なりに予想が立てられるようになることです。

また、為替予想するために必要なのが、以下の2つです。

  1. ファンダメンタルズ分析
  2. テクニカル分析

為替相場変動の要因であるこれらの分析を見れば、なぜ為替相場が動いたのかが見えてきます。

では、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析に分けて、為替予想の仕方を説明します。

分析ってなんだか難しそうだなぁ。
それが、意外にシンプルで簡単なのよ!自分に合った方法で為替予想することが大切だから、覚えておいてね!

「ファンダメンタルズ分析」での為替予想

FXでの為替予想

為替予想において、「何をもとに予想するか」が重要です。

FX初心者にとって最も始めやすいのは、ファンダメンタルズ分析です。

ただし、一番読みにくいのもファンダメンタルズ分析だったりします。

ちなみに、ファンダメンタルズ分析とは、政治的なイベントや経済的な政策から相場を予想する手法です。

具体的には、政権交代、クーデター、経済政策などの日頃の出来事やニュースから情報を得る手法です。

通貨同士のレート(=相場)は、その国の信用を相対的に示したものなので、「この国の通貨は安心だ」となれば通貨のレートも基本的に上がります。

逆に、「この国、ホントに大丈夫か?」と信用が下がれば、通貨のレートも基本的に下がります。

しかしここで注意すべきなのが、どちらかの通貨が上がっても、もう片方の通貨の評価が下がっているわけではない場合があることです。

例えば、米ドル/円の相場が上がり、1ドル=110円を大きく超えて上昇しているとします。

この時考えられることは以下の4パターンです。

  1. アメリカが信用を上げる何かをやったのか
  2. 日本が信用を下げる何かをやらかしたのか
  3. はたまたその両方か
  4. ある通貨ペアの相場が動いていなくても、お互いに信用を下げているだけ

4つ目の場合、比較している2つの通貨だけでなく、別の通貨との相場関係を見るとよくわかります。

例えばよくある光景で、米ドル/円の相場は動いていなくても、ユーロ/ドルは活発に動いていることがあります。

ユーロ/ドルが動くことによってドルの相場が変動して、それに引っ張られる形でドル/円も動きます。

このように別の通貨を見ると、原因がわかる場合があります。

なぜファンダメンタルズ分析が難しいのか?

為替予想は100%的中させることは不可能

例えば、トランプ大統領の就任で考えてみます。

もしもあなたがアメリカ政府、ホワイトハウスにかなり側近の方で、アメリカ大統領選挙の結果を事前にかなり確度の高い情報として知っていたとします。

そして、早速これを生かして、FX取引で一儲けしようと思い、いざFX取引を始めようとすると上手くいかないケースが多々あります。

仮に重要な決定や少し先の未来を知っていたとしても、それによって相場がどう動くか、つまりマーケット参加者がどう動くか予想するのは非常に難しいのです。

げっ!政治経済から予測を立てるのは簡単だと思ったんだけど難しいんだ。。
ファンダメンタルズ分析は、手っ取り早いけど、100%当てることは難しいのよ。でも、経済は為替にほぼ影響するから、なんとなくでも予測を立てることは重要よ。

ファンダメンタルズ分析の正しい使い方

為替予想の情報はただ多いだけではいみがない

難しいとはいえ、ファンダメンタルズ分析は無視していいかと言えば、もちろんそんなことはありません。

しかし、いくら情報を集めても、正しく使えなければ無意味です。

ファンダメンタルズ分析の正しい使い方とは、為替予想に対して補助的かつ保険的な使い方です。

例えば、テクニカル分析のシグナルで上昇サインが出ているとします。

しかしあなたは、さすがに連日上がりすぎで、「そろそろ反発するのでは?」と予想しました。

そこで、海外ニュースや指標を見てみると、どうやら次の政権は軍事に重きを置いている候補が当選しそうと分かり、失業率も上がっています。

もちろん、「軍事よりの政権」や「失業率の上昇」を、相場が上がるサインと捉えるか、下がるサインと捉えるかは人それぞれだと思います。

しかし、これらを複合的に考えて、ここで「待った」をかけたあなたは、無事に政権交代による暴落による損失を回避することができました。

このようになんとなく予測を立てることが為替相場の予想に関しては必要です。

うまく為替予想する方法

為替予想のために自分なりに仮説を立てよう

え!そんなの結果論じゃないか!
確かにそうね。でも、分析とは結果=過去からしかできないでしょ。分析を重ねていき、慣れていくことがポイントなのよ!

さらに言うと、なぜ上がったのか、または下がったのかは、「多分こうだろう」という推測からは出ず、本当の意味で確かなことは誰にも分かりません。

これは意外と見落としがちなところで、誰もが相場変動の理由、真実を探しにいくのですが、たどり着けずに挫折してしまうのです。

そこで、自分なりの仮説、根拠が必要です。

情報戦は、決してたどり着けない「真実」に対して、少しでも近づこうとするものです。

麻雀に例えるならば、麻雀は相手の手牌が全て見えることはありません。

これからみんなが取る、場に裏返しになっている牌全てが分かることは、ルール上ありえません。

しかし、自分が持っている牌と、相手が捨てた牌は見えるので、その情報と相手の思考を考えながら、場の状況や相手の手牌を予想していくのです。

その相手がやろうとしていることを阻止しながら、自分が勝たなければなりません。

その読みの精度を上げていき、切磋琢磨していくのですが、それでもイカサマでもしない限り100%の読みはありえません。

ですが、読みの精度が高い人と低い人が何戦もやれば、自然と結果が出てきます。

ビジネスの世界でも同様ですね。

これが、正に情報戦の縮図そのものです。

大きなお金を動かせる投資家や銀行が本気で大金を動かせば、相場はある程度コントロールできます

しかし一方で、個々の小さいはずの投資家が大きなうねりを作るとき、その動きが巨大な銀行でも止められないこともあります。

一体何をどう見れば為替予想できるのか?

自分に合う指標を選ぶのが為替予想のカギFX初心者の場合、ニュースの内容や配信される指標の情報があり過ぎて、何に注目したらいいか分からないかもしれません。

FX会社がニュースとして出している情報や指標は、既にFX会社が吟味し、取引に役立つとして、選ばれたものです。

ですが、この情報を「どう為替予想に活かせばいいのか分からない」、あるいは「どの指標を見ればいいかわからない」と思う方がほとんどです。

その答えは、一つずつでいいので、その指標やニュースを、自分なりに落とし込んでいくことで見えてきます。

例えば、重要と言われている指標の中でも、自分が興味を持てそうな指標を一つピックアップしてみます。

製造業で働いている方や製造業界に通じている方なら製造業PMI、住宅業界なら中古住宅業界販売件数や住宅着工件数、建設許可申請件数などです。

そして、一つに注目しながら継続してチャートの変動を見ていくと、その数値がどのように相場に影響を与えるか徐々に見えてきます。

またその中で、「この指標だけ見てもダメだなぁ」とか、「こっちの指標の方がダイレクトに相場へ影響ありそうだな」と思ったら、重点的にチェックする指標をカスタマイズしていきましょう。

そうしていくと、「こういうパターンの時には、この指標とこの指標が大事なんだよな」とか、「こういうときだけは引っかけでこの指標が生きてこない」といった自分なりの仮説がどんどん強力になってきます。

最終的に、複数の指標をチェックしていることになるかもしれませんが、一つ一つの指標に自分なりの判断基準ができることで、為替予想ができるようになります。

なるほど!自分なりに落とし込んでいく事が大切なんだね!
そうだね。自分が考えやすい、興味を持ちやすい指標で見る事がポイントよ!

実はそんなに難しくない「テクニカル分析」入門

為替予想の方法

次に、紹介するのがテクニカル分析です。

FX初心者の方は懸念しがちですが、難しい数式などは出てきませんので、安心してください。

テクニカル分析とは、チャートの形状やパターンによって、「こういうパターンが出たときはこうなることが多いよね」と、傾向を分析したものです。

大まかに紹介すると、テクニカル分析には以下の2種類があります。

  1. トレンド系」:相場の上がり下がりに直結したもの
  2. オシレーター系」:売られすぎ買われすぎを指数で判断するもの

テクニカル分析のメリットは、感情や気持ちのブレに左右されることがありません

実際に、フルオートで取引が行われるシステムトレードも、こうしたテクニカル分析のパターンを応用して、自動取引しているものがほとんどです。

とはいえ、テクニカル分析も一つの参考情報として取引するのが一般的です。

例えば、「この形が出たら、次は上がりやすい」など、チャートの形状が出るパターンがあります。

ちなみにゴチャゴチャしてそうですが、チャートは意外とシンプルで見やすいものが多いです。

テクニカル分析のチャートって、意外と見やすいんだね!
そうなのよ!テクニカル分析は気持ちに左右されず、客観的に分析できるので、FXトレーダーにとっては心強いわね!

テクニカル分析の失敗談と上手く予想するコツ

為替予想に必要な移動平均線

こちらは、GMOクリック証券から引用した「移動平行線」です。

移動平均線とは、ある一定期間の平均レートを結んだラインのことで、このラインの動きや位置からトレンドや相場の転換点を予測します。

例えば、10分足や60分足などの短いチャートで見ていて、「今が買い得!」と仕掛けたとします。

しかし、1日単位で見たらまだまだ高値レンジの中で、見ているところが違い、結果的に下がってしまったというのは、よくある失敗談です。

そこで役に立つのが上のテクニカル分析の「移動平均線」です。

これを見れば、デイトレーダーでよくありがちな、短期スパンの変動のみに惑わされるのを回避できます。

また、表示するチャートを複数にすることもできるため、最終的に気になる情報を大まかに知ることができます

移動平均線を読むときのポイントは、次の2つです。

  1. 移動平均線と為替レートの位置関係
  2. 移動平均線のクロス

1つ目の移動平均線と為替レートの位置関係からは、現在のトレンドが判断できます。

一般に、移動平均線が右肩上がりで、かつ為替レートが移動平均線よりも上にあるときは「上昇(円安・ドル高)トレンド」とされています。

逆に、移動平均線が右肩下がりで、かつ為替レートが移動平均線よりも下にあるときは「下降(円高・ドル安)トレンド」を示唆しています。

一方、2つ目の移動平均線のクロスは、相場転換のシグナルとされています。

上昇している短期線が長期線(短期よりも平均する期間が長い平均線)を下から上に抜けるパターンを「ゴールデンクロス」A、

下降している短期線が長期線を上から下に抜けるパターンを「デッドクロス」Bといいます。

ゴールデンクロスは上昇相場が始まるシグナル、デッドクロスは下降相場が始まるシグナルです。

テクニカル分析のコツは「この分析でこれが分かる」というより、「こういう情報が知りたいんだけど、それが分かるような分析がないかな」と探すことです。

結局、分析はツールでしかありません。

数は少なくても、しっかりと一つ一つの分析を使いこなして取引している方がはるかに有益です。

 bk61z

テクニカル分析を上手く使う方法

自分に合った指標を使って為替予想をしよう

テクニカル分析の場合も、ファンダメンタルズ分析と同じで、まずは自分に合ってそうなものを使ってみましょう。

その中で、より自分が使いやすいものをピックアップし、カスタマイズすればいいのです。

例えば、先ほどの移動平均線一つとっても、移動平均線自体は1種類ですが、それを応用したものは相当な種類があります。

直近の動きをより強く反映させたものや、移動平均線といくつかの応用した線を組合せてみるのが一般的です。

ですが、学校のテストとかではないので、数式の意味や説明ができる必要はありません。

実際に使ってみて、自分の取引スタイルの中で便利に使えるかどうか、シンプルにそれだけでいいのです。

どちらの分析でも、自分に落とし込む事が大切なんだね!
そうね。100%当たることはなくても、自分が興味のある指標を使うことで、予想しやすくなるからね!

情報の豊富なFX会社ランキングTOP9

FXは選ぶ会社が1番重要です。

なぜなら、ニュースや新聞でも情報は得られますが、FXに影響がありそうな情報をFX会社ごとにピックアップして載せてくれます。

なので、自分が開設したFX口座のツールを使い、為替予想に関係する情報をすぐに確認することができます。

以下の9つのFX会社は、情報量も多く、人気のFX会社ランキングですので、ぜひFX会社選びの参考にしてみてください。

使いやすいアプリで有名なFX会社TOP3 

どこでも便利なアプリを使って為替予想をしよう

また、以下の3会社はアプリも使いやすく、非常に人気です。

1.総合的に高い利便性のDMMFX

DMMFX

2.25万ダウンロード達成!人気のアプリを持つYJFX!

YJFX

3.高性能で使いやすいと話題のGMOクリック証券

 bk61z

スマホアプリのメリット

  • 為替変動も経済ニュースで事前に予測できる点
  • いつでもどこでも気軽に取引できる
  • リアルタイムに確認しやすい点
  • 実はパソコンよりもスマホアプリの完成度の方が高い

スマホアプリが使いやすいFX会社を使うことで、家にいなくても、いつでもスマホで対応できます。

アプリを持つFX会社も増えましたが、使いやすいかどうかが非常に重要です。

あなたのライフスタイルに合ったFX会社を使うようにしましょう。

スマホなら普段持ち歩くから、気になってもすぐに確認出来て便利だね!
そうだね。FX会社は1つに絞る必要はないから、自分に合った、普段トレードする口座と、情報収集用のFX口座で使い分けてる人も多いわよ!
そうなんだね!確かに無料で口座開設できるもんね!僕も3社くらいで使い分けてみようかな!

為替予想のポイント‐自分なりの基準とは?

為替予想には自分なりの相場観が大切ファンダメンタルズ分析でもテクニカル分析でも、基本的には補助的なものと説明しました。

では、為替予想で最大のポイントである「自分なりの基準」とは一体何なのでしょう?

最初にも書きましたが、それは「自分なりの相場感」です。

FX取引は、変動幅が利益になるので、今上がりそうだ、下がりそうだというのは非常に重要です。

ただ、本来は「自分が妥当だと思っている相場」と現実の相場のギャップがあるから仕掛ける、これが一番純粋なFX取引の形だと思います。

株取引も同様で、本来は、「この企業の株がこの値段なの?メッチャお買い得じゃん、絶対上がるよ」と思うから買うわけですよね。

あるいは、「この会社は応援したい、大きくなって欲しい」と思うから資金援助するわけです。

この自分なりの相場感を持った取引は、非常に強く、ブレません。

これを持ちながら、補助的にファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを駆使して、裏付けを強めていくことが重要です。

これの強いところは、短期的に予想が外れたとしても、最終的には合いやすいことです。

もちろん、自分なりの相場感そのものの精度を日々上げていく必要はありますが、仮に外したとしても、デイトレードで終わるところが、数日のスイングトレードで済むなどです。

もちろん、大幅に予想と外れた場合は、早めに損切り(ロスカット )をする必要があります。

2つのポイントで「負けないFX」をしよう

為替予想は損を減らして収益UP負けないFX」に必要なのは、以下の2点です。

  1. 仕組み的に証拠金を多めに用意し、ロスカットや追証といった強制決済を避けること
  2. 自分なりの相場感」を持って、利益を追うこと

これだけではわからないと思うので、以下で詳しく説明します。

FXの利益や損益は、買って→売るか、売って→買い戻すのどちらかをやって初めて確定します。

ですから、買った通貨ペアの相場がいくら上がっても、そのときに売らなかったら1円の利益にもなりません。

この時価評価的なプラスを「含み益」と言い、マイナスの場合は「含み損」と言います。

この言い方は、FXに限らず、株取引、先物取引などでも共通です。

そして、FXでは、含み損が大きくなったときに、強制的に決済されてしまうルールがあります。

それが、ロスカットや追証です。

これらの強制決済に共通しているものは、「証拠金維持率」と言って、投資に用意したお金で、かつ取引に使っていない「残りのお金」がどれだけあるかの割合によって発動します。

そのため、証拠金ほぼ全てを使って取引をしてしまうと、少し相場が反転しただけで一気に強制決済されてしまいます。

仕組みがよく分かっていないまま、失敗してしまうFX初心者の方にはよくあるパターンです。

FX初心者でも、「強制決済を避けること」と、「自分なりの相場感を持つこと」に気を付ければ、損が減り、勝てる確率が格段に上がります。

為替予想が自分なりにわかるようになるためには、毎日の記録や確認が1番の近道です。

1日5分でも、通勤時間中でもいいので為替予想の時間を作り、為替変動の法則を見つけましょう。

為替予想 関連動画

為替予想のたった一つのコツのまとめ

為替予想8つのポイント!

  • ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の活用
  • テクニカル分析の場合、「移動平均線」をうまく使う
  • 相場を読み解くための「絶対の方法」や答えはない!
  • 自分の興味がある指標を見ることが重要
  • 自分にあったカスタマイズをする
  • 仕組み的に証拠金を多めに用意し、ロスカットや追証といった強制決済を避けること
  • 自分なりの相場感」を持って、利益を追うこと
  • 予想が楽にできるようになるためのポイントは、毎日記録を付けること

私自身も、色々な予想サイトや、今日の相場分析ブログを見まくっていた時期がありました。

ですが、それを自分の取引に生かそうとしたとき、全然上手くいきませんでした。

相場を読み解くための「絶対の法則」も、正解もありません。

為替予想には、自分はどう考えるのか、そのベースとなるものを探して、取り入れていく必要があります。

ですので、まずは自分が使えそうな、とっつきやすそうな指標を一つピックアップすることをオススメします。

また、DMMFXYJFX!GMOクリック証券などのFX会社で口座開設をし、的確な情報を得ることもオススメです。

この記事があなたの役に立てたらうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

外為オンライン


外為オンライン

4千円からの投資! 50万人の初心者が選んだ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1.0銭原則固定 30円 5,000円 外為オンラインへのリンク

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門として人気のFX会社で、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすい取引ツールが人気の理由です!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと中上級者が必要とする機能をバランスよく搭載しています。

自動売買にも対応しているので、初期設定だけすれば、プログラムが24時間自動でプロのようなトレードをしてくれます。

特にスワップポイント(貰える金利)も高いので、長期売買に適したFX会社です。

FX初心者に特にお勧めです。

外為オンライン

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭原則固定(例外あり) 40円 最大 27,000円 hgs37jx

YJFX!はヤフーグループのFX専門会社で、ヤフーの資金力とシステム構築力を持ちます。

低スプレッド業者では、あまり提供のない1,000通貨(4,000円)の少額から取引ができます。

スマホアプリが有名で、以前からスマホ取引ならYJFX!といわれるほど、スマホの取引機能が充実しています。

また、現受け・現渡しといった優良サービスにより、格安で外貨両替することができます。

海外旅行前の外貨両替がお得で、空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

FX初心者でも使いやすい取引ツールは好評で、メイン取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つです。

Tポイントが貯まるのもYJFX!ならではです。

k64hdg19

FX口座数 国内第1位!  皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 35円 20,000円 DMMFX

DMM FXはFX口座数が国内第1位!(※)の超人気会社です。

65万人以上が口座を開設しています。

スプレッドは全ての通貨ペアで業界最狭水準で、デイトレードやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

取引ツールは簡単に使いこなせるので初心者に人気です。また、充実した分析ツールや為替情報の提供は、中上級者にも満足の内容です。

サポート体制は営業日の24時間対応で、業界初のLINEサポートも行っているので、FX初心者にも安心のサポート体制です。

また、非常に簡単な条件で20,000円のキャッシュバックを受けられるので、必ず貰うことをお勧めします。

(※)2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

DMMFX

話題の自動売買!利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭 30円 最大 20,000円 89d3sja

FXブロードネットは、FX業界トップクラスの低スプレッドで有名です。

スプレッドは、ドル/円が銭、ポンド/円が銭など、どの通貨ペアも低スプレッドで、取引コストが安いのが特徴です。

特に有名なのがシステムトレードの「トラッキングトレード」で、FX初心者でも簡単にできる、人気の自動売買システムです。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)よりも、約3倍の利益が出せるとして、公式サイト上で発表しています。

また、4,000円の少額からFXが始められるので手軽にFXができます。

システムトレードを活用しながらコツコツ儲けたい方には、特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネット

FX取引高 6年連続 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 31円 最大 30,000円 1n9sg

GMOクリック証券は、FX取引高6年連続で世界第1位のFX会社です。

その人気の理由の一つが、全通貨ペアで業界最小水準のスプレッドを提供していることです。

また、高スワップ(高金利)で非常に人気があり、金利収入狙いには最適のFX会社です。

使い勝手の良いシステム、24時間電話サポート等が顧客に支持され、オリコンランキングでも常に上位にいます。

低スプレッドなので、取引量が多い短期売買に最も適したFX会社で、取引コストを抑えてFXをしたい場合には、GMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

FX業界激震!ワンコイン(500円)からの投資!初心者でも安心「SBI FXトレード」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.27銭 42円 500円 89d3sja

SBI FXトレードで最大の売りは、独自サービスといってもいい1通貨単位で取引できることです。

FX初心者でもワンコイン(500円)もあれば、充分にFX取引を体験できます。

また、スプレッド幅は、業界最狭水準も注目すべき点です。

2018年オリコン顧客満足度調査で、「FX取引 取引手数料 第1位」と信頼と安心のFX会社といえます。

3m1x9

特許出願済み!最新の自動売買「iサイクル注文」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1.0銭 20円 5,000円 iサイクル注文

特許出願済みのシステムトレード「iサイクル注文」は、最初に簡単な設定をするだけで、自動売買ができます。

感情に左右されることなく、決めたルール通りに自動でコツコツと、細かい利益を積み上げます。

FXをする時間がない方や自分でFXをしても勝てなかった方に特におすすめです。

24時間寝ている間も自動で売買をしてくれます。

1000通貨対応で、約4千円から手軽に自動売買をできます。

今一番人気があり、勝ちやすいと言われているシステムトレードです。

外為オンライン

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る