見よ!これが為替予想の極意!?必要なのはたった1つのコツだけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
為替予想

あなたは為替予想のブログとか、よく見るほうですか!?

「来週の米ドル/円はどうなるか」とか、はたまた「10年後の為替はどうなるか」とか・・・。

今回は、なんとなく為替予想を見ながらFX取引をしている、もしくはしようとしている方に、為替予想のたった一つのコツを紹介します。

ただ、いきなり注意事項で恐縮ですが、薄々お気づきのように為替予想を100%当てる方法などはありません。

そんなものがあったら、誰も苦労せずに億万長者になれますもんね。

為替予想の最大のコツとはズバリ、「自分なりの相場感を持つこと」。ただそれだけです。

よくある話としては、来週1週間の予想を一生懸命見ている方に限って、デイトレーダーだったりします。

そして、その予想を元に「当たった」「外れた」ということをされている方が結構いらっしゃいます。

デイトレーダーの方が気にすべきは、もう少し短期の為替予想じゃないかと思うのですよ。

正直なんとなく予想を見て、なんとなくFX取引するというのは、ギャンブルと大して変わりません。

今日の占いを見て、「お、今日ついてるじゃん」というのに根拠はないですよね。

まぁかくいう私も、自分の星座が最下位だったら、必死にいい順位の占いを探しますが(笑)

大切なのは、自分なりの根拠を持つこと。

え、「そんなのわかってるけど、どうやってやったらいいかわからない」?

では、どのように自分なりの根拠を持てばいいのか、解説していきましょう。

もはや予想不能!?「ファンダメンタルズ分析」での為替予想

FXでの為替予想 

根拠というのは「何をもとに予想するか」という話ですが、FX初心者にとって最もとっつきやすいのは、ファンダメンタルズ分析です。

ただし、一番読みにくいのもファンダメンタルズ分析だったりするんですね。

ちなみに、ファンダメンタルズ分析というのは、政治的なイベントや経済的な政策から相場を予想するものです。

具体的には、政権交代、クーデター、経済政策などですね。

つまり、通貨同士のレート(=相場)というのは、その国の信用を相対的に示したものなので、「この国の通貨は安心だ」となればそちら側が上がります。

逆に、「この国、ホントに大丈夫か?」となれば下がります。

面白いのは、どちらかの通貨が上がっても、もう片方の通貨の評価が下がっているわけではない場合があること。

どういうことかというと、例えば米ドル/円の相場が上がり、1ドル=110円を大きく超えて上昇しているとします。

このとき考えられるのは、アメリカが信用を上げる何かをやったのか、日本が信用を下げる何かをやらかしたのか、はたまたその両方か、ということです。

また、ある通貨ペアの相場が動いていなくても、お互いに信用を下げているだけという場合もあります。

こうした場合は、その2つの通貨だけでなく、別の通貨との相場関係を見るとよくわかります。

例えば、米ドル/円の相場は動いていなくても、ユーロ/ドルは活発に動いているというのはよく見る光景です。

では、なぜファンダメンタルズ分析が難しいのでしょうか。

例えば、トランプ大統領の就任で考えてみます。

もしも、あなたがアメリカ政府、ホワイトハウスにかなり近い筋の方で、アメリカ大統領選挙の結果を事前にかなり確度の高い情報として知っていたとします。

そして、早速これを生かして、FX取引で一儲けしようと思い立ちます。

しかし、いざFX取引を始めようとすると…あれ!?

トランプ大統領が勝つことをいち早く知ったあなたでしたが、ところで、米ドル/円は上がるのでしょうか、下がるのでしょうか。

そう、このように仮に重要な決定や少し先の未来を知っていたとしても、それによって相場がどう動くか、つまりマーケット参加者がどう動くか予想するのは非常に難しいのです。

ファンダメンタルズ分析でうまく為替予想するために

為替予想 社会情勢

と言っても、じゃあファンダメンタルズ分析は無視していいかと言えば、もちろんそんなことはありません。

この情報戦の世の中、情報は多いに越したことはありません。

しかし、いくら情報を集めても、正しく使えなければ宝の持ち腐れです。

ファンダメンタルズ分析の正しい使い方とは、為替予想に対して補助的かつ保険的な使い方です。

例えば、テクニカル分析のシグナルで上昇サインが出ているとします。

しかし、あなたは、どこか引っかかるものを感じています。

さすがに連日上がりすぎで、あなたは「そろそろ反発するのでは?」と予想しました。

そこで、海外ニュースや指標を見てみると、どうやら次の政権は軍事に重きを置いている候補が当選しそうということが分かり、失業率も上がっています。

もちろん、「軍事よりの政権」や「失業率の上昇」というものを、相場が上がるサインと捉えるか、下がるサインと捉えるかは人それぞれだと思いますが、これらを複合的に考えて、ここで「待った」をかけたあなたは、無事に政権交代による暴落による損失を回避することができました。

自分なりのファンダメンタルズ分析

為替予想 上昇サイン

え、「そんなの結果論じゃないか」?

確かにその通りです。

ですが、分析というのは結果=過去からしかできません。

さらに言うと、なぜ上がったか、下がったかというのは、「多分こうだろう」という推測からは出ず、本当の意味で確かなことは誰にも分かりません。

これは意外と見落としがちなところで、誰もが相場変動の理由、真実を探しにいくのですが、たどり着けずに挫折してしまうのです。

そこで、自分なりの仮説、根拠というのが必要になります。

情報戦というのは、決してたどり着けない「真実」に対して、少しでも近づこうというものです。

麻雀に例えるならば、麻雀は相手の手牌が全て見えることはありません。

これからみんなが取る、場に裏返しになっている牌全てが分かることは、ルール上ありえません。

しかし、自分が持っている牌と、相手が捨てた牌は見えるので、その情報と相手の思考を考えながら、場の状況や相手の手牌を予想していくのです。

さらに言うと、その相手がやろうとしていることを阻止しながら、自分が勝たなければなりません。

その読みの精度を上げていき、切磋琢磨していくのですが、それでもイカサマでもしない限り100%の読みというのはありえません。

ですが、読みの精度が高い人と低い人が何戦もやれば、自ずと結果に開きが出てきます。

ビジネスの世界でも同様ですね。

これが、正に情報戦の縮図そのものです。

大きなお金を動かせる投資家や銀行が本気で大金を動かせば、相場はある程度コントロールできます。

しかし一方で、個々の小さいはずの投資家が大きなうねりを作るとき、その動きが巨大な銀行でも止められないこともあります。

では一体何を見れば為替予想できるの!?

テクニカル分析FX初心者の場合、ニュースの内容や配信される指標の情報があり過ぎて、何に注目したらいいか分からないということもあるでしょう。

FX会社がニュースとして出している情報や指標は、既にFX会社が吟味し、取引に役立つものとしてチョイスされたものです。

ですので、お墨付きのアツい情報のはずなのですが、どう為替予想に活かせばいいのか分からないといった声や、どの指標を見ればいいかわからないよ、ドラえもーん!という声もよく聞きます。

その答えは、一つずつでいいので、その指標やニュースを、自分なりに落とし込んでいきましょう。

例えば、重要と言われている指標の中でも、自分が興味を持てそうな指標を一つピックアップしてみます。

製造業で働いている方や製造業界に通じている方なら製造業PMI、住宅業界なら中古住宅業界販売件数や住宅着工件数、建設許可申請件数など。

そして、一つに注目しながら継続してチャートの変動を見ていくと、その数値がどのように相場に影響を与えるか徐々に見えてきます。

また、その中で

「この指標だけ見てもダメだなぁ」とか、「こっちの指標の方がダイレクトに相場へ影響ありそうだな」と思ったら、重点的にチェックする指標をカスタマイズしていきましょう。

そうしていくと、こういうパターンのときには、「この指標とこの指標が大事なんだよな」とか、こういうときだけは引っかけでこの指標が生きてこないといった「自分なりの仮説」がどんどん強力になってきます。

最終的に、複数の指標をチェックしていることになるかもしれませんが、一つ一つの指標に自分なりの判断基準ができているはずです。

言うなれば、最初の内は単純に「攻撃力」だけを見ていましたが、「武器倍率」というのを知り、表示されている攻撃力だけの比較だけでないことを知ります。

次に、「肉質」と言って、狙う場所によっても大きくダメージが変わってくることも知るようになります。

さらに、斬撃、打撃、弾で同じ場所でも肉質が違うこと、同様に属性ごとの肉質値、そして、状態異常の効果、上限値の上昇など、気がつけば相当量の情報がかなり正確に頭の中に入っていきます。

今回は、ダメージが数値によって、可視化されているので分かりやすいですね。

しかしいくら情報を網羅していても、個人的には敵が全く動けないようないわゆる「ハメ行為」など、狩り効率に特化したやり方には全く興味がありません。

ソロで力を付けてそれを持ち寄って、強敵に立ち向かったり、助け合ったりするのが最大の醍醐味だと私は思います!

あ、すみません、自分でも全く気が付かないうちに、途中からモンスターハンターの話になっていました(汗)

こんなことってあるんですね!

実はそんなに難しくない!?「テクニカル分析」入門

為替予想の方法

次に、紹介するのがテクニカル分析です。

「ギャー、出た!これはパスだわ」という方、安心してください、履いて…じゃなくて、難しい数式などは出てきませんよ!

テクニカル分析とは、チャートの形状やパターンによって、「こういうパターンが出たときはこうなることが多いよね」という傾向を分析したものです。

大まかに紹介すると、「トレンド系」という相場の上がり下がりに直結したものと、「オシレーター系」という売られすぎ買われすぎを指数で判断するというものです。

テクニカル分析のいいところは、感情や気持ちのブレに左右されることがありません。

実際に、フルオートで取引が行われるシステムトレードも、こうしたテクニカル分析のパターンを応用して、自動取引しているものがほとんどです。

とは言え、万能なパターンなどなく、テクニカル分析も一つの参考情報として取引するのが一般的です。

例えば、この形が出たら、次は上がりやすいというチャートの形状が出たとして、まぁ、正直FX中級者以上のトレーダーならだいたい知っているわけです。

中には「初心者の方たちはここで仕掛けるだろう」ということを狙って、取引する人たちもいるのです。

ちなみに、チャートが色んな線でグチャグチャになるのは嫌だなという方、テクニカル分析はそういうのばかりではありません。

結構、シンプルに見れるものも多いです。

例えば、「移動平均線」というテクニカル分析の中で、基本中の基本的なものがありますが、デイトレーダーでよくありがちな、短期スパンの変動のみに惑わされないことが可能です。

10分足や60分足という短いチャートで見ていて、「今が買い得じゃね」と仕掛けたら、1日単位で見たらまだまだ高値レンジの中で、ここから下がっていったというのは、よくある失敗談です。

実を言うと、私もやり始めの頃、この失敗をやりました(汗)

表示するチャートを複数にすることもできますし、最終的に気になる情報は、きちんと確認した方がいいのですが、この移動平均線によって、大まかに知ることができます。

このように、テクニカル分析というのは、「この分析でこれが分かる」というよりは、「こういう情報が知りたいんだけど、それが分かるような分析がないかな」という探し方のほうが、より上手く使えると思います。

結局、分析はツールでしかありません。

「オレ、テクニカルはEMAでRSIと合わせて使ってます、後はボリンジャーバンドとパラボリックと…」などと言うと、いかにも「FXやってまっせ、ドヤぁ」という感じですが、そういうケースよりは、簡単でも数は少なくても、しっかりと一つ一つの分析を使いこなして取引しているほうがはるかに有益です。

この例えは、反発もありそうですが、「スタバでMacBookを開いている」からかっこいいのではなく、「ビジネスパーソンとして活躍している方がスタバでMacBookを使っている」からカッコよく見えるのです。

あ、ちなみに、私は純粋にコーヒーを楽しみたいので、珈琲館とかの方が好きですが。

個人的には、「コーヒー好き」と称してスタバに行く人々はちょっと「ファッションコーヒー好き」というか、「スタバのイメージが好きなだけでしょ」と内心ツッコんでいます(笑)。

テクニカル分析での為替予想

トレンドライン つきぬけテクニカル分析の場合も、ファンダメンタルズ分析と同じで、まずは自分に合ってそうなものを使ってみましょう。

その中で、より自分が使いやすいものをピックアップ、カスタマイズすればいいのです。

例えば、先ほどの移動平均線一つとっても、移動平均線自体は1種類ですが、それを応用したものは相当な種類があります。

直近の動きをより強く反映させたものや、そもそも、移動平均線プラスいくつかの応用した線と組合せて見るのが一般的です。

ですが、学校のテストとかではないので、数式の意味や説明ができる必要はありません。

実際に使ってみて、自分の取引スタイルの中で便利に使えるかどうか、シンプルにそれだけでいいのです。

為替予想の自分なりの基準とは!?

為替予想 頭脳

ファンダメンタルズ分析でもテクニカル分析でも、基本的には補助的なものと書きました。

では、為替予想で最大のポイントである「自分なりの基準」とは一体何なのでしょう?

最初にも書きましたが、それは「自分なりの相場感」です。

FX取引は、変動幅が利益になるので、今上がりそうだ、下がりそうだというのは非常に重要です。

ただ、本来は「自分が妥当だと思っている相場」と現実の相場のギャップがあるから仕掛ける、これが一番純粋なFX取引の形だと私は思います。

株取引も同様で、本来は、「この企業の株がこの値段なの!?メッチャお買い得じゃん、絶対上がるよ」と思うから買うわけですよね。

あるいは、この会社は応援したい、大きくなって欲しいと思うから資金援助するわけです。

この自分なりの相場感を持った取引というのは非常に強く、ブレません。

これを持ちながら、補助的にファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを駆使して、裏付けを強めていくのです。

これの強いところは、短期的に予想が外れたとしても、最終的には合いやすいということです。

もちろん、自分なりの相場感そのものの精度を日々上げていく必要はありますが、仮に外したとしても、デイトレードで終わるところが、数日のスイングトレードで済むなどです。

当然、大幅に外れた場合は、早めに損切りの必要があります。

自分なりの相場感を持った為替予想と「負けないFX」

為替予想 まけない仕組み的に証拠金を多めに用意し、ロスカットや追証といった強制決済を避けること。

そして、今回紹介している「自分なりの相場感」を持って、期間を限定せずに利益を追うこと。

これが、「負けないFX」として私が提唱しているスタイルす。

すみません、いきなり聞きなれない言葉が出てきてしまって、「目が点」の方もいると思いますので、補足説明です。

FXの利益やマイナスというのは、買って→売るか、売って→買い戻すのどちらかをやって初めて確定します。

ですので、買った通貨ペアの相場がいくら上がっても、そのときに売らなかったら1円の利益にもならないんですね。

この時価評価的なプラスを「含み益」と言って、マイナスの場合は「含み損」と言います。

この言い方は、FXに限らず、株取引、先物取引などでも共通です。

そして、FXでは、含み損が大きくなったときに、強制的に決済されてしまうルールがあります。

それが、ロスカットや追証というものです。

これらの強制決済に共通しているものは、「証拠金維持率」と言って、投資に用意したお金で、かつ取引に使っていない「残りのお金」がどれだけあるかという割合によって発動します。

そのため、証拠金ほぼ全てを使って取引をしてしまうと、少し相場が反転しただけで一気に強制決済されてしまいます。

仕組みがよく分かっていないまま、失敗してしまう初心者の方でよくあるパターンです。

強制決済を避けることと、今回紹介した自分なりの相場感を持つことを、「負けないFX」の条件としています。

ですが、この「負けないFX」も弱点があります。

それは、期間を区切らないため、専業トレーダーのように、期間や出すべき利益が明確に決まっているような状態では安定した結果が出しにくくなります。

結局、自分なりの相場感を持つこと、「負けないFX」のやり方というのは、無理をしないことや、単純に利益を求めるだけの勝算が引い取引を仕掛けないということにつながります。

ですので、上げるべき利益の期限が決まっているような取引では、なかなか成果を上げにくくなります。

ただし、絶対的ではありませんが、利益金額だけならば、ある程度調整が可能です。

もし、あなたが負けないFXを実践して、コンスタントに月数千円のプラスを出せているとします。

そんなあなたが、月数万円の利益を出したいと思ったら、比較的簡単です。

答えは、投資するお金を10倍にすればいいだけす。

これが、FX取引の最大の魅力です。

金額が大きくなったとしても、やることそのものは大きく変わりません。

大事なことは、含み損の金額も10倍になるので、その金額に日和らず、プレッシャーに飲まれないようにすること。

そして、含み損が大きくなったときに、追加で用意する証拠金の額も10倍になるということです。

この精神的な部分と、物理的に無理なくお金を用意できるのであれば、プラスを維持する方法は同じなのです。

とは言え、実際に「お金を無理なく用意できるか」というのが一番ネックなんですけどね。

為替予想のたった一つのコツのまとめ

為替予想のコツ

私自身も、色々な予想サイトや、今日の相場分析ブログを見まくっていた時期がありました。

ですが、それを自分の取引に生かそうとしたとき、全然上手く行きませんでした。

それもそのはずで、私は相場を読み解くための「絶対の方法」や答えみたいのを探していたのですが、そんなものはありません。

また、他の人がどういう風に相場を読んでいるかをたくさん読んでも、自分なりの仮定がなければ、ただ単に人の考え方に乗っかっているだけなんですよね。

と、いうことで、自分なりはどう考えるのか、そのベースとなるものを探して、取り入れていかなくてはなりません。

そこで、すぐに思いついたのは、ファンダメンタルズ分析でした。

海外の情勢を見ながら、FX取引をするなんてかっこいいし、「FX取引してるぜ!」って感じをイメージしていたのですが、実際はマーケット参加者がどう動くかはなかなか読めません。

ですので、まずは自分が使えそうな、とっつきやすそうな指標を一つピックアップすることをオススメします。

次に、私が思いついたのは、テクニカル分析でした。

正直、手を出す前は、かなり抵抗がありましたが、非常に種類が多く、ローソク足の見方や形状パターン、移動平均線など、比較的わかりやすいものもあります。

テクニカル分析も、ファンダメンタルズ分析と同様に、とっつきやすそうなものから実際にやってみればいいのです。

そして、最後にものを言うのは、自分なりの相場感です。

これは正解はないですし、その根拠というものは、一言では語れないと思います。

ただ、それは過去のデータや、自分が思う各国の評価、信用性など、正にあなたオリジナルの指針です。

この精度を日々上げながら、複合的に使う各種分析の精度も上げていく。

そうしていくことで、結果は確実に変わってきますし、もう初心者なんて呼ばせないなんて言わないよ絶対、すみません、否定が多すぎてどっちか分かりません。

結果として、確実にFX中級者になっていると思います。

そして、その頃には、「為替予想ってどうしたらいいんだろう」という漠然とした疑問ではなく、「もうちょっと違う指標もチェックしてみようかな」とか、「こっちのテクニカル分析もやってみようかな」といったことに悩んでいるはずです。

そのステージにいるとき、予想記事や分析記事もまた違って見えてくると思いますよ。

為替予想 関連動画

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX YJFX! iサイクル

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1.0銭 15円 5,000円 89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 35円 最大 20,000円 DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!

の超人気会社で50万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFX

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭 40円 最大 30,000円 hgs37jx

ヤフーグループのFX専門会社!ヤフーの資金力とシステム構築力で業界トップを狙うYJFX!

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4000円)取引ができます。

スマートフォンアプリが有名で、昔からスマホ取引ならYJFX!と言われるぐらいスマホの取引機能が充実しています。

隠れた優良サービスである現受け・現渡しにより格安で外貨に両替する事も可能。

海外旅行の前に外貨両替するとお得です。空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめのFX会社です。メインの取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つと言えるでしょう。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

k64hdg19

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭 30円 最大 20,000円 89d3sja

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネット

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 31円 最大 30,000円 1n9sg

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

スプレッドが安くて低コスト!「みんなのFX」

みんなのFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
s7jx1h9
みんなのFXは全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社です。

取引ツールの使いやすさが特に有名で、FX初心者に人気です。

シンプルで見やすい取引画面なのに、FXのプロも唸る高機能!初心者からプロまで幅広い方が使っています。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」で自分のトレードの傾向や弱点等がわかり、他のFX会社より早く稼げるトレーダーになれると評判です。

また、今話題の「バイナリーオプション」もあるので50円からの少額でもFXができます。日本のFX会社のバイナリーオプションなので安心して取引ができます。

長期に的に安定して稼ぎたいなら、FXの実力が最も上がりやすいみんなのFXが一番お勧めです。

みんなのFX 口座開設


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。