(DMMFXの評判/口コミ)パソコンでもスマホでも!使いやすいDMM FX

更新日:

性別:男 年齢:23歳 職業:学生 FX取引歴:約2年

FX会社の評価

メリット

  • 取引ツールが豊富
  • 売りスワップと買いスワップが一緒
  • アプリが使いやすい

デメリット

  • 買いスワップは高くない

パソコンでもスマホでもわかりやすい取引ツール

私はDMM FX含め何社かFX口座を開設していますが、DMM FXで一番メインの取引をしています。ここの一番の良いところは取引ツールがとにかく使いやすいというところですね。

今はどの会社でもパソコンスマホ両方で取引できるようになってますけど、DMMはパソコンスマホどちらも違ってどちらも良いです。パソコンではシンプルで使いやすいDMM FXSTANDARDと豊富な情報が一画面で見れるDMM FX PLUSがあり、用途によって使い分けが可能です。

一方スマホアプリは一種類しかありませんが、こちらはシンプルさがウリです。他社アプリだと「この作業はどうやってやるんだろう」とわからなくて調べたりすることもありますけど、DMMのアプリはその点わかりやすいです。損益とかも一発で見れたりするので、今どのくらい利益出しているのかとか損切りのタイミングも考えやすいです。また、一定期間での損益も簡単に検索できるので、「通算でこれくらい稼げてる!」とか見てモチベーションアップに使ったりもしてます。

また、アプリ版ではスピード注文も嬉しい機能ですね。雇用統計やトランプ氏の発言など、市場が急変する時は1秒の差が大きな損失につながることもあります。ですので、ワンタップで注文が完了するスピード注文はありがたいです。自動ログイン機能もあるので、アプリ開いてから約定までのスピードは最速だと思います。

強いて短所をあげるとすると、新規注文で成行注文以外の注文方法が最初はわかりにくいことでしょうか。とはいえ一回わかればもう間違えないので特に気にならないでしょう。

ニュースや経済指標の一覧が見やすく、情報の選別が楽

FXをする際に経済指標とかマーケットニュースを見るのは必須だと思いますが、情報は多ければ多いほど良いとは限りません。マーケットニュースに関して比較的影響が薄いものもあり、全部見ているとそれだけで時間がとてもかかります。専業投資家ならいいかもしれませんが、自分みたいな片手間でやっているとそんなに時間かけたくないんですよね。

そういう意味ではDMMの情報提供能力は優秀です。パソコンなら経済指標とニュースを同時に画面に出すことができてその中から重要そうなものをピックアップできますし、アプリでもワンタッチで経済指標とニュースの切り替えが可能です。また、一覧の文字サイズが大きすぎないので、重要そうなニュースを探すのも簡単です。経済指標については、前回の値や今回の予想値、影響度も書いてあるので、結果を見てすぐに動き出せると思います。

ちなみに情報量という観点では、DMMは並レベルですね。他社と同じくらいの情報量です。まあ今時情報は調べればいくらでも手に入りますし、値動き予想とかも色々なところに載ってるのでそこは気にしていません。それにプロのアナリストでも外す時は外すので、あくまで参考程度という形にしています。

私は情報収集はツイッターを使っています。こちらの方が様々な方のマーケット予測ができますし、トレード手法を載せている方もたくさんいますからね。何名か成果をあげてそうな方をフォローして、朝にツイッター見ながら情報収集が日課です。

買いも売りも同じスワップポイントは珍しい

スワップポイントについては良いとも悪いとも言えるでしょう。特徴はなんといっても買いと売りでスワップポイントが同じこと。たとえば11/16のドル円のスワップは1万通貨あたり買いで70円、売りで-70円です。これは良い点も悪い点もあります。

良い点はマイナススワップを気にせずに売れること。他社よりマイナススワップはかなり少ないので、売りで入る際も心理的抵抗がすくないです。新規で売りで入った場合、下がらずにずっと持ち続けることになると、マイナススワップで損し続けることになります。スワップは小さいように見えて実は大きく、心理的に焦りが生まれかねません。なのでマイナススワップが少ないことはその負担を軽減できるという意味では優秀です。

また、スワップポイントが同じなので両建て(買いと売り両方でポジションを持つこと)もしやすいです。他社だとプラススワップよりマイナススワップの方が大きいことが多いので、両建てすると自然と損しますが、DMMだとそんなことはないので安心ですね。

一方の悪い点はプラススワップがたまりづらいことです。ある程度のリスクヘッジさえしていれば、ドル円の買いスワップでも十分な利益になるのですが、DMMだとこれが少ない。DMMは買いスワップが70円でしたが、SBI FXは81円、GMOは82円です。FXのトレード手法において、高スワップ通貨を買いスワップポイントのみで利益を出す、という方法もありますので、スワップポイントを利益の中心にしたいならDMMはオススメできません。

スプレッドは全体的に高水準も明確な競争優位なし

FXをする上でスワップや取引ツールと同じくらい大事なのがスプレッドですね。DMMはスプレッドについては全体的に良いですが、目立った特徴はないですね。

ドル円のスプレッドが0.3pips、ユーロ円が0.5pips、ユーロドルが0.4pipsと主要通貨はどれも狭い方ではあります。ただしドル円ならSBI FXが0.27pipsですし、ユーロドルならインヴァスト証券が0.3pipsと個別通貨ならより狭いスプレッドのFX会社はあります。スプレッドだけで判断するなら、一番人気通貨ペアのドル円のスプレッドが唯一0.3pipsを切る、SBIFXが一番でしょう。

というか主要通貨においてはDMMとGMOが同じスプレッドですし、人気のFX会社はどこもだいたい揃えている印象がありますので、気にしなくてもいいでしょう。

また、経済指標直後など取引が集中している時はスプレッドが拡張することはよく言われますが、これはDMMでもほかのFX会社でも普通にあります。頻度とかも目立って変わるようには思えないので、スプレッド面ではDMMの評価は難しいところです。

 

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
外為オンライン
FX初心者の登竜門として人気のFX会社。はじめてでも使いやすい取引ツールが人気の理由です!
無料セミナー
自動売買
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

低スプレッド低コスト!
YJFX!の外国為替証拠金取引【外貨ex】
YJFX!
ヤフーグループのFX会社で資金力が◎。低スプレッド業者では珍しい1,000通貨から取引ができます。
低コスト
アプリ人気
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

サポートが厚くて安心!
【DMM FX】申込
DMMFX
すべての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準!LINEのサポートも対応しているので初心者も安心です。
LINEサポート
低コスト
アプリ人気
キャンペーン

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-DMMFX【口コミ・体験談】

Copyright© FXのやさしい教室 , 2019 All Rights Reserved.