(DMM FXの評判/口コミ)DMM FXで効率的に利益を狙う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
DMMFXの口コミ・評価

性別:男性 年齢:30代前半 職業:会社員 FX取引歴:1年

FX会社の評価:★★★★★

 

(DMM FXのメリット)

・経済指標のおかげで投資効率アップ

・スピード注文機能が画期的

 

(DMM FXのデメリット)

・経済指標発表時にスプレッドが広がるのが難点

 

儲かる時間帯が一目瞭然

僕はとある食品会社の商品開発部署に勤めていて、DMM FXには去年出会いました。

ギャンブル好きの幼馴染の友達と久しぶりに会った時にFXの話が出て、小遣い稼ぎにやってみようかなと興味を持って、DMM FXに口座を作りました。

でも、日中は仕事があるので、トレードする時間がありません。

僕はレバレッジをかけて少しでも大きな利益を出したいとは思っていますが、リスクはあまり負いたくないです。

よく言うデイトレーダーみたいに、相場の変動が気になって仕事に支障をきたすようじゃ本末転倒だから、基本的に仕事中はポジションを持たないようにすると決めています。

そうすると、仕事が終わってからでないとトレードができないことになります。

それに、アフターファイブも上司や同僚との付き合いがありますから、トレードできる時間はより限定されてきてしまいます。

そこで僕は、DMM FXの経済指標の発表予定時刻と指標の重要度を利用して、重要度の高い経済指標が発表される前後の荒れ相場で稼いでいます。

DMM FXでは重要度を3段階で評価してくれていますので、僕はそのうち重要度3の経済指標に絞っています。

重要度3の経済指標は毎日発表されるわけではありませんし、重要度3であっても国によっては相場がそんなに反応しない場合もありますので、大体週に3日くらいのペースでトレードすることになります。

重要度3の経済指標のうち、特に相場に影響を与えやすいものとして、アメリカの雇用統計ですとか、PCEコアデフレーター、GDPなどがあります。

儲けるタイミングを逃さない

重要度の高い経済指標が発表される前には、発表内容を予測してトレードする人が増えだすせいなのか、相場が先行して動き出すことがあります。

しかし、こちらの方はそこまで大きな動きではありませんので、特段重要視していません。

問題は、発表後の相場の動きが大きすぎて、注文が追い付かなくなることです。

注文を出しても、注文レートと実際のレートが離れすぎて、約定させることができないのです。

そんな時は、DMM FXのスピード注文機能が大活躍してくれます。

これは、予め発注数量とスリッページを設定しておけば、それ以降は毎回注文内容を入力する必要がなくなり、売り買いのボタンを押すだけで注文が出せるようになるという、大変便利な機能です。

DMM FXでは株でいう成り行き注文のようなものが出せませんので、相場がどんどん上がったり下がったりしているときには、指値が追い付かず約定できません。

そこで、このスピード注文の設定を行い、スリッページを999pipsにしておけば、どんなに相場の動きが早くても約定させることができます。

せっかくのチャンスが削られてしまう

これまで書いてきましたように、私は短時間で効率的に儲けられるよう、重要な経済指標の発表を狙ってトレードしています。

DMM FXを使えば、相場が荒れていてもスピード注文を使ってがっちりと約定させることもできます。

ただ難点もありまして、経済指標発表前後でスプレッドが拡大することです。

せっかくのゴールデンタイムなのに、スプレッドが大きいせいで利益が削られてしまうのです。

通常ですとドル円で0.3銭、ユーロ円で0.5銭なのに、経済指標発表後には5銭や10銭くらいにまで広がるのです。

発表後何分か待てばスプレッドの拡大も収まってはくるのですが、その何分かが貴重なわ

けで、私にとってはなかなかに厳しい状態です。

やはり私の状況から考えますと、仕事しながら効率的に利益を狙うのであれば、経済指標発表狙いのトレードをやめるわけにはいきませんので、スプレッドの拡大に負けない利益を出していくしかないのかなと思っています。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る