(外為オンラインの評判/口コミ)iサイクル注文で気楽にFX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性別:男性 年齢:30代前半 職業:介護福祉士 FX取引歴:2年以上

FX会社の評価 ★★★★☆

メリット

・サイクル注文・iサイクル注文(自動売買)ができる

・1000通貨からの少額取引が可能

・デモトレードがある

・各地で初心者~上級者向けのセミナーを開催している

・講師による書籍がある

デメリット

・スプレッドが広い

・MT4との連携不可

・取引画面が少し分かりずらい

・約定メールが遅れて来る時がある

副業の検索にてFXを知る

介護職員をしているが、世間で言われている通り賃金は決して高いとは言えない。毎月の給料は殆どが住宅ローンや車のローン、その他光熱費等の固定費の支払いに当てられ貯蓄もできない。妻と子供2人を養っていくには物凄く厳しいのが現状だ。

このままでは破産しかねない…。そんな時にネットで自分にも出来そうな副業を検索した際に興味を持ったのがFXだ。その中でも初心者向けとして評価が高いのが、1000通貨からの少額取引が可能である外為オンラインという証券会社であると知った。

最初はFXというもの自体が何の事か分からなかったが色々と調べるにつれて、その仕組みが大体は整理できた。

さらに理解を深める為に書店に出向くとFX関連の書籍が沢山並んでいる事に驚いた。その中に「チャートがしっかり読めるようになるFX入門 外為オンライン・シニアリスト佐藤正和」というものがあった。外為オンラインという名前が目に留まりこれを購入した。

購入した本を読む事で断片的ではあるものの、知識が身についていった。FXの歴史や用語について学ぶ事ができたし、FXによって経済的な余裕を手に入れる可能性が見出せるように思えた。

本を出している程だから信頼できる証券会社と判断し、外為オンラインにて口座開設を申し込む事にした。

一度審査に落ちる…

しかし口座開設を申し込んだ結果は「またの機会をお待ちしております」的な内容の審査落ちという返信だった。

実はこれには思い当たる節がある。口座開設完了までの練習にと思いデモトレードを申し込んだのだが、いざ画面を開いてみると、何をすればいいのかわからず練習どころではなかった。当時の自分は本当にその程度のレベルだった。

さっそくサポートダイヤルにて、現在口座開設の審査待ちである事やその他の現状を伝えたところ「ホームページ内に“FXがはじめての方へ”というページがあるので、そちらをご覧になれば分かると思いますよ」との事だった。

このページについては既に知っていて口座開設申し込み前にも何回か目を通した事もあった。それにも関わらず、この程度の質問をしてしまった事を深く恥じたが、「もう少し親切に教えてくれても良いのではないですか。初心者なんだし」等と思ってしまったのも事実だ。

今思えばこの問い合わせが良くなかったのかと思う時がある(このくらいの事が理解できないのではFXは無理でしょう…みたいな)。

その後再度デモトレードに挑戦したところ何とか成り行き注文という基礎トレードまではできるようになるが、結果は上記で述べたとおりである。

その後、落ち込んだ自分は一度は外為オンラインをあきらめるが、2度目の口座開設の申し込みにて外為オンラインでのトレードを開始する事となる。

口座開設前に外為どっとコムにてトレードを行ったが…

外為オンラインで審査に落ちた後に外為どっとコムにて口座開設を申し込んだ。外為オンラインと同じように少額取引が可能であり初心者向けとしても評価されていたからである。

そして、すんなりと審査が通ったことから(入力した情報は外為オンラインとほぼ同じ)、外為オンラインと比べてとても良心的な証券会社だと感じた。

そして外為オンラインにはない機能であるスピード注文というツールがとても使いやすかった。

これは一つの画面でチャートや資金の値動きを確認しワンタッチで注文できるというものだ。外為オンラインにも似た機能でチャートプラスがあるが資金の値動きまでは確認できない。

このツールのおかげで、成り行き注文からのスキャルピングやデイトレードを覚えることができたが、途中からポジポジ病に陥り本業とFXの狭間で苦しむ事になる。さらに家族との関係も悪化するという事態に発展した。

本来なら利食いと損切りを繰り返す事でトレードスキルは向上するし、負けトレードも勉強の内と捉えるのが正しいのだが、家計に余裕のない状態で資金が減っていく様を見るのは非常に辛いものがあった。

突破口を探す中、自動売買という方法がある事という方法がある事を知り外為オンラインのiサイクル注文がそれに該当する事が分かった。

どうせ勝てないのならシステムに任せた方が効率が良いのではないかと考え、再び外為オンラインを申し込んだ次第である。

ただスキャルピングを始めとする裁量トレードを行うのであれば取引画面が分かりやすい外為どっとコム等で行った方が操作も簡単でありスムーズにトレードができると思う。

特に初心者にとって外為オンラインの取引画面は新規注文の他にチャートプラスやiサイクル注文とか色々ある為、少し分かりにくかった。

iサイクル注文も良い事ばかりではない

iサイクル注文は通貨ペアや資金量、想定変動幅等を設定し自動売買を行うシステムだ。ボラティリティ形式ではこれらの設定を自由に変える事ができるし、ランキング形式では時間足に沿った現在のトレンド方向の確認も出来る為、買いか売りかの判断もしやすい。

市場が開いている月曜日~金曜日は24時間勝手に取引してくれるので、それまで自分が感じていた相場を見張るというストレスからは解放される事になり、仕事や家庭やFXとの狭間で苦しむという事はほぼなくなった。

そして予想が外れて相場が逆行した場合も現在のポジションを保有しつつ次の注文が入る為、安易な損切もしなくてもよくなった。

こうして以前よりはFXで安定した利益を残すようになれたが、iサイクル注文にも弱点がある。例えば想定変動幅の内でもポジションをいくつも保有している状態だ。

こんな時にファンダメンタル要素等による急激なトレンド転換が起きた時に損切ポイントまで来てしまった場合は当然強制的にポジションの決済が行われる為、結果的に微益か損失に繋がってしまう事もある。

自動売買だからといってFXの経済指標の確認や相場観を養うことを怠りシステムに頼りすぎてしまうと痛い目に合う事になる。

想定変動幅の中でポジションが持ちこたえられるように余裕のある資金量で行う事や為替相場の情報には常に目を光らせる等の十分な注意が必要である。

そしてFXの学習を継続する事はもちろん、きちんと引き際を見極める事ができるようなトレードを心がければiサイクル注文は精神的に楽なFXトレードを行う為の非常に優れたツールとして我々の助けになってくれるだろう。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る