(GMOクリック証券の評判/口コミ)支払うスプレッドの金額を削減できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性別:女性 年齢:30代後半 職業:会社員 FX取引歴:8年

FX会社の評価:★★★★☆

 

(GMOクリック証券のメリット)

・スプレッドが格安

・約定力が強い

 

(GMOクリック証券のデメリット)

・デモトレードに難あり

 

業界最安水準です

こんにちは。
とある会社で勤めております、30代の女性です。
会社でもFXをやっている人は何人もいますが、ベテランの方々が多く、私も年齢こそ若いですが、ここに就職して間もない頃にFXを始めておりますので、取引経験は諸先輩方に引けを取っていないかと思います。

さて、本題ですが、私がGMOクリック証券を選んだきっかけはスプレッドの安さです。
スプレッドの広さは、稼ぎ出せる利益の額に影響します。
特に、トレードを重ねれば重ねるほど、毎回スプレッドがかかるわけですから、塵も積もれば山となると言います通り、何百回何千回とトレードしていきますと、累積のスプレッド金額は相当なものになるからです。

私自身8年間FXをやってきましたが、累積トレード回数は2,000回を超え、支払ってきたスプレッドも数十万円を超えています。
発注するロット数にもよりますが、一回のトレードで数百円支払っていることを考えると、見過ごせない金額だと思いませんか。

GMOクリック証券ですと、もっともメインとなるドル円で0.3銭原則固定、ユーロ円でも0.5銭原則固定でして、私の知る限りではこれが一番安いスプレッドだと思います。
スワップが精算される日本時間朝や、重要度の高い経済指標が発表される前後などで一時的にスプレッドが拡大することはありますが、これはどのFX会社でも同じだと思いますのでそこまで気にはしていません。

スプレッドが拡大した時だけトレードを控えれば良いだけの話ですからね。GMOクリック証券のスプレッドの安さには、私は一目置いています。

システムが柔軟でスリッページも自由

GMOクリック証券の約定力は安定していると言えます。
スプレッドが拡大している時間帯や、相場の動きが大きい時間帯であっても、チャートやレートの更新が麻痺することはありません。
例外としまして、米国の雇用統計といった重要度の高い経済指標が発表される前後には、数秒程度一時的にチャートとレートの更新がストップしますが、この点についてはどのFX会社でも同じなので、GMOクリック証券の欠点にはなりません。

指標の発表に伴って注文が殺到し、おおよそ株取引における買いストップ又は売りストップのように、一方向に注文が偏った時と同じようなイメージでしょうか。
また、GMOクリック証券では、スリッページについても発注時に最大99.9pipsまでの自由な範囲で入力することができます。

従いまして、常時99.9pipsで入力して発注すれば、あまりにも急激な相場の変動や預託証拠金残高の不足などの問題が生じない限り、必ず約定させることができると言えます。
たとえばパニック相場で恐ろしく下落している相場に直面した時、買いポジションを1秒でも早く決済したいという場合には、売り決済注文をスリッページ99.9pipsで出せば、いくらかの損失さえ覚悟すれば決済することができます。

また逆に、みるみる上昇していく相場を目の当たりにした時に、買値に糸目はつけないからとにかく買いたいといった場合にも、スリッページをマックスにして買いの成行注文を出せば必ず買えます。
このように私は、GMOクリック証券の約定力は手堅いものがあると確信しています。

アプリとイメージがかなり異なっています

GMOクリック証券に口座開設するにあたりまして、デモトレード制度を利用させていただきました。
デモ口座の開設は大変簡単でして、メールアドレスなどを入力するだけで、ものの数分でできました。
また、デモ口座における仮想資金につきましては、10万円〜9,999万円の範囲でユーザーの自由に選択することができます。

これにより、10万円という最小資金を殖やすトレーニングを積むのもいいですし、普通の方なら運用することのない9,999万円という夢のような大金を全力投資して、何億円という資産に殖やしてみるというのもいいでしょう。

必要事項を入力し、規約に同意をチェックすれば指定したメールアドレス宛にログインIDとパスワード、デモ口座のURLが送付されてきますので、そちらからデモサイトにリンクしてログインし、デモトレードのスタートとなります。

しかし実際に使用してみますと、通貨ペアは19種類という豊富さを誇っていましたが、チャートの表示がなく、トレードの判断が大変やりづらかった記憶があります。
いくらデモ口座であるといえど、最低限チャートくらいは表示されていなければ、操作性やチャートの見やすさ、ローソク足や移動平均線などのテクニカル指標のバラエティなどが全く判断できません。
この点、GMOクリック証券はデモ口座を見て離れていくユーザーも多いと思いますのでご注意下さい。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る