(GMOクリック証券の評判/口コミ)チャートの苦労がスッキリ解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
GMOクリック証券の口コミ・評価

性別:男性 年齢:40代前半 職業:会社員 FX取引歴:5年

FX会社の評価:★★★★☆

 

GMOクリック証券のメリット

・有名会社なので信頼できる

・チャートが見やすい

 

デメリット

・少額取引ができない

 

愛読していた雑誌がきっかけ

私は、FX取引歴5年くらいですが、GMOクリック証券のお世話になろうと決心してからはまだ1年しか経っていません。
それまでの4年間は、DMM FXトレードを使っていました。

GMOクリック証券に口座を作ろうと思ったきっかけは、私が愛読していた経済雑誌、プレジデントでした。
プレジデント自体は数年前から定期購読していたのですが、ある日いつものようにプレジデントを読みながら通勤電車に乗っていると、業界最安水準のスプレッドと大々的に書いてあるではありませんか。
ちなみにいくらなのかな、と思い見てみますと、ドル円で0.3銭原則固定でした。
これは私が愛用していたDMM FXトレードと同じですね。

まぁこの点はどちらも遜色ないなと思ったのですが、その次のページで、GMOクリック証券の決め手となった記事に出会いました。それはチャートです。
DMM FXもGMOクリック証券も、こんな小さなスマホ画面に4分割でチャートを表示してくれるのですが、GMOクリック証券の方は、4分割チャートの組み合わせを最大4つまで保存できるという機能があると書かれていたのです!

DMM FXは4分割チャート1組のみの表示しかできませんでしたので、状況に応じて表示の組み合わせを変えた場合に、また元に戻すのが大変な手間でしたので、GMOクリック証券の口座を使うようになってから、この苦労はすっきり解決してくれました!

DMM FXとの比較

ただし、GMOクリック証券もいいところばかりではありませんでした。
確かに4分割チャートを4組まで保存してもらうことができて、いつでも好きな時に呼び出せるというのは大変ありがたかったです。

しかし、GMOクリック証券のチャートはローソク足の横幅が太すぎて、結果どうなっているかと言いますと、ローソク足の本数が少なく、そのせいで表示できる時間帯が短くなっているんです。
具体的に申しますと、DMM FXでは4分割チャートにしてもローソク足は50本程度表示されているのですが、GMOクリック証券はたったの10本です。
これはしんどいですね。
10本しかないと、1分足にすると10分間、5分足でも50分間分のチャートしか表示されないこととなり、あまりに時間の幅が短すぎて、トレードの判断に使いづらいところがあります。

5分前の高値を超えていても、20分前の高値は超えていないからエントリーは控えよう、といったような戦略を立てることができませんので、GMOクリック証券は少し厳しいかな、というのが正味のところであります。
GMOクリック証券の利点としては、先程から書いてきましたが、4組までチャートの組み合わせを保存できることですので、DMM FXのようにトレード判断を優先させるのか、GMOクリック証券のように組み合わせの保存の利便性を優先させるのかのどちらか、ということになりますね。

これは確かに業界最安値ですね

チャートに難ありと書きましたが、さすがプレジデントの広告が推すだけのことはありまして、スプレッドはFX業界でも最安水準にあります。
ドル円で0.3銭原則固定、ユーロ円でも0.5銭原則固定、ポンド円でも1銭原則固定です。
これはDMM FXと比べても全く同じなのですが、他のFX会社のスプレッドを見てみますと、ドル円の時点ですでに0.5銭だったり、ポンド円にもなると2銭以上のスプレッドを取られる会社もあるようですね。

もちろんGMOクリック証券は、取引手数料無料です。
手数料がなければFX会社は儲かりませんから、手数料の代わりにスプレッドなるものをユーザーから取ることによって儲けています。
スプレッドは通貨の売値と買値のレート差のことを指していまして、トレーダーとしてはスプレッド以上の売買損益を上げなければ、利益を出すことはできません。
したがったスプレッドが小さいFX会社で取引するほど、トレーダーの利益も必然的に大きくなってくるわけです。ドル円の0.3銭原則固定など、もはや誤差の範囲ですので、ほとんど無視できるレベルですよ。
買った次の瞬間にはもう0.3銭原則固定など一瞬でレートが変動しますので、スプレッドは気にしなくても良いと思います。

塵も積もれば山となると言いますが、コンマ何銭のスプレッドの違いが、何年もトレードを繰り返していると利益の額に大きく影響してきますので、なるべくスプレッドの小さいFX会社を使うようにしてほしいと思います。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る