(ひまわり証券の評判/口コミ)ループイフダン以外は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ひまわり証券の口コミ・評価

性別 男性 年齢 50歳 職業 自営業 FX取引歴 11年目

FX会社の評価 ★★★☆☆

 

ひまわり証券と言えばループイフダン

ループイフダントレードで私は過去においしい思いをしたこともありますが、今年の前半はトルコ円で重症、後半はドル円で盛り返して来ています。

まだオージー円が、75円~96円のレンジでスワップポイントも1万通貨で100円前後の時は本当に仕掛けやすかったです。オージー円が80円を割ったころから、25銭間隔で買いのオーダーを入れていきました。75円台まで25銭間隔で買いのオーダーを入れていくのです。

リーマンショックの時のように50円台までいけば大きな損切になるものの、当時のオージー円はレンジ相場でスワップもよく私には相性もよく、無理に考えたりする必要もなく良かった思い出が強いです。

今年(平成30年)の秋はドル円の、ループイフダンが機能しています。 ドルと円の金利差もうれしいものですが、私は113円台、112円台、111円台に25銭間隔で買いオーダーを入れたのは大正解でした。 今年の秋のドル円は、112円~114円のレンジのため、ループイフダン注文にはもってこい の相場でした。

痛い負けとは、現在でもスワップポイントがいいトルコ円です。 今トルコ円の週足をみれば冷静な判断ができたと思いますが、私の頭の中にはスワップポイ ントと値頃感ということが頭の中にありました。

今年(平成30年)急落したトルコ円ですが、私はやってはいけない値頃感から25円を 割ったころから昔のオージー円と同じように25銭間隔で仕掛けていきます。

しかし私の予想とは全く違い、レンジでなく強い下落トレンドが継続でした。 20円を切ったころから、資金が苦しくなり大きな損切です。

やはりループイフダンは、スワップの目的ではなくレンジ相場に使用しなければならないこ とを実感させられました。 上記の話とは別に、ひまわり証券のループイフダンでは片道108円の手数料金がとても損 をした感じになります。

1000通貨から出来るものの、片道108円取られては少し考えさせられるものがありま す。資金に余裕があり1万通貨のループイフダンならば問題はないと思いますが。

指標発表の時でも広がりが小さい

ひまわり証券のスプレッドは、決して狭いわけではないですが指標発表時も大きく広がらないメリットがあります。

ドル円のスプレッドが0.1銭と宣伝しているFX会社はあるかもしれないですが、それは東京時間の何も動きがなかった時だったりするのも珍しくはありません。そんなFX会社に限って、政策金利の発表時などやたらスプレッドを広げてストップ狩りをしたりします。

最近(平成30年)にあったスプレッドの狭さが効いたトレードを紹介したいと思います。私は米中の関係からオージー円のショートポジション82.70を保有していました。

その日はオーストラリアの雇用統計があり、私は兼業トレーダーなので指値の注文を二つ出していまし た。現時点で30Pの利益があり、その月はあまり調子が良くなかったので82.70円で決済、82.80円で指値 の売りのオーダーを朝に入れておきました。

このままオーストラリアの雇用統計が悪くて下落してくれれば文句はないですが、乱高下して建値のポ ジションだけ決済されて又下落と言うチャート形状を何度も見ているため、私は欲張り10Pでも得をしよう としてオーダーを入れたのです。

そして、指標発表です。仕事中だったので後から5分足を見たのですが案の定、相場は乱高下で、建値 決済されていました。しかし、売りの新たな指値の82.80円も約定していて含み益となっていたのです。

このように、指標発表時でもびっくりするようなスプレッドの広げ方をされなければ、せこい話ですが10P得 する指値が出来たのです。しかし、この手法はギリギリ指値が約定せず後悔した時もあります

懐に優しく、動きのある通貨のトレード。

私は11年目の兼業のトレーダーです。

トレーダーと名乗るほど立派な成績ではなく、どうにか退場しないでFXを10年間続けてき ました。兼業トレーダーの多くは、プロに比べればトレード出来る資金は雲例の差です。 そんな兼業トレーダーのためにあるのが1000通貨単位のトレードだと思います。

さすがに11年目のFXとなると1000通貨のトレードと言っても、7000通貨位のポジションを多い時は5ポジ以上保有するので合わせれば1万通貨になるのですが、1000通貨単位でリスクを分散することが出来ます。又、トレンドが反転するかなと思うときは、打診買いをしても大きな損失に繋がっていかにところがいいと思います。

今年の秋(平成30年)の秋のドル円は、レンジ相場となり本当に動きが少ないです。そんな時は動きのある通貨でなければ、損失もなければ収益にも結びつかないです。

ひまわり証券ではメイン通貨の他に、ユーロオージーやポンドオージーなど動きの激しい通貨でトレードが出来るのも嬉しいものなのです。私は先月、ユーロオージーのトレードをしたのですが、見事に逆に動き大きめの損失をしてしまいました。

兼業トレーダーは必須

ひまわり証券には、アンドロイド対応のスマホアプリがあり私は使用しています。

兼業のトレーダーは、ずっとパソコンのモニターと向き合っていることは不可能ですので必須アイテムだと思います。

私の場合は、朝8時位、12時位、20時以降とスマホでチャートチェックを行っています。仕事の関係上、朝がゆっくり考えられて頭の回転もいいので8時のチェックは重要な時間です。

画面は小さいものの、移動平均線とMACDを表示しています。 特に朝のチャートチェックと前日のニュースを確認してから、その日のトレード戦略を考え ます。8時から録画した、モーニングサテライトの視聴、F1ブログのチェックしドル円の日 足チャートから確認していきます。

ドル円→ユーロドル→ポンドドル→オージードルは毎日 必ず確認します。通貨の強弱があるか、トレンドが出ている通貨ペアはあるか、どちらかが 確認できた時は時間軸を1時間にして指値をしたりします。 その場合は必ず利益確定値、損切をスマホアプリから入れます。

FXから退場しないよう続けていくためには、指値だけでなく必ず損切りの注文が必要でアプリから出来るのもうれしいものです。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る