(アイネット証券の評判/口コミ)裁量取引が苦手なのでこれで十分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アイネット証券口コミ_05

性別:男性 年齢:20代後半 職業:会社員(兼業トレーダー) FX取引歴:5年

FX会社の評価:★★★★☆

メリット

・ループイフダンが試せる

・裁量取引が苦手でもなんとかなる

・セミナーがためになる

・通貨ペアが多い

デメリット

・約定力がいまいち

5年かけてわかったこと

私がFXを始めたのは、独立したいとか、金持ちになりたいとか、将来のことを考えた意識の高いことがきっかけではない。単純に、昔からギャンブルが好きで、競馬だったりパチンコだったりに興味があったからだ。

趣味みたいなもので、頭をめっちゃ使えば、ある程度勝てるというところに魅力を感じた。FXは果たしてギャンブルかどうかというのは、結構諸説あるとは思うけれど、少なとも自分のやり方的にはギャンブルだ。

私は株にはほとんど興味がない。ジワジワ儲かることにあまり魅力を感じなかったから。そういう意味では、一か八かでかなりの額が儲かるか、失うかというFXはギャンブルだと思ってる。

なにはともあれ、社会人になって特に趣味もなく独身で、普段の生活も質素なので、割とお金に余裕があった。だんだんと新卒の忙しさはなくなって、少しFXを本格的にやってみようと思った。

最近はネットで便利なので、どの証券会社が良さそうかある程度目星をつければ、あとは数日でトレードを始められるというのもあり、かなり軽い気持ちで始めた。

迷走した5年と諦め

初めたばかりの時期はかなり浮き沈みが激しかった。めちゃくちゃ上手くいくときもあれば、その分損をしてしまうこともあった。でも、それがFXだと思っていらから、そのことには何の疑問も持たずにいた。

ただ、FXをやっていると目につくのが、FXに関する情報商材の多さだった。しかもそれのどれも継続的に勝つことについての商材だった。

気になって調べたが、やはりFXにはどうやら継続して勝ちの状態でいる(勝ち負けはあっても、常に損益がプラス)という人がいるということを知った。

このあたりから、私の迷走が始まった。自分に負けが多い理由は何なのか。かなりリサーチを行い、色々な投資手法を勉強した。しかし、どれを試してもなかなか上手くはいかなかった。

自分なりに本を読むなり、色々なテクニカル指標やインジケーターを勉強し、それらを分析してみたが、なかなか上手くいかない。マネーマネジメント試行錯誤したが、結局トレードに負けるようでは意味がなかった。

そういう迷走から得たのは、自分には裁量取引が向いていないということ。どういうわけか、自分はトレードに向いていないということがこの5年かけてわかったことだった。

その頃に出会ったのがシステムトレードの存在だ。自分の意思決定とは一切関係なく、スキーム通りに動くシステムであれば、裁量トレードの苦手な自分に変わって儲かってくれるに違いないと考えた。

それをきっかけに色々リサーチをした結果、このアイネット証券であれば、比較的簡単にそのシステムトレードを試すことができるということを知った。

もちろん、しばらくやって上手くいかなければ、システムトレードもやめるつもりではある。なので、この書き込みも現状は、ということになるけれど、あしからず。

実際は儲かってます

結論を言ってしまうと、儲かってます。それも、そこまで工夫はしていなく、アイネットのセミナーに一度参加してしまうとわかるようなことで儲けている。

ただ、気をつけなければいけないのは、いつ稼働させていつ稼働させないかで、これを誤るとひたすらナンピンし続けるマシーンになってしまう。正直、ここまで簡単に儲かるとは思っていなくて、これまで裁量取引で苦労していたのがあほらしく感じられるレベル。

ただ、もちろん始めた瞬間から儲かっていたわけではなくて、初めは多少試行錯誤していたが、すぐに儲けられたという感じ。これは正直意外だった。

セミナーが充実しているのが鍵

アイネット証券のとても良いところはセミナーを積極的に実施している点。

証券会社にも色々あって、セミナーらしきものは何一つやっていない会社もある。ああいう会社は、マーケティングをかなり集中して売って、ライトユーザーを大量に集めて、少ない資本をひたすら巻き上げるっていうことしかしてないように見える。

アイネット証券の場合は、ある程度自社のユーザーを教育しようという努力が見える。

例えば、サイトに行けば色々な指標の見方だったりを解説するページがあって、自分で勉強もできるし、普通のセミナーもやっていて、それに出席して色々勉強することもできる。

それだけじゃなくて、オンラインでもセミナーをやっていて、家でも出先でも参加できる。しかも、そのセミナーの映像は後日公開されるので、余裕なくても移動中とかにもみれる。

確かに、色々自分でFXを勉強する方法はあって、本を買ったりセミナーに参加したり、サロンに参加したりっていうのはあると思う。

ただ、口座を開設するだけでほぼ出費なしにこれだけ勉強させてくれるのはめっちゃ良い。自分がなんとかやって行っているのもこのセミナーのおかげだと思っている。これからも、日程が合う限りはセミナーに参加していきたいと思っている。

通貨ペアがたくさん用意されている

始める頃は通貨ペアがたくさん揃っていることがそこまで重要だとは思っていなかった。初めはそれこそドル円しか運用していなかったし、他の通貨なんて見てもいなかった。

ただ、これがとても重要で、例えば新しい戦略をトライしたくなった時だったり、ふと新しい通貨に注目したくなった時に、それをメインで使っている証券会社が扱っていないとしたら、新しい証券会社を探し、口座を開設してトレードができるようにしなきゃいけない。しかもそれだけじゃなくて、会社によっては新しいツールになれが必要になる。

以前、有名な某投資銀行の運用部で働いているクオンツの人と話す機会があったけれども、そこで彼が言っていたのは、やはりトレードで成果を出すには、他のトレーダーとは違う戦略が必要だと。

だからトレードはとてもクリエイティブな行為だと。だとすれば、色々な投資の戦略を試せた方が絶対に良いに決まっている。そういう視点だと、通貨ペアはたくさんあった方が良い。

ちなみに、アイネット証券はトルコリラだったりも扱っているから、スワップポイント狙いの長期投資にも向いている。自分も今後、こういう通貨の方がシストレに向いているとか向いていないとかを見極めてループイフダンを極められればと思っている。

唯一のネックは約定力の弱さ

正直、自分はあまり気にしていないが、、アイネット証券で裁量取引をしようと思っている人がいたらかなり気になると思うのが、約定力の弱さだ。実はちょっとだけ自分でトレードをしてみたけれども、本当に約定にも時間がかかるしスリッページも大きい。

だから、デイトレーダーには確実に向いていない。ただ、自分の場合はシストレで、最終的に結果として儲かっていれば良いから、これはあまり気になっていない。

ループイフダンを使うなら少し面倒臭い出入金

アイネット証券を使う人はほとんどの人が、ループイフダンを使うと思う。そうすると少し気になるのが、入出金のめんどくささ。

例えば、クイック入金でささっと入金して、反映されたらトレードして、利益はまた出金してという感じではいかない。まずはアイネット証券の取引口座に入金して、それをループイフダン専用の口座に入金しなければいけない。

出金するときも、ループイフダンからまずは出金するので二重で出金しないといけない。

これは、もしかしたら色々理由があるのかもしれないし、裁量取引もアイネット証券でやっている人からしたら便利なのかもしれない。

ただ、この約定力を考えるとアイネット証券はもはやループイフダンでしか使っていない人が多いと思うけれど、そういう人にとっては少し面倒くさいと思う。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る