売買チャンスを逃さず勝率アップを狙う|FXブロードネット4つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
トラッキングトレードのポイント

便利で賢いFXブロードネットのトラッキングトレードとは?

トラッキングトレードの流れトレッキングトレードとは、取引システムで指定した範囲を自動的にIFDO注文で繰り返す仕組みになっています。
※「IF」とは、「もし」という意味です。

「もしここまで来たら買う、もしここまで下がったら損切りする」というのを最初に決めて注文しておき、あとはシステムが自動で売買をしてくれます。

何度も繰り返し発注操作をする手間が省けるので、忙しくて時間がない人にもオススメです。

トラッキングトレードのポイント

トラッキングトレードの流れ

トラッキングトレードはレンジ相場に強く売り買いのタイミングを狙ってくれます。

レンジ相場が変動しても、自動追尾(トラッキング)機能で自動的に注文を繰り返してくれるシステムです。判断力がとわれる売買タイミングに頭を抱える必要がないので、精神的負担も軽減されます。

トラッキングトレードは、1回のトレードの値幅は小さくても、何度も何度も繰り返して利益を積み上げていくトレードがオススメです。FX取引で大切なことを自動でしてくれる賢いシステムですね。

FX相場は、7割がレンジと言われています。予想した方向へ進んでいけば値動きを追いかけてくれてるのでレンジ相場では強い味方です。

トラッキングトレード

トラッキングトレードのメリット・デメリット

メリット、デメリット

トラッキングトレードのメリット・デメリットについて簡単にまとめると次のようになります。

トラッキングトレードのメリット
  • 注文が簡単で時間がかからない
  • 1,000通貨から取引が出来る
トラッキングトレードのデメリット
  • 手数料がかかる
  • 相場に馴染む力が身につかない

それでは簡単に説明していきます。まずはメリットについての説明です。

注文が簡単で時間がかからない

冒頭でもお話したように、注文方法は取引ツールで最初に決めておけば自動で動いてくれます。

ただ相場は動くので負ける方向に進んでしまうのを避ける為に、チェックはしておく必要はありますが、負担軽減にはなるので魅力のひとつです。毎日忙しくて時間がない人にオススメです。

1,000通貨から取引が出来る

FXブロードネットは、1,000通貨単位で取引が出来ます。トラッキングトレードでも少額取引が可能なので初心者の人は少額始めてみるのがいいですね。

 

次はデメリットについて説明します。

手数料がかかる

トラッキングトレードは、スプレッドとは別に手数料が発生します。手数料は、往復1,000通貨40円になります。スプレッドが3円だと合計43円かかることになります。どうしてもコストは高くなってしまうのが難点です。

トラップ系のトレードにはつきものですが「便利で手間が省けるサービスにはそれなりの金額がかかってくる」と思っておきましょう。

相場に馴染む力が身につかない

トラッキングトレードは、口座開設して資金があれば初心者でも簡単に始められます。

簡単操作で自動で取引してくれるのは非常に魅力的ですが、実際に自分で考えて何度も繰り返し操作をする訳ではないので、相場を見極める力が身に付きません

FX取引で100%勝てる相場は存在しないので、予想外の展開に進んでしまった時に対処出来ない能力がなく損失が膨らんでしまう可能性が出てきます。

【FXブロードネットの特徴1】低スプレッドだから取引コストが安い

FXブロードネットのスプレッド

※2018年1月現在

FXブロードネットは、取引手数料が基本無料、取引によるコストはスプレッドのみとなります。この取引にかかるコストは取引1回にかかるものです。

収益を増やすことを考えると取引コストはできるだけ低い会社を選びたいですね。FXブロードネットは、業界でもかなり低スプレッドですので、多くの方に選ばれています。

※主要経済指標の発表前後など市場の急変時、スプレッドが拡大する場合があります。

【FXブロードネットの特徴2】少額から取引することが可能

とくにこれからFXを始める方の場合、初めから多くの金額を動かすことに不安があって当然です。

FXブロードネットでは、4000円=1000通貨から取引をすることができます。比較的少額から取引がはじめられますので、リスクを抑えたい方、またこまめな取引をしたい!という方にもおすすめです。

【FXブロードネットの特徴3】使いやすい取引ツール、利用料は全て無料

FXブロードネットの取引ツール

FXブロードネットには、パソコンからスマートフォンまで、それぞれに対応したFX専用の取引ツールがあり、それらの使用料はすべて無料です。

パソコンのダウンロード版は慣れてしまうと手放せないかも!?

ダウンロード版はどちらかというと多機能なタイプでカスタマイズ性を重視されています。

使いこなすまで少し時間がかかるかもわかりませんが、慣れてしまうとその多機能性から手放せなくなるかもしれません。

いくつか特徴を上げていきますので参考にしてみてください。

画面レイアウトは自由自在

1つの画面にチャートをいくつも表示することができます。

追加ボタンを押すだけで操作でき、自分好みに作ったレイアウト画面は最大10個まで保存することができます

チャート上から直接注文が可能

注文レートをチャート上で決めることができるので、チャートの形を見ながらレートを決める場合非常に便利です。

知らなかった自分の取引のクセがわかる!「取引分析機能」

取引の実績の確認、取引の傾向が分析されるツールがあります。

自分では気が付かなかった取引のクセや偏りに気付けるきっかけになるかもしれません。

多機能すぎて使うのが難しいという方は

チャート上で右クリックするとメニューが出てきます。

ここからほとんどの機能を操作することができます。

パソコンのブラウザ版は初心者に優しいシンプルな操作性

シンプルな操作性

FXはネット環境があれば、どこでも取引を行うことができます。

ダウンロード版とは画面の雰囲気ががらりと変わりますが、こちらは操作性がよりシンプルになっていますので、FX初心者の方でも扱いやすく、わかりやすいといえます。
自分の好みに合わせて、レイアウトを変更することもできます。

また、スマホ・タブレット版については、それぞれの画面サイズに合ったレイアウトになります。

パソコンとはデザインがかなり変わることになりますが、操作性についてはパソコン版とほとんど遜色はありません。

【FXブロードネットの特徴4】デモトレードも本番同然!

FXブロードネットでは本番に取り組む前に、デモトレードを使ってデザインや機能、操作性を体験することができます。お金を振り込む前に取引ツールの使い勝手などを確認できると不安も減りますよね。

このデモ口座は取引ツールなどの使い勝手が自分に合っているかなど、事前の確認のためにあります。実際に取引を始めてから、取引ツールの使い方に戸惑わないようにするためです。

しかしデモトレードはとても気軽な入り口ですが、仮想のシミュレーションであることに変わりはありません。

本番にあたってみないと始まらないので、取引ツールが問題なく操作できるか、パソコンなどの環境で正常に作動するかなどを確認出来たら、実際に本番の取引をはじめてみましょう。

また無料デモ口座版は各種取引ツールに用意されていますのでスマホやタブレットでの取引を考えている方も、一度実際にやってみて確認することができます。

FXブロードネットのまとめ

FXブロードネットのまとめ

いかがでしたか?FXブロードネットの魅力についていくつかご紹介しました。

最初の方に紹介した「トラッキングトレード」は、機械的に決められた条件で繰り返し売買をしてくれるシステムです。

短期売買でこまめな取引を好む方や忙しくてチャンスを逃がした経験のある方、ついつい感情にながされて損な条件で売り買いをしてしまった経験のある方などの勝率を上げるきっかけになるかと思います。

ただ、トラッキングトレードを使うためには裁量トレードでは必要のなかった手数料ががかかることになるので、そこには注意が必要です。

しかし手数料が無料でも勝率が低ければ仕方がありません。トレードスタイルがトラッキングトレードの利便性とマッチする方は、ぜひ勝率を上げるツールとして導入を検討してみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

外為オンライン

FX初心者の登竜門として人気のFX会社。はじめてでも使いやすい取引ツールが人気の理由です!

無料セミナー

自動売買

少額OK

キャンペーン

詳しくはこちら

低スプレッド低コスト!

YJFX!の外国為替証拠金取引【外貨ex】

YJFX!

ヤフーグループのFX会社で資金力が◎。低スプレッド業者では珍しい1,000通貨から取引ができます。

低コスト

アプリ人気

少額OK

キャンペーン

詳しくはこちら

サポートが厚くて安心!

【DMM FX】申込

DMMFX

すべての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準!LINEのサポートも対応しているので初心者も安心です。

LINEサポート

低コスト

アプリ人気

キャンペーン

詳しくはこちら

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る