やり方がわからない人でもすぐにFXを始められる4ステップ

やり方がわからない人でもすぐにFXを始められる3ステップ

この記事で解決できる悩み

  • FXの勉強方法、やり方がわからない!
  • 口座開設から取引を始めるまでの流れは?
  • 初心者でも上手に稼ぐ方法が知りたい!

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「FXの基礎と始め方4ステップ」を理解すれば、FX初心者でもFXのやり方がわかります。

なぜなら、私もこの方法で勉強すべき項目やおすすめのFX会社が知りたいという悩みを解決できたからです。

それでは、以下で「FXの基礎と始め方」について紹介します。

「いますぐ初心者におすすめのFX会社を知りたい!」という方は『おすすめのFX会社BEST3』をクリックすると該当箇所に飛べます。

【前提】FXとは?

FXは外国為替証拠金取引とも呼ばれ、2カ国間の通貨を売買し、その差額で利益を出す投資方法です。

たとえば1米ドル円=110円のときに米ドルを円で買い、111円になったときに米ドルを売れば、1円の利益が出ます。

そのため、1万通貨単位(1万米ドル)で取引した場合は1万円の利益になります。

FXは不況でも「売り」から利益を狙える!

FXとは

上記の画像のように、経済状況が悪くても、FXは売りからエントリーをして利益を狙えます

なぜなら、FXは外貨の現物を取引するのではなく、将来買い戻したときに差額を支払うだけの「差金決済」だからです。

そのため、証拠金取引により外貨を「借りて売って、買い戻す」という取引方法により、不況で相場が落ち込んでいるときでも利益が出せます

外貨預金とFXの違い

FXは、FX会社に預けた証拠金を担保として外貨を売買した差額で利益を出す投資ですが、外貨預金は外貨を預けて利息を得る投資です。

外貨預金も為替レートの影響を受けるので、日本円に戻したときに為替差損益が発生しますが、あくまで本来の目的は利息です。

外貨預金とFXの詳しい違いについてはこちらの表を参考にしてください!
比較項目外貨預金FX
最低投資期間/決済タイミング1ヶ月~/満期時
(1ヶ月~数年)
数秒~/いつでも
利益のチャンス(円安時)ありあり
利益のチャンス(円高時)なしあり
取引コスト
(米ドル/円の往復手数料)
25銭~数円0.6銭~数銭
金利(スワップ)の受け取り期間満期時、もしくは中途解約時毎日確定
取引資金(レバレッジ運用)1倍25倍
最大期待利回り~5%~150%(レバレッジ利用)
税金最大で55%一律で20.315%
保証保証なし信託保全あり

FX初心者が学ぶべき基礎知識3つ

FXの知識がないまま勘で取引をしても利益を出し続けられないので、まずはFXの基礎知識を身につけましょう。

FX初心者が学ぶべき基礎知識3つ

  1. 基本のFX用語5つ
  2. FXの取引手法4つ
  3. 分析方法2つ

それぞれの内容について、以下で順番に説明します。

基礎知識1:基本のFX用語5つ

FXは覚えることが多くて大変じゃないの?
まずは、ここで紹介する5つの用語を覚えましょう。これらの意味を知っておけば、FXの仕組みについてより理解が深まりますよ

基本のFX用語5つ

  1. ポジション
  2. レバレッジ
  3. スプレッド
  4. ロスカット
  5. スワップポイント

それぞれの基礎用語について、以下で簡単に見ていきましょう。

FX用語1:ポジション

ポジションとは「持ち高」を指し、FXでは「ある通貨ペアを買っている(あるいは売っている)」状態です。

そして通貨ペアを買っている状態は「買いポジション」、通貨ペアを売っている状態は「売りポジション」といいます。

また、新規に取引注文を出してポジションを保有することを「エントリー」といいます。

FX用語2:レバレッジ

レバレッジとはFX会社に入金した資金を担保として、最大で資金の25倍の金額の取引ができる仕組みです。

FXの魅力の一つで、レバレッジを利用すれば資金が少なくても大きな利益を期待できます。

また、担保にする資金を「証拠金」といい、レバレッジの倍率を高くすると少しレートが動いただけでも大きな値動きになるので注意しましょう。

レバレッジ1倍と10倍では以下のように損益額が違ってきます。

条件と計算式

  • 証拠金は10万円でレバレッジ倍率は1倍と10倍
  • 1ドル100円のときに購入し、5円の値動きがあったとする

①【買えるドル】証拠金×レバレッジの倍率÷レート

②【レートが5円動いた時に値動きする円貨額】①×5円

損益の比較

レバレッジ1倍の時に出る損益:5,000円
レバレッジ10倍の時に出る損益:50,000円

慣れないうちは、レバレッジ3倍以下で取引するようにしましょう。

レバレッジについてはこちらで詳しく解説していますので、参考にしてください。

レバレッジについて詳しく知りたい方はコチラ

レバレッジとは?資金効率を最大25倍にできる仕組み
この記事で解決できる悩み FXのレバレッジとは何か知りたい どんなメリットとデメリットがあるの? レバレッジを上手に使うにはどうしたらいいの? といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事で ...

続きを見る

FX用語3:スプレッド

スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、取引をするたびに必ずかかります。

スプレッドの説明

取引手数料無料をうたうFX会社も例外ではありませんが、トレーダーにとってスプレッドは実質的な手数料と考えていいでしょう。

ちなみに2020年1月時点のスプレッドの業界最安水準は、米ドル円の0.2銭です。

スプレッドが狭いほど取引コストがかからないので、とくに短期売買をする予定の方はスプレッドが狭いFX会社選びが大切ですよ。

スプレッドが狭いFX会社の中でもとくにおすすめなのが、LIGHT FXYJFX!です。

スプレッドについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

スプレッドについて

spread
FXのスプレッドとは?5つの基礎知識と失敗しない為のチェックリスト
FXのスプレッドとは買値と売値の差額です。利益に直結するスプレッド必須知識を5つのポイントをFX初心者に向けて丁寧に解説していきます。計算のしかたは?安いスプレッドとは?どうして変動するの?経費になる?海外口座はどうなの?など、誰もが知りたい質問に全力回答

続きを見る

FX用語4:ロスカット

ロスカットとは、相場が予想と逆に動いて含み損が一定のラインに達したときに、FX会社がポジションを強制的に決済する仕組みです。

ロスカットされると大きな損失が確定しますが、それ以上に損失が膨らまないようトレーダーの資産を守る目的があります。

ちなみにレバレッジの倍率を高くして取引量を増やすほど、わずかな値動きでロスカットされやすくなるので気をつけてください。

ロスカットについて詳しく知りたい方はコチラ

FX初心者でもわかるロスカットの仕組みとロスカットを防ぐ方法3つ
FX初心者でもわかるロスカットの仕組みとロスカットを防ぐ方法3つ
ロスカットの仕組みをしっかり理解することで、強制決済を未然に防ぐことが出来ます。たび重なるロスカットでお悩みの方は、現在お使いのFX業者に問題があるかもしれません。このサイトを参考にして貴方にあったロスカット発動条件を是非見つけてください!

続きを見る

FX用語5:スワップポイント

スワップポイントとは、ポジションを保有する2カ国の通貨ペアの金利差から得られる利益です。

低金利通貨で高金利通貨を買った場合」あるいは「高金利通貨で低金利通貨を売った場合」に、そのポジションを保有する間は毎日もらえます。

逆に、低金利通貨で高金利通貨を売ったり、高金利通貨で低金利通貨を買った場合は、毎日金利差を支払うことになるので要注意です。

ちなみに日本円は超低金利なので、日本円で高金利通貨を買ってスワップポイントを狙うのに向いています。

スワップポイントに関する詳しい内容はコチラ

FXスワップ
FX初心者でもスワップポイントで稼ぐ!オススメ通貨とFX会社3社
「スワップポイントってなに?」「いつもらえるの?」「スワップポイント運用に適したFX会社は?」こんな悩みを解決できる記事です。FXには通貨の売買だけでなく、金利で稼ぐ方法もあるんです。スワップ狙いの運用に適した通貨や、運用方法も解説していますよ!

続きを見る

基礎知識2:FXのトレードスタイル4つ

FX取引をする上で、リスクを減らす為にも先に決めておくべきなのがトレードスタイルです。

FXは一回の取引期間の長さによって、4つのトレードスタイルにわけられます。

そのため、自分の生活スタイルにあったトレードスタイルで取引すれば、仕事や家事で忙しいサラリーマンや主婦でも、すきま時間でFXができます。

ただしスキャルピングは素早い相場の判断と集中力が必要なので、相場経験が少ないFX初心者には難易度が高いといえます。

また、スイングトレードは取引ができない土日もポジションを持っていることになるので、土日でロスカットに遭わないよう証拠金をたくさん入れておける人に向いていますよ。

FX初心者はポジションを持ち越すと管理できない可能性もあるので、その日中で取引を終えるデイトレードがもっとも安全でオススメです!

それぞれのトレードスタイルについて詳しく知りたい人は、以下のリンク先を参考にしてくださいね!
取引スタイル初心者向き取引時間取引回数利幅
スキャルピング数秒~数分1日に~100回以上1~10pips
デイトレード1日以内1日に~2回10~100pips
スイングトレード数日~数週間数日~数週間に1回100~500pips
長期トレード数週間~1年以上数週間~年内に1回500~1500pips

基礎知識3:相場の分析方法2つ

根拠を持ってトレードするためには、相場の分析をして値動きを予測することが大切です。

なぜなら、ギャンブルのように勘で取引をしても、長期的に安定して利益を出し続けることはできないからです。

そのため「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つの分析方法をうまく使って、相場の値動きを予測しましょう。

相場分析の方法

  • テクニカル分析:チャートの動きを分析して値動きを予想する方法
  • ファンダメンタルズ分析:各国の経済状況を分析して値動きを予想する方法
テクニカル分析とファンダメンタルズ分析については、こちらの記事でそれぞれ詳しく解説しています!

テクニカル分析について詳しく知りたい方はコチラ

テクニカル指標厳選9!
FX初心者こそ使うべき!おすすめテクニカル指標9つ!
FXのテクニカル指標で勝率が劇的に上がる?初心者だからといって絶対に疎かにしてはいけないテクニカル指標!しかしFXでつかう指標は山の数ほどあります。この中で初心者が知っておくべき必要不可欠なものを厳選してみました!特にボリンジャーバンドは必須です。

続きを見る

ファンダメンタルズ分析について詳しく知りたい方はコチラ

ファンダメンタルズ分析|基礎知識と注目したい重要な経済指標4つ
この記事で解決できる悩み FXのファンダメンタルズについて知りたい ファンダメンタルズ分析のやり方を教えて欲しい 注目すべき経済指標はどれなの? といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事 ...

続きを見る

FXのやり方がわからない人が知識をつける方法4つ

「FX初心者が知識をつけるにはどうすればいいの?」という悩みを持つ方向けに、4つの勉強方法を紹介します。

FXのやり方がわからない人が知識をつける方法4つ

  1. 本で学ぶ
  2. FX会社のセミナーで学ぶ
  3. トレーダーのブログやSNSで学ぶ
  4. デモトレードで練習する

それぞれの方法について、以下で詳しく見ていきましょう。

方法1:本で学ぶ

初心者がFXについて勉強するときは、本から学ぶのがおすすめです。

なぜなら必要な情報をもれなく学べるだけでなく、内容が順を追って網羅的に書かれているからです。

なお、本の選び方がわからない人は次の3つのポイントを意識して選びましょう。

本を選ぶときに意識したいポイント

  • 自分のレベルに合った難易度のもの
  • 出版が新しいもの
  • タイトルが過激ではないもの

さらにおすすめの本について詳しく知りたい人は、以下のリンク先を参考にしてください。

おすすめの本について詳しく知りたい方はコチラ

【2020年版】FX初心者にオススメの入門書3冊と勉強本2冊
この記事で解決できる悩み FXについての基礎知識が得たい 基礎知識の習得におすすめの本が知りたい 基礎知識の中でも押さえるべきポイントが知りたい といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事 ...

続きを見る

方法2:FX会社のセミナーで学ぶ

2つ目の方法はFX会社の開催するセミナーや配信動画で学ぶことです。

その理由は、無料で質の高いセミナーを受講できるだけでなく、疑問があれば直接質問もできるからです。

なお、セミナーには会場でのセミナーWebセミナーがあり、さらにWebセミナーはリアルタイムのものと録画にわかれます。

初心者におすすめの外為オンラインのセミナーの内容

FX初心者におすすめなのは、レベル別かつ段階的に学べる「外為オンライン」のセミナーです。

私も参加したことがありますが、初心者でもすぐに使える内容を教えてもらえるので、行く価値は十分にあると思いましたよ!

方法3:SNSなどで情報収集する

3つ目の方法は、TwitterなどのSNSから情報を得ることです。

Twitterでは、トレーダーやニュースサイトのアカウントから、現在の通貨の動向や経済ニュースなどで大きなイベントがあればいち早く情報が流れてくる可能性があるので、情報収集に使うのが便利です。

ただ、あくまで情報のひとつにすぎないので過信は禁物ですよ。

方法4:デモトレードで練習する

デモトレードで練習する方法もあります。

なぜなら、本番とほぼ同じ環境で取引の練習をすれば、座学よりもチャートの読み方や注文方法などを理解できるからです。

また損失を出しても実際の資金には影響がないので、デモトレードを使った練習は勉強と並行すると効率的ですよ。

ちなみにデモトレードでおすすめなのは、デモ口座に利用期限がない「外為オンライン」ですよ。

やり方がわからない人のFXの始め方4ステップ

勉強方法はわかったけど、実際にどうやれば取引を始められるの?
それでは、実際にFXの取引を始めるための手順を4つのステップで解説します

step
1
FXの資金を決める

step
2
少額口座から始める

step
3
口座開設をする

step
4
実際に取引をする

それぞれの手順について、以下で詳しく見ていきましょう。

ステップ1:FXの資金を決める

まずはFXにいくら投資するのか決めましょう

ただし生活費を投資すると、損失を出したときに生活に困るので、失っても生活に支障のない余剰資金で取引してください。

投資資金の目安は人によって異なりますが、およそ総資産の40%以内に抑えると良いですよ。

もしも相場の動きが気になって眠れないようであれば、投資資金が大きすぎる可能性があるので見直しが必要です。

ステップ2:少額口座から始める

初心者向けのFX会社の条件

  • 少額で取引ができる
  • コストを抑えて取引ができる
  • 操作が簡単でわかりやすい
  • サポート体制が充実している

次に損失が出ても少額で済むように、緊張感に慣れるまでは少額取引ができるFX会社で取引しましょう。

なぜなら大きな金額の取引で緊張する状態だと、冷静な判断ができないからですね。

最初は少ないロット(取引量)で取引し、損益に対して一喜一憂しないようになったら、ロットを少しずつ上げましょう。

ちなみに複数のFX会社で口座開設をして、使い勝手を比べたりリスクを分散させるのがおすすめですよ。

FX初心者におすすめのFX会社は「やり方がわからないFX初心者におすすめのFX会社BEST3」の見出しで紹介していますよ!

ステップ3:口座開設をする

3つ目のステップはFX会社に口座開設することです。

そこでSBI FXトレードを例にして、口座開設の3つの手順を簡単に説明します。

口座開設の3つの手順

  1. 申込フォームに入力する
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 口座にログインする
1と2は早ければ5分ほどで完了しますが、3までの間に口座開設の審査で数日かかるので、その間にデモトレードで腕を磨くのもおすすめですよ

口座開設の手順1:申込フォームに入力する

入力フォームに記入する項目

  • 申込をするサービスの設定
  • 契約締結前交付書面等の確認(よく内容を確認しましょう)
  • 運用資金についての確認
  • 生年月日や職業、財務情報など
  • 投資経験の有無
  • 取引についての注意点、確認書

最初に口座開設入力フォームに必要事項を記入します。簡単な内容なので最短で5分あれば入力完了できます。

SBI FX口座開設入力フォーム

注意ポイント

口座開設申し込み時に自己資産の欄で「30〜100万未満」以上を選択しないと口座開設できない可能性がありますので、気をつけましょう。あくまで自己申告で、証明する必要はないので安心してください。

口座開設の手順2:本人確認書類を提出する

申込フォームの中に本人確認書類の提出方法を選ぶ項目があるので、WEBアップロードかメール・郵便のどちらか好きな方法を選択してください。

書類提出の組み合わせは次の4パターンがあります。

4通りの組み合わせ

  1. 個人番号カード(表面・裏面) 計1点
  2. 個人番号付住民票 + 本人確認書類 計2点
  3. 通知カード + 写真付本人確認書類1点 計2点
  4. 通知カード + 写真無本人確認書類2点 計3点
SBIFXトレードの必要書類

口座開設の手順3:口座にログインする

必要な書類を提出したらFX会社の審査を待ちます。

審査に合格したら登録した住所に「口座開設完了のお知らせ」が届きます。

送られてきた書類に書かれているIDとパスワードを入力してログインし、資金を入金すれば取引を開始できます。

ステップ4:実際に取引をする

取引口座を作ってログインできたら、最後に次の3つの手順で実際の取引を始めてください。

実際に取引ができる3ステップ

  1. 取引の条件を決める
  2. エントリーをする
  3. 決済をする

これらの手順について、以下で詳しく見ていきましょう。

取引の手順1:取引の条件を決める

まずは取引の条件を決めてください

なぜならFXは通貨ペアごとに値動きの特徴があり、トレードスタイルも人によって向き不向きがあるからです。

ちなみにFX初心者は、米ドル円のデイトレードから始めるといいでしょう。

その理由は、米ドル円は流通量が多くて情報収集が比較的簡単で、デイトレードはスキャルピングのように瞬時の取引判断が要らないからです。

取引の手順2:エントリーをする

次に現在のレートから上がると思ったら買い、下がると思ったら売りエントリーをして、相場が動くのを待ちましょう。

FXの取引はポジションを持つことで始まり、ポジションを持たなければ利益も損失も出ないからです。

ただし取引をする際は必ず仮説を立ててからエントリーして、その仮説があっていたか検証しながら取引の精度を上げていきましょう。

取引の手順3:決済をする

エントリーしたら決済のタイミングを待ち、予想通りに動いたら利益確定の決済取引をすることで利益を得られます

同時に相場が予想と逆に動いた場合にも備えて、あらかじめいくらまでの損失なら許容できるかを決めておきましょう。

そして実際に含み損がその金額に達したら、それ以上の損失の拡大を防ぐために必ず損切り決済をしてください。

やり方がわからないFX初心者におすすめのFX会社BEST3

初心者におすすめのFX会社の基準

  • 少額で取引ができる
  • コストを抑えて取引ができる
  • 操作が簡単でわかりやすい
  • サポート体制が充実している

実際にはどのFX会社で取引すればいいの?」というお悩みにお答えして、少額取引や低コストな取引ができるなどの条件を満たす、初心者におすすめのFX会社を3社紹介します。

やり方がわからない人初心者におすすめのFX会社BEST3

それぞれのFX会社のおすすめポイントについて、以下で詳しく見ていきましょう。

1,000通貨から取引できる:LIGHT FX

LIGHT FX

LIGHT FXのおすすめポイント

  • 1,000通貨から取引ができる
  • スプレッドが業界最狭水準
  • 約定力が高い

LIGHT FX1,000通貨単位からの少額取引が可能なので、少額でリスクを抑えて取引をしたい人におすすめのFX会社です。

全通貨共通してスプレッドは狭く、米ドル円のスプレッドが0.2銭と業界最狭水準

また、約定力99.9%と強力なので、スリッページが発生しませんよ。

少額で、コストを抑えながら仕事をしたい方にはぴったりですね!

スマホアプリが優秀!ツールが高性能:YJFX!

YJFX!のおすすめポイント

  • 1000通貨から取引ができる
  • 取引ツールの「Cymo」が高性能
  • スプレッドが業界最狭水準

YJFX!スマホアプリが高性能なので、スマホメインで取引したい人におすすめのFX会社です。

もちろんスマホだけでなく、PCの取引ツールも高性能なので取引環境に弱点がなく安心して利用できます。

世界で最もメジャーな取引ツールのMT4に対応しているので、MT4を利用したい人にもおすすめです。

ヤフーグループが運営しており、取引額に応じてPaypayか現金をもらえるのも特徴です。

セミナーが充実!コンテンツも豊富:外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインのおすすめポイント

  • 1000通貨から取引ができる
  • 無料のセミナー開催が豊富
  • 自動売買の「iサイクル2取引」が有名

外為オンラインは、質の高いセミナーでFXについて初歩から学びながら取引をしたい人におすすめのFX会社です。

FXの理解度にあわせたセミナーを開催しているので自分のレベルに応じて学べます。

セミナー以外でも注文方法の動画解説やチャート分析方法の紹介があるのでFXについての知識を得ることができますよ。

簡単な設定で24時間取引をしてくれる自動売買の「iサイクル2取引」が有名です。

FXを上達させるために意識するポイント3つ

FXを少しでも早く上達させたい!」という希望を持つ方向けに、FXを上達させるためのポイントを3つ紹介します。

FXを上達させるために意識するポイント3つ

  1. FXで成功するという目的意識を持つ
  2. 資金管理を徹底する
  3. 少額の投資から始める

それぞれのポイントについて、以下で詳しく見ていきましょう。

ポイント1:FXで利益を出した先の目的を持つ

ひとつ目のポイントは、FXで稼ぐ目的を明確にすることです。

なぜならFXを始めるのは簡単ですが、何年にもわたって利益を出し続けられるトレーダーは限られるからです。

具体的に何万円貯める、車や家を買う、海外旅行に行くといった夢や目標を考え、それをモチベーションにして頑張ってください。

ポイント2:資金管理を徹底する

資金管理を徹底することも大切です。

その理由は資金管理ができていないと、ほんの数回の取引で損失が膨らんで投資資金の多くを失うからです。

とくに早く利益を出そうと余剰資金以外を投資資金に回すと、生活に支障をきたす可能性がありますよ。

含み損が膨らむまで損切りできなかったり、損切りできずロスカットされることも資金管理ができない原因といえます。

資金管理について詳しく知りたい人は、以下のリンク先を参考にしてください。

資金管理について詳しく知りたい方はコチラ

FX資金管理アイキャッチ
FXで稼ぎたいなら必見!資金管理の基本5つで利益を最大化せよ!
『FXの資金管理って?』『資金管理の具体的な方法を知りたい』FXにおいては資金管理が何より大切ということはみなさん理解していますよね。しかし、実際どのようにしたらいいのかわからない人が多いのが現実です。この記事では、基本の資金管理法を解説していますよ!

続きを見る

FXのやり方がわからない初心者が失敗しないコツ4つ

FXの経験が浅くても失敗しないためにはどうすればいいの?」という疑問を持つ方向けに、初心者でも失敗しないコツを4つ紹介します。

FXのやり方がわからない初心者が失敗しないコツ4つ

  1. 時間分散投資をする
  2. トレードノートを作成する
  3. 通貨ペアを米ドル円に絞る
  4. 損切りを徹底する

それぞれのコツについて、以下で詳しく見ていきましょう。

コツ1:時間分散投資をする

ひとつ目のコツは、資金を分散して投資する時間を分ける時間分散投資」をすることです。

その理由は、集中投資に比べて高値づかみや底値での売りをしてしまうリスクが減るからです。

たとえば50万円を投資する場合には、10万円×5回や、5万円×10回などにわけるといいですよ。

下記の画像を参考にして、分散投資のイメージをつかんでください。

時間分散投資

コツ2:トレードノートを作成する

取引内容や結果を記録したトレードノートをつけるのもコツです。

なぜならトレードの振り返りやルールの検証を行えば、取引の精度を上げられるからです。

具体的には、取引した年月日や通貨ペア、エントリー・決済レートや決済損益、売買した判断の根拠を記録するといいですよ。

面倒くさそう…続けられるか不安だな
慣れるまでは面倒に感じるかもしれませんが、利益を出しやすくするためと思って頑張ってください

コツ3:通貨ペアを米ドル円に絞る

3つ目のコツは、通貨ペアを米ドル円に絞って取引することです。

その理由は、米ドル円はどのFX会社でもスプレッドが狭いため低コストで取引できるだけでなく、経済指標などの情報も入手しやすいからです。

また他の通貨ペアに比べて米ドル円は流動性が高いため、急激な価格変動が起きにくく、安定した取引ができます

コツ4:損切りを徹底する

最後のコツは、エントリーの前にあらかじめ決めておいた損切りのルールを必ず守ることです。

なぜなら含み損が出たときに根拠もなく相場が戻るのを待つと、さらに含み損が膨らんで、場合によってはロスカットされて大きな損失となるからです。

損切りした後に相場が戻ると悔しい気持ちはわかりますが、早々に撤退して次の取引に切り替えましょう。

損切りについては、こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてくださいね。

損切りの方法について詳しく知りたい方はコチラ

アイキャッチ画像
FXで大損しないため意識する損切り目安とポイント5つを紹介
この記事では、具体的な損切り方法が知りたい、損切りをする意味などの悩みを解決できる記事となっています。内容は、FXの損切りの目安で意識することやFXの具体的な損切りの目安、損切りを重視した取引方法など、損切りについての悩みが解決できます。

続きを見る

FX初心者が取引を始めるときの注意点2つ

最後に初心者が損失を出しやすい失敗を避けられるように、注意点を2つお伝えします。

注意ポイント

  1. 複数の通貨ペアに手を出さない
  2. ファンダメンタルズ分析の無視は危険

それぞれの注意点について、以下で詳しく見ていきましょう。

注意点1:複数の通貨ペアに手を出さない

ひとつ目の注意点は、最初から複数の通貨ペアで取引するのではなく、取引がしやすい通貨ペアに絞って取引経験を積むことです。

なぜなら通貨ペアにはそれぞれ特徴があり、通貨ごとに変動要因やチェックすべきニュースも違うからです。

先述のように初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円なので、ほかの通貨ペアは取引の経験を積んでから取引しましょう。

注意点2:ファンダメンタルズ分析の無視は危険

もうひとつの注意点は、ファンダメンタルズ分析も意識することです。

その理由は、重要な経済指標や金融政策は相場に大きな影響を与えるからです。

ただしファンダメンタルズ分析は難易度が高いので、初心者はテクニカル分析を重視して短期トレードを行い、経験を積むのがおすすめですよ。

【FXのやり方がわからない人向けの解説】まとめ

上記で紹介した「FXのやり方」を実践すると、今後はFXの始め方やコツに悩むことは一切なくなり、初心者におすすめのFX会社に口座開設をして取引を始められるようになります。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

【FXのやり方がわからない人向けの解説】まとめ

  • FXのやり方がわからないときは、まずFXについて勉強することが大切
  • 最初はデモトレードや少額取引で実践をすることで取引の経験を積もう
  • 強い目的意識を持って勉強や取引練習に取り組むことでFXが上達する

FXやり方がわからない初心者向けのFX会社3選

「FXは失敗すると大損しそうで怖い」と最初は思うかもしれません。

しかしリスクを抑えて取引を始める方法を身につければ、安全にFXを始められますよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木 教弘

荒木 教弘

当サイト編集長。株・FXトレード歴は約10年。プログラマ経験を活かし、MT4を使った自己流のチャート分析でトレードを開始。すぐに大きく利益を出したが、それ以上の損失を出して資産を減らす、という投資初心者にありがちな失敗を経験。現在は、一回の取引に一喜一憂せず、堅実に利益を積むように心掛けてトレードを継続中。

-FX初心者

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.