【誰でもわかる】FX口座開設とFX業者の選び方5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
fx 口座開設

FXに興味はあるけど、始め方がわからない。

口座開設したいけど、どこの業者に申し込めば良いのかわからない。

今まで関わったことのない世界ですから、分からない事だらけで戸惑ってしまうのも当然です。

でも実際やってみると、想像以上に簡単ですぐに始められてしまうのもFXの特徴なんですよ。

ここでは、申込みから取引開始までの始め方、業者の選び方について、説明したいと思います。

FXの始め方その1 【口座開設】

口座開設の仕方まずは口座開設をしましょう。

FXトレードをするためには、FX業者に口座を開いてもらわなければいけません。

手続きは非常に簡単で、銀行口座を開くのと同じような手続きで、インターネット経由で開設します。

ネットで口座開設の申込みをする場合、本人確認書類(免許など)と、マイナンバー(通知カードなど)の画像も必要になりますので、予め写メを用意しておきましょう。

インターネットでFXと検索すると、いくつものFX業者が検索にひっかかりますので、そこから自分が口座を作りたいと思うFX業者を選びます。

「口座開設はこちら」のような誘導ボタンがあり、その誘導される通りにクリックしていけば、口座開設フォームへ辿りつきます。

この画面で個人情報を入力しますが、お勤め先もしっかり間違えずに記載しましょう。

その他の内容は、自分の個人情報、投資経験の有無と期間など基本的なことで、難しくない事項ばかりですので、初めての方も簡単に申し込めると思います。

会社によっては審査も有るようなので、間違えずに記載しましょうね。

口座開設の申込みが終わってしばらくたつと、FX業者から重要書類が郵送で案内が送られてきます。

その中には、自分のログインIDとパスワード、自分専用の入金先口座などの重要な情報が記載されていますので、くれぐれも扱いには注意してくださいね。

その案内を受領後、晴れて入金できるようになります。

まず指定されたサイトにログインして、色々見てみましょう。

FXの始め方その2 【入金】

クリック入金口座開設が終わると、入金すればすぐにでも取引が開始できる状態になります。

基本的な入金スタイルは、「銀行振込」「ネットバンク入金」がメインで、あとは業者によって違ってきますがゆうちょ銀行の取り扱いがあったり、クレジットカード入金が出来たりと、様々な入金方法が用意されているところもあります。

入金方法についてはFX業者のサイトに必ず明記されていますから、事前に確かめておきましょう。

「ネットバンク入金」というのは他の表現があり、クイック入金ともいわれています。

このクイック入金を取り扱っている業者は多く、FX業者が指定するネットバンク口座を持っていれば、銀行の営業時間に関係なくネット上でいつでも振込が出来る、しかも振込後リアルタイムで自分の口座に入金額が反映されるなど、便利で使い勝手がいいシステムです。

通常の銀行振込は、数時間もしくは翌日対応など、口座に入金額が反映されるまで少し時間がかかるので、ネットバンク口座をお持ちの方はぜひ利用してください。

その他細かいことは、案内などに書いていますので、必ず目を通しておきましょう。

さあ入金完了すれば、次はとうとう取引開始です!

FXの始め方その3 【取引開始】

FX 準備はOK?自分の口座への入金が確認できたら、いよいよ取引できる状態です。

いざやってみましょう!

と、言いたいところなんですが、取引を開始する前に、少しは勉強は済んでいますか?

そこは大前提ですよ!

まずはあせらずに、気持ちや知識の準備がしっかり整ってから、トレードに挑みましょうね。

FXは始めることは簡単ですが、問題はその先です。

口座開設は、ただスタートラインに立っただけで、今後貴方は難しいFXの取引の世界に入っていきます。

初心者よ、知識の蓄えは十分か!?

今一度、トレードに必要な知識を見直しておきましょう!

(「FXなら波に乗れ!複雑なテクニカル分析を必要としない4つの理由とは」では、初心者が知っておくべき最低限のテクニカル分析について説明しています。ぜひ参考にしてください。)

これから始める方に、チェックしてもらいたい業者の選び方

ここまでは口座開設の方法について、簡単に説明しましたが、この中で一番大変なのはきっとFX業者選びだと思います。

初心者が業者を選ぶ際に、気を付けるべきことをまとめてみました。

スプレッドが低い会社

スプレッド 説明スプレッドというのは、FX業者へ支払う手数料のこと。

表向きはFX手数料無料!と全社謳っていますが、それは嘘です。

各FX業者のスプレッドを比べてみると、米ドル円では0.3~1銭で推移していますが、スプレッド0.3銭のFX業者で10万通貨(10万円)の取引をした場合、300円が手数料として差し引かれることを意味します。

1回の取引で300円と考えると、さほど大きな金額とは思えませんが、上記の取引を仮に100回したとすると、なんと3万円の手数料を払うことになります。

それに、実際にトレードしてみるとわかりますが、この300円をいざ利食いしたいと思っても、初心者のうちはなかなか利食い出来ないんです。

FXトレードは、このスプレッドのせいでポジションを持った瞬間から、含み損を抱えます。

「あぁ、エントリーポイントを失敗した。含み損が解消になったら決済しよう」と思っていても、スプレッド分の300円がプラス表示に転じることなく、含み損のまま損失が広がるなんてシチュエーションも多々あります。

そんな時、心からこのスプレッドが煩わしく感じますので、出来る限り低い業者で始めることをオススメします。

現在の一つの基準としては、米ドル円でスプレッド0.3〜1銭というのが当たり前にクリアされる数値となっています。

チャートの使いやすい会社

チャート使いやすいこれから実際に使っていくチャートですから、自分にとって使いやすいツールのほうが良いですね。

チャートの使い勝手は、慣れてくればどこも同じと思っていると大間違い!

システムの操作性は本当に各社様々で、使い勝手の悪いツールは相場分析の上達にも影響します。

最初のうちは出来る限り難しいシステムは使わず、いたってシンプルで、かつ必要最低限の操作が出来るものにしましょう。

最初の口座開設時では、チャートの使いやすさまでは分かりませんから、いくつか実際に口座開設し、使い比べてみると良いですね。

信託保全をしている業者

FX 安全安心口座を開設すると、私たちはFX業者に大切な資金を預けますので、FX業者を選ぶポイントとして、信用度の高い業者を選ぶことが重要になってきます。

一時期、信用度の低いFX業者が乱立した時代もありましたが、今ではFX業者も顧客の資金は信託保全することが義務付けられるようになりました。

顧客の資金を他の金融機関などに信託することを信託保全といいますが、このおかげで例えFX業者が破綻しても、私たちの資金は保証されています。

とはいっても取引業者が破綻してしまうと、破綻した時点で所有している全ポジションは清算されてしまいます。

その際に不本意な損失が発生しても、その損失分は預け入れしている証拠金から差し引かれて返金される形となっていますので、いくら「信託保全」といっても安心するのではなく、破綻する可能性の低いFX業者を選ぶようにしたいですね。

破綻する可能性が低いFX業者どうかの見極めは、「自己資本規制比率」をチェックすると良いでしょう。

「自己資本規制比率」とは簡単に説明すると金融先物取引業者の健全性を示すバロメーターで、定期的にこの比率を一般公開することが義務付けられていますが、どのFX業者も各社ホームページにて資本金や財務諸表と一緒に掲示していることが多いですね。

自己資本規制比率の見方

140%を下回った場合・・・金融庁への届出が必要

120%を下回った場合・・・業務改善命令

100%を下回った場合・・・3ヶ月以下の業務停止命令もしくは、登録取り消し命令が発動される

自己資本規制比率が高ければ高いほど、その業者の破産するリスクは少ないということになりますので、口座開設の際はしっかりチェックしておきましょう!

外為オンライン 自己資本規制比率

これは外為オンラインの自己資本規制比率。

ホームページの「開示情報」から誰でも閲覧することが出来ます。

このように700%を超えているということは、他のFX業者と比べてもズバ抜けて自己資本規制比率が高いということになります。

スワップポイントが高い業者

スワップポイントスワップポイントとは、円と外貨の金利差のこと。

日本のような低金利の通貨を売って、トルコのような高金利の通貨を買うことで、スワップで表示されている金利差を受け取ることができます。

(詳しくは「FXの2本柱、為替差益とスワップポイントとは!」をご一読ください)

スワップポイントは中長期保有のポジションに効果があり、デイトレードのような短期的トレードはさほどスワップポイントの恩恵を受けないので、基本的に気にすることはありませんが。

将来的にスワップポイントで利益を狙っている場合には、これも大事なポイントになるでしょう。

1,000通貨に対応している業者

FXの経験がないド素人が、いきなり10,000通貨の世界で取引を始めることは、ちょっと危険かなって思います。

しかし1,000通貨の取引であればトレードの練習を兼ねて取引出来ますし、自分が用意出来る資金内で無理のない投資が出来ますので、まず1,000通貨に対応している業者を選びましょう。

初心者にはデモトレをオススメする人も多いですが、「【FXの謎】デモトレードで勝てるのに、何故本番では勝てないのか?」の記事でもお伝えしているように、私はデモトレでトレードが上手になるとは思えません。

だからあえて1,000通貨での取引をオススメしたいと思います!

以上、私の独断と偏見でオススメするFXの業者選びとなりましたが、よければ参考にしてくださいね!

4xgz1ns

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX」

jxg19xj
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
hgs37jx
ヤフーグループのFX専門会社!ヤフーの資金力とシステム構築力で業界トップを狙うYJFX!

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4000円)取引ができます。

スマートフォンアプリが有名で、昔からスマホ取引ならYJFX!と言われるぐらいスマホの取引機能が充実しています。

隠れた優良サービスである現受け・現渡しにより格安で外貨に両替する事も可能。

海外旅行の前に外貨両替するとお得です。空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめのFX会社です。メインの取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つと言えるでしょう。

YJFX!を使えばT-ポイントが貯まります。お得な今がチャンスです。

k64hdg19


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。

コメントを残す