FX口座開設の手順と審査基準|会社選びで失敗しない5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FX口座の選び方とは?

FXに興味はあるけど始め方がわからない。必要な書類は何があるのかな?
口座開設したいけど、どこのFX会社に申し込めば良いのかわからない、今回はそんな方にぜひ読んでいただきたい記事になっています

あなたは今、このようにFXの口座開設でお悩みではありませんか?

今まで関わったことのない世界では、分からない事だらけで戸惑ってしまうのも当然です。

でも実際FXの口座開設は無料ですし、想像以上に簡単なのが特徴でもあります。

ここでは必要な書類や申込みから取引開始までの始め方、会社の選び方について説明したいと思います。

FX 口座開設の流れ

簡単!5手順でOK!

【口座開設の流れ】
  1. サイトの口座開設ページから申し込む
  2. 本人確認書類を郵送またはアップロード(ネット、FAX、郵送)
  3. 審査(2、3日)
  4. IDとパスワードが送られてくる(1〜3日)
  5. 取引口座へ入金する

YJFX!の口座開設

こちらはYJFX!の申し込みフォームですが、基本的にどこのFX会社も以下の手順で行われます。

申し込みにかかる時間は約5〜10分程度です。

銀行口座を開くのと同じような手続き内容で、インターネットから開設できるため、非常に簡単です。

1つ目の入力フォームは、ほとんどのFX会社が1ページで簡潔されていて、3~5分もあれば記入が済みます。

YJFX

FXで口座開設ができる人の条件

口座開設の審査

【主な条件】
  • 契約締結前交付書面の同意要項に同意している
  • 満20歳以上(一部のFX会社では18歳以上でも開設可能)
  • 国内在住者である
  • 本人である
  • 過去に同じFX口座を開設していない
  • 嘘の記入内容がない
  • 資金に余裕がある

FX口座開設の審査は、ほとんど落ちません。

ただし申し込みに必要なマイナンバーで年収の裏付けが取れるようになったので、年収などは正確に申告しましょう。

また、ほとんどのFX会社が満20歳以上からしか口座開設できません。

しかしSBIFXでは、親権者(法定代理人)の同意があれば未成年(18歳以上20歳未満)の口座開設も可能です。

余裕資金は学生であっても口座開設できるので、そこまで考えなくて大丈夫です。

また書類に不備があったり、書き間違えなどによって審査が通らない可能性はあるので、しっかり確認しましょう!

SBI FXトレード

FX 口座開設の申請に必要書類とは?

マイナンバーと本人確認書類は必須

以下の本人確認書類とマイナンバー確認書類が必要です。

YJFX!で口座開設しない方でもほとんどのFX会社が同じ方法を使用しているので、さらっとでも目を通してくださいね!

提出が必要な書類

「本人確認書類」として利用できるもの

顔写真付き本人確認書類がある場合は1点でOKなのですが、本人確認書類に顔写真がない場合、2点必要なので注意しましょう。

FX口座開設の書類提出

「マイナンバー」として利用できるもの

fx口座開設のマイナンバーとして利用できるもの

【ポイント】

マイナンバーがないとFX口座開設の申し込みはできません。

申し込む前に手元にあるかを確認しましょう!

具体的な手順

記入は1ページ

記入は1ページで完結!

こちらはYJFX!の記入フォームですが、基本的にどこのFX会社でもほとんど記入内容は同じです。

FXの口座開設をするうえで、記入するページはこの1ページだけで5分程度で終わります。

本当に簡単なことだけですので、学生でも誰でも書ける内容です。

FX口座開設の申し込みの流れ1  

FX口座開設の申し込みの流れ2

FX口座開設の申し込みの流れ3

すごい!これだけなんだね!記入に時間がかからないのは嬉しい!
FXの口座申込はどこのFX会社でも、本当に簡単ですよ!

書類の提出方法

FX口座開設の書類の提出方法

ネットで口座開設の申込みをする場合は、撮影した画像をウェブからアップデートします。

  • 口座開設フォームで入力情報の送信後に表示される「申込完了画面」
  • 申し込み時に入力したメールアドレス宛に送信される「申込受付メール」内のリンク

上記2つのいずれかから、必要書類のアップロード画面にアクセスし、撮影した画像を提出します。

また郵送の場合は口座開設フォームに情報入力後、各FX会社に貼ってある送付用ラベルを印刷し、封筒にのり付けして送ります。

【郵送用書類の注意点】

コピー後の本人確認書類は、切り取るなどせずに、そのままの状態で送る必要があるので気を付けましょう!

YJFX

FX 口座開設の審査はどのくらいかかる?

口座開設審査にかかる日数

ほとんどの主要なFX会社では審査があります。

大体記入と必要書類を送ってから2、3日で審査結果が届きます。

基本的に学生・主婦・フリーターであっても口座開設はできるので、当てはまる方は安心してください。

そして審査が通り1〜3日程経つと、FX会社から重要書類の案内が郵送で送られてきます

その案内の中には、あなたのログインIDとパスワード、あなた専用の入金先口座などの重要な情報が記載されていますので、しっかりと保管し、扱いには注意しましょう。

その案内を受領後、晴れて入金できるようになります。

【ポイント】

口座開設を申し込んでから合計で3~6日後、FX取引を始めることができます!

FX 口座の入金方法

口座への入金方法

口座開設が終わると、入金すればすぐにでも取引が開始できる状態になります。

基本的な入金スタイルは、「銀行振込」「ネットバンク入金」がメインです。

あとは、ゆうちょ銀行の取り扱いがあったり、クレジットカード入金が出来たりと、様々な入金方法が用意されているFX会社もあります。

入金方法については選んだFX会社のサイトに必ず明記されているので、事前に確かめておきましょう。

クイック入金とは?

「ネットバンク入金」とは他の表現があり、クイック入金ともいわれます。

このクイック入金を取り扱っているFX会社は多く、FX会社が指定するネットバンク口座を持っていれば、銀行の営業時間に関係なくネット上でいつでも振込ができます

振込後リアルタイムであなたの口座に入金額が反映されるなど、便利で使い勝手がいいシステムです。

通常の銀行振込は、数時間もしくは翌日対応など口座に入金額が反映されるまで少し時間がかかるので、ネットバンク口座をお持ちの方はぜひ利用してください。

そのほか細かいことは、届いた案内に書いていますので必ず目を通しておきましょう。

入金完了すれば、取引を開始できます。

これから口座開設を始める前にチェックしたい、FX口座の選び方5つ

FX口座の選び方

ここまでFXの口座開設の方法について説明しましたが、この中で一番大変なのはFX会社選びだと思います。

初心者が会社を選ぶ際に、気を付けるべきことをまとめたので参考にしてください。

スプレッドが低いFX会社

スプレッドというのは、FX会社へ支払う手数料のことです。

表向きは「FX手数料無料!」と大体の会社では書いてありますが、維持費や口座開設の費用は取らなくても、スプレッドで徴収しています。

下の表をご覧いただくとスプレッドは0.3~1銭が平均的です。

 

つまり、スプレッド0.3銭のFX会社で10万通貨(10万円)の取引をした場合、300円が手数料として差し引かれることを意味します。

1回の取引で300円と考えればさほど大きな金額とは思えませんが、上記の取引を仮に100回したとすると、なんと3万円の手数料を払うことになります。

実際にトレードしてみるとわかりますが、この300円をいざ利食いしたいと思っても、初心者のうちはなかなか利食い出来ないんです。

FXトレードは、このスプレッドのせいでポジションを持った瞬間から、含み損を抱えます。

あぁ、エントリーポイントを失敗した!含み損が解消になったら決済しよう…
と思っていても、スプレッド分の300円がプラス表示に転じることなく、含み損のまま損失が広がるなんてシチュエーションも多々あります

そんな時、心からこのスプレッドが煩わしく感じますので、出来る限りスプレッドの低いFX会社で始めることをオススメします。

現在の一つの基準としては、米ドル円でスプレッド0.3〜1銭というのが当たり前の数値となっています。

【スプレッドが狭いおすすめFX会社】

取扱通貨(20通貨ペア)のスプレッドが業界最狭水準! DMMFX

DMMFX

 

平均的にスプレッドが低い! FXブロードネット

FXブロードネット

 

FX初心者も使いやすいツールが豊富!取引コストも低い! YJFX!

YJFX

 

チャートの使いやすいFX会社

これから実際に使っていくチャートですから、あなたにとって使いやすいツールのほうが良いですね。

チャートの使い勝手は、慣れてくればどこも同じと思っていると大間違い!

システムの操作性は本当に各社様々で、使い勝手の悪いツールは相場分析の上達にも影響します。

最初のうちは出来る限り難しいシステムは使わず、いたってシンプルで、かつ必要最低限の操作が出来るものにしましょう。

最初の口座開設時では、チャートの使いやすさまでは分かりませんから、いくつか実際に口座開設し、使い比べてみることをオススメします!

【ポイント】

いつでもどこでも見れるように、スマホのツールも見やすいか、あなたに合っているかを確認することをオススメします!

信託保全をしているFX会社

大切な資金を預けるので、信用度の高いFX会社を選ぶことが重要になってきます。

信用度の低いFX会社が乱立した時代もありましたが、今ではFX会社も顧客の資金は信託保全することが義務付けられるようになりました。

顧客の資金を他の金融機関などに信託することを信託保全といいますが、このおかげで例えFX会社が破綻しても、私たちの資金は保証されています。

とはいっても取引会社が破綻してしまうと、破綻した時点で所有している全ポジションは清算されてしまいます。

その際に不本意な損失が発生しても、その損失分は預け入れしている証拠金から差し引かれて返金される形になっています。

ですから、いくら「信託保全」といっても安心するのではなく、破綻する可能性の低いFX会社を選ぶようにしましょう。

破綻する可能性が低いFX会社かどうかの見極めは「自己資本規制比率」をチェックすると良いです。

「自己資本規制比率」とは簡単に説明すると金融先物取引会社の健全性を示すバロメーターで、定期的にこの比率を一般公開することが義務付けられていますが、どのFX会社も各社ホームページにて資本金や財務諸表と一緒に掲示していることが多いです。

【自己資本規制比率の見方】
  • 140%を下回った場合・・・金融庁への届出が必要
  • 120%を下回った場合・・・業務改善命令
  • 100%を下回った場合・・・3ヶ月以下の業務停止命令もしくは、登録取り消し命令が発動される

FX口座開設の信託保全

これは外為オンラインの自己資本規制比率です。(2018年8月現在)

ホームページの「開示情報」から誰でも閲覧することが出来ます。

このように500%を超えているということは、他のFX会社と比べてもズバ抜けて自己資本規制比率が高いということになります。

【ポイント】

自己資本規制比率が高ければ高いほど、その会社の破産するリスクは少ないので、口座開設の際はしっかりチェックしておきましょう!

外為オンライン

スワップポイントが高いFX会社

スワップポイントとは、円と外貨の金利差のことです。

日本のような低金利の通貨を売ってトルコのような高金利の通貨を買うことで、スワップで表示されている金利差を毎日受け取ることができます

⇒詳しくはこちらをご覧ください!

スワップポイントは中長期保有のポジションに有利です

デイトレードのような短期的トレードには、それほどスワップポイントの恩恵を受けないので、基本的に気にすることはありません。

しかし、将来的にスワップポイントで利益を狙っている場合には、これも会社選びの重要なポイントになります。

せっかくFXで稼ぐなら、スワップポイントの収益は非常にお得です。

FX初心者も高額のお金を投じなければぜひ試してみることをオススメします。

【注意点】

スワップの注意点は、高金利であるが故に流動的で変動が激しいので、チャートやテクニカル分析、経済情報は得るようにしておきましょう!

こちらの各FX会社のスワップ比較表を参考にしてみてください。

通過ペアによってスワップの価格が異なるので、まだ使う通貨ペアを決めていない方は、平均的に価格の高いYJFX!GMOクリック証券で口座開設することをオススメします。

【スワップ比較表】

 

YJFX

 

 bk61z

1,000通貨に対応しているFX会社:少額トレード!

FXの経験がない方が、いきなり1万通貨の取引を始めることは危険です。

資金にかなり余裕があり、FXについて熟知していて、どうしても1万通貨で稼ぎたい場合を除いては、1,000通貨から始めましょう。

FXで勝つためには、リスクを減らすことが1番の近道なのです。

1,000通貨の取引であればトレードの練習を兼ねて取引出来ますし、自分が用意出来る資金内で無理のない投資が出来るので、冷静な判断ができます。

FX初心者にはデモトレードをオススメする人も多いですが、FXのチャートやテクニカルについて深く理解していない段階でデモトレードをしても稼げないことの方が多いです。

そのため、あえて1,000通貨での取引をオススメします!

1,000通過で物足りない方は、小さい資金で大きく稼げるてこの原理のような仕組み「レバレッジ」をぜひ活用してください。

FXで稼ぐコツについてはこちらでも書いているので、お時間あればご覧ください。

また、約定力が高いとスリッページが起こる可能性が低いので、非常にオススメです。

1,000通貨、約定力、取引可能な通貨ペア数を比較した表が以下ですので、ぜひ参考にしてください。

【1000通貨から取引できるFX会社】

FX口座比較表

【FX人気口座】

FX初心者も使いやすいツールが豊富!取引コストも低い! YJFX!

YJFX

 

平均的にスプレッドが低い! FXブロードネット

FXブロードネット

 

FX取引高7年連続世界1位! GMOクリック証券

 bk61z

 

65万口座突破!国内FX口座数No.1 DMMFX

DMMFX

FX 口座開設の流れとFX会社選びのまとめ

自分に合ったFX口座と出会おう

以上がFX口座におけるオススメするFX会社の選び方ですが、初めの方の記事は忘れているものなのでまとめてみましょう!

  • FX会社の選び方は1番重要!
  • 短期トレードをする予定の方は、特にスプレッドの低いFX会社を選ぼう!
  • いつでもどこでも確認できるように、スマホでもチャートの見やすい会社を選ぼう!
  • 信託保全している会社はより安全!
  • FX取引をするなら、一つの通貨ペアは高金利のものにして、スワップポイントを得よう!
  • FX初心者は特に少額トレード!1,000通貨に対応しているFX会社を選ぼう!

実際に、あなたが何を重要視して取引するのかによって、選ぶFX口座は変わってきます。

  • 1,000通貨でコツコツ稼ぎたいのか
  • スワップポイントで長期的に稼ぎたいのか
  • デイトレードなど短期トレードをするからスプレッドは低い会社がいいのか

あなたは何に重点を置きますか?

FX会社は1つに絞る必要ありません。

実際に口座開設してみないと、「口コミが書かれたときと違い、アップデートされていて案外自分に合っている」なんてケースもあるかもしれません。

ですから、ある程度あなたがやりたい取引ができそうなFX会社を見つけたら、ひとまず口座開設をしてみましょう。

そして入金する前に、過去のデータやチャートを見たり、セミナーを使ってみて合わなかったらその口座は使わなければいいのです。

また、FXトレーダーは

  • 長期運用のFX口座
  • 短期トレードのFX口座
  • 情報が詳しく乗っている情報収集のみのFX口座

など、使い分けている方も多いです。

申し込みをしてから数日はかかるので、3つくらいのFX会社で同時に口座開設することをオススメします。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る