【2019年豪ドル円の見通しと急落原因】投資歴11年の投資家が解説

更新日:

  • 豪ドルはなんで急落したの?
  • 豪ドルの見通しってどうなの?
  • 豪ドルは手放したほうがいい?
  • 豪ドルは今仕込みどきなの?

この記事はこのように思っている方の疑問を解決できる記事です。

結論から言うと年単位で長期的に投資ができる人以外はやめるべきです。また、投資できるお金が少ない人も豪ドルの投資には向いていません。

この記事では投資歴11年の私が以下の2点について詳しく説明します。

見出し

  • 『豪ドル急落の原因と今後の見通し』を解説
  • 『豪ドルを保有している方、これから豪ドルへの投資を検討している方』へのアドバイス

豪ドル/円(AUD/JPY)リアルタイムチャート

豪ドル円と高金利通貨のリアルタイム為替レート

豪ドル急落の原因

豪ドル下落

2018年12月3日の83円から2019年1月3日の76円まで急激に下がっています。これは『米中通商摩擦』により、中国の経済が停滞したことによるものです。

中国はオーストラリアの最大の貿易相手国であり、輸出に占める中国の割合は35%にもなります。中国の景気が悪くなるとオーストラリアの景気も悪くなります。

オーストラリアの輸出割合・輸入割合
引用:OEC

2019年の豪ドルの見通しは厳しいです…。

結論から言うと2019年度は不安要素が多く、見通しは厳しいです。以下の3つの観点から詳しく説明します。

見出し

  1. 景気の勢いはピークを過ぎた
  2. 消費者物価指数がインフレ目標の2~3%を下回っている
  3. 米中通商摩擦の長期化による景気減速

景気の勢いはピークを過ぎた

2018年7-9月期の実質GDP成長率は前年同期比+2.8%と、同4-6月期の同+3.1%を下回り、景気の勢いはピークを過ぎたと見られます。

引用:野村証券

景気は停滞する見込みが高く、豪ドルが対ドル、対円で上昇するのは短期的には難しいと言えます。

消費者物価指数がインフレ目標の2~3%を下回っている

2018年10-12月期の消費者物価上昇率は前年同期比+1.8%とインフレ目標(同+2~3%)の下限を下回る水準にあります。

政策金利は当面据え置かれる見通しであることに加え、米中通商摩擦に伴う中国の景気減速懸念は豪ドルの下押し圧力につながりやすいことには留意が必要です。

引用:野村証券

インフレになると相対的に金利は高くなります。金利が高くないと物価の上昇率(インフレ)により、お金が目減りしていくからです。

物価の上昇率が低い現在、金利は上げにくく、金利上昇による豪ドル高は見込めません

金利も米ドルの方が良いので、豪ドル売り圧力になっています。今後継続して米ドルの金利が上がれば、さらに豪ドル売り圧力が強まります。

米国(アメリカ)政策金利

豪 政策金利

米中通商摩擦の長期化による景気減速

米中通商摩擦に伴う中国の景気減速懸念は豪ドルの下押し圧力につながりやすく、注意が必要です。

資源国であるオーストラリアは輸出先が中国(35%)、日本(14%)、韓国(7.4%)が全体の56.4%と高いのが特徴です。

中国が不景気になると日本・韓国も景気が悪くなるので輸入量が減り、オーストラリアは相対的に輸出が減ります。

景気が悪くなると安全通貨の円が買われ、ドルが売られるので、相対的に豪ドルも下落します。ダブルで豪ドルが下落する要因があるので危険です。

豪ドルの対円レートの見通し

豪ドル/円チャート

野村証券では2019年度の対円相場の見通しを1豪ドル=76~89円と予想しています。(2019/4 現在)

見出し

  • 米国がこのまま利上げを続けた場合、豪米金利差が拡大し、豪ドル上昇への障害
  • 最大輸出品目の鉄鉱石は約80%が中国なので、中国の成長鈍化は豪ドル上値の重し

豪ドル/円は米ドル/円と同じような動きをするので、米ドル/円で考えて相場を予想すれば予想しやすくなります。

豪ドル上昇に必要なこと(豪ドル上昇要因)

見出し

  • 米中通商摩擦の終了→輸出増加
  • 豪ドル政策金利の上昇(現在1.5%)→海外からの投資マネーの流入
  • 資源価格の上昇→輸出額増加

これらは豪ドル上昇のきっかけになるので、要チェックです。逆にこれらが起こらないと豪ドルの上昇は厳しいと言えます。

豪ドルに影響の大きい4つの指標

見出し

  1. RBA政策金利発表
  2. オーストラリアの雇用統計
  3. 中国のGDP成長率(国内総生産)
  4. 中国のCPI(消費者物価指数)

RBA政策金利発表

RBAとはオーストラリア連邦の中央銀行のことです。毎月1度、RBAから政策金利が発表されます。

為替は要人の発言でも左右されます。発言の内容によってはチャート上で100pips以上動くこともあるからです。

発表された金利が据え置きだったとしても、政策金利発表と同日に出されるRBG総裁のコメントをチェックしましょう。

詳しくはコチラ

豪ドルの政策金利は?
【豪ドルの金利が高い理由とは?】オーストラリアの政策金利について詳しく解説

先進国でも政策金利が高い豪ドル、なぜ金利が高いのかあなたは知っていますか?この記事では豪ドルの政策金利が高い3つの理由と2019年の今後の見通しをお伝えします。スワップポイント狙いで取引をするなら為替変動に気を付けましょう。FXではスワップポイントはおまけと考えてください。

オーストラリアの雇用統計

オーストラリア統計局が毎月発表する新規雇用者数と失業者数です。雇用統計はどの国でも重要な経済指標となるため、必ずチェックをしましょう。

中国のGDP(国内総生産)成長率

中国国家統計局が年に4回発表する指標です。中国経済全般の景気動向を見るのに適しています。

GDPの成長率が良ければ経済は良好、悪ければ経済は悪化していると判断されます。

中国の消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数は、消費者がモノやサービスを購入する価格を数値化したものです。

中国のインフレ動向を見るうえで重要な指標となります。

豪ドルの見通しまとめ

2015年1月~2019年3月で約76~98円のレンジで収まっているので、2~5年の長期で運用するにはオススメの通貨と言えます。

短期的には豪ドル売り推奨です。理由としては豪ドルが上がる要因が2019年4月現在はないからです。

豪ドルはトルコリラ(24%)メキシコペソ(8.25%)南アフリカランド(6.75%)のような、金利が高いが通貨下落が激しい新興国通貨と違って相場的には安定している通貨です。

また、オーストラリア経済は27年連続(世界最長記録)で成長していて、先進国では安定しています。

ただ、金利が1.5%しかないので、金利収入を得ながら長期的に豪ドルが上がったら売って、金利と売却益のダブル利益を狙うのが基本となります。

『既に豪ドルを保有している方、投資を検討している方』へのアドバイス

豪ドルは安定している通貨ですが、短期的な投資には向きません。貴方が豪ドルに投資するのがオススメかどうか、以下の4パターンに分けてアドバイスをさせていただきます。

見出し

  • すでに豪ドル投資し、投資資金は余剰資金ではない人
  • 豪ドル投資を検討し、投資資金は余剰資金でない人
  • すでに豪ドル投資し、投資資金も余剰資金である人
  • 豪ドル投資を検討し、投資資金は余剰資金である人

*余剰資金は『無くなっても生活や将来に影響が出ない資金」のことです。

すでに豪ドル投資し、投資資金は余剰資金ではない人

2018年12月の急落で大損をしているはずです。ロスカットになっていない場合は、貴重な資金のため損切りもできない状況かと思います。

このパターンは『投資金額と同じ水準にレートが戻ったら』売却をオススメします。

生活費などで投資している場合は、投資で損した分を補うため借金をし、借金地獄におちいる可能性が高くなります。

豪ドルは短期的には下落する可能性が高いので、損が許容できる範囲なら一旦決済してしまうのも余剰資金ができてから再投資するのがオススメです。

豪ドル投資を検討し、投資資金は余剰資金でない人

投資は絶対にやめましょう!そもそも余剰資金がないのに投資をする事が間違いです。

余剰資金でない場合、どうしても精神的な余裕が無くなり正常な投資ができなく、ほとんどのトレーダーが大損をします。

すでに豪ドル投資し、投資資金も余剰資金である人

豪ドルの購入時期にもよりますが、大きな損失を抱えているはずです。

そのまま長期保有をして『購入時のレートに相場が戻るか、スワップ収入も含めて損益0円以上』ななるのを待つのが得策です。

豪ドルはレンジ相場が基本なので、長期的に見れば購入時の価格に戻る可能性は高いです。

豪ドル投資を検討し、投資資金は余剰資金である人

短期的には売りを推奨しますが、段階的に買いを入れてもOKです。

ただし、一気に大量の買いを入れるのではなく、分散して買いを入れることをオススメします。

短期的には豪ドルが下落する可能性が高く(70円台前半)分散して買うことにより、購入価格からの下落により損失リスクを分散(平均化)できるからです。

投資歴11年の私なら豪ドル投資はこうする!

2019年4月4日現在の状況でなら私は76円台になってから豪ドルを買います。

金利収入(スワップポイント)は1.5%と低いので、金利狙いよりレンジ相場に期待して購入価格より高くなった瞬間の売却を狙います。

スワップポイントはおまけ程度に考えて、長期保有で基本的にはキャピタルゲイン(為替差益)狙いです。

金利収入狙いならトルコリラで投資をします。

スワップポイント(金利差収入)について

スワップポイントとは、2国間の金利差から得られる利益のことです。

たとえば日本円(金利0.1%)を売って、豪ドル(1.5%)を買うとその金利差1.4%(365日に割った日額)を毎日受け取れます。

日本で100万円預けても1,000円にしかなりませんが、豪ドルなら14,000円の利息収入になります。

なので金利収入目当てで長期保有するトレーダが多いのが豪ドルの特徴です。『普段忙しくてトレードができない』という方にはオススメの方法です。

スワップポイント比較表

FX会社ごとに貰えるスワップポイントは違うので、高スワップをくれるFX会社に口座を開くことが必須です。

スワップポイントを狙うのにおすすめのFX会社は?

豪ドル/円のスワップ金利は、金利が高く人気がありましたが、近年は金利が下がり利回りも悪くなっています。

とはいえ、国(通貨)の信用度の尺度となる国債格付け(ソブリン格付け)では、最高位のAAAです。急激な為替変動による損失のリスクが少ないので、安心してスワップ金利による長期運用ができると今でも人気があります。

そこで、豪ドル/円のスワップ利益を狙った運用を始めたい方にオススメのFX会社を2社ご紹介します。

GMOクリック証券

1社目は年間FX取引高7年連続世界1位(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)GMOクリック証券です。

スプレッドが業界最狭水準なので、スワップ利益だけでなく為替変動を狙った取引においても取引コストを抑えられます。

総合力の高いFX会社なので、豪ドル/円のスワップによる長期運用と為替変動を狙った短期売買のどちらにもおすすめです。

GMOクリック証券

YJFX!

2社目は、あのヤフーグループのFX会社であるYJFX!です。

豪ドル/円のスワップポイントが高いのはもちろん、こちらもスプレッドが業界最狭水準で短期売買にも向いています。

また、最低取引単位は1,000通貨(多くは1万通貨)なので、初期費用を抑えて少額からFX取引を始めたい方におすすめです。

YJFX!

豪ドルの特徴まとめ

豪ドルの注目ポイントは、以下の3点です。

見出し

  • 豪ドルのスワップ金利は低い(1.5%)
  • オーストラリア国内の経済は安定傾向(停滞)
  • 豪ドルは他国の影響を受けやすい(特に中国)

2019年4月4日の時点では短期的に売り推奨ですが、中国とアメリカしだいで状況は変わります。今後の豪ドルの動きに期待しましょう。

せっかく長期保有してたのに、このタイミングで手放すのはちょっともったいないかもしれません。 一旦様子を見てみるのもひとつの手ですね!

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
外為オンライン
FX初心者の登竜門として人気のFX会社。豊富なセミナーなどのサポート力が人気の理由です!
無料セミナー
自動売買
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
低スプレッド低コスト!
SBIバナー
SBI FXトレード
業界最狭のスプレッドを誇るFX口座。最低取引は1通貨~、4円から投資できるのはSBIFXトレードだけ
低コスト
約4円から投資OK
スワップ人気
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
高性能チャートが大好評
GMOクリック証券【FXネオ】口座開設
GMOクリック証券
チャート分析が使いやすさ抜群なので、その為に持っておいても損はない口座の1つです!
高性能チャート
低コスト
VRトレード
キャンペーン

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-豪ドル

Copyright© FXのやさしい教室 , 2019 All Rights Reserved.