移動平均線を使いこなしてFXで稼ぐ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FX 移動平均線

FXで取引している人の多くが使っている移動平均線。

分類としては「テクニカル分析」の一つで、まだ使ってない人からすると「難しそう」というのが正直なところですよね。

私自身も手を出すまで長かったので、よく分かります。

移動平均線は、FXだけでなく株でも広く使われていますので、研究も実績も既に相当なされています。

パッと見て視覚的に分かるので初心者にも使いやすいですし、取引でかなり重要な情報が分かります。

こうして、チャートだけでは分からない情報によって、あてずっぽうで取引するギャンブルから戦略的な投資にFXが変わっていくのです!

移動平均線とは

移動平均線とは

広く使われている移動平均線ですが、定義をちゃんと知らない人も意外といます。

移動平均線とは、設定した期間における終値を平均化して線で繋いだものです。

直近の動きを強く反映させる計算式など、いくつか種類がありますが、ベースとなるのは、「一定期間内の終値平均」の考え方です。

英語では、「Moving Average」となり、頭文字を取って「MA」と略されることもあります。

ここでポイントとなるのは、例えば期間を「5日間」としたとき、昨日の値は、6日前から昨日までの5日間における終値の平均値となります。

一昨日の値も同様に、一昨日までの過去5日間の終値を平均化したものです。

移動平均線は、ローソク足やチャートだけでは分かりにくい、相場のトレンドを把握するために使います。

移動平均線の期間を動かすとどうなる?

移動平均線で最もキーとなるのが、期間をどうやって設定するかということです。

ここでは、実際にイメージしてみてください。

連日終値が高値を更新しているとき、5日間という短い期間で設定すると、移動平均線は上昇する線を描きます。

一方で、75日間で設定したとき、基本的には低めで推移し、今週だけ一気に上昇したような場合ではどうなるでしょうか。

過去75日間の終値を足した後で平均を取るので、高めのレートで終わった日が数日あるだけでは、平均値に与える影響は少ないですよね?

こうして、自分が今見ているローソク足の設定との兼ね合いや、知りたいトレンドの傾向のスパンから期間を設定します。

移動平均線の3つの計算方法

3つ 計算方法

移動平均線には、大きく分けて3種類の計算方法があります。

計算方法も、期間の設定と同様に、結局は何が知りたいか、どういう情報を重視するかによって使用するものを選んでいきます。

数式を書いても、かえって混乱しやすいと思うので、あくまで考え方を理解してもらいたいと思います。

単純移動平均線

移動平均線 期間

名前の通り、設定した期間の終値を単純に平均化したもの、これを結んだのが単純移動平均線です。

英語では、Simple Moving Averageと言い、「SMA」と略されます。

PCやアプリでは、こうした略語で表記されることも多いので、覚えておくといいです。

SMAは、最もスタンダードな移動平均線です。

加重移動平均線

加重移動平均線

SMAに、加工したものの1つが、加重移動平均線です。

英語では、Weighted Moving Averageといい、「WMA」と略されます。

そのままの訳語なので、英語で覚えたほうが分かりやすいかもですね。

具体的には、直近の数字の影響が大きくなるように計算します。

計算式としては、設定した期間nに対して、当日は終値×n、1日前×n-1を、2日前はn-2といった形で、直近の数字に大きな数字をかけて平均値を出します。

期間が5日間なら、当日の終値は×5をするということです。

もう1つのポイントは、平均値を出すときの分母は、1+2+3+…nという形となり、単に設定した日数で割りません。

そうしないと、直近の数字に大きく加重をかけているため、数日内の終値に引っ張られすぎてしまいます。

移動平均線は、期間が長くなればなるほど、直近の動きは反映しにくくなります。

それを克服するために出てきたのが、WMAの考え方ですが、直近の動きが反映されやすい反面、ダマシにも影響を受けやすくなります。

指数移動平均線

指数移動平均線3つ目に紹介するのが、指数移動平均線です。

「EMA」とも言われ、Exponential Moving Averageの略です。

また、指数平滑移動平均線とも言われることもあります。

EMAの計算方法は、最初の1日目はSMAと同じく普通に平均を出します。

2日目以降に使うのは、前日のEMAにあるものを足して計算します。

それが、当日の終値から、前日のEMAを引き、そこに平準化指数をかけたものです。

って、何を言っているんだって感じですよね。

計算式を載せなかった理由がここです。

EMAは計算式を何回見ても、 何のために、何をやっているのか分かりにくく、私も最初はチンプンカンプンでした。

大きく分けると、EMAのポイントは2つです。

1つは、直近の数字が重視されていること。

昨日のEMAはそのまま足されます。

もう1つのポイントは、足す側の数字が、当日の終値と前日EMAを引き、指数をかけることで前日までのデータと当日の終値のギャップを出して、より正確な平均線を出すことです。

前日のEMAを使うことで、他の移動平均線より1日長いデータを反映出来ます。

WMAよりも、急激なトレンド変化を反映しやすく、上級者になるほど好まれるのがこの、EMAです。

使い方はこれから詳しく説明していくので、ここでは3つの計算方法があることを覚えてもらえればOKです!

移動平均線の特徴

移動平均線の特徴

ここまで、移動平均線とは何かという話をしてきましたが、どんなものかは何となく見えてきたでしょうか?

ここからは、実際に使っていく上での特徴を紹介します。

どうしても、説明する以上用語が出てきますが、用語よりもどういう考え方を分かってもらえたらと思います。

現在のトレンドを見極める

トレンドライン

移動平均線の一番ベーシックな使い方が、現在のトレンドを見極めることです。

通常は、チャートの高値同士や安値同士を結んで、トレンドラインという線を引いて、現在のトレンドを見極めます。

移動平均線があれば、線を引かなくてもトレンドの方向を知ることが出来ます。

そして、移動平均線の傾きが、トレンドの強弱を表します。

サポート、レジスタンスの活用

サポートライン

サポートというのは、「支持」する下値のことです。

チャートの中で安値を結んでサポートライン(下値支持線)を作るのが一般的です。

このラインまで下がってきたら、後は上がっていくはずだと狙いをつけます。

ただし、もちろん、100%ではありません。

未来が分かる人はいませんので、自分の勘や経済指標など色々な要素をチェックして、自分なりの根拠を上げていく作業をしているのです。

話を戻すと、レジスタンスというのは、上値の抵抗値です。

「抵抗」というと分かりにくいですが、反発する高値ですね。

サポートラインと同様に、レジスタンスも上値を結んでレジスタンスラインを作って、予想を立てます。

移動平均線は、上昇トレンドのときには下値支持線、下降トレンドのときは上値抵抗線を描く特徴があるため、「下値を支え、上値を抑える」という言い方もされます。

トレンド発生の見極め

トレンドの見極め

実は、移動平均線を1本だけで使うことは多くありません。

期間設定の異なる移動平均線を2本や3本使い、線が交わるところでトレンドの発生や転換のサインを捉えることができます。

どのように見るかは、見方の応用編で詳しく解説しますので、今は「そういうことができる」くらいの感覚で大丈夫です。

移動平均線の弱点

注意すべき点

かなり便利な移動平均線ですが、さすがに万能ではありません。

FXに限らず、「これだけやっておけばOK」とか、どんなときでも効果を発揮する分析は残念ながら存在しないのです。

移動平均線の弱点、気をつけることも紹介していきます。

レンジ相場では力が発揮出来ない

レンジ相場

移動平均線は、トレンドの方向を知るためのテクニカル分析です。

売り買い双方の注文が入っている持ち合いの相場=レンジ相場ではトレンドの方向性が出ていないため、力を発揮できません。

こういうときには、売られすぎ買われすぎを見極める「オシレーター系」と言われる分析が効果的です。

ちなみに、オシレーターというのは振り子のことです。

振り子のように、相場が売りか買いかどっちに偏っているかを見極めます。

代表的なオシレーター系は、「RSI」や「ストキャスティクス」などがあります。

トレンドを把握するのが遅い

トレンド 遅い移動平均線はリアルタイムで変わりません。

驚く方が多いですが、日数と終値で決まるので、その日の終値が出て、初めて最新の数字に更新されます。

冒頭の特徴で紹介した、トレンドを把握し転換点を知るというのは、全て昨日までの出来事を分析した結果です。

さらに、加重や指数で直近の数字が反映しやすいWMAやEMAでも、急激なトレンドの変化が反映されるのは数日かかります。

1日の中での動きや、急激な変化はローソク足などのチャートで確認するしかないのです。

サインが裏目に出ることもある

サイン 裏目

一つだけの分析に頼るのは危険という話をしましたが、極端な場合はサインが裏目に出ることがあります。

原因の一つは、後で詳しく説明する、期間の設定がマッチしていない場合が考えられます。

もう1つ考えられるのは、相場が急激に、かつ複雑に動いた場合。

実際の相場は見本のような典型的な形ばかりではないので、違和感があれば設定を見直したり、他の方法でも分析を行ったりと、情報を確認するようにします。

この加減が非常に難しいのですが、こうした動きが出来れば、もうあなたは「脱初心者」です!

移動平均線と相性がいいトレードは?

移動平均線 相性

移動平均線と相性がいいトレードは、ずばりスイングトレードです。

スイングトレードというのは、数日や数週間とポジションを保持したまま利益を出していく取引のスタイルです。

他には、1日の中で売買が完了するデイトレードや、剥離の取引を短時間で繰り返すスキャルピングという取引のスタイルもあります。

デイトレードやスキャルピングで、移動平均線が機能しないかというと、そうでもありません。

5分足や60分足などの短い期間のローソク足だけで相場を追いかけていると、相場全体のトレンドがどうなっているのか見失うときがあります。

やはり、相場全体というマクロな視点も、1日における値動きというミクロの視点も両方大事なのですね。

最適な設定を目指して

最適な設定

移動平均線自体は考え方が分かりやすく、使い方もシンプルなため広く使われています。

それでも難しいのが、その移動平均線はしっかり機能しているかということです。

しかも、それをどうチェックしていいか分からないというなかなかの難題です。

単純明快な答えはありませんが、設定の方法について切り込んでいきます。

実績重視のメジャーなものから

実績はメジャーなものを

「人がやっているから」という理由だけではただの思考停止ですが、よく分からないことを始めるときに、まずは真似から入るのはあなたも経験があると思います。

特に、FXは投資ですので、「実績のある」のは大きな要素です。

EMAの場合、短期15日、中期45日、長期75日という設定が代表的です。

これは私自身も使っている設定ですが、私はデイトレードもしくは、数日間のスイングトレードがメインなので全体的に短めで設定しています。

サポート、レジスタンスラインでチェック

サポート レジスタンス

先ほどの「下値で支えて、上値で抑える」という話。

これが、移動平均線の機能をチェックする目安になります。

上昇トレンドのときに、下値支持線がちゃんと取れているか。

逆に、下降トレンドのときには、上値抵抗線が描かれているか。

無闇に設定を大きくいじっても、余計に機能しなくなるだけですので、注意が必要です。

ただ、こればっかりは近道はなく、やりながら修正していくしかありません。

自分の取引スタイルに合った設定を見つけたいですね!

移動平均線の見方 ベーシック

移動平均線 見方

では、いよいよ移動平均線のトレード活用方法を解説していきます。

ただ、段階を追って、まずはベーシックなところから説明しますね。

ポイントの一つは、特徴でも紹介した、移動平均線の傾きの角度は、トレンドの強さを表すということ。

例外もありますが、一般的に強いトレンドほど、長く続きます。

ローソク足と移動平均線の位置関係

ローソク足と移動平均線

もう1つのポイントは、移動平均線とローソク足の位置関係です。

これもおさらいとなりますが、サポートライン、レジスタンスラインの話が何度か出てきました。

大まかにいうと、ローソク足の下側に移動平均線があるときは、上昇トレンドを形成しやすいということです。

逆に、ローソク足の上側に移動平均線があるときは下降トレンドになりやすいということです。

実際には、厳密にラインを作成し、その他の分析も確認する必要がありますが、大まかな位置関係を知っておくだけでも大分やりやすくなります。

移動平均線の見方 アドハンス

移動平均線 アドバイス

ここからは、応用編です。

トレンドの転換点を知る方法で少し触れましたが、基本的に移動平均線は複数本を同時に表示させるのがメジャーです。

特に多いのが、短期・中期・長期と3本の移動平均線を使うものです。

短期・中期は帯で見る!

移動平均線 バンド

FXの中では、「バンド」=帯という考え方が結構出てきます。

1つの値や1本の線ではなく、線と線で挟まれた「面」で捉える見方です。

短期と中期の移動平均線で挟まれた帯を、支持帯や抵抗帯として捉えて活用します。

サポートラインではなく、サポートバンドですね。

下値支持線を引くのは、実際にはやってみると、どの値を取るべきか結構迷います。

そこで、もう少し広い視野で帯として、大まかに把握します。

長期はトレンド終了の目安

トレンド終了

長期の移動平均線は、それだけ多くの終値から平均を出すので、トレンドの動きに対して1番遅れて追従します。

ということは、上り調子だった短期や中期が段々緩やかになってきて、長期の移動平均線が追いついたとき、トレンドが終了する可能性が高いのです。

レンジ相場のサイン

レンジ サイン先ほどのように、3本の移動平均線が収束していくとき、トレンドの方向が弱まっています。

さらにその収束している場所がローソク足の中に入り込んだとき、レンジ相場に入ったと考えます。

ローソク足の中に入ったということは、始値と終値の間に移動平均線があるということです。

いよいよ勢いを失い、どちらにいくか分かりません。

3本の移動平均線の期間設定

3本 移動平均線

移動平均線では、期間設定が非常に重要だという話をしました。

そして、実際にやりながら調整していくしかないこともお伝えしました。

「じゃあ今までの話を踏まえてまずはやってみようか」と、移動平均線の設定を開いたあなたはこう思うはずです。

数字が多すぎると。

そう、その通り!

選択する数字一つとっても色々な根拠からキリのいい数字から、素数やよく分からない数字までかなり多様です。

FX会社によっては選べないものもありますが、短・中・長期とそれぞれ近くなりすぎないように調整して、どう推移していくかチェックしていくしかないのです。

移動平均線を実践してみよう

移動平均線 実践

いよいよ移動平均線の実践です。

ここでは、エントリータイミングといわれる、売買の仕掛けどきの鉄板サインと、乖離率について解説します。

ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロス

どちらもトレンド転換点のサインです。

ゴールデンクロスは、下降トレンドの終わり際に、長期の移動平均線が短期よりも上に突き抜けることです。

この後は、上昇トレンドに転換するポイントとして、買いサインになります。

デッドクロスは、逆に上昇トレンドの反転ポイントです。

見方もゴールデンクロスの逆で短期が長期より下に突き抜け、3本がクロスするポイントです。

こちらは、売りサインとなります。

ただし、どちらも転換点のサインになるというだけで、その後のトレンドの勢いがどの程度かは分かりません。

それぞれのクロスの後に、勢いのあるトレンドが来るかは、他の情報も合わせて判断する必要があります。

パーフェクトオーダー

パーフェストオーダー

3本の移動平均線が、同じ傾きで並行しているときのことを指します。

上昇トレンドなら買いサイン、下降トレンドなら売りサインとして捉えられます。

ゴールデンクロスやデッドクロスの後に、パーフェクトオーダーが出ればかなり狙い目ということです。

ただし、傾きが緩やかな場合は大きな利幅が出せないままトレンド終了の可能性もあるので、注意が必要です。

オーバーシュート(移動平均の乖離率)

オーバーシュート

最後は、今までとは少し違った活用の仕方についてです。

移動平均線から値が大きく離れたときに、移動平均線寄りに戻ってくるという法則があります。

移動平均線はトレンドを知るための分析ですが、オシレーター的に使うとこうなります。

これを利用して上昇トレンドから大きく外れたときに、売りでエントリーすることが出来ます。

もちろん、下降トレンドのときに大きく下側に外れたものに対して、買いエントリーすることも出来ます。

何日線から何%離れたらという目安もありますが、通貨ペアや状況によって大きく左右されます。

そのため、大きく外れた値が移動平均線側に戻ってくるかもしれないと思ったら、すかさず他の情報もチェックです。

何にせよ、エントリーするタイミングは慎重に見定めるということですね。

移動平均線のまとめ

移動平均線 まとめ

移動平均線のあれこれを解説してきましたが、早く使いたくなってきましたか?

分類は「テクニカル分析」なので、少し勉強する必要はありますが、コツさえつかめば初心者だって問題なく使いこなせます!

  • 移動平均線の特徴を知る
  • 相性のよいテクニカル分析と使う
  • 設定を勉強する

 

どんな場面でも「これだけ知っておけばOK」という分析や指標はありませんが、その中でも手軽に重要な情報が分かる移動平均線は効率が良く、多くの人が使っているのも頷けます。

また、応用や実践まで紹介しましたが、実際の相場は教科書通りにはいきません。

それでも、また一つ強力なツールを手に入れたことは間違いありません。

まずは、移動平均線で自分に合った設定を見つけてもらい、また新しい分析や手法を一つずつ自分のものにしてもらいたいと思います。

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1.0銭 15円 5,000円 89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

外為オンライン

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 35円 20,000円 DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!

の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFX

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭 40円 最大 30,000円 hgs37jx

ヤフーグループのFX専門会社!ヤフーの資金力とシステム構築力で業界トップを狙うYJFX!

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4000円)取引ができます。

スマートフォンアプリが有名で、昔からスマホ取引ならYJFX!と言われるぐらいスマホの取引機能が充実しています。

隠れた優良サービスである現受け・現渡しにより格安で外貨に両替する事も可能。

海外旅行の前に外貨両替するとお得です。空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめのFX会社です。メインの取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つと言えるでしょう。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

k64hdg19

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭 30円 最大 20,000円 89d3sja

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレッドも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネット

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 31円 最大 30,000円 1n9sg

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

FX業界激震!ワンコイン(500円)からの投資!初心者でも安心「SBI FXトレード」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

SBI FXトレードで最大の売りは、独自サービスといってもいい1通貨単位で取引できることです。

FX初心者でもワンコイン(500円)もあれば、充分にFX取引を体験できます。

また、スプレッド幅は、業界最狭水準も注目すべき点です。

2018年オリコン顧客満足度調査で、「FX取引 取引手数料 第1位」と信頼と安心のFX会社といえます。

3m1x9

スプレッドが安くて低コスト!「みんなのFX」

みんなのFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
s7jx1h9
みんなのFXは全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社です。

取引ツールの使いやすさが特に有名で、FX初心者に人気です。

シンプルで見やすい取引画面なのに、FXのプロも唸る高機能!初心者からプロまで幅広い方が使っています。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」で自分のトレードの傾向や弱点等がわかり、他のFX会社より早く稼げるトレーダーになれると評判です。

また、今話題の「バイナリーオプション」もあるので50円からの少額でもFXができます。日本のFX会社のバイナリーオプションなので安心して取引ができます。

長期に的に安定して稼ぎたいなら、FXの実力が最も上がりやすいみんなのFXが一番お勧めです。

みんなのFX 口座開設

寝ている間に稼ぐ自動売買!初心者でもOK「iサイクル」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1.0銭 15円 5,000円 89d3sja

iサイクルは外為オンラインの自動売買です。

感情に左右されることなく、あなたが決めたルール通りに自動でコツコツと、細かい利益を積み上げます。

高い利益を出している注文内容がランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位4千円からできるのもメリットです

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

外為オンライン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。