株とFXの6つの違いとは?最低限知るべきメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
株とFXの違いを理解して自分に最適な投資を決めよう

資産運用を始めてみようと思っても、投資が初めての人にとっては、自分に合った金融商品を見つけるのは難しいものです。

よく分からないまま投資を始めると、いつの間にかお金が大きく減ってしまったり、自分のライフスタイルと投資方法がミスマッチして、投資が日常生活の負担となることもあります。

投資を始める前に、それぞれの金融商品の特徴を理解して、自分に合った投資先を選ぶのは重要です。

金融商品には様々な種類があります。なかでも「株式投資(以降株)」と「FX」は取引数も多く、投資先として人気があります。

株とFXとでは、どちらが儲かるの?
初心者が始めやすいのはどっち?

など、疑問に思った方は、ぜひこの記事をお読みください。それぞれの特徴を理解すれば、自分に合った投資先がわかってきます。

株とFXの大きな違い

株とFXの異なる性質を比較してみてみよう

株もFXも、初期費用をもとに資産を増やすことを目的とした「投資」です。両者とも、利益を得ることもあれば損失を被ることもある、という点が共通しています。

一方、株とFXには大きく6つの相違点があります。

  1. 投資対象
  2. 必要な最低資金
  3. レバレッジ
  4. 取引可能な時間
  5. 売買差益以外の利益
  6. 必要な知識

順番に見ていきましょう。

※以下、各項目については「>」をクリックで詳細を確認できます。

1.投資対象

株式投資は「個別企業」、FXはドルや円、ユーロといった「各国通貨」が投資対象です。

株の価格は、企業の業績が良ければ上がり、悪ければ下がります。最悪の場合、その企業が倒産してしまうと、価値がゼロになる可能性があります。

FXは世界の景気動向や金融政策によって、世界で買われる量の多い通貨の価格が上がり、少ない通貨の価格が下がります。国がなくならない限り、その価値がゼロになることはありません。

2.必要な最低資金

株の場合は、企業ごとに最低取引単位が異なります。比較的安全性の高い、東証一部上場の大手企業の株は、数十万円程度の資金が必要です。

一方、FXの場合はFX業者によって「最低取引単位」は異なりますが、大きく「10,000通貨」と「1,000通貨」の業者に分かれます。

仮に「1ドル=100円」とすると、「100円×1,000通貨=10万円」となりますが、FXには「レバレッジ」という制度があります。レバレッジは最大25倍までかけることができます。

つまり、口座に預けた資金(証拠金)の25倍まで取引が可能になります。上の例ですと「10万円÷25=4,000円」という少ない資金から、取引を始めることができます。

3.レバレッジ

レバレッジは、「てこの原理」ともいい、元手資金の何倍までの金額で取引できるかをいいます。最大で、株は約3.3倍、FXは25倍のレバレッジをかけられます。

ただし、株の場合は制度上、最低30万円の入金が必要です。30万円入金すると、約3.3倍の100万円分の取引を行うことができます。

FXは入金額に関係なく、最大25倍までレバレッジをかけることができます。ですからFXの場合、最大のレバレッジをかけると、4万円で100万円分の取引が可能です。

4.取引可能な時間帯

株式の取引時間は平日9時~15時(11時30分~12時30分を除く)です。9時から11時半を前場(ぜんば)、12時30分から15時を後場(ごば)といい、11時30分から12時30分は昼休みです。

株は、1日あたり5時間しか取引時間がありません。

一方、FXでは平日の24時間取引が可能です。これはFXという性質上、世界のどこかのマーケットで為替取引が行われているからです。

5.売買差益以外の利益

株もFXも、持っているだけでもらえる利益があります。株の場合は「配当金」、FXの場合は「スワップポイント」です。

株の「配当金」は年に1~2度まとめてもらえる企業が多いです。ただし、業績によっては無配当もあります。

また、株ならではの魅力として「株主優待」があります。投資先の企業のサービスを安く受けられたり、商品を安く購入できたりします。

FXの「スワップポイント」は毎日つきます。スワップポイントは2国間の金利差から生じる利益です。保有通貨の状況によっては、逆に毎日とられることもあります。

6.必要な知識

株は個別企業の業績が、今後どのように変化するか予測します。そのため投資先の企業やその業界、競合企業についての知識が必要です。

また、現在の株価が相当な価格であるか判断するために、財務や会計についての知識があるとなおよいです。

FXは世界の景気動向や金融政策についての知識が必要です。

為替レートがどんな状況で上がり、どんな状況で下がるのか、その判断のベースとなる知識がなければ、利益を上げることは難しいです。

株もFXも、安定して利益を出すためには、何年も専門知識を学び、それを正しく実践し、成長し続けることが必要です。あまり興味を持てないことを長く続けることは難しいものです。

株かFXか迷うとき、自分がどちらに興味を持てるかは、じっくり考えたい要素です。

株の場合

  • 好きな企業がある
  • 最近あの店が繁盛しているのは何故だろう?
  • この商品が売れている理由が気になる
  • 企業の社長の考え方が好き

といった理由で、その企業について勉強してみたいと思うこともあるでしょう。

FXの場合

  • 日本円の価値が、変動するのはなぜだろう?
  • 各国の通貨の価値が、こんなに違うのはどうして?
  • 円高や円安で、企業の業績が変わるのはなぜだろう?

など疑問をもった経験がある方は、FXに向いています。

株もFXも得られるリターンの可能性、という投資の魅力は変わりません。

どちらの投資でも、成功している投資家は、それについて勉強・分析したり経験することに積極的です。

「なんとなく、こちらのほうが儲かりそうだから」という漠然とした理由より、苦にならず、少しでも楽しく取り組める方を選ぶことが、投資で成功する重要なポイントです。

次は、株とFXのメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

株のメリット

株のメリットはお金以外にも関わってくる

株のメリット
  • 株式の売却による利益が出せる
  • 会社の業績によって配当金が貰える
  • 一定数の株を保有していると株主優待を受けられる
  • 一定数の株を保有していると株主総会に参加できる

売却による利益が出せる

業績のよい企業の株式は、買い注文が増えて株価が値上がりします。逆に業績が悪かったり、不祥事などの悪いニュースが報じられた企業の株式は、売り注文が増えて株価が値下がりします。

このように、株価は常に変動しています。買ったときより株価が上昇したタイミングで株式を売却すると、売却益を得ることができます。

配当金がもらえる

投資先の企業の業績が良い場合、株の保有数に応じた配当金がもらえます。配当金は、企業が利益を多く出している時は多くなり、利益が少ない時はほとんどもらうことができません。

長期投資をして配当金で利益を得たい場合は、安定して利益を出し続けている企業を選ぶとよいでしょう。

株主優待が受けられる

決算期末に一定数の株を保有していると、「株主優待」が受けられます。株主優待により、投資先の企業から様々な商品が届いたり、格安で商品を購入できたり、サービスを受けられたりします

頻繁に利用する企業の株を保有すれば、好みに合った株主優待が受けられ、大きな特典となるでしょう。

株主総会に参加できる

一定数の株を保有していると、株主総会に参加できるようになります。株主総会は、今後の経営方針など重要事項を決定する会議のことです。

株主総会の決議は、多数決で行われますが、株主1人に対して1議決権が与えられるわけではありません。株主には、原則として1株につき1議決権が与えられます。

つまり、株式を多く保有している人ほど、多数決において大きな発言権が与えられるということです。

株のデメリットとリスク

株は判断が多いので情報収集を怠らないのが大事

株のデメリット
  • 必要な最低資金が比較的高い
  • 株式の売買が思い通りに成立しないことがある
  • 判断することが多く投資初心者が始めるには比較的ハードルが高い

必要な最低資金が比較的高い

株は最低でも数万円程度、多くの銘柄は10万円以上の投資額が必要です。投資初心者にとって、投資額が比較的高いのは大きなデメリットになるかもしれません。

株式の売買が思い通りに成立しないことがある

株式の売買には多くの投資家が参加しており、株価は常に変動しています。企業の業績や経済ニュースなども、株価に影響を与えます。

それらの幅広い影響を考え、株価の値動きを予想し売買を思い通りに成立させるのは、簡単ではありません。値上がりを期待していても株価が下がってしまうこともありますし、その逆もあります。

株式にはこのような「株価変動リスク」があります。株価が変動することで売却益が期待できる一方で、株価が値下がりして損失を出す可能性もあるのです。

投資初心者が始めるには比較的ハードルが高い

東証一部だけでも、2,000社以上の企業が上場しています。また、それぞれの株価は常に変動しています。売却益を得るためには、どの企業の株式を、どの時期に購入するか、その判断が重要になってきます。

投資判断のために、企業の売上高や当期純利益などの業績、投資指標などを確認する必要があります。また、株式を購入・売却するタイミングを判断するために、経済関連のニュースや株価を常に確認する必要があります

に、2000社以上の中からどこの株式買うのか判断しないといけないの!?
それに加えていろいろと判断することが多いよー(泣)
投資判断のために確認しないといけないことが多いから、取引に慣れていない投資初心者には難しいと感じてしまうわね

株のリスク

株のリスク
  1. 株価変動リスク
  2. 信用リスク
  3. 流動性リスク
株価変動リスク

株価が値下がりすることで、損失を出す可能性があることです。

信用リスク

株式を購入した企業が経営不振のため破綻した場合に、株式の価値がなくなってしまうことです。

株式の価値がなくなれば、投資したお金を取り戻すことができず、投資資金をすべて失うことになるかもしれません。

流動性リスク

株式の売買が減って取引が成立せず、株式を売りたい時に売れない可能性があることです。

たとえば、株式を購入した企業で不祥事が起こると、売り注文ばかりで買い注文が入らず、取引が成立しなくなります。このような状況では、買い値よりもはるかに低い株価で売らざるを得なくなり、大きな損失を出す可能性があります

FXのメリット

FXは少額から24時間いつでも取引ができる

FXのメリット
  • 少ない資金からでも始められる
  • 24時間いつでも取引ができる
  • 相場が下がっても利益をあげられる
  • スワップポイントで長期的な投資もできる

少ない資金で始められる

FX最大のメリットは、「少ない資金で投資を始められる」ことです。前で触れたように、FXでは最大25倍のレバレッジをかけることができます。そのため、少ない資金で大きなお金を動かし、効率よく利益を上げることができます

株式取引にもレバレッジはありますが、こちらの最大のレバレッジは3倍です。このことからも、FXがいかに「少ない資金で始められる投資」であるかが分かります。

24時間いつでも取引できる

株の場合、取引ができるのは平日9時~15時(11時30分~12時30分を除く)の間だけです。あらかじめ注文を入れておくこともできますが、日中働いている方などは、リアルタイムで取引を行うことが難しいでしょう。

しかし、FXは平日24時間取引が可能です。そしてFXの市場がもっとも活発になるのは、ロンドン市場・ニューヨーク市場がオープンしている、夕方から深夜にかけての時間帯です。

この時間帯は為替レートが大きく動きます。日中仕事をしている方でも、この時間帯に集中して取引することで、十分利益をあげることができます。

相場が下がっても利益をあげることができる

FXは買い・売りのどちらからでも取引を始められます。今後の値動きが下がると予想した際にも、「売り」取引から始めて利益をあげることができます。

そのため、円高や円安、不況といったどんな相場においても、利益を期待できるのがメリットです。

基本的に「買い」注文での取引が主となる株に比べると、FXは自由度の高い投資ができます。

スワップポイントで長期的な投資を行える

日本は金利が非常に低く、ほぼゼロに等しい国です。しかし、世界には金利がとても高い国があります。

FXでは、日本のような低金利の国の通貨で高金利の国の通貨を買うと、その金利差(=スワップポイント)を利益として受け取ることができます。

また、スワップポイントは毎日受け取ることができるので、それを繰り返して利益を積み上げることができます。

FXのデメリットとリスク

常に相場が変動しているので、備えがなければ即大損!

FXのデメリット
  • レバレッジを大きくかけると、リスクも大きくなる
  • 自分が見ていない時にも相場は変化する

レバレッジを大きくかけると、リスクも大きくなる

FX最大の特徴であるレバレッジは、少ない金額で大きな利益を期待できる一方、値動きが期待したものと逆になると、損失も大きくなります。どれだけ市場に精通したプロでも、すべての取引で勝てるわけではありません。

外国為替市場は世界中の人・企業・国などが様々な理由で取引を行う、世界最大のマーケットです。そのすべての取引を把握することはできませんし、予想もしなかった理由で相場が動くこともありえます。

自分の期待した方向と逆に相場が動いたとき、どれくらい損失が出るのか、きちんと把握する必要があります。

自分が見ていない時にも相場は変化する

24時間取引が可能なFXは、裏を返せばいつでも相場が動いているということです。仕事中、寝ているとき、いつでも相場は変化しています。

その間、取引画面に張り付いて相場を監視することはできません。自分が相場を確認していない時間に大きな動きが出て、思わぬ損失が出ることのないように、ストップ注文(逆指値注文)を入れて、相場の不意の動きに備えることが大切です。

ストップ注文を入れずに含み損が大きくなりすぎるとロスカットが実行されて、大きな損失を出す恐れがあります。

ロスカット

含み損(まだ決済されず、確定していない損失のこと)がある一定レベルに達したとき、さらに損失が拡大することを防ぐため、強制的に決済すること

24時間相場が動いているなら、24時間取引画面に張り付かないとダメじゃん!?
そんなことはないわ!
自分が相場をストップ注文(逆指値注文)を入れておけば、確認していない時間に大きな動きが出て、思わぬ損失が出ることを防げるの!
相場の不意の動きに備えることが大切よ!

FXのリスク

FXのリスク
  1. 為替変動リスク
  2. 電子取引リスク
  3. 信用リスク
  4. 流動性リスク
為替変動リスク

為替相場が期待する方向とは逆に値が動いてしまうと、損失を被る可能性があるということです。

電子取引リスク

取引を行うネット環境の異常や、PC・スマホなど電子機器のトラブルにより、取引注文が実行されなかったり、意図しないタイミングで実行されて、思わぬ損失が生まれることです。

信用リスク

FXの取引業者の倒産などによって取引ができなくなるリスクです。過去には、倒産を理由にFX会社が顧客への資金の返還を拒否した例もありました。

現在では、「全額信託保全」という制度が敷かれたため、このようなことは起こりにくくなりましたが、その可能性がまったくゼロになったわけではありません。

流動性リスク

大きな為替変動の結果、売り手と買い手の数が釣り合わなくなり、取引が成立しなくなるリスクです。そのリスクが高い通貨と低い通貨があります。

米ドルやユーロ、日本円といった流動性の高いメジャー通貨を取り扱う場合は、このような事態はほとんど起こりません。

しかしトルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソなど、流動性の低いマイナー通貨を取り扱う場合、稀にこのような事態に陥ることがあります。

株とFX、始めるならどっち?

株とFX,自分にあったものを選ぼう

株とFXどちらが優れているか、利益を上げられるか、一概には言えません。両者とも、メリットもあればデメリットもあるからです。

大切なことは、自分のライフスタイルにあわせた投資方法を選ぶことです。日常生活の中で、取引時間をどれくらいとれるのか、投資のためにいくら資金を用意できるのか、仮にリスクが発生したとき、どのように対処できるか、じっくり検討してみましょう。

また、自分が興味をもてる方はどちらかも、考えるべき大きなポイントです。投資でいつまでも勝ち続けることはできません。

損失を被ったとしても、その理由を考え改善策を模索し、次のトレードに活かすことができる人が、長い目で見て利益を出していくことができるでしょう。

どっちにしようか悩んだら

どちらの投資で始めるか決められない投資初心者の方は、少ない資金ではじめられるFXから取引に参加して、「投資をする」経験をしてみるのもよいかもしれません。

相場の値動きに慣れてきたら、株も行ってみて、どちらが自分に合っているのか判断するのもよいでしょう。

まずは生活が苦しくならない範囲で「投資」を行ってみてください。実際に始めてみることで、学ぶことが多くあるはずです。あなたに合った投資先がみつかるといいですね。

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

外為オンライン

FX初心者の登竜門として人気のFX会社。はじめてでも使いやすい取引ツールが人気の理由です!

無料セミナー

自動売買

少額OK

キャンペーン

詳しくはこちら

低スプレッド低コスト!

YJFX!の外国為替証拠金取引【外貨ex】

YJFX!

ヤフーグループのFX会社で資金力が◎。低スプレッド業者では珍しい1,000通貨から取引ができます。

低コスト

アプリ人気

少額OK

キャンペーン

詳しくはこちら

サポートが厚くて安心!

【DMM FX】申込

DMMFX

すべての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準!LINEのサポートも対応しているので初心者も安心です。

LINEサポート

低コスト

アプリ人気

キャンペーン

詳しくはこちら

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る