【実録】マネースクエアジャパン(M2J)でFXをやってみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FX M2J

いつもはFX初心者の方やこれからFXを始める事を検討中の方向けの記事を書いていますが、今日は少しテイストを変えて取引会社のレビューをしたいと思います。

※あくまで筆者個人の感想です。 

 本日のレビューは、通称M2JFXマネースクエアジャパンさんにお越し頂きました!(拍手喝さい)

マネースクエアジャパンさんといえば、トラリピでかなり儲けた・・・もとい、かなり有名なFX業者の一つで、某FX比較サイトだと相対的に×や△が多い会社というイメージですが。

トラリピについては以前の記事(トラリピ必勝法ってあるの!?デメリットから見えてくる上手な運用方法)に詳しく紹介していますので、ご一読いただければ、どんなトレード方法かがわかると思いますが、トラリピはトレーダーにとっては諸刃の剣的なツールなので、良し悪しの評価が真っ向にわかれてしまうんですね。

なのでFX比較サイトでも、微妙な評価となってしまっているわけなんでしょうね。

ぶっちゃけ私一個人としての見解を述べさせて頂くなら、結論から先に言うと投資資金に余裕がある方向けです。

少額の投資資金でのスキャルピングやデイトレード主体の運用では、他の会社に軍配が上がるのではと感じました。

では、一つ一つ見ていきましょう。

 申し込みから口座開設まで

一部ネット掲示版など(主に2ch)では「審査が厳しい」という声もありましたが、特に開設時に入力する内容で特別な質問はなかったと思います。

また、結果的に口座開設ができたため、審査が厳しかったかどうかは正直わかりません。

ただ、ここはあえて強調しておきたいのですが。

マネースクエアジャパンでは、他社がよく開催している新規囲い込み目的の、口座開設や取引枚数によるキャッシュバックキャンペーンのような特典はありません(2017年3月現在)。

そして肝心な入金方法に関しては、メガバンク4行、ゆうちょ銀行やネット銀行も含めた10行でのクイック入金に対応している点、またカスタマーデスクは平日9時~22時まで対応しているところも、他社との比較しても引けず劣らずで、とても使い勝手の良いFX業者だなという印象を覚えました。

M2J 口座開設

ツールについて

下の画像がスマホ版アプリ「FXポケトラfor Android」のメニュー画面です。

何といってもトップメニューからスワップカレンダーに飛べるところが、個人的にはとても気に入りました。

また右下の画面がトップ画面となるレート画面ですが、注目すべきは「下2ケタまで」という所です。ここからもスキャルピングのような薄利取引をターゲットとしていない事が見て取れます。

FX ポケトラ

 注文について

 M2J 注文画面注文する場合には左のような画面になります。

 今回は米ドル円での取引で「買い」から入る取引を行ってみましょう。

まず保持するポジションの買い方が「成行」か「指値」か、その上で保持したポジションの売り方を決めていきます。

「注文価格#2」は売値の指値、「#3」は売値の逆指値、「見積り」は、指値で約定した場合の利益と逆指値で約定した場合の損失が記載されており、証拠金も記載されていますので、この「見積り」は個人的に結構いいと思います。

今回は指値と逆指値を設定していますが、逆指値を決めない取引や、売りを指定しない買い方も可能です。

このシステムのポイントとしては、画面下の「スライドで発注」というシステムでしょう。

スライドというのは1アクション出来る発注方法なんですが、、手軽さではタップとは異なります。

きちんと内容確認しないと誤発注をしてしまうので注意が必要ですが、私はこのシステムかなりいいなと思いました。

なおこの「スライド決定」システムは、注文の他にも出金等お金に関わる内容についてもこの方式を採用しています。

そして全てのオーダーを設定し終わると、最後に注文内容確認がされ、発注完了です。

これはこれで見やすい画面だとは思うのですが、注文方法は「OCO」や「IFD」、「IFO」という一見わかりづらい表示よりも、単純にいくらになったら買う、もしくは売る、と一目瞭然でわかる、指値と逆指値はという風に一度に注文できる方が個人的には使いやすいですね。

M2J 注文確認

 

通貨ペアについて

通貨ペアは11種類で、FX取引会社としては多い方ではありません。

ただ、高スワップのトルコリラ円取引が出来るのが一つのウリです。

取引会社によって差がありますが、1万通貨/1日あたり50円~80円台のスワップが付く通貨ペアです。

最近はトルコリラを取り扱うFXも業者も増えてきましたが、初心者の方が比較検討に挙げるような大手FX業者ではまだそう多く取り扱っていません。

中・長期の資金運用をご検討の方は、ご一考頂くのもいいかもしれませんね。

M2J 通貨ペア

使いにくかった点

これまでは実際に使ってみて使い良かった点を書いてきましたが、正直使いづらいと感じた点も、結構多くありました。

特に私はデイトレード中心のトレードスタイルなので、余計に不便に思う事が多かったのかもしれませんが、実直に不便に思ったことを紹介したいと思います。

手数料

「手数料無料」という会社が大多数の中でマネースクエアジャパンは手数料がかかります。

1万通貨あたり3ポイント、つまり300円です!1,000通貨単位で30円!(※一部通貨ペアや取引方法ではこれ以下の場合もあります。)

「1ドルあたり0.1円の変動で100円前後の利益を積み重ねる」いう、コツコツとした手法を提唱している私としては結構影響が大きいです。

M2J 手数料

指値の最低値

上記手数料の関係だけでなく、指値を指定するにあたって0.5円程度が最低指示ラインとなるので、先程と同様、少ない値幅で低い利益を積み重ねるタイプの取引はここでもマッチしにくい事となります。

例えば20pipsの利食い、15pipsの損切りを指値と逆指値で設定しようと思っても出来ない。

50pipsの利食い、損切りしか設定出来ないので、いささか使いづらいですね。

しかしこれはM2Jに限ったことではなく、SBI FX トレードやヒロセ通商なども、狭いpipsでの指値には対応していませんので、FX業者の口座開設をする際はしっかり確認しておきましょう。

タイムラグ

これもM2Jに限った話ではないのですが、インターバンクの影響が強いため各種タイムラグが出ます。

特に保持したポジションの決済約定時や出金依頼は、それぞれ2営業日後に反映されます。

当然それまでの状況は「反映前損益」として口座状況で確認出来ますが、急遽ポジションを全て決済して投資資金を動かしたいときは合計で4営業日かかりますので、カレンダーによっては1週間程度かかる場合があるという事です。

※言い換えると、上記のような動きを想定していないという事で、ここでも腰を据えて資金を投入して欲しいという意向が見え隠れしていると言えるのではないでしょうか。

入金額

クイック入金による入金最低額は1万円です。

これが何を意味するかというと、数百円単位の追証でも1万円用意しないといけないわけで、常に証拠金を多く用意しておく必要があるわけです。

しかし以前トラリピの記事でも書きましたが、トラリピのシステムそのものがゆとりのある資金運用を前提としているので、おそらく最低1万円のクイック入金なんでしょうね。

トラリピについて

M2Jの最大のウリはこの「トラリピ」です。

言い換えるとこれをやらないのであればぶっちゃけ、「このFX業者をわざわざ使ってトレードしなくてもいいよねっ!」いうレベルで他に特筆すべき尖ったメリットがないと私は感じました。

「トラリピ」の説明は同社最大のウリという事で、同社HPにて動画付きでかなり丁寧に説明しています。

そのため、詳しくは割愛しますが、「トラップイフダン取引をリピートでしかける」というものです。

ただし、結論から言うと、トラップを仕掛けるためそれなりの証拠金が必要となります。

トラリピについては(トラリピ必勝法ってあるの!?デメリットから見えてくる上手な運用方法)をご一読ください。

トラリピ M2J

まとめ

フルサポートプログラムの参加条件が「入金額200万円」という一つを取っても同社のスタイルがよく分かると思いますが、冒頭でも書いたように少額投資による短期取引向けではありません。

M2Jに適しているFX投資を行うタイプの方は以下の通りです。

①投資資金に余裕がある(数十万~数百万円単位)。

②中・長期的な運用を目的としている。

③トラリピがやりたい。

特に③が一番メインかと思います。

この注文方法は同社が特許を取っており、他社では出来ません。

ただ、個人的には③もリピートですので、なるべく手間をかけないような注文方法の一つに過ぎないと思いますし、当然カバーしきれない相場の動きもあります。

いわゆる「資産運用」を考えてらっしゃる方が、利回り的に株や他の投資と比較する感じかなあという印象でした。

普段から私が紹介している「スキマ時間に少額投資金でコツコツ稼ぐ」というやり方には、他の取引会社の方が向いているかと思いました。

なお、M2Jのサービス内容や取引条件に興味が沸いた方は、ぜひ同社HPやお問合せ窓口にご確認頂ければと思います。

どの会社も口座開設前の問い合わせは大事なお客さん候補ですので、丁寧にフォローしてくれると思いますので、このときの対応で口座開設を決めるのもいいかもしれません。

やはりご自身が納得のいく形で自分のスタイルに合った取引会社を選択頂くのが一番かと思います。

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
jgys64x k4sj3d7 マネックスFX jjdklj452
初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
jgys64x k4sj3d7 マネックスFX jjdklj452

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。