トラリピ必勝法ってあるの!?デメリットから見えてくる上手な運用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トラップリピートイフダンを略してトラリピ

マネースクウェアジャパンが特許を持つ、サイクル注文タイプの自動売買ツールのことで、トラリピはこのツールの元祖!

今でこそ外為オンラインのiサイクル注文などありますが、少し前まではサイクル注文タイプの自動売買は、トラリピだけだったんですよね〜。

私がFXを始めた5年前には無かったです、確か。

そんなトラリピしか無かった時代、猫も杓子もトラリピ、トラリピってハマる有様で、それはもう人気の程は計り知れないブームになっていました。

だからその名残でM2Jのマスコットは猫で・・・と言うのは定かではないですが(冗談です、トラリピさんすいません、そもそも猫じゃなくてトラ・・・)でも人気がありすぎたのは本当。

人気もの過ぎて、その後続々と他のFX会社もサイクル注文の自動売買ツールを提供するようになりました。

「FXはあまりやらないけど、トラリピだけはやっているよ〜」なんて人も多く、ユーザー数が多いM2Jですが、始める前にこれ必見!

FXより敷居が低く感じるため気軽に始められるトラリピの、メリットデメリット知っておきましょう!

トラリピってどんなトレード?わかりやすく教えて!

トラリピとはトラリピって聞いた風とても可愛らしくて親しみやすいネーミングですけど、実際公式サイトに書いてあることだけでは、ちょっとシステムが小難しくって分かりづらいなぁ~。なんて思っている貴方!

私に任せてください!

初心者には分かりづらいトラリピの説明をこの私が、できる限りわかりやす〜く、システムを噛み砕いて説明してみたいと思います!

トラリピを構成する3つのステップ

この3つのステップがトラリピを理解する上でとっても重要!

いまからひとつずつ解説するから、ゆっくりでいいのでしっかり理解していきましょう。

ステップ1:イフダン注文

イフダン注文とは新規注文を予約する際、予め決済値も一緒に予約に組み込む注文方法です。

例えば現在ドル円が115円だったとし、よし、114円まで下がったら買って、再度115円まで上がったら決済しよう。

と決めた時、いつもの成り行き注文であれば、114円になるまで待って、また115円になるまで待つ、という作業になり、その間ずっとチャートを見ておかなければいけません。

それだと面倒だし、例え頑張って114円で購入しても、ずっとチャートに張り付く注文をやっていると、利食いポイントと決めた115円まで待てずに決済してしまう可能性もありますが、チャートに張り付いて行う成り行き注文は、ポチポチ病を誘発するので、スキャルピングをする以外ではオススメ出来ません。

そこでイフダン注文の登場です!

イフダン注文であれば、注文から利食いまでの流れを事前に予約出来ます。

「114円で買って、115円で売る」

この動作をイフダン注文という機能を使い115円の時にセットしておけば、時が来れば注文が入り時が満ちれば決済してくれる優れ物!(このイフダン注文はどこのFX会社でも出来るので、本当に便利ですよ。)

この注文スタイルが、まず最初にお伝えしたいトラリピの基本スタイルとなります。

ここまでは大丈夫ですか?

イフダン注文

ステップ2:がんがんイフダン注文を繰り返す!

トラリピは、イフダン注文を繰り返し行うリピート注文です。

例えばドル円が114円から115円の間でうろちょろしているレンジ相場の場合。

114円で買って115円で利食い。

115円で売って114円で利食い。

単純な話、このレンジの間この注文が延々に入れば、利益が量産出来てウハウハですよね?

なんとトラリピではこれが出来ます!

これをリピートイフダン注文と言いまして、一見簡単そうで「自分でもやれるんじゃね?」と思ってしまいますが、自分でやる場合、ずっとチャートに張り付いていないといけないので、サラリーマンのような兼業トレーダーにはまず無理なんですよ。

専業トレーダーだって、ずっとチャートを監視するのは大変!

なので、トラリピのような自動売買でやってくれるシステムが重宝される訳なんですね。

どんどん繰り返す注文

ステップ3:トラリピは相場の至る所に罠を仕掛ける

実際の相場はわかりやすい間隔、かつ均等な値幅で何度も往復してくれるほど優しくはありません。

なのでトラリピでは、相場全体に罠、つまりリピートイフダン注文を張り巡らせます。

例えば今の相場が、大枠で見るとドル円が105円から115円のレンジ相場だった場合

105円で買って106円で売る

106円で買って107円で売る

107円で買って108円で売る

といった取引を115円になるまで繰り返すリピートイフダン注文で仕掛けます。

この注文例は利食いを1円幅に設定していますが、この値幅はあくまで参考で、実際にはもっと狭い間隔で利食い設定出来ますので、気にしないで下さいね。

このトレード手法がトラップリピートイフダン注文、略してトラリピの全てです!

罠を仕掛ける場所や利食い間隔は如何様にも変更できますので、かなり自由度の高い自動売買システムになります。

公式サイトによると罠を仕掛ける間隔は50pipsが良いとしていますが、実際50pipsって結構広いです。

私は50pipsに拘らず、こまめに利確、小さく利確の方がオススメですね。

トラップのように仕掛ける

ハマれば凄い!トラリピの実力とは

FX相場の6~7割はレンジ相場と言われており、その中でレンジを上手く捉え、繰り返しイフダン注文を繰り返してくれるトラリピは、形にハマればめちゃくちゃ稼げます!

例えば以下のような相場を仮定して説明します。

<120円から130円にまでドル円が上昇した場合>

120円から125円でレンジになり、5往復繰り返した。

その後122円まで円高になったあと、125円をブレイクアウトして一気に126円まで上昇。

126円から127円で持ち合い相場が続き、1円幅で8往復した後、2度目のブレイクアウト。

127円から130円までファンダが背中を押してグングンと上昇。

このような流れの場合、100pips×(5×5+4+1×8+3)=4000pipsの利益になります。

ファンダが追い風になってない限り、一方的な上げというのはなく、だいたいがこの例えのように、レンジが続いてブレイクアウトを繰り返します。

レンジというのは、デパートで例えるならフロア。

ブレイクアウトは階段、もしくはエレベーター。

階段を抜けると次のフロア。

こんなイメージで、階段を抜けたら次の階を目指し、上への階段が封鎖されていたら下の階段を見にいく。

下の階段も封鎖されていたら、フロアで遊んでまた階段を試しにいく。

だからレンジを捉えることが出来れば、底で買って天井で売ることが出来ます。

今回の例えでいうならば、普通に120円で買って130円で売った場合は1000pipsの利益が、トラリピが上手くハマれば4倍になるわけです。

底で買って天井で売ることを意識することよりも、短い時間足でこまめに利食いをしたほうが何往復も取れるわけですから利益も増えるのは当然ですよね。

罠をしかけて一網打尽に!

決して美味い話だけではない、トラリピのデメリット

トラリピってレンジ相場では最強じゃん!!

ここまでの話だけだと、もう勝てる予感しかしないこのツールですが、飛びつくのはまだ早い!

一見神ツールに見えるトラリピですが、もちろんデメリットもあります。

良くも悪くもナンピン仕様

私は最初トラリピのシステムを知ったとき、「これってポジションが逆行すればナンピンぽくなるんじゃね?」と思いました。

私がそう思うくらいなので、ここまでの説明を読んで「え、裏を返せばナンピンってこと??」と感づいた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

その通り!

トラリピのシステム、逆に動けばナンピンです!

「トラリピを逆さに読んだらナンピンだ」と覚えてくださいね。

もしも120円で購入したドル円が、読みが外れて逆に110円まで円高になってしまったときはこうなります。

120円でドル円購入(マイナス10円)

119円でドル円購入(マイナス9円)

118円でドル円購入(マイナス8円)

117円でドル円購入(マイナス7円)

とこれが111円まで続き、合計55円分の損失になってしまうんです。

これをレンジ相場に当てはめてみると。

仮にドル円が130円から120円まで下がる間、128円から127円の間で5往復、126円から124円の間で4往復、124円から120円の間で5往復くらいしていた場合。

利益に関しては1×5+2×4+4×5=33円分が利食いされている。

(トラリピはこまめに利食いしてくれるので)

損失合計は55円-33円=22円分の含み損として保有中

ナンピンと同じなので、損失と利益が存在し損失は半分以下に軽減されていますが、しかしトラリピは利益はこまめに確定するけど、損切りはしないシステムなので、損失はプラスになるまでずっと含み損としてホールドされることになります。

トラリピが損切りしない理由

待つ投資

「相場の世界では「買う」か「売る」の2つしかないと思っている方が多いように感じられますが、実はそこにもうひとつ「待つ」という要素を加えた3つがあるのだと認識することをおすすめします。」

これはトラリピを開発したマネースクウェア・ジャパン(M2J)の相葉代表取締役社長の言葉です。

トラリピはレンジ相場に効果がある手法であることは説明した通りですが、その投資戦略は「レンジ相場において少ない通貨量でたくさんの買い注文を出し、それぞれが上がったら買う」、これに尽きます。

それは何故かと言うと、トラリピの本来の目的は「ハイリスク・ハイリターンを狙わない」長期投資で資産運用するためのツールとして存在しているからです。

少し小難い話になってきたので、初心に戻り簡単に説明しますが、つまりトレードスタイルの問題です。

短期で勝負するデイトレードと、長期で勝負するスイングトレード

投資スタイルにはこのように二種類あるわけですが、デイトレードは短期で利益を出すため、日々の数pipsをいかにたくさんとるかが重要になってきます。

その為には不要なポジション・・・つまり利食いに失敗したポジションをもっていると、必要証拠金を食いつぶすため邪魔です。

だから不要なポジションはサッサと処分し、身軽な状態でポジションの売り買いを繰り返していくわけです。

でもデイトレードはもともと長期投資が目的なので、短期的な値変動をみて損切りしたりはしません。

ゆとり資金で元本を大きく持ち、その中でほんの少しの割合でポジションをもつ。

そしてあとは上がろうが下がろうがそのまま保有し、上がるのをただ待つのみ。

資金にゆとりがあるので、損切りする必要もありませんよね。

まさにトラリピは、この「待つ投資」を行うため、損切りという概念がなく、買ったポジションが利益が出るまで、ただ「待つ」ことだけを考えればいい、これがトラリピの基本戦略です。

トラリピ運用の注意点

なんとなくトラリピってどんなシステムなのかわかって頂けましたか?

つまりこのシステムは自動売買であって、レンジ相場が得意で、でも暴落には弱いよ~。

暴落には弱いけど、その間はナンピンで耐えてみせるから資金管理は宜しくね!

ってな感じのもので、儲かるのかどうかと尋ねられたとするなら、「まぁ~、ハマればすっごい稼げるね。だけどそれなりに損失も覚悟しなきゃね」と答えると思います。

・トラリピは待つ投資と考えること。

・ゆとり資金で小さくポジョンをもち、リスク管理に細心の注意を払う。

・けしてデイトレード感覚でトレードしない

どんなトレード方法を選んでも、FXという投資の世界に身を乗り出した以上、メリットとデメリットの狭間で勝負していかなければなりませんが、長期目的で運用するならうってつけのシステムだと思います。

自動売買なので、常に取引画面の監視をせずとも良い訳ですし、サラリーマンや主婦が副職としてやれる!という点においても大変魅力的ですね!

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX GMOクリック証券 iサイクル

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!

の超人気会社で50万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFX

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。