大事な資産をまもる「投資」とは?投資をはじめる心の準備のお話

更新日:

投資とはなにかを学んで、理解を深めよう

投資信託のメリット・特徴「投資」という言葉に、あなたはどのようなイメージを持っていますか。

よーし、投資をはじめよう!
だけど、投資の仕組みがよく分からないし、はじめるとなると不安があるなぁ・・・

このように思うことがあるかもしれません。お金に関する漠然とした不安を抱えてはいませんか。

今の給与で将来もやっていけるのかという不安や、住宅ローン、子どもの教育資金・老後の生活資金など、まだまだお金が必要と考えることもあるでしょう。

将来に備えて「貯蓄」をしても、この低金利時代、預金によってつく利子の利率はごくわずかです。

とはいえ、資産を増やしたい気持ちがあっても、投資についての正しい知識を持ち合わせていないと、はじめの一歩を踏み出すのは難しいですよね。

日本人特有の考え方がお金に影響している

日本人には清く貧しいことを美徳とする「清貧の思想」があります。お金儲けは卑しいことと考えたり、他人とお金の話をするのはタブーと感じたりする人は多いです。

しかし、現実の人生ではいろいろとお金がかかります。私たちの幸せと、経済的活動は無縁ではいられません。お金は幸せを実現する手段であると理解し、稼ぐ方法・貯める方法・増やす方法を知ることは、とても大切なことです。

投資に関する漠然とした不安や誤ったイメージを払拭することも必要です。正しい知識を身につければ、投資によって資産を順調に増やしていくことは可能です。

投資のリスクは存在している

もちろんリスクがないわけではありません。ときに資産が目減りすることもあります。ですが、投資の基礎を理解し、リスク管理を行えば、資産がゼロになることはほとんどありません

資産運用のひとつとして、いま大きな注目を集めている「投資」とはどのようなものなのか、この記事にまとめました。まずは、投資やお金に対する正しい理解をもちましょう。

投資をはじめる前に、まずは投資について理解していきましょう!

投資を始める前に

投資について正しい知識を理解して不安を取り除こう

投資に興味をもっても、何となく抵抗があって始めの一歩を踏み出せないという方が思う理由は、大きく3つあります。

見出し

  1. 投資に関する「特別な知識」が必要なのではないか
  2. 投資を始めるには、まとまった「資金」が必要なのではないか
  3. 投資で失敗をして、「大損」をするのではないか

これらの不安を解消する方法を順番にみていきましょう。

投資に関する「特別な知識」が必要なのではないか

「投資」というと、特別な知識が必要と考えるかもしれません。

ですが、もしあなたがこれから投資を始めようとするのなら、「一般的な社会の動向(景気について、為替変動(円高・円安)について)のニュースに着目する」ことから始めれば大丈夫です。

また、投資にはさまざまな種類があります。あなたが投資を考えている分野の情報収集を積極的に行うとよりよいでしょう。

たとえば、「株式投資」なら、投資したい企業や業界の状況について知ることは重要です。

「FX」にチャレンジするのなら、投資を考えている国の状況・他国との関係なども把握できるといいです。

これらの情報は、新聞やテレビのニュースから簡単に集めることができます。

投資を始めるには、まとまった「資金」が必要なのではないか

投資を始めるのに、必ず多額の資金が必要という訳ではありません

たとえば、数千円から始められる「投資信託」という商品もあります。

投資の方法やスタイルによって、必要な資金の額は異なってきます。あなたが用意できる資金の額に合わせて、投資の方法やスタイルを選択しましょう。

投資で失敗をして、「大損」をするのではないか

投資というと、リスクを背負ってときに「大損」するギャンブルのようなものではないか、と考える方もいるかもしれません。しかし、投資とギャンブルはその仕組みが大きく異なります。

ギャンブルはゼロ・サム・ゲーム

ギャンブルは、競馬・パチンコ・宝くじなどのように、結果が誰にもわからない未来の事柄に対してお金を賭け、運のよい人が勝ち、運のわるい人が負けるという「ゼロ・サム・ゲーム」です。負けると何も残らず、一瞬にして資金がゼロになってしまうこともあります

またギャンブルは、ランダムな幸運を狙う娯楽なので、もともと参加者が出し合ったお金の総額、つまり全体の利益のパイ自体は大きくなりません。それどころか、ギャンブルには胴元(場の主催者)がいて、場所代や高額な手数料(=てら銭)を取ることがほとんどです。

ですから、ギャンブルとは、この「てら銭を差し引いた残り分の金額」を、参加者どうしで取り合う仕組みです。参加者全体から考えると、ギャンブルは「マイナス・サム・ゲーム」ともいえます。

投資は経済活動になる

投資は「手持ちの資金を資本に投入する」という経済活動です。投資先の企業や国の経済が成長していけば、株式などの資産の価値は増え、分け合う利益のパイも膨らんでいきます。主催者が徴収する、手数料などの額も、ギャンブルと比べると少ないのが特徴です。

投資の利益は経済の成長をもとにしているので、「投資とは、人々が経済の成長に参加する行為」と考えることもできます。適切な対策を行えば、ギャンブルと異なり、「一瞬にして資金がゼロになってしまう」事はほとんどありません。

投資には向き・不向きがある。自分は向いている?

投資はリスクをともなう資産運用ですが、そのリスクは適切な対策をとることによって、ある程度コントロールすることができます。ただ、人によっては向き・不向きがあることも事実です

「少しでも資産が目減りすることに我慢ができない」、「価格の変動が気になってしまって、他のことが手につかなくなってしまう」という方には、投資は向いていません。

一方、投資に興味が湧いた方、資産運用の必要性を感じた方は、今の生活が苦しくならないよう無理のない金額の範囲で、少額の投資を始めてみてはいかがでしょうか。

次からは、具体的な投資の方法についてみていきましょう。

長期投資と短期投資の違いとは?

取引スタイルに合わせて投資方法を変えよう

投資の手法には大きく「長期投資」と「短期投資」があります。その名前の通り、投資の「時間軸」に着目した分け方です。

「長期投資」は、将来の成長を予想し値上がりを待つ方法で、長期的な成長を予測できるかが大きなカギとなってきます。

一方、「短期投資」は値上がりしたらすぐに売却する方法です。短期で値上がりする銘柄を探し出せるか、また売り時を見極められるかが最大のポイントになります。

長期投資と短期投資にはそれぞれメリット・デメリットがあります。そして、長期投資・短期投資ともに利益を出している投資家が存在します。ですから、どれが有効というのはありません

これから投資を始める方には、「投資スタイル=生活スタイル」ととらえて、長期投資・短期投資のどちらを選択するか、考えることをおすすめします。

長期投資

数年間から長くて数十年、じっくり保有を続け、値動きのダイナミックな上昇をとらえて、大きな利益を期待する方法です。

平日の昼間、投資に時間を割くことが難しいサラリーマンの方などに、おすすめの投資手法になります。

短期投資

買った銘柄をその日のうちに売却するデイトレードや、数日程度の保有で売却するスウィングトレードなど、値動きの細かな上昇をチャンスととらえる方法です。

値動きの監視が必要となるため、日中の時間を投資に割ける人向けの投資手法になります。

投資の種類

主に5つの投資方法について紹介

具体的な投資の種類について、見ていきましょう。現在、投資の対象には、以下のような5つの金融商品があります。

見出し

  1. 株式投資
  2. 投資信託
  3. 債券
  4. 仮想通貨
  5. 為替取引(FX)

※以下、各投資については「>」をクリックで詳細を確認できます。

+ 株式投資

投資といえば、真っ先にこの「株式投資」を思い浮かべる人も多いでしょう。株式投資とは、企業が発行する株に投資をすることで、配当金や売却益を期待する投資の方法です。

株式投資で利益を得る方法その1

株式投資で利益を得る方法はふたつあります。ひとつは、配当金を積み重ねていく方法です。

株式とは、企業が資金を調達するために発行するものです。株式を購入した法人や個人は、その企業の株主になります。

株主には、保有する株数に応じて、企業が出した利益を受け取る権利(=配当金)が与えられます。この配当金を積み重ねていくことで、利益を得られるのです。

株式投資で利益を得る方法その2

利益を得るふたつめの方法は、株式の売買です。株式の購入は、株主と企業が直接行うわけではありません。基本的には、証券取引所(株式市場)を介して、電子化された株式の売買を行うことになります。

証券取引所では、常に多数の企業の株式が売買されています。そして、各企業の株の価格(=株価)は、市場の需要と供給によって変動しています。

購入時よりも株価が上がり、上がった時点で株式を売却すれば、その差の分だけ「売却益」を得ることができます。この売却益を継続して出すことを目指すのも、株式投資のひとつの方法です。

しかし、企業に利益があれば「配当金」が期待できますが、赤字となれば配当金をもらうことはできません。また、売却益を狙うためには、今後株価が上がるであろう銘柄を選択しなければなりません。

投資先が多いのと銘柄が高めなのが難点

現在、東京証券取引所の市場第一部だけでも、2,000社以上の企業が上場しています。また、常に株価は変動しています。株式の売買には多くの投資家が参加しているのに加え、企業の業績や経済の動向などからも株価は影響を受けます。

その中で値動きを予想し、売買を行うことは容易ではありません。その上、株式投資は最低でも数万円程度の初期投資額が必要で、多くの銘柄は10万円以上の投資額を準備しなければなりません。

そのため、株式投資は、投資初心者にとって比較的にハードルが高い投資といえます。

株式投資のメリット・特徴株式投資のデメリット・リスク
  • 株を売って売却益で利益を得ることができる
  • 所持している株数に応じて配当金を得られる
  • 所持している株数に応じて株主総会に参加ができる
  • 初期投資額が高め
  • 数多くの中から銘柄を選ばないといけない
  • 会社が利益を得られなければ配当金が貰えなくなる

+ 投資信託

投資信託は、個々の投資家から集めた資金をまとめ、投資のプロが資金を運用する金融商品です。運用する資産は、株式、債券、不動産、FXと多岐に渡ります。

投資信託では、「何に」「いつ」投資するか、またいつ「売却」するか、実際の取引をすべてプロにお任せします

運用の結果として利益が出れば、その利益は「分配金」として投資家に還元されます。また、株式投資と比べると、少額から投資を始められます。

そして、多数の投資家から集めた資金で投資を行うので、個人の少額投資からでも、分散投資が可能です。リスク管理の面からも、投資信託は初心者にやさしい投資といえます。

信託投資の難点

一方で、デメリットもあります。株式投資で発生するコストは売買手数料のみですが、投資信託の場合は、これに加えて「信託報酬」という費用を負担しなければなりません

信託報酬とは、株式を保有している間ずっとかかる、運用費のことです。運用をプロに任せている分、手数料がかかるというイメージです。

また、投資をプロに任せるとはいっても、元本保証はありません。どんなにベテランの投資家でも、失敗することはあるからです。このようなリスクは、投資をする際に避けては通れないものです。

投資信託のメリット・特徴投資信託のデメリット・リスク
  • 比較的に少額からでもできる
  • 分散投資をしているので、リスクを軽減しやすい
  • 詳しい知識がなくても投資ができる
  • 売買手数料以外に信託報酬が掛かる
  • ベテランの投資家でも、失敗することがある
  • 元本保証がない

+ 債券

「債券」とは、国や銀行、企業などが運営に必要な資金を借り入れるために、発行する有価証券のことです。投資家は、債券を買うことで発行元に資金を貸し、利息を得ることができます。

発行元の「資金調達」という意味では、株式と同じ意味合いを持ちます。しかし、株式と異なる点がふたつあります。

ひとつは、債券は購入時点で、利率や満期日が決まっているということです。ふたつめは、満期日に元本が返還されるということです。

債券投資では、投資家は発行元に「お金を貸している」形になるからです。これが、株式との大きな違いです。

債券の発行元にはさまざまな機関があります。発行元によって、債券の呼び名もかわってきます。代表的なものは、以下の5つです。

見出し

  1. 国債:国が発行する債券。その国が破綻しない限り投資家も損をしない、かなり安定した債券
  2. 金融債:銀行や中央金庫などの金融機関が発行する債券。現在では法人向けの金融債が一部発行されるのみ
  3. 社債:企業が発行する債券。社債から株式に途中で変更できるものもある(=転換社債)
  4. 地方債:都道府県や市町村が運営費を集めるための債券
  5. 外国債券:海外の国・企業の債券
債券のメリット・特徴債券のデメリット・リスク
  • 利率と満期日が決まっているので比較的に安定している
  • 満期日に元本が返還される
  • 個人で買える銘柄が少ない
  • 利回りが大きくない

+ 仮想通貨

ビットコインで一躍有名になった仮想通貨は、「インターネット上でやりとりされる通貨」です。

実体はないが法定通貨と交換できる

日本円のように特定の国家がその価値を保証している通貨を「法定通貨」といいます。法定通貨は、紙幣や貨幣など目に見える形で存在します。しかし仮想通貨は物理的実体がなく、インターネット上でやり取りされる「交換される媒体・電子データ」です。

そして特定の国家による価値の保証を持ちません。しかし仮想通貨は、日本円など法定通貨で行うほぼすべてのこと(交換、決済、送金、融資など)と同じことができます。そして、法定通貨と交換することも可能です。

2009年1月に仮想通貨である「ビットコイン」が配布され、同年10月に「1bit=0.00076ドル」という値段が付きました。それ以降、ビットコインという仮想通貨は少しずつ支持されるようになり、通貨としての「価値」を高めていきました。

仮想通貨の難点

このように「価値が変動する仮想通貨」は、新しい投資対象として注目されています。一方で、仮想通貨はまだ新しい概念のため、法整備が追いついていない面もあり、税制面が不透明な部分もあります。

ニュースにも取り上げられたように、サイバー攻撃によって仮想通貨の不正流出が起こったり、仮想通貨は誰でも発行できるため、詐欺通貨が横行している、という現状もあります。

仮想通貨のメリット・特徴仮想通貨のデメリット・リスク
  • 銀行を通さずに、個人で取引ができる
  • 取引の制限がほぼない
  • 1円以下から仮想通貨が買える
  • 法整備が追い付いていない
  • 税金の制度がまだ不透明
  • サイバー攻撃で通貨が流出してしまうことがある
  • 仮想通貨詐欺が横行している

+ 為替取引(FX)

為替取引は「FX(Foreign eXchangeの略)」とも呼ばれ、正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。FXは、異なる通貨の売買によって利益を期待する投資です。

日々、テレビのニュースなどで「本日は、1ドル=120円で取引されています」などと聞きますよね。これは通貨の価値を表しており、日本円と米ドルを交換するときの「交換レート」です。

このように、通貨の価値(=レート)は常に変動しています。この価値の変動に着目して、利益を得る投資がFXです。
FXの特徴は、大きく3つあります。

(1)少ない資金で大きな投資ができる

普通、投資では大きな利益を得るためには「大きな資金」が必要になります。しかし、FXでは手元の資金に「レバレッジ」をかけることで、何倍もの金額の外貨を取引することができます。

一般的な投資では、10万円の資金であれば10万円分の取引しかできません。しかし、10倍のレバレッジを使えば、取引できる金額が10万円の10倍、つまり100万円の取引ができるようになります

レバレッジをかけると、手元の資金の何倍もの金額を取引することができます。これがFX最大の特徴です。一般的に、レバレッジとリスクは正比例の関係にあるので、レバレッジをかければかけるほど、リスクは大きくなります

(2)不況でも利益が出せる

FXは、2つの国の通貨を交換する際、その価値が変動することを利用した取引です。そして株取引と異なり、「売り」取引からスタートすることができます。

そのため、今後の値動きが下がると予想した際にも、売り取引から始めて利益をあげることができます。

つまり、円高や円安、不況といったどんな相場においても、利益を期待することができるのです。

(3)金利によって資金を増やすことができる

FXは、外貨を売買して利益を得る以外に、2つの通貨の金利差によって利益を得ることができます。

たとえば日本の場合、金利(政策金利)は年0.1%です。しかしトルコの通貨(=トルコリラ)では、年24.0%という超高金利です。

このように、高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売るという取引をすると、2国間の金利の差額を利益として受け取ることができます。

この2国間の金利差のことを「スワップポイント」といいます。スワップポイントは、高金利の通貨を買い、持ち続けることで毎日付与されます。スワップポイントは業者によって異なるのでそこは注意が必要です。

以上のような3つの特徴をもつFX取引は、「少額で取引を開始できる」、「通貨ペアには限りがあるので、株式投資と異なり選択肢が狭く選びやすい」ということから、投資初心者におすすめの取引といえます。

FXはいつでも取引ができる

株式の取引時間は平日9:00~15:00(11:30~12:30を除く)であるのに対し、FXは24時間取引が可能です

特にFXのマーケットがにぎわう時間帯が、日本時間の22:00~2:00ということもあって、仕事が終わって帰宅したサラリーマンの方がFX取引をしやすいというのも、FXが広く受け入れられている理由です。

24時間取引可能なFXは、ひとりひとりのライフスタイルに合わせて、好みの時間に取引を行えます。また、スマホアプリで取引も可能なので、手軽に始めることができます。

FXのメリット・特徴FXのデメリット・リスク
  • 少ない資金で取引ができる
  • 円高・円安の状況でも利益を出すことができる
  • 金利差が利益として受け取れる
  • 24時間取引が可能
  • レバレッジが高ければ高いほどリスクが大きくなる
  • 通貨の価値は常に変動しているので突然暴落する可能性がある

投資のリスクとその対策について

リスクを抑える手段を確立させておこう

ここまで、さまざまな投資方法についてみてきました。積極的な資産運用としての「投資」ですが、どんな投資にも「リスクがあること」を忘れてはなりません。

資産運用に関することわざに、次のようなものがあります。

卵はひとつのカゴに盛るな

たくさんの卵をひとつのカゴに盛っていると、そのカゴを落としてしまったら、すべての卵が割れてしまいます。しかし、卵を別々のカゴに分けて盛れば、仮にひとつのカゴを落としてしまっても、すべての卵が割れてしまうわけではありません。投資もこれと同じです。

資金をひとつの金融商品にまとめて投資すると、大きなリスクを抱えてしまいます。ローリスク&ハイリターンという好都合な金融商品は存在しません。投資は、さまざまな対象に資産を分けて、リスクを分散させ安定度を得ることが大切です

その他にリスクを抑える方法

また、一度に全額を投資するのではなく、何回かに分けて投資したり、毎月一定額を積み立てるなど、投資する時間を分散させて、リスクを抑えるのも有効な手段です。

そして、自身の家計における状況から、投資にまわせる資金の額を、あらかじめ考えておくことも大切です。

資産運用はあなたの目的を実現するための手段です。目標があるからこそ、続けられるという面もあります。何のために資産運用を行うのか、いくら資産を増やしたいのか、目標を明確にしましょう。

そうすることで、自分に最適な投資を選択したり、とれるリスクやその対策について、具体的に考えることもできるようになります。

まとめ

ここまで、「投資とは何か」についてみてきました。「投資」に対するイメージは、あなたの中でどのように変化したでしょうか。

「投資」について興味を持った方は、今の生活が苦しくならないよう、無理のない金額の範囲で少額投資を始めてみてください。少しずつ、あなたのライフプランを実現する資産運用が、できるようになるといいですね。

それでは次に、FXについてみていきましょう。

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
外為オンライン
FX初心者の登竜門として人気のFX会社。豊富なセミナーなどのサポート力が人気の理由です!
無料セミナー
自動売買
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
低スプレッド低コスト!
SBIバナー
SBI FXトレード
業界最狭のスプレッドを誇るFX口座。最低取引は1通貨~、4円から投資できるのはSBIFXトレードだけ
低コスト
約4円から投資OK
スワップ人気
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
高性能チャートが大好評
GMOクリック証券【FXネオ】口座開設
GMOクリック証券
チャート分析が使いやすさ抜群なので、その為に持っておいても損はない口座の1つです!
高性能チャート
低コスト
VRトレード
キャンペーン

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-FXの税金

Copyright© FXのやさしい教室 , 2019 All Rights Reserved.