FX税金払ってる?今からでも申告すべき嫁より怖い税務署

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FX 税金

確定申告やってない人いませんか?

サラリーマンやOL、フリーターなど、会社から給料を貰っている方でも、FXで収入を得ている人は必ず確定申告をしましょう!

過去記事「負けてもやるべき確定申告!繰越控除で狙える4つの節税効果とは」でも紹介しましたが、たとえ1年の通算収支がマイナスだとしてもです。

とはいっても、申告時期はすでに過ぎてしまったし・・・今年は申告忘れたから来年しようだとか、なんとなく面倒だし税務署から連絡こないから平気ジャン?なんて思っていては大間違い!

少し前まではFXで利益を出してもばれない事もありましたが、年々税務署の取り締まりが厳しくなっています。

特に利益がでていそうな人を遡りで税金を徴収出来る5年ぎりぎりまで寝かしておいて、追徴課税ごとごっそりむしり取ろうと、虎視眈々と狙っているかもしれません。

 いまこの記事を読んで、「あ、私やばいかも」と思った人がいたら、今からでも遅くないので、今すぐ確定申告をしてください!

3月15日を過ぎても確定申告は出来ます。

確かに延滞税が加算される対象にはなりますが、納税額が5,6万くらいであれば1,2カ月申告が過ぎたからといって、延滞税を請求されることはないんですよ~。

今回は意外と知らないFXの税金について、詳しく説明したいと思います。

確定申告が必要な人

・副業の所得が20万円を超える人

・2箇所以上から給与をもらっている人で、主ではない給与が20万円を超える人

・1年間の給与収入が2,000万円以上

・給与のほかに同族会社から賃貸料や貸付金の利子等を貰っている人

簡単にまとめるとこの4区分に分けることが出来ますが、FXをサイドビジネスとしてやっている場合は、副業の所得が20万円を超える人に該当します。

アフィリエイトや株・FX、ネットオークションにフリーマーケットなど、給料以外の収入が20万円以上ある人は、必要経費を差し引いた金額が20万円を超えていないか計算してみましょう。

ちなみに勘違いされることが多いのですが、納税義務者は20万円以上の収入があった人ではありません。

「収入」-「必要経費」=「所得が20万円を超える人」

ということです。

そして20万円を超える人ですから、つまり20万円は課税対象者には入らないということも併せて覚えておいてくださいね。

副業をしていると税務署の書類に目を通すことも多くなるのですが、税務署の書類にはとにかくこの「以上」と「超える」、そして「以下」と「未満」を多く使っています。

以上は持って上がる。

超えるは、含まない。

以下は持って下がる。

未満は、その数字に達していない。

と覚えておくと、難解な税務署が発行している税の手引きも、読みやすくなりますよ。

確定申告 税務署

税金を申告しないとどうなる?

確定申告は税務署からお知らせがあるわけではなく、自らが申告しなければなりません。

つまり確定申告を「する」か「しない」の判断は、個人の判断となります。

がしかし!

もし確定申告をしなければならない人が、何かしらの事情で確定申告を怠った場合には、後日税務署からお尋ねがきます。

各FX会社は税務署へ年間の取引計算書を提出しなければならないので、そこで収入が20万以上ありそうな人はチェックされています。

しかしFXで勝っていそうな納税者がいても、税務署はすぐには連絡をしてきません。

追徴課税や延滞税が高額になるその時まで寝かせておき、数年後に「お伺い」という内容でお尋ねがくるのです。

そして家に税務署の人が来たり、また税務署に呼び出されたりして税務調査され、無申告であったり、申告した金額が少なかったり、虚偽が判明した場合には様々な理由をつけられ多額な加算税を課せられます。

確定申告 必要

納税者泣かせな加算税の種類

たかだか加算税と思うべからず。

なんだかよくわからないけど、沢山あります・・・。

過少申告加算税

期限内に申告書を提出した後、税務調査で指摘されて行った修正・是正申告により追加の納税額が出た場合に加算される罰金。

原則として、追加本税(1万円未満切捨)×10%ですが、期限内申告税額と50万円のいずれか多い金額を超える部分については、15%の割合で課税されます。

ただし当初申告していなかったことに正当な理由がある場合(税務署で事前に相談していてその証拠がある等)には、過少申告加算税は免除されます。

※2016年までは税務調査前の自主的な修正申告の場合には、この加算税はかかりませんでしたが、2017年から少しルールが変わっています。

<2016年まで>

税務署から連絡がある→税務署の人が来る前にあわてて申告→過少申告加算税はかからない

<2017年から>

税務署から連絡がある→税務署の人が来る前にあわてて申告→過少申告加算税はかかる

税務署から連絡がない→申告漏れをあわてて申告→過少申告加算税はかからない

なお過少申告加算税は、還付申告の場合にもかかりますので注意しましょう。

無申告加算税

確定申告しなかった場合に取られる罰金。

追加本税×15%ですが、納付すべき税額が50万円を超える部分については、20%の割合で課税されます。

しかし以下の場合は、免除もしくは減額されます。

・正当な理由がある場合

・期限後申告書を2週間以内に提出し、全額を期限までに納付し、かつ、期限後申告書提出日の5年前までにその税目について無申告加算税・重加算税を課されたことがない場合

・自主的に期限後申告をした場合には、5%に軽減

延滞税

税金の納付が遅れたことによる利息と思ってください。

申告加算税に加えて延滞税もかかるってことですね。

借金で例えるなら返済が遅れた場合に発生する遅延損害金が無申告加算税で、利息が延滞税でしょうか。

延滞税の割合は毎年更新されますので、必要があれば都度国税庁ホームページで確認してくださいね。

重加算税

事実の隠ぺい・仮装により申告している場合に、悪質な案件と税務署が判断した場合に課せられる罰金で、一番重たい税金ですね。

  • 過少申告加算税に代えて課される場合:35%
  • 無申告加算税に代えて課される場合:40%
  • 不納付加算税に代えて課される場合:35%

と、納税額が大きく膨れ上がります。

延滞税を計算してみよう。

難しい話はここまでにして、以下の条件で税金を計算してみます。

・H28年度にFXで得た収入をすべて所得とした場合(経費なし)

FXで得た収入・・・32.5万円

FXの必要経費・・・0円

H28年度で納付しなければいけない所得税は、5万円です。

・上記条件で自ら修正申告を行った場合(税務署からの連絡なし)

税金 計算

<加算される税金>

・無申告加算税・・・0円

・延滞税・・・0

ですが、H29年12月9日までに自分から修正申告すれば、延滞税は1000円以下で切り捨てされ1円もかかりません。

あくまでも納税額は5万円です。

しかしH29年12月11日以降は1,000円となり、納税額は51,000円となります。

税金 延滞税

・所得32万円を税務調査まで5年間放置した場合

<加算される税金>

・無申告加算税・・・約8,000円

・延滞税・・・約7,000円

この税額に基本となる納税額50,000円が入りますので、およそ65,000円の納税額です。

これに住民税が10万円ほど請求されるのも忘れないようにしましょう。

しかし追徴課税がくるケースだと、税金が1年で済むことはないと思いますので、これに最悪の場合4年分の追徴課税が加算されることになります。

今年からマイナンバー制度も導入されましたので、これから先は今よりも納税状況がより明確化されていくでしょう。

確定申告する気になったら白色申告を

白色 確定比較的簡単に申告を済ますことが出来る白色申告をしましょう。

事前準備が出来るようであれば、節税対策としてとても有効である青色申告という手もありますが、まず申告期限後の申請は青色では出来ませんし、青色申告をする場合事前に税務署の申告許可が必要です。

FX取引の場合、青色申告の承認は厳しいと思いますし、青色申告をするということは税務署の目に常に留まるということですので、無駄な税務調査を誘発することにもなりますので、よほどの収入がない限り白色申告のままで良いと思います。

白色申告

提出する書類は以下の通りです。

・収支計算書

・確定申告書

収支内訳書に必要経費を明記していくわけですが、必要経費として記載するものは全て領収書などを保管しておきましょう。

支払いをした証拠となる書類がない場合、後に税務調査が入ったら一発アウトで罰金を取られます。

ただの追徴課税であればいいですが、悪質だと思われてしまっては重加算税を課せられてしまう可能性もありますので、証拠のないものを記載してはいけません。

支払いを証明する書類とは

白色 領収書一般的には領収書ですが、領収書がない場合次の書類でも代用できます。

・レシート

・通帳

・クレジットカード明細

レシートは領収書と同じ扱いなのであえて説明しませんが、レシートの場合領収書よりもさらに詳しく購入した品物が記載されています。

100%問題ない品物ばかりであれば、レシートを保管しておけばいいですし、レシートに記載されているもののうち、一部を経費にしたければマーカーなどで印をつけてその品物分だけを経費にのせることも可能です。

但し経費で落とせるか微妙なものを購入してそれを経費で落としたいと思った時は、領収証を切ってもらったほうがいいでしょう。

通帳は落としたい経費が引き落としや振り込みされている証拠になりますし、クレジットカード明細も経費出費の証拠となりますので、請求明細書をプリントアウトして落とす経費にマーカーなどで印をつけて保管します。

保管の方法は、ノートに証拠の紙を糊付けしておき、いつの申告につかったものか年度を記載しておけばOK。

最低でも5年間、出来れば7年間保管するものなので、年度ごとにきれいに整理しておくと税務調査の時でも安心ですよ。

FXで落とせる必要経費

白色 経費この記事の冒頭で、収入から経費を引いた金額に税金がかけられるお話をしました。

では経費を沢山付けることが出来たなら、納税額はとても少なくなりますよね。

しかし領収書があればどんなものでも経費に計上出来るというわけではなく、それぞれの収入と整合性がある経費しか認められないのです。

例えばヤフオクで洋服を売ったとしたら、洋服購入代と梱包資材代は問題なく経費に出来ます。

洋服を送料込で売った場合は、その送料も入れることも出来ますが、梱包資材を買いに行く際におなかがすいてマクドナルドでハンバーガーを食べた場合、そのハンバーガー代は経費として落とすことが出来ないですよね。

このように税務署が一見して、「ありえないな!」と怪しまれる経費は落とさない。

これは確定申告をする上での、鉄則です。

その観点からFXで落とせる経費を精査してみると、以下の項目なら問題なく落とせそうですね。

<100%経費に出来るもの>

・FXの本

・FXセミナーの参加費

・FXセミナーに行った際の交通費

<100%か50%か、利用頻度によるもの>

・FX用パソコン(スマホ・タブレット)

専用機であれば100%経費にできるが、PC内のソフトなどはFXに使うものしか入れてはいけません。

少しでも趣味などで使うようであれば、50%に按分して費用にしておきましょう。

<20%で経費に出来るもの>

・家の電気代

<経費に出来ると思われるが、あげないほうがいいもの>

・FX仲間との食事代

FX仲間との食事は、情報交換したという名目があれば経費に落とすことは可能です。

しかしFXの収支明細書に交際費で経費が上がっていた場合、税務署の人が申告書を見た時、「おや?」って目に留まるとおもいませんか?

「おや?」って思われてしまっては、その後「領収書見せてください~」ってきてしまうフラグが立ってしまうので、来てもらっては困る場合は経費にしないほうがいいです。

「いや、私は簿記2級もっているから、税務署きても大丈夫だ、きっちり説明出来る!」と経費という観点で税務署と話が出来るスキルがある人は、強引に落としてしまってもいいですね。

FXの所得が少額であれば安心か?

確定申告 しようFXの所得が少額であっても、税務署からのお尋ねはきます。

先ほど延滞税の計算を載せましたが、例え所得が32万円で納税額が5万円であっても5年間眠らせればそれなりに、税務署の実になるわけです。

税務署の人たちは、どれほど税金をむしりとれるかで昇給が決まるという話もあるので、30万であろうが、所得がマイナスであろうが、奴らは来ます。

こんな理由もあるのでFXの所得がマイナスであっても申告しておいたほうがいいというのが、私の持論です(詳しくは「負けてもやるべき確定申告!繰越控除で狙える4つの節税効果とは」を読んでくださいね)。

最近はFXや副業に対する税務署の取り締まりも厳しくなりましたので、申告しないでやり過ごすという選択肢は難しくなりました。

所得があれば所得税を払う。

贈与されれば贈与税を払う。

相続すれば相続税を払う。

と、対価を受け取った以上税金を払うのは義務ですので、ジタバタするより速やかに税務署にいって確定申告をしましょう。

確定申告書の書き方がわからない人は、資料一式もって税務署へかけこめば、丁寧に教えてくれる、もしくは書いてくれる人もいますのでオススメですよ。

間違いの申告書を提出して修正の手間を考えるより、直接見てもらった方が安心ですからね。

そして来年は、期限内にきちんと確定申告しましょう!

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。

コメントを残す