【FXレバレッジとは?】危険!利益と損失を25倍にする<諸刃の剣>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FX レバレッジ

FXの最大の特徴と言えば、レバレッジです。

レバレッジとは、手持ち資金の最大25倍の取引ができる仕組みです。

例えば、投資金が1万円の場合、25万円分の取引ができ、少額でも大きな利益を狙うことができるのです。

この仕組みはFXだけのシステムであり、しっかり理解していないと、FX投資で失敗してしまう原因になりかねません。

メリットにも、デメリットにもなってしまうレバレッジですが、仕組みや注意点を理解しておけば、さほど怖いものでもありません。

レバレッジをもっと深く理解して、低資金でFXを始めたいな!

FXレバレッジの仕組み

引用:みんかブルトレードパートナーズ

FXでレバレッジを使えば、実際にあなたが持っているお金の最大25倍分の取引ができます。

てこの原理」のように、少ないお金で大金を動かせるのです。

このように自分の資金の何倍ものお金を動かすことを、「レバレッジをかける」といいます。

FXでは取引をする際、FX会社で口座を開き、そこに入金して初めて取引ができます。

株取引の場合は、この口座のお金だけでトレードを行いますが、FXの場合は少し異なります。

口座に入っているお金を担保(保証金)にして、最大25倍の資金を動かせます。

つまり、自分のお金を担保に架空の資金をつくってトレードするようなイメージですね。

自己資金よりも多くの額で取引できますし、さらに人から借金する場合と違い、いくらレバレッジをかけても金利を払う必要がありません

無料で元手を「水増し」できる、これがレバレッジの仕組みです。

FXレバレッジはかけた方がいい?

レバレッジの活用の仕方!

このシステムを聞くと、明日からでもレバレッジMAXで取引したいくらい魅力的に思いませんか?

レバレッジをうまく活用すると、自分の元手を何倍にも膨らませてFX取引をすることができるので、大きなメリットになります。

10万円で投資をするケースと100万円で投資をするケースを比較すれば、100万円で投資した方がリターンも大きくなります。

たとえば、元手の10%の利子がつく投資を想定してください。

投資金額が10万円の時は、利子は1万円しか付きませんが、元手が100万円になると、10万円の利子が付くことになりますよね。

元手が大きい方が、より大きく稼げるわけです。

FXの儲けポイント「スワップポイント」と「為替差益」については「FXの2本柱、為替差益とスワップポイントとは!」で説明しましたが、運用資金が大きければこの2つの利益も大きくなります。

レバレッジを使えば、25倍儲かるから使わない手はないよね!
ただ、少しの相場変動でも強制決済されますから、初心者はレバレッジを3倍くらいに抑えた方がいいですよ!

FXレバレッジは慎重に!知っておきたい注意点2つ

レバレッジで重要なのは注意点

レバレッジのメリットを説明してきましたが、状況によってはそのままデメリットになってしまいます。

結論から言うと、レバレッジのデメリットを把握せずにFX取引をすることは、非常にリスクが高く、危険な行為です。

FXとレバレッジは切っても切れない関係なので、その注意点とリスクもしっかり把握しておくことが必要です。

損失額も大きくなる?

高倍率のレバレッジをかけると、1万円で100万円分のドルと交換することができますし、最大500倍のレバレッジをかけることができるFX会社もあります。(海外のFX会社のみ)

500倍のレバレッジをかけたトレードは、1万円で500万円分の投資をしていることになります。

1万円投資するより500万円投資した方が儲けが大きくなるのは先ほど説明した通りですが、同時に損失を出すリスクも500万円分になることを忘れてはいけません。

また海外のFX会社は、レバレッジが高く魅力的に思えますが、日本のFX会社と異なり、国の申請が下りていなくても良いため、詐欺などに合う確率が非常に高いです。

500万円のレバレッジは魅力的ですが、日本のFX会社を使うようにしましょう

予測が当たった時の利益も大きくなりますが、予測が外れた時の損も大きくなることこそ、レバレッジの怖いところです。

そしてレバレッジのメリットとして「架空のお金でトレードしているようなもの」と説明しましたが、まさにこれがデメリットなのです。

自分のお金で損をしてもその分減るだけですが、レバレッジをかけて架空のお金を使って投資をしている時は、損が出た分「架空の資金」についても埋め合わせをしなければいけません。

【例えば】

元手1万円に10倍のレバレッジをかけて、1ドル=100円で米ドルを買うとします。

この場合、レバレッジを10倍にしているので、1万円で10万円分の米ドルを持つことになります。

1ドル=100円だから、1,000ドルですね。

ここで円高が起きてしまったとき、持っている1,000ドルの価値はどのようになる?

円が高くなって1ドル=99円になった場合、持っている1,000ドルは99,000円になってしまいます。

円高になったことで、1,000円の損が発生したことになりますね。

ここで重要なのは、単に1,000円損したということではなく、円高になっただけで元手の一部を失ったということです。

レバレッジを10倍にすると、利益だけでなく損失も10倍になってしまいます。

これがレバレッジの怖いところです。

そっ損失が10倍に!?どうしようっ
そうならない為に、レバレッジは負える損失額の範囲内までにしましょう

レバレッジが大きいと、すぐ強制決済(ロスカット)されてしまう

ハイリスクに注意!

レバレッジをかけると、利益も損失も大きくなることは理解していただけましたか?

「ハイリターン」を求めれば、常に「ハイリスク」です。

レバレッジを大きくすると、少しの相場変動で強制決済されてしまい、相場が元のレートに戻るまで待てなくなってしまいます。

反対にレバレッジが低い場合は、少しの相場変動では強制決済されないので、相場が戻るまで待つことができ、利益を出せる可能性が出てきます。

つまり、レバレッジが大きいと、中・長期的な取引ができなくなります。

【ポイント】 初心者は、FXに慣れるまで低レバレッジで取引しましょう!

高レバレッジは損失が出る可能性が高くなる?

しかしこの「含み損」で注意すべき点が、FXで高い倍率のレバレッジをかけていると、自分の相場分析に沿った損切りポイントが持てなくなり、損切りポイントに到着する前に強制決済される可能性が高くなることです。

ある程度の含み損を考え、プラスに転じるのを待つということができなくなります。

レバレッジをかけている時は、架空の資金を設定してトレードしています。

そのため仮に失敗して損失が出た場合、その失った架空の資金も埋め合わせしなければいけません

自己資金だけでトレードしているのであれば、自分の元手がなくなるだけなので問題ありませんが、FXでレバレッジをかけて「架空の資金」を運用している場合、その人の全財産以上に負けてしまう可能性もあります。

そうなると損失の埋め合わせができず、最悪のケースでは自己破産に追い込まれるケースもあるのです。

この架空の資金が大きくなりすぎないように、注意しないとダメなんだね
自己資金以上の損失になる前に、強制決済(ロスカット)があるから、基本的には安全ですよ!

損失が大きくなってくると、役に立つのがロスカット

FX会社は「あなたの自己資金が危険」と判断した段階で、強制的に取引を終了させてしまいます。

これを「ロスカット」といい、FXトレーダーの資産を守るための仕組みです。

しかし証拠金維持率がFX会社の定める、あるボーダーラインに到着すると強制的に取引を終了させるため、やがて円安になるというタイミングを待つことができません。

これが「儲かるタイミングを待てない」ということです。

仮に25倍のレバレッジをかけていると、自己資金(本当に持っているお金)が運用額の1/25倍(4%)しかないため、相場が4%円高になった瞬間に自己資金分がなくなります。

ここで取引は終了となり、この直後にどれだけ円安になっても、もう意味がありません。

レバレッジが低いと勝つチャンスが増える?‐FX初心者はレバレッジ1~3倍で!

相場は上がったり下がったりしているので、ロスカットを避けられ待つことができれば、利益は出る可能性も増えてきます。

レバレッジを低くしていると、勝った時の利益額は小さいですが、勝つチャンスは増え、円安になったタイミングで売ることができます。

コツコツ稼ぐのもいいけど、やっぱりドカンと稼ぎたいな、レバレッジ高くして大きい利益を狙うぞ!

しかし逆にレバレッジが高いと、極端な話「円高に絶対なってはいけない」ということになります。

円安になれば利益が出ますが、その前に円高になってしまったら、ロスカットが行われ、その段階で利益を得ることはできなくなります。

ちなみに「取引を開始してから絶対円高にならない確率」は非常に低いです。

うまく円安になるタイミングを掴むのも難しいのに、レバレッジを高くしてしまうと、さらに「円高になる前に円安にならなければならない」となり、制約条件が追加されます。

あれっレバレッジが高いと稼ぐのが難しくなる…!?
そうなんです、儲かる確率を下げてしまうのです
ですから、FX初心者はレバレッジ1倍~3倍で始めて、慣れてきたら5倍、10倍と増やすようにしましょう!

 

【注意点】

ハイレバレッジでトレード

  • 短期のトレード(デイトレード)で損切りをしっかり設定する。

中長期トレード(スイングトレード)

  • レバレッジを低くしておき、ある程度の円高にも耐えられるようにしておく。

FXレバレッジの倍率別、必要証拠金は?

レバレッジで必要証拠金が少なく済む

【1ドル=100円の場合】

証拠金レバレッジ取引可能額1ドル101円になった場合の利益
10万円2倍2000ドル(20万円)2,000円
5倍5000ドル(50万円)5,000円
10倍1万ドル(100万円)10,000円
20万円2倍4000ドル(40万円)4,000円
5倍1万ドル(100万円)10,000円
10倍2万ドル(200万円)20,000円
50万円2倍1万ドル(100万円)10,000円
5倍2.5万ドル(250万円)25,000円
10倍5万ドル(500万円)50,000円

このようにレバレッジの倍率によって、用意する証拠金が少なくて済み、損益も変わってきます。

資金に余裕が無い方が高レバレッジで取引する場合、良い方向に転ぶと利益が多くなる分、悪い方向に転ぶと損失も大きくなってしまいます。

失敗する方の多くはFXをギャンブル感覚で取引してしまい、初めから大きいレバレッジで賭けがちです。

しかしFXは投資であり、ギャンブルではありません。

 

FXでの勝利を増やすためには、FXを投資と捉えて

リスクを減らし、勝てる確率を上げることがポイントです。

FX初心者や資金が少ない人でも、リスクヘッジしながらなら、十分に稼ぐ事ができるんだね!
仮想の通貨を使って、実際のFX取引ができる、デモトレードで練習するのもオススメですよ!

FXレバレッジが最大25倍から10倍になる?

最大10倍でもリスク回避して稼げる!

現在国内のFX会社では、レバレッジは最大25倍と規定されています。

ところが2018年4月、年内にもレバレッジが最大25倍から10倍に引き下げられる可能性があると発表されました。(以下産経新聞引用)

為替変動リスクが大きい外国為替証拠金取引(FX)について、金融庁が元手の何倍まで取引が可能かを示す「証拠金倍率」の上限を年内にも現在の25倍から10倍まで引き下げる検討に入ったことが29日、分かった。これまでは100万円の元手があれば2500万円の為替取引が可能だったが、規制強化が実現すれば上限が1千万円まで下がるため、投資家が流出する可能性もある。

国内の最大レバレッジが10倍になっても、初心者からすれば立派なハイレバレッジで、大きなリスクになり得ます。

10倍になっても実際にFX初心者は1~3倍でのレバレッジで始めることをオススメします。

また、規制されているのは国内だけで、海外のFX会社を使えば、100倍、400倍、中には500倍というハイレバレッジでトレード可能です。

ただし、海外のFX会社は詐欺が多く、出金できなかったり、途中でサイトがなくなったり、トラブルが多いので危険です。

レバレッジ10倍での取引は、リスク回避を考えても十分に稼ぎを出せます。

FX初心者や資金の少ない方は、予想と外れた時に、あまりにも払えない金額にならないよう注意さえすれば、しっかり稼げます。

FX初心者にもオススメできる、FX会社は次の3つです!人気の会社で、まずは始めてみましょう!

ロスカットを考慮した、FXオススメ会社3選

レバレッジを考慮してFX会社を選ぶ場合、ロスカットは1番気にしなければなりません。

また、ロスカットの前にメールで危険を知らせてくれる「マージンコール」という仕組みがあります。

FX会社を選ぶ際に重要なことは、マージンコールとロスカットの水準に余裕があるかです。

証拠金が100%を下回った時にマージンコールをしてくれ、かつ実際に証拠金が50%を切った際にロスカットされるので、対応する時間に余裕があり、より安全なのです。

後に載せている2つの比較表から、重要点ををふまえている下記の3社が特にオススメなFX会社です。

1.国内第1位の65万口座突破!人気の取引ツールも完備:DMMMFX

DMMFX

 

2.1,000通貨から取引可能!手数料も安い:YJFX!

YJFX

 

3.FX取引高7年連続で世界No.1!高水準のスワップポイント:GMOクリック証券

 bk61z

FX 会社別ロスカットライン比較表

FX会社⇩ロスカットライン⇩
証拠金維持率100%未満
証拠金維持率20%未満
証拠金維持率50%以下
証拠金維持率50%を下回ったとき
個人口座:証拠金維持率50%未満
法人口座:証拠金100%未満
証拠金維持率100%未満

ロスカットアラート・マージンコール・追証の水準比較表

FX会社⇩ロスカットアラート水準⇩
無し
無し
証拠金維持率70%未満
証拠金維持率100%を下回ったとき
個人口座:証拠金維持率100%未満
法人口座:150%未満~100%以上
証拠金維持率200%を下回ったとき

FXレバレッジのまとめ‐不安ならデモ口座を

レバレッジでうまく稼ごう!

  • レバレッジを使うと少ない資金でFXを始められる
  • レバレッジを使うと稼げる金額が大きくなる
  • レバレッジが高すぎると、メリットがデメリットになってしまう場合がある
  • 初心者はレバレッジ1~3倍で始めよう
  • ロスカットに注意

ロスカットや高すぎるレバレッジに注意さえすれば、実際にレバレッジをかけると元手の最大25倍稼ぐことができます。

FX初心者の方はレバレッジを使うことを不安に思うかもしれませんが、初めから無茶をしなければ基本的には大丈夫です

また、それでも不安に思う方は、各FX会社にあるデモ口座を使うといいでしょう。

先ほど紹介したDMMFXYJFX!GMOクリック証券にはデモ口座も用意されているので、試すことができます。

また、FXの口座開設をしたからといっって、すぐに取引を始める必要はありません。

ですから口座開設したFX会社で、チャートがどのようなものか確認してから使うことができます。

少額で大きく稼げるレバレッジですが、設定に気を付けてあなたに合った取引をしてくださいね!

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る