【スプレッド】知らないとFXで損をする!初心者が知っていくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
fx スプレッド

スプレッドとは広がり・幅・広さを意味するスプレッドですが、 FX では「売り値」と「買い値」の差を意味します。

FX を始めたばかりの時期だと、少し難しい専門用語ではありますが、スプレッドをしっかり理解することがその後のトレードの勝敗を決めると言っても過言ではありません。

今回は利益に直結するスプレッドについて、わかりやすく説明したいと思います。

FX におけるスプレッド

スプレッドとはFX において使われているスプレッドとは、 FX 業者を通じてトレードを行う時に発生する買い取引時の為替レートと売り取引時の為替レートの差を「スプレッドと呼んでいます。

どんな取引であれ FX 業者を使う以上強制的に搾取されますので、私たちが支払う FX 業者への手数料的なのようなものと理解してください。

スプレッドの仕組み

まず誰でもわかり易いように、一般的な通貨「米ドル/円」で説明してみましょう。

米ドル/円で取引しようと決めた時、まず最初にFX 業者が公表している「米ドル買いと米ドル売りの為替レート」をチェックすると思います。

しかしこのレート、各FX業者微妙に違っており、実は実際の為替レートに対して約 0.3 ~ 1 銭を上乗せしたレートで公開されているのです。

何故0.3〜1銭の開きがあるかと言うと、この部分はFX業者が儲けとして取りたい部分なので、各FX業者とも設定する数字が様々だからです。

そしてこの上乗せをスプレッドと呼んでいます。

つまりトレードの流れは次のようになります。

米ドル / 円を買う時はスプレッドの乗ったレートで買い、売りから入るときは上乗せされた買いの為替レートで決済しますから、 FX 取引をする以上絶対についてまわる必要経費だと認識しておきましょう!

そして要注意ですが、このスプレッドは買いレートにだけ上乗せされているわけではありません。

選ぶFX業者によっては、売りと買いの両レートに上乗せしていることもありますので、スプレットで口座開設を選ぶ際は、スプレッドはいくらなのかをしっかり把握しておきましょう。

銀行でのスプレッド

スプレットはFX 業界だけに導入されているシステムではありません。

同じように為替を扱う銀行もまた、買値と売値に差をつけています。

※銀行で外貨預金をする場合

TTS(Telegraphic Transfer Selling rate) :円を外貨に両替する為替レート

TTB(Telegraphic Transfer Buying rate) :外貨を売り円へと両替する為替レート

この 2 つが設けられています。

もちろん各銀行によって為替レートは異なっていますが、一般的に良く取引される米ドルは、どこの銀行も大抵仲値よりも TTS+1 円TTB-1 円で設定していることが多いです。

つまり銀行を仲介して外貨預金で資金を運用する場合、 FX でいうところのスプレッドはドル円往復 2 円となりますが、 FX の場合、どんなにスプレッドが高い FX 業者であっても往復 1 銭前後が相場なので、なんと銀行のスプレッドは FX の約 200 倍ってことになります!

FX 会社の手数料無料を謳う理由

スプレッドとは買い取引時の為替レートと売り取引時の為替レートの差で、「 FX 会社の取引手数料」みたいなものという説明は先ほどしました。

しかし FX 業者のサイトを覗いてみると、殆どの業者が「手数料無料!」と謳っています。

ここで大変な矛盾を感じてしまうのは、私だけではないはず。

そもそもスプレッドとは取引手数料のようなものであって、厳密に突き詰めるなら手数料ではない・・・あくまでも買い取引と売り取引時の為替レートの差、それ以上でもそれ以下でもないということ。

一般的に手数料と解釈されるものは次の通り。

取引手数料 

口座維持手数料 

出金手数料

システム使用料 

情報利用料

上記手数料が無料なので、 FX 業者は手数料無料と謳え、そして取引手数料が無料だから、スプレッドは 0PIP とはならない。

逆説的ではありますが、このような理屈が考えられますね。

なぜスプレッドは変動するのか

為替レートは常に動いています。

FXの取引ツール上に表示される為替レートは、実際に銀行間で取引されているレートに、各FX業者が自社の定めるスプレッドを上乗せして公開しているから、各社微妙にレートが違うことは、イメージ出来たと思います。

私たちはトレードをする時、FX業者に発注をかけますが、FX業者を通じてダイレクトに通貨を買っているわけではありません。

実際の発注の流れはこうなります。

投資家:発注 → FX業者(スルー) → インターバンク市場に参加するカバー先:最良の価格で約定

為替市場とは、銀行間の取引によって形成されています。

その銀行間の取引市場がインターバンク市場、この市場で決まった為替レートをインターバンクレートと呼び、インターバンク市場では、複数の銀行が同時並行的に売買を行っているので、レートも複数あります。

FX業者はトレーダーの注文を受けると、発注を受けた通貨を提携している複数の銀行をチェックし、トレーダーに有利なレートを選んで発注を確定させているのですが、あまりにも変動が大きすぎるとその作業が間に合いません。

そこにスプレッドを挟むことで、FX業者は相場の変動が大きくなったときにスプレッドを拡げれば、損失リスクを防ぐことができる!という、保険の役目も担っているんですね。

という事情からFX業者は必ず複数の銀行をカバー先としてもっているのですが、カバー先の銀行数が少ない業者ほど、予想のつかないスプレッド幅になる可能性があります。

怖いですね、ええ本当にカバー先が少ないと怖いですよ・・・。

スプレッド幅から見る取引の比較

スプレッドの拡がり、たかだか pips と思うかもしれませんが、リアルトレードしている場合、地味~に来ます。

結構痛いフックなので、いまいちしっくりこない方の為にこのスプレッドの差について、実際に計算してみたいと思います。

取引条件:米ドル / 円  1 万通貨

  スプレッド 取引数量 コスト
A社 3銭 10,000通貨 300円
B社 0.5銭 10,000通貨 50円

こうして A 社と B 社を比較してみると、取引に必要なコストに 250 円の差がでています。

この 250 円を貴方はたかが 250 円と思いますか?

それとも 250 円もかかるのか!?と驚きますか?

たかがされどの 250 円ですが、 FX 取引において 1 回のトレードでこの 250 円を稼ぐことは容易ではありません。

それに FX トレードは慣れてくると一ヵ月の間に何度も取引を繰り返しますので、 1 取引毎にこの金額を搾取されていると考えた場合、かなり大きな出費になってきます、ほぼ確実に。

ちなみに 今は1 万通貨でお話をしていますが、仮に 10 万通貨や 100 万通貨のトレードを行うようになればその差はもちろん 2500 円 25000 円と広がり、 FX 業者に支払うべき費用も大きなものになってきているでしょう?

スプレッドが広いってことは、それだけでもうスーパー不利なんです!!

そう考えると、やっぱりスプレッドは少しでも狭いほうがいいですね。

スプレッドは原則固定?

原則固定スプレッドは取引時間や混雑具合によって変動するのですが、それを FX 業者は「原則固定」と呼んでいます。

原則固定スプレッドとは読んで字の通りで、「原則的に固定スプレットである」ということで、原則であって完全固定ではないということ。

いくら公式サイトでスプレッド 0.3 銭と明言していても、いざ取引をしてみるとなんか 1.5 銭まで拡がっている・・・なんてケース、大いにあります。

特に重要な経済指標の後などは歴然で、拡がる理由は先ほどインターバンク市場にて説明した理屈の通り。

週始めの月曜日の朝など流動性が著しく低下するときも、スプレッドが拡がる傾向にあるので注意しましょう!

窓狙いでポジションに飛びついたら、スプレッドの拡がりに涙目・・・なんて事態にならないようにしてくださいね。(よくあること)

スプレッド 0 銭の罠

各社で違うスプレッド新規顧客を獲得しようと、FX 業者の競争も日々厳しさを増しています。

加熱したサービス競争により、最近では「スプレッド 0 」を謳うFX 業者まで現れてきました。

スプレッド 0 銭とは、文字通り為替レートの買値と売値の差額が 0 であることを指します。

通常スプレッドがある場合だと、エントリーした時点は数pips(スプレッド分)マイナスからのスタートですが、スプレッド無料だとエントリーした後 1pips でも相場が所定の方向に動いてくれれば利益が発生することになります。

しかしスプレッドはFX業者の大事な儲けの部分。

これを削ることでFX業者は企業として成り立つのかと思うかもしれませんが、仮にFX業者はスプレッドで利益を取ることが出来なくても、スワップポイントで補填することが出来るので、FX業者はさほど損をしない仕組みになっているのです。

何故ならFX業者が利益を得る場所は、いくつもあるから。

わかり易い場所で例えるなら、まずスワップポイント

スワップポイントはニューヨーク市場クローズ時点でポジションを保有している限り、毎日付与(または徴収)されるものですが、FX業者はこの一部を回収して儲けに充てることも出来ます。

もちろん一部を儲けに充てると、他の業者と比べてスワップポイントが低くなりますが、スプレッドを気にする人は短期トレーダーが多く、スワップポイントを狙った中長期トレードをする人は少ないので、さほど目立つ搾取にはなりません。

またスワップポイントではない場所では、強制ロスカットの際に儲けを徴収するケースもあります。

目に見える手数料をカットし、目に見えない箇所にその費用を付け替えることはいくらでも可能なのが、FX業者の強みといえるところでしょう。

ですから「スプレッド 0銭 」だからといって、手数料が安い!と飛びつくのではなく、実際に使ってみて差し引かれる手数料に違和感がないかをしっかり検証するようにしましょう。

しかしそれでも、スプレッド0銭という宣伝はとても甘く、口座開設の客寄せには絶大な効果があると思います。

沢山のトレーダーを集客出来れば、スワップポイントやロスカット費用に上乗せをしなくても、普通の設定で利益を確保することは出来ますので、スプレッド 0 銭は FX 業者にとっても大きなメリットとなるようですね。

但しスプレッド0はあくまで原則固定なので、経済指標後など一般的にスプレッドが大きく拡がる時は、同じく拡がりますし、またスリップで発注不能になるケースも考えられますので、十分に注意しましょう!

「銭」と「pips」の違いってある?

銭かpipsスプレッドの単位には「銭」もしくは「pips」が使われますが、銭は円の1/100単位のことで、pipsも通貨最小単位の1/100を意味します。

日本円は最小単位1円の1円×1/100=1pipとなるため、つまり銭とpipsは同じです。

しかし、ここからは注意が必要!

米ドル/円であれば、銭=pipsと思って問題ありませんが、ユーロ/米ドルのように日本円を介さないケースの場合、銭だといささか難しくなります。

<pipsの考え方(米ドルの場合)>

米ドル最下位単価:セント

1pips=0,01セント

1ドル=100セント

1pips=0.0001ドル

つまりユーロ/米ドルのスプレッドが2pipsとあったとすると、スプレッドは「0.02セント=0.0002ドル」ということになります。

このスプレッドを銭で表そうとすると、為替レートを鑑みるため「1pip=1.14銭」などとその時の相場を代入しなければならず、2pipsのスプレッドも「2pips×1.14銭=2.28銭」とか・・・ほら、なんだか難しい話になってきたでしょう?

だから日本円を介している通貨は「銭」で全然OKですが、日本円を介さない通貨はpipsのほうを使っているんですね。

中には銭とpipsが混合するとわかりにくいという理由から、すべての単位をpipsに統一するFX会社もあるので、銭は日本円に特定されている通貨単位と思っておけばよいでしょう。

ちなみに0.01= 1pipという考え方は日本円だけで、米ドルなど他の通貨は0.0001= 1pipと単位が小さくなっているので注意してくださいね。

米ドル/円:小数点第2位から1pips

ユーロ/米ドル:小数点第4位から1pips

これさえ覚えておけばpipsのカウントはバッチシです!

初心者にはスプレッドの低いFX業者がオススメ!

FXおすすめ

スプレッドが安くても、他で搾取されているかもしれませんから気をつけてくださいね!というお話を少しさせていただきましたが、それでもやっぱり初心者にはスプレッドの低いFX業者がオススメです。

特に米ドル/円は、どこのFX業者も最安値のスプレッドで勝負していますので、初心者はトレードし易いと思います。

ポジションを取ってなかなか含み益に変わらない場合、とても不安になってしまいますから、含み損の時間が少ないという点で初心者へ与える精神的プレッシャーも低くなるのではないでしょうか。

スプレッドでオススメのFX会社

YJFX!

米ドル/円が0.3銭の原則固定です。

スプレッドが安いことも魅力ですが、アプリなどツール関係も使いやすいと評判なので、初心者には是非使って頂きたいFX業者だと思います。

YJFX!はいま人気のシストレも優秀なので、シストレから入ってみるのもありですね。

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。