【体験レポ】SBI FXトレードで実際に取引してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SBI FXトレード

今回はSBI FXトレードを実際に使ってみましたので、そのレビューをしたいと思います。

これからFXをはじめようとしている方も、そうでないかたも、口座を開設していない方は結構気になってる方も多いのではないでしょうか、今回紹介するSBI FXトレード。

あえて結論から先にいわせていただくなら、私のような少額投資を専門としてるトレーダーや、少額利益を狙う方にはかなり使いやすい口座ではないかと思いますよ!

ではさっそく気になるSBI FXトレードの使い勝手を、一つ一つ見ていきましょう。

SBI FXトレード最大の売りは通貨単位

これ、やはりSBI FXトレードはここからです。

SBI FXトレードが声を大にするほどのセールスポイントとしているように、このFX業者はなんと1通貨単位からの取引が可能です。

もちろん、1通貨単位からでも取引の手数料はかかりません。

これは衝撃です。

他のFX業者にはまずないサービス、SBI FXトレード独自のサービスといってもいいでしょう。

FXの取引通貨の話になると、必ずといっていいほど引き合いに出される米ドル円の1,000通貨単位は、初心者が入門編としてトレードするのにうってこいの通貨ペアです。

そしてこの通貨ペアで1,000通貨単位を取り扱っているFX業者は、どこの業者もそれをここぞとばかりのセールスポイントとしています。

なぜならこの1,000通貨単位(1,000ドル)をレバレッジ25倍で取引した場合、5,000円あれば投資可能というものなので、これを5,000円の少額投資でもFXができます!という売り込み文句で、投資金額のハードルの低さをアピールしています。

この5,000円でも取引可能という常とう文句を使うことで、1万通貨との圧倒的な差別化をはかっており、厳密には他の通貨ペアの1,000通貨単位であればもっと少額でも可能ですが、他の通貨ペアは変動が激しかったり様々なリスクを内包している等々で、事実上は上記米ドル円1,000通貨単位(レバレッジ25倍)の「5,000円」というのが、最小投資金になりつつありました。

しかしそのような業界の努力を覆したのがSBI FXトレードです。

文字通り1通貨単位からですので、「最小投資金」という概念はなくなりました。

さらに少額で投資していても、小刻みな通貨単位でトレードが可能なため、自分の好きなタイミングに合わせ細分化するような取引も可能になっています。

例えば500通貨買って、そのうち200通貨のみ売って300通貨を保有したままにするなど、1,000通貨単位や10,000通貨単位では到底できない細分化ができちゃうんです。

これによりSBI FXトレードに至っては、証拠金をフルに活用するということも出来るということになります。

・最小取引単位が1,000通貨単位の場合

→米ドル円1,000通貨単位をレバレッジ25倍で取引

→余剰金が数百円単位のため、これ以外の他の取引は出来ません

・最小取引単位1通貨単位の場合

→米ドル円500通貨単位をレバレッジ25倍で取引

→残りの証拠金で、トルコリラ100通貨の取引も出来ます

これは投資金が増えても同様です。

分かりやすいようにレバレッジの事は外して、レバレッジ1倍で書いているのがこのグラフ1です。

これは既存の枠組みを壊す画期的な事だということは間違いありません。

もちろん、これはあくまで「仕組み」ですので、これを上手く使わなければあまり意味がありません。

<グラフ1>

グラフ1

相場価格の表示ケタ数

レート写真のようにSBI FXトレードは為替レートの表示が小数点以下、下4桁まで表示及び取引時の指値・逆指値にも設定出来ます。

これがどういう意味を持つかというと、デイトレードやスキャルピングに代表される、少額利益の取引の際に有効ということです。

また少額利益に限らず、取引している通貨単位が大きくなればなるほど、変動がそのまま利益額に反映されます。(1万通貨の取引であれば、1円の変動は1万円の損益になります。)

とは言え、通貨単位が大きくなればなるほど証拠金が必要です。

元手と利益の関係である程度の利益が欲しいと思うでしょうから、そこまで細かい桁数は意識していない方も多いかもしれません。

また、当然決済時のスリッページ(決済時の数字変動をどこまで許容するか)の設定があるので、結局はスリッページの設定範囲内に飲み込まれてしまうというのも多々あるかと思います。

証拠金のフル活用ができる

先ほども証拠金のフル活用について少し触れましたが、先述の取引通貨単位の話とは別の要素で、「証拠金をフル活用出来る」仕組みがあります。

SBI FX トレードでは、スワップポイントや確定前の評価益も取引に使用することが可能です。

なんとなく話だけ聞くと、とことん取引しやすいように整備されている印象を受けますが、ただこれには注意が必要です。

評価益の運用

確定前の評価益の運用についてちょっと考えてみましょう。

その評価損益が一転してマイナスに振れるとどうなるのでしょうか?

言うなれば、「取らぬ狸」の証拠金を元手に取引をしていますので、その担保はありません。

「今約定したらこれだけの利益が出ますよ」というお金で取引をし、約定しないでそのままマイナス評価となってしまった訳です。

これは「取らぬ狸」で新たに取引を行う前の証拠金に、以前保有していた通貨ペアがマイナスに転じた分のマイナスと、さらに今回の「取らぬ狸」で取引をした取引金の分のマイナスが合算されて反映されます。

グラフ2のようにロスカットや追証の危険性が格段に高まります。

<グラフ2>

グラフ2

チャートについて

チャートのみの機能性でみるならば、同時に2つ、もしくは4つのチャートの表示が可能なので大変便利です。

写真1のように同じ通貨ペアの複数足のチャートを出せば、短期トレンドだけに振り回されずに、取引しやすいと思います。

あるいは、写真2のように異なる通貨ペアの(例えば、米ドル円、ユーロ円、ユーロドル)を同時に表示し、クロス円の相場をより読みやすくする、なんて事も可能です。

しかしSBI FXトレードの一番優れている点は、8時間足の時間区切りがニューヨーク株式市場がオープンする前23:00で始まるという点に尽きます。

これは8時間足でチャートをチェックしたとき、ニューヨーク株式市場がオープンしている間が1本の足になっているので、この時間帯の分析がやりやすいんです。

ローソク足1本で、ニューヨーク時間の高値・安値始値・終値がすべてわかるわけですから、これはとても素晴らしいことだとおもいます。

<写真1>

写真1

<写真2>

写真2

地味に自動トレンドラインが便利

これはアプリに限ったことなんですが、チャートシステムで一番気に入ったのが自動トレンドラインを引いてくれる機能です。

自動トレンドライン機能をオンにしておくと、自分では気が付けなかったブレイク前の三角形が見つけやすくなり、外出先でもちょっとしたチャート分析ができます。

この自動トレンドラインは一度設定しておくと、どの時間足でも機能してくれるので、とても便利ですよ。

初心者でトレンドラインが上手に引けない人とかも、取引は別でやるとしても、トレンドラインのチェック用にSBI FXトレードをインストールしておくといいかもしれませんね。

PC用のチャートシステムにも自動トレンドライン機能があるみたいですが、昔つかった時はあまりよくありませんでした。

断然アプリのほうがよかったので、この機能を使うならアプリをお勧めします。

入出金について

入金そして、これも重要な要素ですが、クイック入金は1,000円から可能です。

出金は金額の制限なく、いくらからでも出来ますが、ただし2,000円未満の場合手数料がかかるみたいです。

手数料をかけて引き出すのはもったいないので、出金は事実上2,000円以上で引き出し可能ということでファイナルアンサーですかね。

肝心な出金タイミングですが、これはちょっと遅いのか?当日銀行営業時間でも翌営業日となります。

即日出金できるFX業者もあるので、これは地味に注意が必要ですね。

ロスカット基準

ロスカット基準は50%、不足金発生基準は100%です。

なおいつも書いているようにロスカット基準はFXのルールの上で最重要確認事項ですので、細かい条件を含めて必ずご自分で確認してください。

まぁロスカットされないような取引をするのが一番ですがね・・・なかなか難しいんですよね。

ちなみに私が一番最初ロスカットされたFX業者はSBI FXトレードでした。

キャンペーンについて

キャンペーン次は新規口座開設時のキャンペーンについてです。

SBIは各社がやっているようなド派手なキャシュバックはありません。

しかしキャッシュバックの条件は一番簡単で、「初回ログインをする」、ただそれだけで500円が証拠金に追加されます。

「なんだ、500円だけか」と思う方も多いかと思いますが、SBIは500円でも取引が出来ます。

初心者の方はとりあえずこの500円を元手に、1万円になるまでトレードをやってみるのもいいかもしれませんね。

そして1万円になったら次は10万円を狙う。

それがうまくいけば、元手500円で投資を始めたことになりますから(しかももらったお金)、FX業者とウィンウィンな関係になれますよ!

ちなみに他社の高額キャシュバックの条件は、入金額や一定期間における取引通貨数の条件が設けられているのがほとんどなので、その中でこのSBIの条件は手間と金額、そして同社の仕組みを考えると、個人的には悪くないのではと思います。

 

SBI FXトレードのデメリット

しかし相場の変動時のスプレッドはかなり大きくなり、指値や逆指値で仕掛けておいても滑りやすかったりします。

変動スプレッド制度

変動スプレッド制度とは、取引するロット数によってスプレッドを変動させるというもので、なんとなくややこしいシステムなんですが、SBI FXトレードではこの制度を取り入れています。

例えば1万通貨までならドル円で0.27銭と、業界最小と謳っているのですが、じつは1万〜50万通貨だと0.29銭に広がる仕組みになっているのです。

0.29銭でも十分安いといえるスプレッドではあるのですが、これであればよそのFX業者もこれくらいで提供しているところもあるので、業界一とはいえない・・・なんとなく、0.27銭ばかりを表に出しているのはなんとなくしっくりきません。

ですので、SBI FXトレードはあくまでも少額取引専用!としたほうがいいかもしれませんね。

取引通貨が少ない

SBI FXトレードでは、トレードできる通貨ペアは20種類のみとなっています。

これは他のFX業者は50種類など取りそろえる中、極端に少ないような気もしますね。

とはいえ、メジャーどころは取り揃えているし、初心者であればあまりマニアックな通貨ペアでトレードはしないだろうから、これでいいのかもしれませんが、他の業者に比べるとあきらかにデメリットなので、一応あげておきます。

PC版取引ツールが使いづらい

私SBI FXトレードのアプリは好きなんです。

はい、アプリはとても使いやすいです!

だけど、PC版の取引ツールはとても使いづらいとおもいます・・・。

なにが使いづらいかというと、注文画面でいうなら、OCO注文やIFO注文などが地味に使いづらい。

そして先ほどメリットとしてあげたチャートですが、残念なことに過去表示できる期間がマネーパートナーズや外為オンラインに比べると少ないというデメリットがあります。

この過去に表示できる期間が短い場合、トレンドラインの分析に支障をきたすので、結構私にとっては深刻な問題だったりします。

個人的にはチャートは、過去の参照期間が長くできればそれに越したことはないと思うのです。

SBI FXトレードのまとめ

冒頭にも書いたように、総じてかなり取引する側に便利な要素が強く、実際使いやすかったです。

ただ総合評価は、正直なところ取引ツールは、大手FX会社のマネーパートナーズや外為オンラインのほうが使いやすいです。

注文方法1つをとっても、チャートでのトレンドラインの引きやすさを比べても、さすがは大手といえるくらい別格ではあります。

ただ、これも最初に書いたように自分で確かめ、自分の価値観で判断しなければ意味がありません。

参考にしてもらえたら嬉しい限りですが、FXの投資も取引会社「自分に合っているか」で考えるのもいいかもですね。

FX会社を選ぶ前に

FX 選び方FX業者を慎重に選ぶ目的はなんでしょうか?

可能な限り不要な出費を抑え、利益やお金を1円でも増やしたいからでしょうか?

正直「お金を増やす」という言い回しは、個人的に違和感を覚えます。

私は、全てリスクとリターンの関係に則った投資であると考えています。

お金はお金を産みません。

利益を得るために元手が必要なだけです。

当然、元手をかけても利益に繋がらない事もあります。

これは受け売りの部分もありますが、「何かあったときのための貯金」では不安は消えません。

まさにそうだと思います。

では、「貯金」は何かというと、機会を逃さないための投資準備資金。

いくら相場を見ながら「今が底値だ!」「ここが天井だ!」と思っても投資資金がなければ何も利益は生まれません。

私はお金を「増やす」のでもなく、「儲ける」のでもなく、「稼ぐ」ものだと思っています。

銀行への投資との比較

ニーズ考え方としては「銀行に預けておけばお金が増える」ではなく、「銀行に預けるリスク」と引換えに利息という形で利益を手にしている訳です。

まさに銀行にお金を託しているのですが、銀行を使ううえでの最大のメリットである現金を持ち歩かなくていいというのは、現社会においてはクレジットカード等でも事足りてしまいます。

銀行に預けるリスクが低い(と思われている)ため、金利も低い訳ですが、金利の利息の低さほど銀行に預けるリスクが低いとは思えません。

あるいは、一連の手数料に見合うだけの価値があるでしょうか?

そういうことを踏まえたうえで、こうした考えの延長線上にFXへの投資があります。

言い換えると、「何を得るためにお金を払っているのか。」であり、それは利便性なのか、利益なのか、こうして考えていくと、「FXに投資する」というのが特別なことではないことが理解しやすいのではと思います。

とにかく、頭を使わずにお金を稼ぐことは出来ません。

そして、それが自分が得意分野でやれば他の人が苦労していることが比較的すんなり出来る。

他の人が大変だと思うようなことをネガティブに捉えないなど、色々なプラスの面があると思います。

これはビジネスに関しても同じことが言えるのではないでしょうか。

SBI FX トレードの体験レポを読んでいただき、テキストにされたFX業者の損得を見るのではなく、FX会社を選ぶうえでのリスクと手間、そして自分の投資スタイルにここの業者は合っているか、そんなことも考えながら読んでいただければいいなと思います。

 

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX GMOクリック証券 iサイクル

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!

の超人気会社で50万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFX

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。