【雇用統計で荒稼ぎ!?】乗るしかない、このビッグウェーブに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXをやっていると欠かせない情報、それは国内外の様々な経済指標です

経済指標というのは、経済状況の構成要因(物価、金利など)を数値化したものです。

経済指標に関しては、下記サイトでも説明していますので参考にしてください。

経済指標の中でも相場に絶大な影響力を持つ重大指標に、アメリカ合衆国の「雇用統計」があります。

雇用統計が為替市場に与える影響といったら本当に半端ないです。相場変動の凄まじさは津波が全てを飲み込むかのような迫力。

少し大げさのように聞こえるかもしれませんが、雇用統計のビックウェーブを経験したことがある人は、今の表現をさほど大げさとは思わないはず。

それだけ相場が荒れる重要な指標なので、これをチャンスとして荒稼ぎするFXトレーダーもたくさんいます。

中には発表後、たった30分で数百万円以上を稼ぐトレーダーもいます。

FX初心者で無知のままこの波の中飛び込んでいくのは、ただの怖いもの知らずか、はたまた勇者といったところでしょうか。

初心者だからといってこの稼ぎ所をただ指をくわえてみてるのもなんだか寂しいですよね。

ここでは、あなたを初心者から一皮むけた状態にして雇用統計に臨めるようサポートいたします。

100分の1でもいいから、恩恵にあやかる方法ないかなぁ~
でも、できるだけケガはしたくないんだよなぁ…

そんなあなたに朗報です!

実はFX初心者にもできる、比較的低リスクな戦い方があるんです!

アメリカの雇用統計はFXの大チャンス!

雇用統計半端ない

月に1度のお祭り騒ぎ、雇用統計。

2ch(2ちゃんねる)やYahoo掲示板でも、終日「ワッショイ!∩(゚∇゚∩)∩(゚∇゚∩)∩(゚∇゚∩)ワッショイ!」てな感じでとっても賑わっていますよね。

全世界のトレーダーが注目している指標なので、発表前はとても静かなチャートが発表とともに激しく相場が急変します。

その激しさといったら、各FX会社のスプレッドが10~20pipsも広がってしまうほど。

特に変動が激しいときは一瞬で1円以上動くこともあり、かなり大きな値動きをします。

雇用統計とは?

雇用統計世界を動かす

雇用統計とは、アメリカ合衆国の労働省が毎月発表する就業者数や労働時間、平均時給などの10以上の項目を基に集計した経済指標です。

各項目の中で、特に市場に与える影響が大きいのは以下の2つとなります。

  1. 非農業部門雇用者数
  2. 失業率

雇用統計の発表は日本時間で、毎月第1金曜日PM10:30(夏時間:PM9:30)です。

なぜこんなに注目されるのかというと、雇用はどこの国でも景気に直結するので、「雇用統計が悪ければ景気が悪い」「雇用統計が良ければ景気が良い」という判断基準にされています。

その中でも、世界経済の中心であるアメリカの雇用統計は、経済市場への影響が非常に大きいです。

雇用統計の推移

非農業部門雇用者数(NFP)の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年30.42
2018年20.031.310.316.422.321.315.720.113.42515.531.2
2017年22.723.5 9.821.113.822.220.915.6-3.326.122.814.8
2016年15.124.221.516.0 3.828.725.515.115.616.117.815.6
2015年25.729.512.622.328.022.321.517.314.227.121.129.2
2014年11.317.519.228.821.728.820.914.224.821.432.125.2
2013年15.723.6 8.816.517.519.516.216.914.820.420.3 7.4
2012年24.322.712.011.5 6.9 8.016.3 9.611.417.114.615.5
2011年20.0

非農業部門雇用者数(NFP)」とは、農業以外の分野で働く労働者の増減を指す数値のこと。

金融・経済政策を左右するほどの重要指標です。

失業率の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年43.8
2018年4.14.14.13.93.84.03.93.93.73.73.73.9
2017年4.84.74.54.44.34.44.34.44.24.14.14.1
2016年4.94.95.05.04.74.94.94.95.04.94.64.7
2015年5.75.55.55.45.55.35.35.15.15.05.05.0
2014年6.66.76.76.36.36.16.26.15.95.85.85.6
2013年7.97.77.67.57.67.67.47.37.27.37.06.7
2012年8.38.38.28.18.28.28.38.17.87.97.77.8
2011年8.5

失業率=失業者÷労働力人口×100」で算出されます。

景気の動向がそのまま反映されるが、実際の数字に表れるまでにタイムラグがあるため注意が必要です。

FX初心者でもできる!雇用統計の必勝法

雇用統計必勝法伝授

荒波のような雇用統計ですが、よく観察してみると値動きに傾向があるのがわかります。

経験とスキルが少ない分、その動きをしっかりと理解して頭で戦い方を考えれば、FX初心者だって十分チャンスはあるのです!

勝ち方1:雇用統計発表前のレンジに注目!

下のチャートは、雇用統計の発表前後のものです。

雇用統計チャート

(出典:SBI証券

ピンク色の部分が雇用統計発表直後です。発表前は値動きが小さく、静かなチャートになっています。

もちろん、その時の期待度や予想によってチャートの動きはかわりますが、雇用統計発表時などの大きな値動き前によく見られるチャートの動きです。

よくよく観察してみると、値動きが上や下に変動しながらも、ある一定の値を維持し続けるような動きをしていませんか?

どこの数値に張り付いているかは、チャートをよく観察していると見えてきますので、ひたすらPC画面に穴が開くほどチャートを見つめて開眼してください。

この静かでまったく動きがなく面白みのないチャートは、期待値が高ければ高いほど長時間継続します。

酷いときは丸1日全然動かない相場になることもありますので、そんなときに挑戦してみるのもいいでしょう。

勝ち方2:リスクヘッジで、勝率UP!

初心者にオススメしたいのが、雇用統計の発表直前にIFO注文を入れるというものです。

IFO注文とは、IFD注文とOCO注文を複合させた注文方法です。

IFO注文では新規注文と利益確定注文と損切注文の3つを同時に設定することができます。

雇用統計では上下にどちらかに大きく動くため、買いと売りの両方を新規注文することをオススメします。

雇用統計の発表直前に、次の設定で注文してみましょう。

利益確定は新規注文レートから20pips離して

損切は発表前レートから50pips離して設定。

<例:雇用統計発表前レートが114.50円だった場合>

買い注文:114.70円

利益確定注文(指値):114.90円  損切り注文(逆指値):114.00円

 

売り注文:114.30円

利益確定注文(指値):114.10円  損切り注文(逆指値):115.00円

雇用統計発表前のIFO注文方法

(引用:外為オンライン)

このようにIFO注文を入れることで、きっちり20pips取れる可能性が高くなり、もっとうまくいけば上下幅で最大40pips取れることもあります!

なぜ利確を20pipsしか取らないの?
っていうか、損切りが50pipsだと利益より多いじゃん!?

…と思うかもしれませんが、私はこの設定がベストだと思っています。

なぜなら雇用統計発表後のチャートは、大体以下のような動きをするからです。

  1. グングンと勢いよく上に伸びる
  2. 一回上に跳ねたあと、下にガクンと下がる
  3. 上下に大きく動いた後は、徐々に元の位置まで戻り、トレンド通りに動く

雇用統計の結果通りに、跳ねることもあればよく分からない動きをするときもあります。

いくら雇用統計の結果がよくても、必ずしも買いトレンドが発生するとは限らず、こればかりはフタを開けてみないとわからない、それが雇用統計の真の怖さだったりします。

それに対抗する為には、利益確定価格は狭い幅でとり、損切り価格を広い幅でとること。

でないと、すぐにポジションが狩られてしまいます。

特に雇用統計時期は、各FX会社のスプレッドもかなり広がっているので、総合的に判断して、この設定が一番効率が良いと考えています。

雇用統計で「絶対に」やってはいけないこと

雇用統計絶対ダメ

初心者が絶対にやってはいけないことがあります。

  • 相場が動いた直後に成行注文で入る
  • 大きなロット数で取引する

この2つは絶対にやってはいけません

雇用統計の場合、相場が動いてから入るのは遅い!そして危険!

そして雇用統計前にIFO注文を仕掛けたとしても、絶対に大きなロット数をつぎ込まない

これだけは、肝に銘じて守ってくださいね。

大きなロット数つぎ込めないとなると、スキャルピングもIFO注文もさほど稼げませんが、FXをする上での大前提は「利益を守ること」。これが全てです。

雇用統計などの重要指標は本当に何が起こるかわからないので、思い切った注文はしないで下さい。

重要指標に強い!スプレッドが狭いオススメFX会社

雇用統計ベスト口座

雇用統計のような重要指標は動きの激しい相場になるため、スリッページ が発生してしまうことがあります。

FX会社のほとんどで、激しい相場ではスリッページは発生しますし、スプレッドも20~30pips軽く広がります。

100歩譲ってすべるのはしょうがないとしても、スプレッドで20~30pips取られてしまっては、せっかくIFO注文を入れたとしても意味がありません。

重要指標にあえて挑むような場合は、できる限りスプレッドが狭いFX会社でIFO注文を入れましょう。

24時間のサポートあり

 bk61z

4000円から取引可能

FXブロードネット

全ての操作がスマホで完結できる。

DMMFX

上記の3社は、他のFX会社よりスプレッドが狭いので重要指標発表時のトレードにオススメです。

また、FXプライムの売りである「逆指値注文のスリップは絶対3pips以内」は、荒れた相場の強い味方!

雇用統計などの経済指標の情報を分かりやすく提供している外為オンラインは、FX初心者にもオススメですよ。

米国の雇用統計をYouTube動画で学ぶ

最後に、雇用統計についての解説動画をピックアップしてみました
こちらの動画は冒頭部分のPRがとても長いので、1分26秒あたりから視聴するのがオススメです

雇用統計の攻略法まとめ

いかがでしたか?この記事では相場に絶大な影響力を持つアメリカ合衆国の雇用統計を攻略するためのポイントをお話してきました。最後にもう一度おさらいしておきましょう。

  • アメリカの雇用統計は世界経済に大きく影響を与える。
  • 雇用統計は、毎月第1金曜日PM10:30(夏時間:PM9:30)に発表される。
  • 発表直後はチャートが大きく動く。
  • IFO注文でリスク軽減
  • 大ロット・成り行き注文は絶対NG

この5つのポイントを忘れずに、貴方も雇用統計というビッグウェーブをのりこなしてくださいね。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る