日銀金融政策決定会合でドル円は動くのか?FX相場観を鍛えて利益を出そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
日銀金融政策決定会合のサムネイル

日々FXで取引を行っていると、政府の動きや経済・金融関連のニュースなどに敏感になってくるのではないでしょうか。

しかし、敏感になっていても、その内容をしっかりと理解できないのであれば、残念ながら投資判断材料としては使いこなすことはできません

そこで、今回は日銀金融政策決定会合についてみていきましょう。

日銀金融政策決定会合は、年に数回行われるだけでなく、金融市場への調整方針や金融政策の手段などに影響を与えるもので、通貨の動きに連動しやすいです。

しっかりとした情報をつかむと投資判断材料として扱いやすいものになるよ!
今後のFX取引に活用するために参考にしてみようね

日銀金融政策決定会合とはなにか

日銀金融政策決定会合ではなにを決めているの?

まずは、日銀金融政策決定会合の大枠についてみていきましょう。この大枠をしっかりとつかむことで、この会合を投資予想に活用できるようになります。

目的

金融政策決定会合は、日本銀行にて行われ、その目的は物価の安定のための金融政策の方針を決めることです。

基本的に、資本主義の世界において物価の安定は至上命題といえるでしょう。

例えば、今日100円だったパンが、明日には110円、明後日には120円といったような急激な価格変動を起こしたとしたらどうでしょうか。安心して日々の生活を送ることが出来なくなりますね。

そのため、この金融政策決定会合は、国民の生活を守る重要な会合のひとつになります。

開催日時

日銀金融政策決定会合は年に8回行われます。

2018年の金融政策決定会合開催日
  • 1月22日・23日
  • 3月8日・9日
  • 4月26日・27日
  • 6月14日・15日
  • 7月30日・31日
  • 9月18日・19日
  • 10月30日・31日
  • 12月19日・20日

また、1月・4月・7月・10月には「経済・物価情勢の展望」を発表しており、3月・6月・9月・12月の会合は中間報告的な性格を持っています。

各資料は、開催されて以降順次といった形でWeb上でも公開されてきますが、少し時間が経ってからなので、予想をしたり現状を確認したりするには少々タイミングがずれてしまいます。

そのため、日経など新聞の一次情報で確認するのがおすすめです。また、最近では日経のHPなどで、日銀金融政策決定会合終了後の記者会見の模様がリアルタイム配信されているので、確認してみてください。

構成メンバーについて

日銀金融政策決定会合は、9名で構成されています。

  • 総裁(1名)
  • 副総裁(2名)
  • 審議委員会(6名)

という内訳です。

2018年10月段階では、総裁は財務省出身の黒田東彦、副総裁は日本銀行から内部昇格である雨宮正佳と、早稲田大学の教授職を持つ若田部昌澄といった具合に、理論家と実務家のバランスがいい配置になっているといえるでしょう。

詳しくは、日本銀行のHPをご覧ください。

日銀金融政策決定会合とFXの関係とは

日銀金融政策決定会合はFXと深い関係があります

それでは、日銀金融政策決定会合とFXの値動きがどのように変化するのかを見ていきましょう。重要なのはタイミング決断です。

そもそも関係があるのか

日銀金融政策決定会合とFXについては、関係性が深いといえるでしょう。特に日銀金融政策決定会合では、政策金利の調整について話し合われることがあります。このときはかなり注目しておきましょう。

一般的に、利上げが行われた場合は通貨高の要因となり、一方で利下げが行われた場合は通貨安の要因となります。これは、内外の金利差の問題です。

当然、利上げが行われた場合、金利差は拡大します。また、お金を持っている方から考えると、金利は少ないよりも多い方が良いですよね。

そのため、利上げが行われた場合はそのお金を欲しいと考える人が増えるため、結果的に貨幣の需要を高めることができるといわれています。

こうした金利の上げ下げを政策金利の調整といいますが、政策金利が話し合われても金利が変わらず据え置きとなる場合もあります。

この場合には、必ず「どうして政策金利が据え置きとされたか」という理由が発表されます。この理由についても投資判断材料として利用することができるのです。

この理由が、市場関係者にとって適切であると見られた場合、価格は上昇し、適切でないと見られた場合は価格が下がります。こうした判断の難しいのは、どの発表でも、下がる要因にも上がる要因にもなるということです。

ひとつの情報だけで簡単に判断せずに、日経などからも情報を仕入れながら、何を信じてどの情報にプライオリティを置くのか、自分の中で順位付けしておくといいでしょう。

過去の相場の動きを確認

政策金利の調整や理由などから、十分に投資判断が出来るといいました。ここでは過去の値動きについてみていきましょう。

ドル円に注目

やはり、日銀金融政策決定会合による動きで気になるのは、最も関係の深い通貨であるドル円です。

例えば、2013年4月に行われた日銀金融政策決定会合では、総裁が黒田氏となってからの初会合で、市場の想定以上の強気の政策が発表されたこともあり、大幅続伸となりました。

のちに、「黒田砲」とも呼ばれるような力強い政策は、日本経済の低迷を打破する起爆剤として大いに期待を膨らませる効果があったのです。

一方で、最近行われた2018年7月の会合では、長期金利の上昇が発表されたものの、日銀が指値オペレーションを控えたことなどから、市場では長期金利上昇のインパクトは小さいと判断され、小幅な値動きに収まりました

2018年7月の日銀金融政策決定会合はそこまで値動きが無かった

このようにドル円の動きは、かなり複雑な判断や動きがされているといえます。

また現在、アメリカのトランプ政権は力強い国内経済の復活と共に、ドル高政策を続けており、日銀金融政策決定会合の決定がトランプ政権の動きに吹き飛ばされてしまうという環境が出来上がっていることも、頭の痛いところです。

その他の貨幣も動くのか

現環境において、ドル円は日銀金融政策決定会合によって影響を受けづらいことは確かです。それではほかの通貨ペアはどうなのでしょうか。まず注目したいのは、ユーロ円です。

日銀金融政策決定会合とユーロ円の関係については、あまり影響がないというのが市場関係者の受け止め方といえるでしょう。ユーロは、様々な国家が参入している関係で、一か国の金融政策が、大きな影響を与えるとは考えられていません

一方で、ポンド円はどうでしょうか。ここには影響があるといわれています

なぜなら、イギリス自体が金融で成り立っているような国であり、主要各国の金融政策は判断材料として活用できるためです。日銀金融政策決定会合の結果を基に、ドル円だけではなくポンド円にもぜひ意識を向けてみてください。

気を付けておきたいこと

日銀金融政策決定会合だけでなく、あらゆる経済指標に言えることですが、発表の内容が良かったからといって、そのまま為替に影響するわけではないということです。

投資の格言として「噂で買って、事実で売る」という言葉があるように、市場関係者は発表の内容を先読みしていることがあります。

つまり、日銀金融政策決定会合前の市場環境から、日銀金融政策決定会合の発表が予想できる場合には、予め市場が織り込んでしまっていることがあるのです。

先述した2018年7月の日銀金融政策決定会合後の値動きは、まさにこの結果であったともいえるでしょう。

一方で、市場予想を超える結果や指標が出てくれば、トレンド自体が大きく変更される場合もあります。「市場が動くのは期待」ということを、ぜひ頭に入れておいてください。

日銀金融政策決定会合に関連する他の指標はあるか

多くの重要な指標については、市場関係者は織り込み済みで動くこともあることもわかっています。

果たして、日銀金融政策決定会合に影響を与える指標とは何があるのでしょうか。さまざまな指標が考えられますが、ここでは大きく2つ紹介しておきましょう。

まずは、アメリカ関連の指標で雇用統計があります。アメリカは内需外需ともに強力な国であり、現在は特に内需に力を入れた国家運営となっています。

そのため、雇用統計がそのまま実経済に大きな影響を与えていると考えられます。なので日銀金融政策決定会合の決定は、雇用統計からくるドル円のドル政策が大きな影響を与えているといえます。

もう1つの関係を考えさせられる指標としては、ECB(欧州中央銀行)政策金利発表でしょう。

日銀金融政策決定会合とユーロ円はあまり関係がないといわれていますが、それでも、ユーロそのものの政策を決定するECBの政策金利発表はとても重要です。ぜひ併せて確認してみてください。

次の日銀金融政策決定会合に向けて仕込んでおくこと

備えあれば憂いなし!日銀金融政策決定会合前には準備をしよう

それでは、2018年の10月や12月の日銀金融政策決定会合に向けて注目しておかなければならない指標はどういったものなのでしょうか。

次回発表時には市況はどう動くか

まず大前提として、日本においては2019年10月に消費税が10%になるという政策決定を受けて、市場全体がどう動くのかがキーポイントになっています。

消費税の引き上げは、基本的に消費減という経済的には大きなマイナスを与える政策となりますので、日銀としては、現在の金融緩和を今後も続けていくことが予想されるでしょう。

まずは、SMBCのレポートを見てください。生産自体の低迷と消費税の増税という観点から、金利は上がらず、大きな動きはあまりないのではないかというのが市場関係者の見方といえるでしょう。

また、野村證券の国際金融為替マンスリーニッセイ基礎研究所のレポートなども参考になります。

他の専門記事も確認しよう

インターネットを利用して情報を確認していくと、多くの情報が手に入りますが、あまりにも多すぎてどの情報を採用したらいいのか分からないといったことになりかねません。そこで、ぜひ注目してほしい情報をいくつかピックアップします。

まず、やはり一次情報に当たっていくのは必須となります。そこで、日本銀行日経新聞の公式HPは欠かせません。また、大きな投資信託会社のレポートなども参考になるでしょう。情報収集や勉強という点でも価値が大きいレポートです。

何を情報の源泉としているのかはっきりしている情報や専門記事は非常に重要といえます。東洋経済ONLINEの「マーケット」部門が参考になります。

ロイター(REUTERS)では、日銀関連ニュースとして、日銀金融政策決定会合の後に、そのまとめや狙いといった形でニュースを配信します。

2018年9月の日銀金融政策決定会合関連としては、「日銀、金融政策の据え置き決定 長期金利の変動容認も維持」。「黒田日銀総裁「緩和の永続望まず」、物価達成後に政策正常化へ」では、今後に繋がる黒田総裁の重要な発言を取り上げています。

日本経済新聞(日経)では、日本の経済に非常に大きな影響を与えるものとして、日銀特集「日銀ウォッチ」という記事が毎週1本上がっています。

9月の日銀金融政策決定会合についての記事はまだありませんが、「国債購入、サプライズ減額の真意は」という記事で、21日に日銀が実施した国際オペの与える影響について説明していました。

日経の記事は、基本的に会員登録してログインしなければ読めないという点に注意してください。

他にも、ウォールストリートジャーナル日本版の「金融政策ウォッチ」は、9月の日銀金融政策決定会合に対する記事は無いものの、アメリカの中央銀行であるFRBや公開市場委員会(FOMC)という為替や経済に大きな影響を与える期間の動きなどをまとめています。

こうした情報もぜひ参考にしてみてください。

まとめ

日銀金融政策決定会合のまとめ

日銀金融政策決定会合は、日本の景気や金融政策を左右する非常に重要なものであり、FXを行っている人以外にも、大きな影響を与える会合といえます。

それは、多くの人の生活に影響を与えるためです。

日銀金融政策決定会合は、年に8回も行われ、国内外のニュースを含め、為替や株式市場、経済状況などに大きな影響を与えます

こうした動きをしっかりとつかむことによって、より深い投資判断ができるようになることは間違いありません。

ぜひ、日銀金融政策決定会合の結果やその動きから、相場や取引の材料を探し出し、自分にとって有利な取引を進めていきましょう

経済関連でおすすめの記事はこちら!

【2018年11月FX経済指標】今日の注目材料はこれだ!

「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

外為オンライン


外為オンライン

4千円からの投資! 50万人の初心者が選んだ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
1.0銭原則固定30円5,000円外為オンラインへのリンク

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門として人気のFX会社で、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすい取引ツールが人気の理由です!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと中上級者が必要とする機能をバランスよく搭載しています。

自動売買にも対応しているので、初期設定だけすれば、プログラムが24時間自動でプロのようなトレードをしてくれます。

特にスワップポイント(貰える金利)も高いので、長期売買に適したFX会社です。

FX初心者に特にお勧めです。

外為オンライン

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
0.3銭原則固定(例外あり)40円最大 27,000円hgs37jx

YJFX!はヤフーグループのFX専門会社で、ヤフーの資金力とシステム構築力を持ちます。

低スプレッド業者では、あまり提供のない1,000通貨(4,000円)の少額から取引ができます。

スマホアプリが有名で、以前からスマホ取引ならYJFX!といわれるほど、スマホの取引機能が充実しています。

また、現受け・現渡しといった優良サービスにより、格安で外貨両替することができます。

海外旅行前の外貨両替がお得で、空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

FX初心者でも使いやすい取引ツールは好評で、メイン取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つです。

Tポイントが貯まるのもYJFX!ならではです。

k64hdg19

FX口座数 国内第1位!  皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
原則固定0.3銭35円20,000円DMMFX

DMM FXはFX口座数が国内第1位!(※)の超人気会社です。

65万人以上が口座を開設しています。

スプレッドは全ての通貨ペアで業界最狭水準で、デイトレードやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

取引ツールは簡単に使いこなせるので初心者に人気です。また、充実した分析ツールや為替情報の提供は、中上級者にも満足の内容です。

サポート体制は営業日の24時間対応で、業界初のLINEサポートも行っているので、FX初心者にも安心のサポート体制です。

また、非常に簡単な条件で20,000円のキャッシュバックを受けられるので、必ず貰うことをお勧めします。

(※)2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

DMMFX

話題の自動売買!利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
0.3銭30円最大 20,000円89d3sja

FXブロードネットは、FX業界トップクラスの低スプレッドで有名です。

スプレッドは、ドル/円が銭、ポンド/円が銭など、どの通貨ペアも低スプレッドで、取引コストが安いのが特徴です。

特に有名なのがシステムトレードの「トラッキングトレード」で、FX初心者でも簡単にできる、人気の自動売買システムです。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)よりも、約3倍の利益が出せるとして、公式サイト上で発表しています。

また、4,000円の少額からFXが始められるので手軽にFXができます。

システムトレードを活用しながらコツコツ儲けたい方には、特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネット

FX取引高 6年連続 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
原則固定0.3銭31円最大 30,000円1n9sg

GMOクリック証券は、FX取引高6年連続で世界第1位のFX会社です。

その人気の理由の一つが、全通貨ペアで業界最小水準のスプレッドを提供していることです。

また、高スワップ(高金利)で非常に人気があり、金利収入狙いには最適のFX会社です。

使い勝手の良いシステム、24時間電話サポート等が顧客に支持され、オリコンランキングでも常に上位にいます。

低スプレッドなので、取引量が多い短期売買に最も適したFX会社で、取引コストを抑えてFXをしたい場合には、GMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

FX業界激震!ワンコイン(500円)からの投資!初心者でも安心「SBI FXトレード」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
0.27銭42円500円89d3sja

SBI FXトレードで最大の売りは、独自サービスといってもいい1通貨単位で取引できることです。

FX初心者でもワンコイン(500円)もあれば、充分にFX取引を体験できます。

また、スプレッド幅は、業界最狭水準も注目すべき点です。

2018年オリコン顧客満足度調査で、「FX取引 取引手数料 第1位」と信頼と安心のFX会社といえます。

3m1x9

特許出願済み!最新の自動売買「iサイクル注文」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
1.0銭20円5,000円iサイクル注文

特許出願済みのシステムトレード「iサイクル注文」は、最初に簡単な設定をするだけで、自動売買ができます。

感情に左右されることなく、決めたルール通りに自動でコツコツと、細かい利益を積み上げます。

FXをする時間がない方や自分でFXをしても勝てなかった方に特におすすめです。

24時間寝ている間も自動で売買をしてくれます。

1000通貨対応で、約4千円から手軽に自動売買をできます。

今一番人気があり、勝ちやすいと言われているシステムトレードです。

外為オンライン

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る