FXは情報が命!自分に合う情報収集手段は?

じぶんにあった情報収集をしよう

FXは情報が命!」と聞いたことはありませんか?でも、どうやって情報を集めたら良いのかわからない、もっと違う情報源を知りたい、と思ったことはありませんか?

同じ情報でも、トレード手法や通貨ペアによって情報の重要度は違うため、自分のトレードスタイルに合った情報収集をしなければ意味がありません。

どんなFXの情報があるのか?FX情報を収集するためにはどんな手段があるのか?についてご紹介します。

FXのトレードスタイルについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【時間に左右されない取引】FXのやり方を解説!

情報は集めるだけでは意味がない!

情報は集めるだけでは意味がない

FXに関連した情報は、日本だけでなく世界中から発信されています。

その中でも、FX相場に大きな影響を与える経済情報は何なのか?が経験的に分かってきています。特に、世界経済の中心であるアメリカの雇用統計は、FX相場に非常に大きな影響を与えます。

それは、雇用と景気は直結しているため「雇用統計が良ければ景気が良い」と判断できるためです。また、各国の政策金利の発表も、スワップ狙いのFXトレーダーにはかなり重要です。

見出し

  • アメリカの雇用統計は、FX相場に非常に大きく影響する
  • 注目度の高い経済情報の発表日と発表内容の予想について情報収集するのが重要

政府や各国の中央銀行が発表する重要な経済情報は、○月○日に発表すると事前に予告されるため、過去の経験から発表の前後にどんな為替変動が起こるのかをある程度予測することができます。

そのため、注目度の高い経済情報の発表日と発表内容の予想について情報収集することはとても重要です。

経済情報の発表以外にも、東日本大震災のような大規模な自然災害が発生した場合には、投資家の先行きへの不安感からの売買や保険会社が資産を現金化するため、相場が急激に変動することがあります。

まずは、①FX相場に大きな影響を与える情報を知り、②為替変動を予想してFX戦略・対策を考える、ことができれば、より大きな利益を上げることができたり、予想外の大きな損失を出さないようにすることができます。「FXは情報が命!」なのです。

見出し

  • FX相場に大きな影響を与える情報を知る
  • 為替変動を予想してFX戦略・対策を考える

FX相場に大きな影響を与える経済情報

  • 米雇用統計
  • 米GDP成長率
  • 米FOMC政策金利発表
  • 欧州中央銀行政策金利発表
  • 日銀金融政策決定会合 など

詳しい経済指標についてはこちらをご覧ください。

くわしくはコチラ

FX 経済指標のサムネ
【2020年2月FX経済指標】今日の注目材料はこれだ!
あれ?テクニカル分析では上がるはずなのに急落した…。FXでこんな経験はありませんか?それ経済指標が原因です。今月の経済指標一覧はこちらで確認できます。ファンダメンタルズで相場は動きます。今日の予定確認、経済指標はどう見たら良いのか解説します。

FX相場に影響を与える情報はどこで見られるのか?情報をFX戦略に活かすための参考レポートはあるのか?

FXに関連した情報を掲載しているサイトはどこか?など、6つの情報収集手段別に紹介していきます。自分のトレード手段&通貨ペア、ライフスタイルに合った情報収集手段はどれなのか?を参考にしてください。

ニュースサイト de 情報収集

ニュースで情報収集

日本だけでなく、世界も含めると膨大な新聞社・通信社のサイトがあります。世界の経済情報を読むならココ!という超代表的なニュースサイトを2つ紹介します。

国際ニュース通信社「ロイター」

提供アプリツイッターフェイスブック
「ロイター ニュース」

@Reuters_co_jp

@reuters.co.jp

世界で最も信頼されているニュース通信社である「ロイター」の名前は、ニュース等で聞いたり見たりしたことがある人も多いと思います。

ロイターのホームページでは、マーケット・ビジネス・テクノロジー・外国為替・株式・投資信託・スポーツ・エンターテイメントなど、世界中のあらゆるニュースが配信されています。

FX関連のニュースは、マーケット、経済・政策、ワールドに分類されていますので、チェックしてみましょう。

見出し

  • マーケット
  • 経済・政策
  • ワールド

マーケット」では、世界の主要株価チャート、注目の経済イベントスケジュール、外国為替情報などをまとめて見ることができます。

ただし、国内株式関連の情報は約20分遅れ、海外株式関連の情報は15分以上の遅れの表示になっていますのでご注意ください。為替情報も10分毎更新のため、約10分前の相場を表示しています。

情報の遅れに注意

  • 国内株式関連の情報は約20分遅れ
  • 海外株式関連の情報は15分以上の遅れ
  • 為替情報は10分毎更新のため、約10分前の相場を表示

経済・政策」では、世界経済展望、米FRB特集、日銀特集、アベノミクス特集などが組まれており、関連ニュースをまとめて読む事ができます。

ワールド」では、トランプ政権特集、英国のEU離脱問題の特集が組まれています。

紹介したURLはロイター日本語版ですが、英語版の方が情報が早く内容も多いので、より早く情報を入手したい方やより多くの経済ニュースを読みたい方は、英語版にもぜひチャレンジしてみてください。

ロイター・ニュースメール

ロイターでは、1日1回、土曜を除く毎日、最新ニュースと投資やビジネスに役立つ情報をメール配信する「ロイター・ニュースメール」サービスを行っています。

トップニュースをメールでチェックできるので便利ですが、FX(外国為替)情報に特化した情報のみ読みたい場合には、次に紹介する「ロイターアプリ」の方がおすすめです。

ロイター・ニュースメールの画面(2019年1月30日)

ロイターニュース

スマートフォンやタブレットからロイターニュースをチェックする場合は、「ロイターアプリ」が便利です。

左上の「≡」をクリックするとコンテンツを切り替えることができるので、外国為替やマーケットのニュースだけを短時間でチェックすることも可能です。

米FRB特集のような特集記事は表示されませんが、パソコン版とほぼ同様のニュースを読むことができます(2019年1月末時点)。

ロイターアプリには、パソコン版にはない以下の機能が盛り込まれているので、モバイル環境でニュースチェックする人にはおすすめです

ロイターアプリの機能(一部)

  • 記事保存機能
  • ニュースアラート機能
  • オフラインモード機能(電波の届かない場所でもオンライン中に見ていたニュースを続けて読むことができる機能)
  • ナイトモード機能(暗い場所ではアプリ自体の画面背景を黒にすることで、まぶしさを軽減してくれる機能)

ロイターニュースアプリ

日本経済新聞(日経) 電子版

提供アプリツイッターフェイスブック

「日本経済新聞  紙面ビューアー」

「日本経済新聞  電子版」

など多数

日経電子版 
@nikkei

日経電子版 マーケット @nikkei_market

など多数

@nikkei

など多数

ソーシャルサービス一覧

日本やアジアの経済情報といえば、やはり日本経済新聞です。

CEOなどの役職者のうち、約7割が日経の記事に注目しているといわれています。紙面で読むこともできますが、近年は電子版にも力を入れており、2018年6月には、電子版の有料会員数が60万人を超えたと発表されました。

日本国内の経済情報だけでなく、海外取材拠点を37拠点(日本の新聞社として最多)、タイ・バンコクのアジア編集総局、ニューヨーク、ロンドンとの3極編集体制で、24時間アジア経済の最新ニュースを世界に発信しています。

また、報道各社と共同で、経済・マーケット情報番組制作も行っています。香港ドルなど、アジアの通貨ペアを取り扱っている人は必見です。

日経関連の動画配信サイト

  • NIKKEI CHANNEL:日経が発信する映像ポータル 
  • TXNネットワーク(テレビ東京系列):経済番組に強み 
  • BSジャパン:BSデジタル放送で全国をカバー 
  • 日経CNBC:経済・ビジネス・マーケットの動きを幅広く 
  • ラジオNIKKEI:日本唯一の民放短波放送局、株式市況や競馬中継などを放送 
  • Channel JAPAN:日本を紹介するアジア向けの英語放送 

日本経済新聞は、国内外の景気動向や企業業績などの経済情報だけでなく、わかりやすい経済コラムや、初心者にもやさしい投資情報などが充実しています。

ニュースは、政治・経済、ビジネス、マーケット、国際・アジアなど、12分野に分類されています。

見出し

  • 政治・経済
  • ビジネス
  • マーケット
  • 国際・アジア、など

国際・アジア」では、中国・台湾、東南アジア、ヨーロッパ、北米など世界を8地域に分類して世界各国の経済ニュースが集められているので、自分の取り扱っている通貨ペアに合わせてニュースを読む事ができます。

マーケット」では、様々な相場データやコラムが掲載されているので、世界の経済動向を知るためにとても参考になります。株式や投資信託を行う個人投資家向けの情報も掲載されており、全てがFXトレーダー向けの情報ではないので少しコツが必要です。

マーケットは、為替・金利、海外、世界の市況など10項目に分類されており、「世界の市況」では、5分おきに更新される世界の為替情報を見ることができます(土日を除く)。

日本経済新聞の記事を読むためには購読料が必要となりますが、電子版の記事はメールアドレスを無料登録すると、月間20本まで無料で読む事ができます

日本経済新聞の記事が相場を動かす事もあるので、新聞版の「無料で1週間お届け」サービスや、電子版の「申し込み月無料」サービスを試してみるのもよいでしょう。「ClubNikkey」の会員登録をすると、会員限定のイベントやサービスがありますよ。

FXニュース日経日経

SNS | 日本経済新聞

見出し

日本経済新聞関連のTwitterやFacebookアカウントがたくさんあることはご存じでしょうか。Twitterアカウント数と比べると、FacebookやInstagramのアカウントは少ないのですが、今後増えていくかもしれません。

日経電子版のTwitter公式アカウントは14個、専門部署・地域・取材班で14個、編集委員・コメンテーター・エディター・記者で32個もあります(2019年1月末現在)。

すべてをチェックするのは大変なので、まずは「日経電子版@nikkei」といいたいのですが、マーケット情報以外のニュースも配信されるので、「日経電子版 マーケット@nikkei_market」の方がおすすめです。

時間の余裕があるときに、NIKKEIアメリカ(@nikkeiusa)、NIKKEIヨーロッパ(@nikkei_europe)、コメンテーターのアカウントなどもチェックしてみましょう。

見出し

テレビ東京ビジネスオンデマンド

テレビ東京ビジネスオンデマンド

見出し

日本経済新聞というと、紙面よりも、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「Newsモーニングサテライト(NMS)」でおなじみの方もいるかもしれません。

WBSには、日本経済新聞編集委員の滝田氏や、日経ビジネス編集委員の山川氏が解説キャスターとして出演しています。

新聞やインターネットで経済ニュースを読んでもよくわからない、という方には、わかりやすく解説してくれるうえに、他の動画配信に比べると番組内容が聞き取りやすいので、まずはWBSやNMSから始めるのもアリです。

番組ホームページでも動画配信を行っていますが、テレビ東京が放映している人気経済番組が見放題になる「テレビ東京ビジネスオンデマンド」という有料の映像配信サービスもあります。入会月は無料です。

FX会社 de 情報収集

FX会社で情報収集

多くのFX会社では、主要な経済指標・為替市場の動向・経済ニュースを無料版/会員限定版で情報配信を行っています。中には、前述のロイターからニュース提供を受けているFX会社もあります。

FX会社によっては、マーケット情報だけでなく、日々の為替動向&予測記事の配信、独自の特集コラム、FXセミナー&レポートの動画配信、FXセミナーの開催などを行っています。

この経済ニュースって、FX相場にどう影響するの?」という疑問に応えてくれる顧客サービスを行っているFX会社もあります。

そのいくつかをご紹介します。

FX会社から配信するマーケット情報は、各社の取引アプリからも見ることができます。FX関連のスマホアプリやFXセミナーに関しては、後述の「スマホアプリ de 情報収集」、「無料セミナー de 情報収集」も参考にしてみてください。

外為オンライン

外為オンライン

見出し

  • 話題のiサイクル2取引®
  • 使いやすさ
  • 無料で体験 FXデモ口座
  • 豊富な情報コンテンツ
  • 安心のお取引環境

外為オンライン2

見出し

  • 今日のアナリストリポート
  • 今週のレンジ予想
  • 兵(つわもの)ブロガーの週間相場予想
  • ミスターFXによる今週のFXアングル
  • 外為LAB.
  • マーケットカレンダー
  • 初心者でもわかる!実戦チャート術

外為オンラインは、「豊富な情報コンテンツ」を魅力の1つにしているFX会社です。他社に比べ、マーケット情報が非常に充実しており、FX関連の情報だけでなく、FX取引の参考となるリポートも豊富なので、FX戦略の参考になります

マーケット情報 | 外為オンライン

  • 今日のアナリストリポート
  • 今週のレンジ予想
  • (つわもの)ブロガーの週間相場予想
  • ミスターFXによる今週のFXアングル
  • 外為LAB.
  • マーケットカレンダー
  • 初心者でもわかる!実戦チャート術

外為オンラインでは、前述のロイター、 FX-WAVE、MarketWin24とニュース配信契約を結んでいます。ロイターは、日本で最も早く経済指標を発表してくれる会社なので、米雇用統計などの主要な経済指標の発表内容を1秒でも早く入手したい人にはおすすめです。 

取引アプリツイッターフェイスブックセミナー

外為オンライン

ニュース配信あり

@gaitameonline@official.gaitameonline会場セミナー

DMMFX

見出し

DMMFXのマーケット情報サイトでは、時事通信社提供の為替ニュース、為替レート、各通貨ペアのチャート、経済指標カレンダーをリアルタイムで提供しています。しかし、外為オンラインのような分析レポートは提供されていません

取引アプリツイッターフェイスブックセミナー

「DMMFX」

ニュース配信あり

@DMM_FX@dmm.fx

YJFX!

yjfx

yjfx02

YJFX!は、ヤフーグループのFX会社です。

「YJFX!アカデミー」というFXについて学ぶための情報サイトが用意されており、各分野で著名なプロフェッショナルによる無料オンラインセミナーや、クイズ形式で楽しく学べる「YJFX!虎の巻」、YJFX!でしか見られない「FXレポート」などが無料で提供されています。

誰でも「学べるコンテンツが盛りだくさん」なので、初心者だけでなく、FX取引のレベルアップを目指す方にもおすすめです。

YJFX!では、プレミアムレポートとグローバルインフォ社の外国為替ニュース配信サービスを会員限定で行っています。会員限定サービスは、パソコンの取引画面やFX取引アプリ「Cymo」からログインすると読むことができます。

プレミアムレポートの内容で注目したいのは「みんなのオーダー」です。

みんなのオーダーでは、YJFXトレーダーの指値・逆指値注文状況をグラフ化して毎日更新しており、各通貨ペアの前営業日の売買比率や、保有ポジションのショート・ロング割合の状況など、他のトレーダーの注文状況を確認することができます。

グローバルインフォ社のニュース配信サービスGlobalinfo24は、様々な雑誌やWebサイトで活躍する人気の今井雅人氏らが、最新の市場ニュースを幅広く配信しています。人気も認知度も高いニュース配信サービスなので、FXのレベルアップを考える人にはおすすめです。

YJFX! プレミアムレポートの内容

  • みんなのオーダー
  • 今野実の市場を読み解く
  • YJFX!オリジナル ウィークリーレポート
  • スペシャルレポート

取引アプリ

ツイッターフェイスブックセミナー

「Cymo」

ニュース配信あり

@YJFXinc@yjfxincyjfxセミナー情報

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、FXも取り扱っていますが、FX会社ではなく日本のインターネット証券会社です。Market Win24、ダウ・ジョーンズ、日本証券新聞社から、国内と海外のマーケット情報を24時間随時更新しており、1日に平均100本以上配信しています。

FXニュース」や「経済カレンダー」は、パソコンの取引画面やスマートフォンアプリ「GMOクリックFXneo」から読むことができます。

パソコン版でもアプリ版でも、FXニュースとチャートを連動させた機能が搭載されており、経済イベントの影響を確認しやすくなっています。口座開設をしていなくても、無料のデモ取引体験ができるので、ぜひ体験してみてください

GMOクリック証券

GMOクリックFX

FXネオ

GMOクリック証券03

GMOクリックTV「投資チャンネル」では、ダイワインターネットTVで人気の動画コンテンツ「マーケット情報」と「スペシャリストレポート」の動画配信と、リアルタイム為替レート、経済指標およびイベントなどを配信しています。

画面左上の「≡」ボタンをクリックすると、マーケット情報とスペシャリストレポート画面を切り替えることができます。マーケット情報では、東京マーケットだけでなく、ニューヨークや中国マーケットの情報も動画形式で提供されており、ほぼ毎日更新されています

スペシャリストレポートでは、YJFX!のようなFX向けの情報ばかりではありませんが、民放のテレビ番組とはひと味違う経済予測レポートなど経済動向を知る上で参考になる動画が配信されています。 

GMOクリック証券04

GMOクリック証券05

GMOクリック証券06

取引アプリツイッターフェイスブックセミナー

「GMOクリックFXneo」

ニュース配信あり

@GMO_ClickSec_PR@gmoclicksec会場セミナー

マネースクエア

見出し

マネースクエアは、FXの自動売買「トラリピ(R)」サービスを提供しているFX会社です。マーケット情報には、月・週ごとのレポートやマーケットコラム、参考データなどが充実しています。

マーケットコラムの「2分でわかる」シリーズは、重要な内容が短時間で読めるようにまとめられているので、要点だけ知りたい方にはおすすめです。

会員でなくても読めますが、一部会員限定のレポートもあります。

マネースクエア マーケット情報

  • 市場調査部・レポート
  • ウィークリーレポート
  • マーケットコラム
  • マンスリーレポート
  • 最新マーケット情報
  • 経済指標・価格データ
  • トレード参考データ

マネースクエア01

マネースクエア02

M2TV

マネースクエアには、「M2TV」という無料の動画配信サービスもあります。M2TVには、5~15分位にまとめられたマーケット情報や投資戦略解説などのチャンネルがあり、市場調査アナリストが解説しているのでFX戦略の勉強をしたい人におすすめです。

FX投資戦略ウィークリーは毎週月曜日更新、FXマーケットViewは毎営業日(祝祭日を除く)更新です。マーケットコラムの2分でわかるシリーズと同様に、「3分チェック!来週の注目材料」という番組もありますよ。

M2TV チャンネル紹介

  • マーケットViewチャンネル
  • 投資戦略チャンネル
  • プレミアムトークチャンネル
  • トラリピチャンネル
  • ビギナーズサポートチャンネル
  • ラジオ番組アーカイブチャンネル

マネースクエア03

取引アプリツイッターフェイスブックセミナー

「ポケトラ」

ニュース配信アリ

(@toraripikun)

更新頻度 低

(@M2J.inc)

更新頻度 低

毎月多数開催

WEBセミナーもあり

FXブログ de 情報収集

ブログで情報収集

ニュースサイトやFX会社から提供される情報だけでも十分ですが、FXトレーダーのコメントやFX運用状況を知りたいときには、FX関連のブログを読んでみるのも参考になります。

ザイFX!

ザイFX01

ザイFX02

見出し

  • ザイFX! - FXトレーダー、FX初心者に役立つ為替チャートやFX会社比較

投資雑誌『ダイヤモンドZAi』から生まれたFX情報サイト「ザイFX!」では、最新の為替ニュースや為替レート、FX業界の注目ニュース、独自のFXコラム、FX初心者向け記事、FX会社比較など、FX情報が満載です。

株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ(株式会社ダイヤモンド社の100%子会社)が運営しています。

世界の為替チャートは、1分毎に更新されており、ほぼ最新の情報を見ることができます。また、経済統計指標の影響度をランク分け表示してくれているので、初心者でも相場への影響度がわかりやすくなっています。

羊飼いさんによる「これからどっちに動く!?」の予想も初心者にはうれしいですね。

ザイFX!では、FXに特化した市況や経済指標の発表内容・予定などの情報を毎日配信(祝日を除く)する無料の「ザイFX!メルマガ」と、FXアナリスト&個人トレーダーによる日々の為替予想やポジジョンなどがほぼ毎日届く有料のFXメルマガサービスもあります。

有料FXメルマガは、10日間無料体験できます。

ツイッターフェイスブックその他
@ZAiFX@ZAiFXメルマガ

羊飼いのFXブログ

羊飼いのFX取引

羊飼いのFX02

見出し

前述の「ザイFX!」や日経ヴェリタスなどに登場する自称「謎の癒し系FXトレーダー 羊飼いさん」が運営するFXに特化した経済情報と、羊飼いさんの見解など盛りだくさんのFXブログです。

趣味:FX、仕事:FXと自己紹介に書いてあるのが納得のFX情報量と、「過去発表時のチャート記録早見表」「指標通知システム」という、FX会社でもあまりみかけないようなシステムもあるので一見する価値はあります。

FX情報が集められているだけでなく、

見出し

「・12時30分:豪)RBA政策金利&声明発表→豪ドルが大きく動くことは必至」

「・18時30分:英)サービス業PMI→英ポンドが大きく動くキッカケになり得る」

などのコメントは、どの経済ニュースがFXに影響するのかわからない!という初心者には参考になります。

「羊飼いのFX取引&戦略ブログ」では、1日に数回、羊飼いさんのFX戦略データが更新されています。デイトレード、スキャルピングトレード、スイングトレードを行う方は参考になりますよ

ツイッターフェイスブックその他
@hitsuzikai@hitsuzikaifxアプリ・メルマガ

Twitter(ツイッター)de 情報収集

ツイッターで情報収集

ここまでに紹介したニュースサイト、FX会社、FXブログでは、TwitterやFacebookでも情報配信しています。SNSは、簡単かつスピーディーに発信できるので、Twitterを利用するFXトレーダーもたくさんいます。

自分のトレードスタイルや好みに合ったTwitterユーザをフォローして、FX戦略の参考情報を集めてみましょう

 ツイッターフェイスブック
ロイター@Reuters_co_jp@reuters.co.jp
日本経済新聞@nikkei@nikkei_market など@nikkeiなど
外為オンライン@gaitameonline@official.gaitameonline
DMMFX@DMM_FX@dmm.fx
YJFX!@YJFXinc@yjfxinc
GMOクリック証券@GMO_ClickSec_PR@gmoclicksec
マネースクエア@toraripikun@M2J.inc
ザイFX!@ZAiFX@ZAiFX
羊飼いのFXブログ@hitsuzikai@hitsuzikaifx

スマホアプリ de 情報収集

スマホで情報収集

FXアプリ

iPhoneのApp Storeや、AndroidのGoogle Playで「FX ニュース」と検索すると、たくさんのアプリがヒットします。

FX会社が提供しているFX取引用アプリ、新聞社などが提供しているニュースアプリ、FXニュースの収集に特化したアプリ、FX練習用のアプリ、個人のFXブログに連動したアプリなど、様々なFX関連のアプリがあります。

見出し

  • FX会社が提供しているFX取引用アプリ
  • 新聞社などが提供しているニュースアプリ
  • FXニュースの収集に特化したアプリ
  • FX練習用のアプリ
  • 個人のFXブログに連動したアプリなど

※スマートフォンの機種やOSバージョンによっては、上手く動かないこともあります。

FX会社が提供しているアプリ

FX会社のアプリ

FX会社が提供しているアプリでは、FX取引だけでなく、自社が提供しているFXニュースも見ることができます。会員でなくてもニュースだけ見ることができる場合もあります。

FX会社 de 情報収集」でも紹介しましたが、FX会社によってニュース配信元が異なっていますので、いろんなFX会社のアプリを使ってニュースをチェックしてみましょう。

発表される経済指標の重要度の表示、経済指標発表アラート機能、暗い場所でも目に優しいナイトモード機能など、アプリ毎に表示方法や搭載されている機能が違うので、自分の好みやトレードスタイルに合ったアプリを見つけると、FX情報収集のレベルアップ&スピードアップにつながります

見出し

  • 外為オンライン    「外為オンライン」
  • DMMFX      「DMMFX」
  • YJFX!       「Cymo」
  • GMOクリック証券  「GMOクリックFXneo」
  • マネースクエア   「ポケトラ」

各FX会社が提供しているオリジナルの取引アプリの場合、スマートフォン版とタブレット版の2タイプ用意されていることがあります。

タブレット版を使うと、スマートフォンよりも画面に表示される情報量が多いため、短時間で情報収集することができます

アプリ経由ではなく、インターネットブラウザからFX取引サイトにログインした場合でも、タブレットはパソコン版と同じ画面を開くことが可能なので(※)、スマートフォンのようにピンチ操作で拡大/縮小する手間がありません。

個人的には、10インチ以上のタブレットがおすすめです。

※スマートフォンの機種やOSバージョンによっては、ブラウザの「PC版サイト」にチェックを入れる必要があったり、上手く表示されないこともあります。

※FX取引サイトによっては、タブレットのインターネットブラウザからログインできない場合もあります。

オリジナル取引アプリ

FXニュース収集アプリ

FX関連のニュースを集めて表示してくれるアプリもあります。表示される情報や表示方法は、各アプリによって違いますので、お好みのアプリを探してみましょう

FX新聞

FX新聞

前述のロイター、日経、ザイFX!だけでなく、東洋経済、産経新聞、朝日新聞デジタル、J-CASTニュースなど、約30社が提供しているニュースを一度に確認することができるFXニュース収集アプリです。

日経のニュースは、経済、国際、株・金融などと細かく分かれており、くらし、エコなど興味のない分野は非表示設定をすることもできます。

為替レートは表示されません。

FXnews:見やすい為替レート&経済ニュース

経済ニュース

為替レートと経済ニュースを一度に確認できるFXアプリです。表示する通貨ペアの選択できるだけでなく、経済ニュースも重要なリアルタイム情報に厳選されているので、時間がない人でもFXニュースをチェックしやすいアプリです。

記事には写真や動画もあり、ニュース内容がわかりやすいように工夫されています。

無料セミナー de 情報収集

無料セミナーで情報収集

FX取引を扱っている会社の多くは、FXに関する無料セミナーを行っています。全国各地で開催される会場形式のセミナー、オンライン形式のセミナー、動画ライブ配信形式のセミナーなど、FX会社によって特徴があります。

セミナーは、初心者向け~上級者向けまであり、相場予想、リスク管理、トレード手法や注文方法の解説など、多種多様な内容で行われています。会員でなくても無料で参加できるセミナーもあります。

FXセミナーをまとめて検索したい」という場合には、下記のサイトが便利です。

独学でやってきたけれど行き詰まってきた、新しい手法を取り入れたい、FX仲間が欲しいという時には、アナログ的な手法かもしれませんが、FXセミナー会場へ足を運ぶのも一つの手段です。

ただし、教材を売りつけるようなFXセミナーもありますので、FX会社主催のFXセミナーを選ぶようにしましょう。

FXセミナー情報

まとめ

FXの情報収集のまとめ

FXは情報が命!」と言われることもあるくらい、情報収集は大切です。しかし、時間をかけてたくさんの情報を集めても、集めた情報が為替にどのように影響するのかを知らなければ、時間の無駄遣いになってしまいます。

FX相場は24時間動き続けており、世界中から情報が集まってくるため、時々刻々と情報は増え続けます。

大量のFX情報を知ることよりも、必要な情報を見分け、その情報を活かしてFX戦略を立て、売るのか、買うのか、ポジションを維持するのかを判断する力の方が重要です。

そのためには、ある程度、世界経済の動きを勉強する必要があります。自分のライフスタイルやFX知識レベルに合わせてFX戦略を考えるためには色々な方法があります。

見出し

  • 普段は新聞やテレビで軽くチェックする程度だけど、為替が大きく動いた時だけは詳しくチェック!
  • アプリやTwitterを活用して、ちょっとした休憩時間にFXニュースを読んでこつこつ勉強!
  • ちまちまニュースを読むよりも、無料セミナーでがっつり勉強! など

ニュースを有効活用して利益が出せるようになるためにも、自分のトレードスタイルや通貨ペアに合うFX情報の提供先とチェック手段をいろいろと試すことから始めてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-経済指標・政策金利

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.