【初心者でも出来る!】外貨両替でお得に儲かるベストな方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
外貨預金

突然ですが、外貨両替ってしたことありますか?

いやぁ海外旅行もそんなに行かないし、自分にはあんまり縁がない?

そうですよね、多くの方はそうだと思います。

でも!

実は外貨両替の相場っていうのは、お互いの国の信用によって、勝手に上がったり下がったりするんですね。

相場が変動するところに利益あり」とはよく言ったもので、ぶっちゃけ外貨両替を上手に使えばお金になるってコトなんですよ!

相場が上下するということは、つまりは価格差が利益になるということです。

せっかちな方のために結論から言ってしまいますが、外貨両替で儲けるベストな方法はFX取引なんですね。

ただし実際に両替して、その国のお金そのものが手元に欲しい(例えば、旅行に行くのでそのための外貨が欲しいというケース)ような方は、FXだと外貨そのものは手に入らないので不向きということになってしまいますが。

今回はお金そのものの話から、外貨両替やFXの話をしていきます。

「外貨両替」ってなんだろう?

外貨預金 何?「外貨両替」って聞くとあまり馴染みがないかもしれませんが、そんなに難しいことではありません。

単純に、手元にある円を他の国の通貨にしましょうという話です。

まぁ厳密には、円じゃなくても良くて、2つの国の通貨の両替のことを、外貨両替っていいます。

なぜ外貨両替するかというと、アメリカやヨーロッパ諸国でのメイン通貨は、日本円ではありませんので、海外旅行の際は必ず旅行先の国の通貨を用意しなければなりません。

最近はクレジットカード決済が当たり前になってきたので、さほど大金を両替をする機会も大分減ってきましたが、それでも細かいお金やチップ用に最低限の現金は必要です。

ん、海外なんて行ったことないからわからない?

大丈夫です。

今回のテーマは海外旅行ではなく、外貨両替です。

海外旅行に行ったことがある方もない方も考えてみて欲しいのですが、毎日ニュースで言っている「1ドル=何円」というのは、なぜ変動するのでしょうか。

そう、ニクソンショックによって、変動相場制を採用したからです。

投資に詳しくない方でも、この話はご存じの方が多いのではないでしょうか。

為替相場の変動=信用の変動

外貨預金 変動ニクソンショックによって、金本位制から返送相場制に移行した、という一文はかなり多くの方が知っていることでしょう。

しかし、その本当の意味を理解している人は、さほど多くはないかと思います。

これは単純に「へぇ、変動相場になったんでしょ?」という意味だけではありません。

金本位制というのは、「この分の金(Gold)があるから、これだけのお金が発行できる」という仕組みでした。

いわゆる、「兌換通貨」というやつですね。

つまり、お金の上限を決めていたということです。

発行されているお金は全てGoldによる裏付けがあったんですね。

それが変動相場制になったということは、言ってみればお金を刷り放題になったというわけです!

さらにこの当時から、ドルは世界の基軸通貨でした。

つまりドルが刷り放題になれば、アメリカは世界中からお金が集められるということです。

この発表の直後、もちろん民衆は「アメリカがドルを刷りまくれるなら、ドルの価値なんてアテにならないんじゃない?」と思うわけで、そうこうするうちにドルの価値は、各国の通貨と比べ大幅に下がりました。

この変動相場制の導入により、お金は「信用」という概念に、実態を伴わないものになりました。

つまり、為替相場の変動というのは、信用の変動そのものなのです。

「お金に実態がない」ってどういうこと?

お金 とはお金に実態がない」というのは受け入れにくく、なかなか抵抗があるかもしれません。

ではここで、お金の歴史をさかのぼってみましょう。

最初は、物々交換でしたね。

海の幸と山の幸などなど、自分が手に入れているものと、自分が手に入れにくいものを交換します。

それが、定着していくと、問題が出てきます。

どちらか一方がたくさん取れたときなどに不都合が出てきますし、いつも同じ価値のものが出せるとも限りません。

そうなると、共通の貝殻や鉱石などを「貨幣」として、取り決めします。

ちなみに、貨幣の貨という字に「貝」が入っているのは、こうした初期の段階で「貝」を使ったことに由来するようです(ドヤァ)・・・って、え?知ってる!?

そして、この貝や鉱石は、偽物を作りにくいため、こうした貴重なものを貨幣としたわけですが、持ち運びをよくするために、硬貨や紙幣、さらには信用取引を行うための銀行という考え方や、証文という考え方に発展していきます。

ということで、例えば1万円札というのは、日本銀行券、証文そのものです。

日本銀行が、この1万円札に1万円という価値があると保証しているだけのことで、この1万円札で、1万円分の品物が購入でき、そして日本は現金決済至上主義ですので、1万円札そのものに価値があるような気がしますが、実はそうではなく完全にバーチャルな「信用」というものが可視化しているに過ぎません。

ポイントカードや仮想通貨は?

ポイントカード最初にポイントカードという制度が導入されたとき、ある店舗の囲い込みかぐらいしか思わなかったのですが、例えば、Tポイントのように複数の店舗で使えるポイントがあります。

まずこのシステムを知ったとき、頭にパッと思いついたのは、このTポイントは使えるところは限定されているものの、お金とほぼ同等の価値があるということでした。

そして、いかに効率よくこのTポイントを集めるかを考えていました。

しかし今やポイントサービスという概念は、業種を超えて使えたり、ネットショッピングでも使えるため、財テクの雑誌などでも結構ガッツリ特集されています。

ネットショッピングなどまさに、お金が概念だということそのものが分かりやすい例で、数字の動きだけで完結します。

そもそも銀行に預けている残高は、どのATMでも手数料は別として、あなたの口座に入っている預金残高分だけお金をおろすことができます。

この時点で、十分にお金が物質ではないということが分かるのではないでしょうか。

システムが整っているだけで、もはや物質である必要がないと言った方が正確でしょうか。

ん、釈然としない顔をされていますね。

自動販売機や、現金しか使えないお店もある?

そうですね、その通りです。

そういったケースでは、その分自動販売機やそのお店が、信頼とセキュリティー面で担保が取れないからです。

もっと分かりやすい話では、仮想通貨などはまさに名前の通り仮想そのものです。

ネットで炎上してしまい、CMに出ている芸能人の方も散々ネタにされてしまったビットコインの会社コインチェックはさておき、ビットコインそのものは、お金の本質をついています。

ビットコインに本格的に注目をし始めたきっかけは、決済に使えるようなところが徐々に整備されていたからです。

例えば、海外FXでは証拠金の入金をビットコインで対応可能とするところが出てきましたし、もっと身近なところでは、ビックカメラがビットコイン決済対応を行っています。

私自身、家電量販店が好きなのもありますが(笑)、こうなってくると利益を出そうという以前に、自分自身が使うことを目的として、俄然やる気が出てきます。

ビットコインの凄いところは、国家、国による保証というものがなく、完全にグローバルでやり取りできるところです。

銀行も返さないため、手数料も安く、「営業日ベース」のような概念もありません。

そこにあるのは、ビットコインのシステムに対する信用と、決済を導入している会社への信用だけです。

今回のコインチェックの一件を引き金にした、ビットコインの暴落で「やっぱり、現金が一番」とか「通貨発行権に触れるのはタブー」と言った論調が出ますが、本当にそうでしょうか。

これは、単純に自分自身の信用をどの形でストックしていくか、でしかありません。

株取引になれていると株主優待や配当はおまけで、結局売りぬいてお金にするという発想が大部分になってしまうかもしれませんが、投資というのはそれだけではありません。

逆に言えば、日本円というのは、そこまで魅力的な通貨なのでしょうか。

何度も繰り返しますが、「お金」とは「信用」です。

国と国の信用とは?

外貨 信用ということで、前置きが長くなりましたが、「お金とは信用」という話でした。

では、国と国の信用とは何でしょうか。

分かりやすく言うと、あなたの大切な財産をどこに預けたいかということです。

例えば、自分のメインバンクを決めるときに、銀行を選びますよね?

ATMが多いメガバンクとか、住宅ローンの金利が低いネット銀行とか、自分の基準で選ぶと思います。

では、ここに海外の銀行というか、海外の国も視野に入れてみてください。

例えば、あそこの国は普通預金の金利が高いとか、政権が安定していないとか、紛争地域であるとか、色々な要素を検討すると思います。

これが、その国の信用です。

つまり、その国の通貨が「欲しいかどうか」という話ですね。

そして、一口に「信用」と言っても、色々なことが影響します。

国のトップが変わるのはもちろんのこと、打ち出された経済政策、政治的な決定、国を代表する企業の動向など・・・、信用に影響することは非常に多岐にわたり、それが複雑に絡み合って相場に反映されるのです。

「為替」とは?

外貨 FX相場で利益を得ようと思うと、手っ取り場合のは「為替」です。

これはどういうことかと言うと、「先物取引」そのものです。

コメやとうもろこしなど、日経新聞に載っている先物取引ですが、実際にコメやとうもろこしを安く仕入れようと、先物取引をやっている方はほとんどいないと思います。

このように、商品そのもののやり取りではなく、変動差による損益を得ていくのが、為替と言います。

FXはズバリ、この先物取引をお金でやるのです。

つまり先ほどのように、「自分のお金をどこの国に預けるか」という視点だと、単純な「外貨預金」になりますが、先物取引の考えが入ると、自分が欲しいだけでなく、投資家たちがどう動くかを予想することも必要になってきます。

「外貨両替交換所」とFXの違いは?

為替 FXFXは「Foregn Exchange」の略で、「外貨両替」そのものですが、実際に外貨両替をしているのではなく、先物取引の対象として外貨両替を選択しているに過ぎません。

FX取引はバーチャルな先物取引なんてやだなぁ、やっぱり、目の前でやり取りがしたいという方もいると思います。

そんな方のために、外貨両替交換所との違いを解説しましょう。

まず、一番の違いは、交換した通貨が手に入るかどうかです。

海外旅行に行く際に、いくらFX取引を行っても、手元にドルやユーロは手に入りません。

いや、こうやって書くと、笑い話みたいですが、結構本質的なトコロなんです(汗)。

FX取引の場合は、買いと売りがセットで、初めてプラスマイナスが確定します。

売り→買いという場合もありますが、セットでしかありません。

つまり日本円をドルに、そのドルをユーロに、というのは、FXではできず、FXで円をドルをはさんで違う通貨にしたい場合、「通貨ペア」と言って、2つの通貨を選んで、売り買いセットを行っていくだけです。

次に、外貨両替交換所は、実際に外貨の受け渡しがあるので、手数料がかかります。

手数料が無料というところもありますが、この場合は、売値と買値の値に既に含まれています。

FXの場合も、多くの会社がこのレートに手数料を含んでいるシステムを採用しています。

そして、この売値と買値の差を「スプレッド」と言います。

FX取引会社で国内最狭スプレッドとして、多くの会社が採用している水準は、米ドル/円の場合で0.03円(30銭)ですが、これに対して外貨両替交換所では、1円以上の手数料が多く見られます。

ちなみに交換所は銀行のほか、銀行が開いている出張所、旅行代理店などで外貨両替可能です。

銀行は営業時間が限られていますが、土日祝や夜まで開いているところは、もちろんそれだけ手数料が高く設定されているわけで、経済原理そのものですね。

では肝心な問題、FXって大丈夫なの?

FX 大丈夫FX関係のブログやまとめサイトを読んでいる方だと、どうしても「FXで全財産溶かした顔」や「FXは勝てないもの」というイメージが先行しがちです。

結論から言うと、初心者の9割がFXで負ける理由は、ルールや仕組みの理解不足、つまり準備不足がほとんどです。

ですが、FXの取引ルールがすごく複雑かというとそうではなく、ルールそのものはとてもシンプル。

FXはぶっちゃけ「どうやって利益が確定されるのか」、「どうやったら強制決済されるのか」の2点さえ押さえておけば何の問題もない投資なんです。

ただ、多くのFXサイトでは「テクニカル分析が~」とか、「経済指標が~」とか、「世界の経済と社会情勢にアンテナを高くしておこう」などと難しく説明されているため、予想は難しそうと敷居を高く感じてしまうかもしれませんが、結局は上がるか下がるかだけの話です。

さらに言うと、株取引やビットコインのように、「安い時に買って、高くなったら売る」だけのスタイルではありません。

「国と国の信用」なので、ワンサイドゲームで長期間的に見れば、下がり続けたり、上がり続けたりということはほとんどありません。

例えば、数年前1ドル=90円という時代がありました。

記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

それが近年では、1ドル=110円前後です。

これだけで、20円の差があるんですよ?!

FXの場合は、1,000通貨単位や1万通単位というのが、最小単位なので、この場合は1,000ドルや1万ドルということになります。

つまり、90円のときに買って、110円のときに売れば、それだけで2万円や20万円の利益です。

さらに、スワップポイントと言って、日々金利のように付くポイントがあります。

これを利用すれば、さらなる上乗せです。

※スワップポイントは、売り買いポジションそれぞれで決められているため、マイナスのスワップポイントが発生する場合もあります。

外貨両替で儲けるオススメな方法まとめ

外為両替 まとめさて、今回は「お金そのものとは何か」から始まり、外貨両替で儲けるベストな方法としてFXを紹介しました。

お金とは「信用」というお話。

さらに、外貨両替の相場とは「国と国の信用」というお話。

そして、外貨両替の相場で利益を得ようとした場合は、外貨両替の交換所ではなく、先物と取引、為替としてのFXの条件が格段にいいというお話です。

もちろん、FX取引会社ごとに条件は様々ですので、気になった方はぜひ調べてみてくださいね。

今回のお話は、自分が思っている以上に、既に仮想化されていることにショックを受けた方もいるんじゃないでしょうか。

ただ、AIとの融合や、2018年が新しい時代だ、とか都市伝説的なことを言うつもりはありません。

単純に、今の考え方の土台を「日本」に限定しなくなったとき、色々な選択肢が出てくるということです。

少し話が大きくなってしまいますが、そんなに追い詰められなくても、「日本」に限定しなくなったとき、より大きな視点によって救われる方が一人でもいればと思います。

そうした「海外へ目を向ける」という意味では、実際に海外に行ってみることがベストだとは思いますが、まずは入門編として、為替相場や各国の政治・経済ニュース、指標に触れるFXもオススメです。

経済活動に興味を持ってもらうために、株取引を始めてみては?というのと同じですね。

FXは株と違って、「レバレッジ」と言って、実際に取引に使うお金よりも少ない金額で取引できるというのも特徴の一つです。

なお、「レバレッジ」は、「何倍もの取引ができる代わりに、何倍もの借金を背負う」みたいな解説をしている方がテレビに出ていたりしますが、そんなシステムではありません。

レバレッジのリスクは、ロスカット=強制決済されるラインが近づくということです。

少しの変動差で、含み損が大きくなるということです。

ただ、取引に使用しない資金を残しておけばいいだけで、この部分の対策をできていない方が「初心者の9割が負ける」にハマってしまった方なのです。

気になる部分があった方は、ぜひ自分なりに調べて、自分自身の納得のいく選択をしてもらえたらと思います。

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX YJFX! iサイクル

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1.0銭 15円 5,000円 89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 35円 最大 20,000円 DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!

の超人気会社で50万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFX

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭 40円 最大 30,000円 hgs37jx

ヤフーグループのFX専門会社!ヤフーの資金力とシステム構築力で業界トップを狙うYJFX!

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4000円)取引ができます。

スマートフォンアプリが有名で、昔からスマホ取引ならYJFX!と言われるぐらいスマホの取引機能が充実しています。

隠れた優良サービスである現受け・現渡しにより格安で外貨に両替する事も可能。

海外旅行の前に外貨両替するとお得です。空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめのFX会社です。メインの取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つと言えるでしょう。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

k64hdg19

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
0.3銭 30円 最大 20,000円 89d3sja

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネット

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
原則固定0.3銭 31円 最大 30,000円 1n9sg

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

スプレッドが安くて低コスト!「みんなのFX」

みんなのFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
s7jx1h9
みんなのFXは全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社です。

取引ツールの使いやすさが特に有名で、FX初心者に人気です。

シンプルで見やすい取引画面なのに、FXのプロも唸る高機能!初心者からプロまで幅広い方が使っています。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」で自分のトレードの傾向や弱点等がわかり、他のFX会社より早く稼げるトレーダーになれると評判です。

また、今話題の「バイナリーオプション」もあるので50円からの少額でもFXができます。日本のFX会社のバイナリーオプションなので安心して取引ができます。

長期に的に安定して稼ぎたいなら、FXの実力が最も上がりやすいみんなのFXが一番お勧めです。

みんなのFX 口座開設


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。