FX初心者が知っておくべきデイトレード手法と勝つための5つのコツ

FXデイトレードの手法って?
FXデイトレードってどんな手法なんだろう?

この記事で解決できる疑問

  • FXデイトレードってどんな手法?
  • FXデイトレードで勝つコツって?
  • FXデイトレードは自分にもできる?
  • FXデイトレードに向いているFX口座はどれ?

この記事の内容を理解して実践することで、上記のような疑問を解決できるようになりますよ!

なぜなら私もこの記事に書いてある内容を理解したことで、デイトレードが自分に合っている手法か知ることができ、コツを抑えて勝てるようになったからです。

デイトレードは初心者にもおすすめの手法ですから是非マスターしてくださいね!

それでは「FX初心者が知っておくべきデイトレード手法と勝つための5つのコツ」をお送りいたします!

そもそもデイトレードとは?

デイトレードとは、その日のうちに注文から決済までを終わらせてしまうトレードスタイルです。

1日に数回のトレードを行い、ポジションを翌日に持ち越しません

スイングトレードやスキャルピングとの違い

デイトレードは、スイングトレードやスキャルピングとは全く別物です。

スイングトレードは、ポジションの保有期間が数日~数週間である場合が多いです。

スキャルピングはデイトレードと同じ短期取引に分類されますが、デイトレードが1日に数回のトレードに対し、スキャルピングは数十回とトレードを重ね、数pipsの利益を得ていく手法です。

FXデイトレード手法のメリット4つ

ここでFXでデイトレードのメリットを紹介しますね。

メリット4つ

  1. 翌日に持ち越さないので安心して眠れる
  2. 常にPCの前にいる必要がない
  3. 空いた時間のお小遣い稼ぎになる
  4. スワップポイントを気にしなくて済む

メリット①翌日に持ち越さないので安心して眠れる

ポジションを翌日に持ち越すことが無いので、安心して眠れます。

理由はその日のうちに決済してしまうからです。

同じ短期取引のスキャルピングでは、わずかな値動きにも敏感に反応しないと利益は稼げないので、利益を得る機会を逃さないようにと夜中もチャートを気にするようになります。

デイトレードでは、利食い、損失まで事前に計画的に注文してしまうことで想定外の損失は出ないので、精神衛生上でも安心ですね!

利食い、損切りとは?

【利食い】
持っているポジションに利益が出ているときに、これ以上の高望みをせずに決済して利益を確実に手に入れることを言います。「利確」とも言います。

【損切り】
相場が予想と反対に動いた時に、早めに決済し損失を小さく抑えることです。

どちらもFXで稼ぐ上では欠かせない事なので覚えておきましょう!

メリット②常にPCの前にいる必要がない

常にPCの目の前でチャートを追う必要がありません。

基本的にデイトレードは、空いた時間にチャートを分析して事前に新規注文、決済注文を入れておくため、トレード自体は自動で行われます。

なので、PC画面にかじりついていなくてもいいのです。

これなら、本業の仕事に干渉することもありませんよね。

メリット③空いた時間のお小遣い稼ぎになる

空いた時間をお小遣い稼ぎの時間に変えることが出来ます。

デイトレードは一度のトレードで得られる利益は決して大きくはありませんが、仕事が終わって家に帰ってからの時間でも出来る手法です。

日中は忙しいサラリーマンでも、帰宅後に1~2時間を使うことならできそうですよね。

詳しくはコチラ

fx副業
FXは副業禁止の会社でもOK!稼ぐ副業トレーダーが教える4つのポイント
FXは副業ではないので会社をクビにされません!確定申告すれば職場にもバレません。FXが禁止される職業は?いくらからはじめられる?初心者でも失敗しない?FXで稼ぐ現役副業トレーダーさんにインタビューして知った副業だからこその稼ぐコツを教えます。

メリット④スワップポイントを気にしなくて済む

スワップポイントを気にする必要がありません。

スワップポイントは、日をまたいでポジションを持っていない限り付与されません

長期だとスワップポイントで損をしてしまう通貨ペアのトレードでも、スワップポイントを気にすることなくトレードが可能ですね。

FXデイトレード手法のデメリット2つ

デイトレードにはデメリットもあります。

デメリット2つ

  1. 値動きが少ない時は取引できない
  2. 感情的な取引をしてしまう

デメリット①値動きが少ないときは取引できない

デイトレードでは、値動きが小さすぎる時にはトレードできません。

デイトレードの手法は、値動きが10pips~50pipsの変動幅を狙ってトレードをするので、それより小さな値動きの際にはスプレッドを取られるばかりで損失が出てしまいます。

そういった日は、すっぱり諦め翌日のトレードに回しましょう。

10pipsってどのくらい?

pipsとは、ある通貨の最小単位を指します。

日本円だと「1pips=1銭=0.1円」ですので「10pips=1円」です。

デメリット②感情的な取引をしてしまう

デイトレードは感情的に取引をしてしまいやすいです。

デイトレードは、その性質上一度のトレードで大きな損失は出にくいです。

損失額が小さい分、「次のトレードで取り戻せる!」と根拠の無い自信でトレードをしてしまうことが多いのです。

特に初心者にこの傾向が多いので注意しましょう。

ドキッ!!

FXデイトレード手法で勝つための5つのコツ

それではここで、デイトレードで勝つためのコツを5つ紹介いたします。

デイトレードで勝つためのコツ5つ

  1. デイトレードは時間帯を絞る
  2. 通貨ペアはメジャー通貨から選ぶ
  3. デイトレードに使う時間足は5分・30分・1時間
  4. 事前に損益を想定して戦略を立てる
  5. トレンドが読めないときはトレードしない

コツ①デイトレードは時間帯を絞る

トレードする時間帯を絞りましょう。

デイトレードの最も効率よく利益を上げる方法はトレンドフォローであり、トレンドが発生しやすい時間帯に絞れば効率よく勝つことが可能です。

日本時間の午前中はアジア圏市場、夕方にはロンドン市場、夜間にはニューヨーク市場が最も活発にトレードされます。

日本時間 市場
午前中 アジア圏市場
夕方 ロンドン市場
夜間 ニューヨーク市場

この3つの市場は連動しているため、トレンドやレンジが表れやすいのです。

中でも夜間の時間帯は最も為替が活発に動いているので、利益も出やすいですよ!

コツ②通貨ペアはメジャー通貨から選ぶ

通貨ペアはメジャー通貨から選ぶようにしましょう。

なぜなら、マイナー通貨は取引量が少ないことから値動きが少ないからです。

また、マイナー通貨の国の情勢は把握しにくく、値動きの予想はかなり困難です。

メジャー通貨マイナー通貨
  •  米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • NZドル
  • 豪ドル
  • カナダドル
  • スイスフラン
  •  南アフリカランド
  • トルコリラ
  • メキシコペソ
  • ポーランドズロチ
  • ハンガリーフォリント
  • ノルウェークローネ
  • スウェーデンクローナ

ワンポイントメモ

米ドルが絡んだ通貨ペアの事をドルストレート、米ドル以外の通貨と日本円の通貨ペアの事をクロス円といいます。

ドルストレートクロス円
  • 米ドル/日本円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル など
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円 など

コツ③デイトレに使う時間足は5分・30分・1時間・日足

デイトレードに使う時間足は5分・1時間がおすすめです。

2つ使用する理由は、マクロ(全体)とミクロ(部分的)両方の視点で見る方がより正確に相場を把握できるからです。

相場では原則的に、「長期足は短期足を支配」していることを知っておいてください。

「5分足では上昇トレンドを形成していても1時間足では下降トレンド」という場合、5分足でも下降トレンドに転じてしまいます。

このため、まずは長期足(マクロ)で相場を確認、次に短期足を見るようにしましょう。

コツ④事前に損益を想定して戦略を立てる

事前に損益を想定して戦略を立てましょう。

なぜならデイトレードは、行き当たりばったりでトレードするものではなく、戦略的に行うものだからです。

いくら利益を上げるのか、損失は最大でどのくらいまで許容範囲とするのかを決めておきましょう。

以下の4つを決めてからトレードに臨んでおくのがベストです。

見出し

  • 上昇トレンド、下降トレンドどちらを狙うか
  • ポジションをどのくらい持つのか
  • いくらで買うのか
  • 利食い、損切りライン

上記のような戦略が定まっていなければ、反省も出来ず次への対策も立てられないので、結局あてずっぽうのトレードになってしまいます。

コツ⑤トレンドが読めないときはトレードしない

トレンドが読めないときにはスパッとあきらめましょう。

トレンドは、大きく分けて「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ(持合い)」に分かれます。

デイトレードでは基本的にトレンドフォローが最も利益を出しやすいので、トレンドが読めない日、指標発表などの相場が大きく変動しやすいイベントがある日にはトレードを控えた方が良いです。

【FXデイトレード】トレンドとレンジで使える手法

デイトレードを行うときに、トレンド相場、レンジ相場それぞれで使える手法を解説いたします。

【トレンド相場】トレンドラインを使う

トレンドライン

トレンドラインは、サポートラインとレジスタンスラインの2種類で構成されます。

サポートラインとはチャートの始点と2点目の安値同士を結んだライン、レジスタンスラインとはチャートの始点と2点目の高値同士を結んだ線の事を言います。

サポートラインが右上がりの場合は上昇トレンドライン、レジスタンスラインが右肩下がりの場合は下降トレンドラインと呼ばれます。

トレンドラインで見るべきポイントはトレンドの強弱、トレンドの持続性、エントリーポイントの見極めです。

ポイント①:トレンドの強弱を見極める

トレンドラインの角度

トレンドラインの角度で、トレンドの強弱がわかります。

角度が急な場合、トレンドラインを保持できずにすぐに破られる可能性があります。

逆に緩やかすぎる場合も、横ばいあるいは反対方向へのトレンドへ反転する可能性が高いです。

理想的なトレンドラインは45度に近いラインと言われいて、多くの有名投資家が主要なトレンドラインと捉えています。

ポイント②:トレンドの持続性を判断する

トレンドラインの強さ

トレンドの持続性は相場がライン上で何回反転しているかで判断できます。

トレンドラインは始点と2点目を結んで引くのですが、その後にライン上で何回反転しているかによってそのトレンドラインの重要性が変化します。

目安としては、ライン上で5回反転を繰り返していればかなり持続性のあるなトレンドラインです。

ポイント③:エントリーポイントを決める

エントリーポイント

トレンドラインを引くことで、どのポイントでエントリーすればいいのかがわかりやすくなります。

例えば上昇トレンドの場合、2点目や3点目の反転するポイントで買いポジションを取り、トレンドラインをブレイクしたタイミングで決済します。

【レンジ相場】IFD注文で逆張りを狙う

レンジ相場とは、ミクロで見ると細かく値動きはしているものの、マクロでは上下していない(トレンドが無い)相場の事を言います。

サポートラインとレジスタンスラインがほぼ水平な状態で、2本のラインの間をチャートが行き来している状態です。

相場の7割はレンジ相場といわれていますので、レンジ相場での有効な手法もマスターしておきましょう!

おすすめの手法は、IFD注文で逆張りです。

ポイント①:IFD注文で新規注文と決済注文を同時に

IFD注文とは、「○○円になったら買って、その後○○円になったら売り」と新規注文と決済注文をを同時に出しておく方法です。

ポジションを注文するタイミングと、決済するタイミングを予約できるんだね!

ポイント②:IFD注文と逆張りを組み合わせる

逆張りとは、『上昇トレンドの場合はこの先にある反転を見越して売りポジション持つ』『下降トレンドの場合にはこの先にある反転を見越して買いポジションを持つ』ことを言います。

 

逆張り

レジスタンスラインの手前で逆指値で売り注文を出し、ラインよりも上のポイントに損切りのための決済注文を入れます。

これで予想を超える損失の可能性はぐっと下がります。

また、読みが当たってチャートが反転した場合は、サポートライン手前で成行注文で利食いを行いましょう。これで損失を抑えつつ、利益は確実に得られるようになります。

IFD注文で逆張り

FXデイトレードの注意点2つ

これまで、デイトレードのメリット・デメリットや効率的な手法、おススメのFX口座を紹介してきました。

ここでデイトレードにおいて注意しておかなくてはならない点も把握しておきましょう。

注意点2つ

  1. リターンを求めればリスクは必ず生じる
  2. 相場の戻りに期待せずに損切りは素早く

注意点①:リターンを求めればリスクは必ず生じる

FXではリスクとリターンは常に表裏一体です。

デイトレードに限らず、FXではリターンを求めると必ずリスクも発生します。

1000円勝とうと思えば、1000円負ける可能性も有るのです。

これまで紹介した方法でリスクを減少させることは可能ですが、完全にゼロにする=必ず勝つことは出来ません。

注意点②:相場の戻りに期待せず損切りは素早く

相場が戻ることを期待せずに、損切りは迷わす素早く行いましょう。

人間の心理として、この先に展開が良くなることを期待してしまう気持ちはわかりますが、万が一損失が大きくなってしまったら取り返しがつきません。

良くなることを祈ってポジションを持ち続けることは、投資ではなくただのギャンブルです。

予想と逆に動いたらすぐに損切りする癖を付けて、次のトレードに切り替えましょう。

FXのデイトレード手法におすすめのFX口座3つ

デイトレードの基本がわかったところで、デイトレード向けのFX口座を紹介いたします。

デイトレード向けのFX口座を選ぶポイントは、「約定力が高い」「スプレッドが狭い」「ツールの見やすさ使いやすさ」です。

デイトレードにオススメのFX口座

総合的に優れたYJFX!

ヤフーグループが運営するYJFX!は、総合力に優れていてオススメです!

スプレッドは米ドル/日本円0.2銭と業界最狭水準で、平均約定力も96%以上(※2020年4月時点)と高いです。

また、スマホアプリの使いやすさも定評がありますよ!

信頼性の高いYJFX!は持っていて損はないFX口座の一つです。

低コストで少額取引ができるLIGHT FX

LIGHT FX

低コストで少額取引が可能なLIGHT FXもデイトレードにはおすすめですよ!

1,000通貨(約4,000円)の少額でトレードをスタートできます。

また、スプレッドも業界最狭水準な上に、約定率99.9%を誇っており、コストもかかりにくいです。

デイトレードだけでなく、スワップポイントをねらった長期運用にも向いていますよ!

驚異の約定率100%!FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

約定率100%を誇るFXプライムbyGMOもデイトレードにオススメです。

FXプライムbyGMOの最大の特徴は、なんといっても約定率100%ですね!

意図した価格と違う価格で注文は入ることがありません!

スプレッドは米ドル/日本円で0.3銭と最狭水準ではありませんが、スリッページが発生しないことを考えるとコストも抑えられます。

FXデイトレード手法をマスターして健全なトレードライフを送ろう!

FXデイトレードについて解説してきました。

最後に一度おさらいしてみましょう!

この記事のおさらい

  • FXデイトレードは初心者にもおすすめ
  • デイトレードにはトレンドラインを使って分析しよう!
  • デイトレードは戦略をたてて臨もう!

デイトレードにオススメのFX口座

FXデイトレードは、初心者にもおすすめのトレード手法です。とはいえ、誰にでも簡単に勝てるわけではありません!継続して勉強しましょうね!
これで夜中にPC画面とにらめっこ生活ともおさらばできるー!
FXで体を壊していては元も子もありませんよね。デイトレードで健全なFXライフを送りましょう!

関連記事はコチラ

FXデイトレードは初心者にもおすすめ!堅実に稼ぐためのコツ3つ
FXのデイトレードは1日の間に取引を完結させる初心者にもオススメできるトレードスタイルです。この記事ではデイトレードの特長や注意点、基本的な取引手法について解説していきます。最適なテクニカル分析は?1日でどれぐらい稼げるの?そう悩んでる方必見です。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-取引手法

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.