FXのスキャルピングとは?取引に向いている人の特徴と稼ぐコツ6つ

fxスキャルピングとは

この記事で解決できる悩み

  • FXのスキャルピングとはどのような取引スタイルなのか知りたい
  • スキャルピングにおすすめのFX口座はどこ?
  • 自分がスキャルピングに向いているのか知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「FXのスキャルピングの仕組み」を理解すれば、FX初心者でもスキャルピングのメリット・デメリットがわかります。

なぜなら、私もこの方法でFXのスキャルピングがどのような取引スタイルなのか知り、おすすめのFX口座で取引したいという悩みを解決できたからです。

それでは、以下で「FXのスキャルピングのコツや注意点」について紹介します。

『すぐにスキャルピングにおすすめのFX会社で取引したい!』という方は、『スキャルピングに適したFX口座2選』をご覧ください!

FXの取引スタイル4つ

取引スタイル取引時間取引回数利幅時間軸
スキャルピング数秒~数分1日に~100回以上1~10pips1分足~5分足
デイトレード一日以内1日に~2回10~100pips5分足~1時間足
スイングトレード数日~数週間数日~数週間に1回100~500pips1時間足~日足
長期トレード数週間~1年以上数週間~数年に1回500~1500pips週足~年足

FXのスキャルピング手法とは

FXのスキャルピングとは、短時間の取引を何度も行って小さな利益を積み重ね結果としてまとまった利益を狙う取引スタイルです。

実際のエントリーと決済までは、数秒〜数十分が多いです。

ちなみにスキャルピングという言葉は、昔インディアンがスカル(頭蓋骨)の皮を薄く剥ぎ取っていた習慣に由来するといわれており、皮を「利益」に、薄く剥ぎ取る行為を「利益を得る行為」にたとえています。

FXのスキャルピングに向いている人・向いていない人

性格やライフスタイルは人それぞれなので、FXのスキャルピングにも向き不向きがあります

もちろん最初はうまくいかなくても、慣れればある程度は利益を出せるでしょう。

しかし根本的にスキャルピングに不向きな性格だと、長期的にスキャルピングで利益を出し続けるのは困難です。

スキャルピングの向き不向きについて以下で紹介しますね。

FXスキャルピング手法に向いている人

FXスキャルピングに向いている人

  • 瞬発力、判断力がある
  • 根気や忍耐力がある
  • 集中力を持続できる
  • 同じ作業をコツコツ繰り返すのが苦ではない
  • チャートを毎日見続けることができる
  • FX取引に割ける時間が多い

FXスキャルピング手法に向いていない人

FXスキャルピングに向いていない人

  • とっさの判断力に自信がない
  • 集中力が切れやすい
  • 単調な作業を繰り返すのが苦手
  • 一回の取引で大きな利益を得たい
  • FX取引に割ける時間が少ない

FX スキャルピング手法のメリット4つ

「スキャルピングは私に合っている気がするから、ぜひやってみたい!」と思った方は、以下のスキャルピングのメリット4つをぜひ知っておくといいですよ。

FXのスキャルピングのメリット4つ

  • メリット1:ロスカットの危険性が低い
  • メリット2:短期間で取引の経験が積める
  • メリット3:損失額が少ない
  • メリット4:取引チャンスが多い

それぞれのメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

メリット1:ロスカットの危険性が低い

ひとつ目のメリットはロスカットされるリスクが低いことです。

なぜならスキャルピングは短時間でポジションを決済するため、ロスカットされるほど損失が膨らむ危険性がきわめて低いからです。

ただし経済指標の発表や要人発言が原因で、急激な為替変動が起こったときにポジションを保有していると、大きな損失を出す可能性もあるので気をつけてください。

あわせて読みたい

FX初心者でもわかるロスカットの仕組みとロスカットを防ぐ方法3つ
FX初心者でもわかるロスカットの仕組みとロスカットを防ぐ方法3つ
ロスカットの仕組みをしっかり理解することで、強制決済を未然に防ぐことが出来ます。たび重なるロスカットでお悩みの方は、現在お使いのFX業者に問題があるかもしれません。このサイトを参考にして貴方にあったロスカット発動条件を是非見つけてください!

続きを見る

メリット2:短期間で取引の経験が積める

スキャルピングはきわめて短時間にエントリーと決済を行うので、間隔が長い取引スタイルよりも短期間で取引の経験を積めるメリットがあります

また損切りをしなければならない場面も多くなるので、損切りにも慣れることができます。

たとえば1日10回スキャルピングすれば、1日1回しか取引しないデイトレーダーよりも10倍の取引経験が積めるのです。

メリット3:損失額が少ない

3つ目のメリットは、損失額が少なくてすむことです。

その理由は、スキャルピングは損切りが早いので、ポジションの保有期間が長い取引スタイルよりも損失を抑えられるからです。

ただし含み損が出たときに、最初に決めた損切りポイントを守らなければ、含み損が膨らんで大きな損失につながるので気をつけましょう。

メリット4:取引チャンスが多い

4つ目のメリットは、取引チャンスがよく来ることです。

なぜなら、スキャルピングは小さな値動きでも利益を狙える取引スタイルだからです。

スキャルピングより大きな利益を狙う取引スタイルはエントリーの条件が厳しいため、なかなか取引のチャンスが来ません。

しかしスキャルピングなら、長期取引に比べ、小さな値幅の中で条件に合う相場変動は頻繁に発生しますよ。

FX スキャルピング手法のデメリット3つ

「スキャルピングにはメリットしかないの?」と思われた方は、残念ながらデメリットもあるのです。

FXのスキャルピングのデメリット3つ

  • デメリット1:初心者には難しい
  • デメリット2:取引を繰り返すのが負担になる
  • デメリット3:スプレッドの影響が大きい

スキャルピングの3つのデメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

デメリット1:初心者には難しい

ひとつ目のデメリットは、FX初心者にはハードルが高いことです。

なぜならスキャルピングは短期間で相場の分析や売買の判断をしなければならず、FXの取引経験が浅い初心者は失敗しやすいからです。

初心者は決済のタイミングがわからずポジションを保有し続けてしまいがちなので、利益を逃すだけでなく損失を出しやすいといえます。

デメリット2:取引する回数が多い

スキャルピングは取引回数が多くなるのもデメリットです。

その理由は、スキャルピングは一回の取引の利益が少ないため、まとまった利益を出すにはそれなりの回数をこなさなければならないからです。

短時間に何度も相場を分析するのは大変ですが、一回一回の取引に根拠を持ち、ギャンブル感覚にならないよう意識してください。

デメリット3:スプレッドの影響が大きい

取引回数が多くなるスキャルピングにおいて、スプレッド負担が大きくなるのもデメリットです。

なぜなら、わずか0.3銭のスプレッドの差でも、長期的に見れば大きな金額になるからです。

取引回数によっては1年間で数万円規模の差にも達するので、できるだけスプレッドが狭いFX口座を選びましょう

コストを抑えてスキャルピングができるおすすめFX口座は、後ほど紹介します。

見出し

取引量が10万円、1日10回の取引を20日行ったとき、スプレッドが0.3銭の場合と0.4銭の場合を比較する

0.3銭のとき:10万通貨×0.3銭×200回=60,000円
0.4銭のとき:10万通貨×0.4銭×200回=80,000円

つまり2万円の差が出る

FX スキャルピング手法で損失を抑えて稼ぐコツ6つ

「スキャルピングのメリットとデメリットを踏まえつつ、損失をなるべく抑えるにはどうすればいいの?」とお悩みの方に、スキャルピングで稼ぐためのコツを解説します。

FX スキャルピングで損失を抑えて稼ぐコツ6つ

  • コツ1:スキャルピングに合った通貨ペアを使う
  • コツ2:取引する時間帯の相場のクセを把握する
  • コツ3:狙う利幅で確実に決済する
  • コツ4:取引数量を固定する
  • コツ5:相場全体の流れにも注目する
  • コツ6:テクニカル分析を使う

それぞれのコツについて、以下で詳しく見ていきましょう。

FXスキャルピングのコツ1:適した通貨ペアを使う

ひとつ目のコツは、スキャルピング向きの通貨ペアを使うことです。

なぜなら、通貨ペアにはそれぞれ特徴があり、スキャルピングに合う通貨ペアを使わないと取引効率が悪くなるからです。

通貨ペアの種類が多すぎて選べない方は、米ドル円、ユーロドル、ポンドドルで取引してみましょう

複数の通貨ペアで取引すると分析や検証する対象が増えて混乱するので、最初は通貨ペアをひとつに絞って取引経験を積むといいですね。

スキャルピングに適している通貨ペアの特徴

  • スプレッドが狭い
  • ボラリティ(価格の変動率)が適度にある
  • 取引量が多い(メジャーな通貨ペア)

FXスキャルピングのコツ2:取引する時間帯の相場のクセを把握する

FXスキャルピングのコツ2:取引する時間帯の相場のクセを把握する

FXは時間帯によって相場の動きが違うので、スキャルピングをする時間帯を決めて取引を重ねれば、相場のクセが分かるようになり効率的に利益を出せます

実際に取引が活発になるのは、ロンドン市場が開く日本時間16時以降や、NY市場が開く日本時間21時以降です。

とくに日本時間21時〜24時ごろロンドン市場とNY市場が重なるのでチャンスも多く、スキャルピングにおすすめですよ。

FXスキャルピングのコツ3:狙う利幅で確実に決済する

3つ目のコツは、狙ったラインでためらわずに利確することです。

その理由は、スキャルピングは1回あたりの利幅が1~10pipsと小さいので、スプレッドコストを上回る利益が出せるように、狙った利幅での確実な決済が大切だからです。

ただし短期間の売買でいかに利益を出すかが重要なので、他の取引スタイルと比べてレバレッジの倍率が高くなりやすいので、損切りも確実かつ早めに行ってください。

FXスキャルピングのコツ4:取引数量を固定する

スキャルピングでは取引数量を固定することも重要です。

なぜなら、取引量を増やすと失敗した場合に損失も大きくなるからです。

とくにスキャルピングの経験が浅いうちは、取引数量を少なめに固定して、安全な範囲で取引経験を積みましょう。

たった一度の失敗でそれまでの利益が台無しになるケースもあるので気をつけてください。

FXスキャルピングのコツ5:相場全体の流れにも注目する

5つ目のコツは、相場の全体的な流れも把握することです。

スキャルピングは取引する時間軸が短いですが、相場全体の流れもあわせて把握すれば、相場の予測の精度が上げられるからです。

たとえば1分足や5分足をメインに見つつ、1時間足や日足といった長い時間足も併用して取引を行うのがおすすめですよ。

複数の時間足チャートを同時に画面に表示できる便利なFX口座については、後ほど詳しく紹介します。

FXスキャルピングのコツ6:テクニカル分析を使う

5つ目のコツはテクニカル分析を使うことです。

その理由は、FXで儲けるためには根拠を持って取引する必要があるからです。

テクニカル分析を行えば相場の予測の精度が上がり、勝ちやすくなりますよ。

仕事や家事をしながらスキャルピングをする人は、忙しくてなかなか勉強時間が確保しにくいかもしれませんが、利益のためと思って頑張ってください。

あわせて読みたい

FXの分析
ファンダとテクニカル分析とは!?FXトレード手法で知る考察と注意点
FXでテクニカル分析は基本です。慣れているトレーダーで、テクニカル分析を利用していない人はいないと言ってもいいでしょう。逆にテクニカル分析すらしないでトレードをすればいずれは大きな損失を受け、FXから撤退する事になります。

続きを見る

スキャルピング手法に適したおすすめFX口座2選

では次にスキャルピングにおすすめのFX口座について以下2つのFX口座について紹介します。

スキャルピングに適したおすすめFX会口座2選

しかしスキャルピング取引では、注意すべき点もあるので頭の中に入れておきましょう。

【前提】スキャルピング禁止のFX会社もある

スキャルピングを取引約款で禁じているFX会社でスキャルピングを行った場合、口座が凍結される可能性があるので、利用予定のFX会社がスキャルピングを禁止していないか確認しましょう

スキャルピングを禁止していないFX会社の例としては、GMOクリック証券やFXプライムbyGMOなどです。

一方SBI FXトレードなどはスキャルピングを禁止しているので注意してください

(16)注文発注時のご注意事項
以下の注文を検知した場合、一時的に取引条件の変更、又は制限を加えさせていただい ております。

b)短時間に、頻繁に行われる注文及び取引であって、他のお客様又は当社のシ ステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼすと認められる注文。

"引用:SBI FXトレードの外国為替証拠金取引の契約締結前交付書面"

便利なツールがあるGMOクリック証券

GMOクリック証券

期間限定スプレッド縮小のお知らせ

GMOクリック証券【FXネオ】では、期間限定で18通貨ペアのスプレッド縮小を実施しています。
【対象期間】2020年10月12日(月) 14:00 ~ 2020年12月22日(火) 3:00
【対象時間】午前9:00~翌午前3:00
【対象】全18通貨ペア

GMOクリック証券FXネオ期間限定スプレッド縮小

詳しくは公式サイトへ>>

GMOクリック証券はこんな人におすすめ

  • 取引ツールが高性能がいい
  • 高金利通貨でスワップポイント運用したい

1つ目のおすすめFX口座はGMOクリック証券です。

GMOクリック証券は主要通貨ペアだけでなく多くの通貨ペアでスプレッドが業界狭水準なので、コストを抑えて取引を行うことができます。

また、提供している発注ツール「はっちゅう君」はワンクリックで注文可能が可能なのでスキャルピングに適しています。

約定力100%のFXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOはこんな人におすすめ

  • 約定力が高いFX口座で取引をしたい
  • 情報量が豊富なFX口座で取引したい

2つ目のおすすめFX口座はFXプライムbyGMOです。

スプレッドが広めですが約定力が100%なので、スキャルピングで利益を出すチャンスである、相場が大きく動いているときに希望のレートで注文を決済することができます

GMOクリック証券と同様、スキャルピングと相性のいいハイスピード注文機能もあるのであわせて利用しましょう。

FXスキャルピング手法の注意点3つ

大損を出さずにスキャルピングトレーダーとして生き残っていくために、気をつけて欲しい項目を3つお伝えします。

FXスキャルピングの注意点3つ

  • 注意点1:損切りを徹底する
  • 注意点2:自分の判断基準をつくる
  • 注意点3:海外のFX口座は使わない

「結果的に稼げれば、どうだっていいんじゃないの?」と思う方も、それぞれの注意点について一読しておいてくださいね。

注意点1:自分の取引ルールをつくる

ひとつ目の注意点は、自分なりの取引ルールを作ることです。

その理由は、取引ルールを決めれば自分の取引に根拠が持てて、損失を出したときもその原因を分析しやすいからです。

実際に「利確幅を損切り幅よりも大きくする」や「根拠がないときはエントリーしない」と決めてトレードしている人はたくさんいます。

そうやって「損小利大」になるトレードを行い、トータルの損益をプラスにするのが大切です。

あわせて読みたい

fx ルール
FXにルールが絶対必要な3つの理由とルールを守る3つの方法
この記事で解決できる悩み FXするのにルールって必要なの? どんなルールを決めればいいの? ルールを守るためにはどうすればいいの? といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事で解説する「ル ...

続きを見る

注意点2:損切りを徹底する

損切りを必ず行うことも大切です。

なぜなら、損切りを行わないとロスカットが執行されて、大きな損失が出るからです。

しかし実際の取引では、じわじわ含み損が膨らむのを見ると損切りできなくなる人が多いので、あらかじめ決めた損切りラインで損切りの逆指値注文を出しておくのがおすすめですよ。

そうすれば相場がいくら予測と逆方向へ変動したとしても機械的に損切りが行われるので、大損しなくなります。

注意点3:海外のFX口座は使わない

3つ目の注意点は、海外のFX口座でスキャルピングしないことです。

その理由は、海外のFX業者は入出金のトラブルや詐欺被害が多発していて、日本の金融庁や国民生活センターも注意喚起しているからです。

またスプレッドも国内FX口座の米ドル円の最狭水準である0.3銭より広いFX口座が多いので、低コストかつ安全に取引できる国内のFX口座を使ってくださいね。

【FX スキャルピング手法とは】まとめ

上記で紹介した「FXのスキャルピングのやり方」を実践すると、今後はスキャルピングとはどのような取引スタイルなのかわからないと悩むことは一切なくなり、自分がスキャルピングに向いているのか見極めたうえで、コツをつかんで利益が出せるようになります

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

【FXのスキャルピングとは】まとめ

  • スキャルピングは超短期に取引を繰り返して小さな利益を積み重ねる取引手法
  • 日本時間21時~24時ごろにメジャー通貨で取引するのがおすすめ
  • スキャルピングが禁じられているFX会社もあるので、口座開設前には取引約款を確認しよう

スキャルピングに適したおすすめFX口座2選

「私は朝方だから、夜中の取引は厳しいかも」という方もおられるでしょう。

日中でも利益が少ないかもしれませんがスキャルピングは可能なので、この記事を参考にして頑張ってください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木 教弘

荒木 教弘

当サイト編集長。株・FXトレード歴は約10年。プログラマ経験を活かし、MT4を使った自己流のチャート分析でトレードを開始。すぐに大きく利益を出したが、それ以上の損失を出して資産を減らす、という投資初心者にありがちな失敗を経験。現在は、一回の取引に一喜一憂せず、堅実に利益を積むように心掛けてトレードを継続中。

-取引手法

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.