【FXの聖杯を探せ!】初心者が極めるべきテクニカル分析オススメ2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXには様々なテクニカル分析があります。

FXで稼ぐために、まずはテクニカル分析を極めようとするのは誰でも思うことですが、やっていくうちに複雑にしてみたり、オリジナルを考えてみたりと、どんどん難しく考えるようになると思います。

しかし実際のFXはさほど難しく考えなくても、十分に稼ぐことが出来るのをご存知でしょうか?

今回は、初心者でも簡単で直ぐに使えるオススメのテクニカル分析を2つご紹介します。

ここで紹介するテクニカル分析は、一見簡単と思われがちなものですが、深く掘り下げて極めることで、相場分析の聖杯となりえるものです。

是非、自己研鑽の材料にしてみてください!

初心者オススメNo.1!トレンドラインは勝率が最も高いテクニカル分析

トレンドライン

まずは言わずと知れた「トレンドライン」です。

FXの知識がある人ならば誰でも知っているテクニカル分析の王道です。

超がつくほど有名なので、あまり重要視しない、もしくは使いたがらない人も多いのではと思いますが、実はとても強力で、勝率が最も高いテクニカル分析でもあります。

スキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど、すべてのトレード手法においても、このトレンドラインは高い効果を発揮する、万能かつ王道テクニカルなんですよ!

そしてトレンドラインの本質を理解することは、FXトレーダーの深層心理を理解するという意味でも重要な役割を担っています。

何故なら誰しもが知っているテクニカルであるため、全トレーダーが意識しているエントリーポイントが、一目で判断できてしまうからです。

誰よりも多く稼ぎたいと思っている人は「万人とは違う分析をしよう!」と模索しますが、それはちょっと危険な考え方です。

少なくてもFXにおいては万人とは違う分析方法をするより、人と同じ分析を行うほうが勝率はあがります。

何故ならチャートは常に綱引きであり、絶対数の多い方へと流れているからで、「買う人が多ければ上がるし、売る人が多ければ下がる」これが揺るぎないFXの法則だからです。

多数決で勝った方へ動いていく、民主主義の縮図といえるシステムであり、常に相場で絶対数が多い方が勝者になる、利益の奪い合いのゼロサムゲームがFXの正体。

その中で勝ち抜く為には2つの方法があると思います。

一つは、多数決の中でずば抜けた英知を活かして多数決グループを操作出来るほどの力を持つこと。もう一つは、多数決の中にもぐり込むこと。

この2つの道でしか、民主主義の世界では生き残ることが出来ませんよね。

正直普通の財力の人が、民主主義のトップになって多数決を動かしていくのは難しいので、私たちのような1ユーザーは後者の多数決の中に潜り込むことでしか生きていけません。

ということはつまり、物の見方を変えれば、多数決の中に潜り込めば生きていくことが出来るのです。

そしてFXの場合、その大衆がどう動くのかが判断出来るツールが、トレンドラインとなります。

トレンドラインを引いたチャートを見て、「いつどこでエントリーするか?」と聞かれれば、初心者であっても的確に反発ポイントをエントリーポイントとして答えることが出来るでしょう。

反発ポイントがすぐに言えるということは、誰でも反発すると思っているポイントをきちんと理解出来ており、FXで稼げる力は十分に満たしています。

多くのトレーダーが意識しているラインは、その反発ポイントが機能する可能性が非常に高いポイントです。

そのポイントを「抜けるかもしれない」と思って逆張りするのは少数派のやることで、また「跳ねるかもしれない」と思って跳ねたのを確認してからエントリーするのは多数派がやること。

この簡単な考え方が理解出来れば、難しいテクニカルなんて一切いらないです。

このトレンドラインでトレードするだけでも、十分に資金は増やせると私は思っています。

トレンドラインを使うにあたって最も意識しなければいけないことは、「ただ待つ」ことだけです。

  • トレンドラインの押し目や戻り売りタイミングまでじっと待つこと
  • 抜けてからの押し目や戻り売りまでしっかり待つこと
  • この待つという作業が一番重要です。

    FXに難しいテクニカルは一切必要ない。むしろシンプルなテクニカルのほうがいい。

    しかしこのシンプルなテクニカルには「待つ」という作業が重要になってくるわけですが、それが出来るようであれば、簡単なトレンドラインも大儲けできるいい分析ツールになってくれますよ!

    トレンドライン

    (出典:外為オンライン

    上の図のように、RSI移動平均線と併用してもよいでしょう。

    詳しくは「【超簡単に見分ける!】チャートで解説!FXはトレンド転換時に稼ごう」もご一読下さい。

    レジスタンスライン・サポートラインは反発を見抜くテクニカル分析

    レジスタンスライン・サポートライン

    レジスタンスラインサポートラインはトレンドラインと同じくらい重要で、価格や値動きの区切りがしっかり見抜けられるテクニカルです。

    これ以上相場は上昇しないとトレーダーが認識しやすい価格帯のことをレジスタンスラインといい、一方これ以上相場が下落しないとトレーダーが認識しやすい価格帯のことをサポートラインといいます。

    区切りがわかるということは、反発するもしくは抜けたら伸びると判断できる場所となります。たった一本の横線を引いただけで、これが分かります。

    考えてみてください。世の中には、様々な稼ぐための情報が良い悪い、有料無料、詐欺本当、問わず溢れかえっています。

    でもトレンドラインやレジスタンスライン・サポートラインはこのたった一本のラインで、今後の傾向が誰でもすぐにわかってしまう優れものですから、例えばラインを見て反発するところで逆張り。抜けたら、そのラインからの押し目や戻り売り。

    これだけで勝率がかなり高いエントリーの完成です。凄いですよね!

    レジスタンスライン・サポートラインは、FXのチャートパターンを分析する上で「基本中の基本」となる動きを示すポイントになるので、トレンドラインを上手に併用することで、勝率の高いトレードを行えるようになります。

    トレンドライン+レジスタンスライン・サポートラインを引くのはとても簡単です!

    大きな時間枠で一目瞭然の高値や安値にスッと横線を引いてみましょう。

    サポートラインとレジスタンスラインの説明

    (出典:外為オンライン

    高値に合わせて引かれた横線レジスタンスラインで、安値に合わせて引かれた横線サポートラインになります。

    大きな時間枠で引けたなら、次は他の時間足を覗きにいってみましょう。大きな時間枠で引いたラインは、小さな時間枠でも立派な抵抗もしくは支持線になっています。

    そのようなラインは、かなり強く意識されているラインなので、ここで反発するな、抜ける可能性が高いから抜けるのを待ってエントリーしよう、などが良くわかるようになると思います。

    水平ライン

    (出典:外為オンライン

    待つトレードを「エントリーチャンスがない!」と思うべからず

    待つことが重要

    トレンドライン+レジスタンスライン・サポートラインを使ったトレード方法は、「待つトレード」だという説明はしました。

    しかしこのトレード方法だと、本当にトレードチャンスが少ないと、苛立ってしまうこともあるかと思います。

    しかし勘違いしないで欲しいのですが、トレード回数を多くこなしたからといってトレードは上手くなるわけでも、利益を増やすことが出来るわけでもありません

    でも始めたばかりの頃は、

    FXは稼げるチャンスがいっぱいあって、どんなときでもエントリーすれば稼げるんだ!だから沢山トレードしなきゃ勿体ないじゃないか!

    と感じると思います。

    しかし、「やればやるだけ稼げる」「うまく分析することができればいつでも稼げる!」というのは大きな間違いです

    またこのトレンドライン+レジスタンスライン・サポートラインを自分のものとし利益を出せるようになるには、以下の考え方も併せて理解しておく必要があります。

    回数をこなせば稼げるわけではない

    FXというのは、100%がない世界です。どんなにいいタイミングのように思えるポイントでも負けることだってあります。

    いちばん重要なことは、一番勝率の高いエントリーポイントで勝負するということです。

    そのポイントというのが、トレンドラインでの押し目・戻り売りや、レジスタンスライン・サポートラインを抜けたあとのエントリーだと思ってください。

    特に1時間足や4時間足のポイントほど、大きく稼げる可能性が大きくなりますが、しかしそのような美味しいエントリーポイントというのは、滅多に来るわけではありません。

    つまりチャンスはかなり少ない、ということ。

    しかし闇雲に多くのトレードを行うより、数は少なくても絶好のエントリーチャンスで勝負するほうが、確実に資金は増えます。

    また自分で相場分析を行うことによって、大きな損失という対価を支払わなくても、FXトレーダーとしての腕は格段に上がり、さらに緻密な相場分析が出来るようになるでしょう。

    少ないチャンスをしっかりものに出来るから稼げる

    FXで稼いでいるトレーダーほど、トレード回数はさほど多くありません。

    多くにエントリーするより、確実に稼げるポイントを見極め、そのポイントに全力を注ぐという戦い方をしているトレーダーの方が多いです。

    何故なら「待つ」ことこそFXの聖杯であるということを理解しているから。

    スキャルピング専門でもない限り、空いている時間を使って、ひっきりなしにトレードをしている副業トレーダーはいないでしょう。先輩トレーダーは、上手なトレーダーほど、ポジションを無駄に持つのは負け戦だと知っているのです。

    いっぱいあるチャンスで稼ぐのではなく、極めて数少ないチャンスを見極めて、そこで稼ぐというのが、FXの本質というべき稼ぎ方です。

    その分析として最適なツールが、トレンドラインであり、レジスタンスライン・サポートラインを使ったトレード方法です。これらテクニカルを使ったトレードを身につけることが出来れば、今までとは違った質の高いトレードが出来ます。

    博打ではない投資としてのFXを、そして余裕をもった資金運用を心掛けましょう。

    まとめ

    トレンドライン、レジスタンスラインとサポートラインをまとめると以下のとおりです。

  • トレンドラインはテクニカル分析の王道!市場が今どちらに動いているのか、トレンドを把握するため使用するのがトレンドライン。
  • レジスタンスラインは高値が、サポートラインは低値が反発したポイントに沿って引いた線で、ここに達したら反発して値が戻る可能性が高いポイントを把握するテクニカル。
  • テクニカル分析は初心者にとってとっつきにくいと思いがちですが、一度やり方さえ覚えてしまえば取引に大いに役立つテクニックです。

    この機会に身につけて、今後の取引生活をより良いものにしていきましょう。

    初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
    外為オンライン DMMFX YJFX! iサイクル

    「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

    外為オンライン


    外為オンライン

    4千円からの投資! 50万人の初心者が選んだ「外為オンライン」

    外為オンライン
    スプレッド
    (ドル/円)
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック 詳 細
    1.0銭原則固定 30円 5,000円 外為オンラインへのリンク

    外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

    FX初心者の登竜門として人気のFX会社で、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすい取引ツールが人気の理由です!

    未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと中上級者が必要とする機能をバランスよく搭載しています。

    自動売買にも対応しているので、初期設定だけすれば、プログラムが24時間自動でプロのようなトレードをしてくれます。

    特にスワップポイント(貰える金利)も高いので、長期売買に適したFX会社です。

    FX初心者に特にお勧めです。

    外為オンライン

    ↓↓76%がトータルでプラスの自動売買の詳細↓↓
    外為オンラインのホームページ

    低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

    YJFX
    スプレッド
    (ドル/円)
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック 詳 細
    0.3銭原則固定(例外あり) 40円 最大 27,000円 hgs37jx

    YJFX!はヤフーグループのFX専門会社で、ヤフーの資金力とシステム構築力を持ちます。

    低スプレッド業者では、あまり提供のない1,000通貨(4,000円)の少額から取引ができます。

    スマホアプリが有名で、以前からスマホ取引ならYJFX!といわれるほど、スマホの取引機能が充実しています。

    また、現受け・現渡しといった優良サービスにより、格安で外貨両替することができます。

    海外旅行前の外貨両替がお得で、空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

    FX初心者でも使いやすい取引ツールは好評で、メイン取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つです。

    Tポイントが貯まるのもYJFX!ならではです。

    k64hdg19

    FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

    DMMFX
    スプレッド
    (ドル/円)
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック 詳 細
    原則固定0.3銭 35円 20,000円 DMMFX

    DMM FXはFX口座数が国内第1位!(※)の超人気会社です。

    65万人以上が口座を開設しています。

    スプレッドは全ての通貨ペアで業界最狭水準で、デイトレードやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

    取引ツールは簡単に使いこなせるので初心者に人気です。また、充実した分析ツールや為替情報の提供は、中上級者にも満足の内容です。

    サポート体制は営業日の24時間対応で、業界初のLINEサポートも行っているので、FX初心者にも安心のサポート体制です。

    また、非常に簡単な条件で20,000円のキャッシュバックを受けられるので、必ず貰うことをお勧めします。

    (※)2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

    DMMFX

    DMMFXでの口座開設の仕方。7分20秒~

    話題の自動売買!利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

    FXブロードネット
    スプレッド
    (ドル/円)
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック 詳 細
    0.3銭 30円 最大 20,000円 89d3sja

    FXブロードネットは、FX業界トップクラスの低スプレッドで有名です。

    スプレッドは、ドル/円が銭、ポンド/円が銭など、どの通貨ペアも低スプレッドで、取引コストが安いのが特徴です。

    特に有名なのがシステムトレードの「トラッキングトレード」で、FX初心者でも簡単にできる、人気の自動売買システムです。

    トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)よりも、約3倍の利益が出せるとして、公式サイト上で発表しています。

    また、4,000円の少額からFXが始められるので手軽にFXができます。

    システムトレードを活用しながらコツコツ儲けたい方には、特にお勧めのFX会社です。

    FXブロードネット

    FX取引高 6年連続 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

    6khdg7z
    スプレッド
    (ドル/円)
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック 詳 細
    原則固定0.3銭 31円 最大 30,000円 1n9sg

    GMOクリック証券は、FX取引高6年連続で世界第1位のFX会社です。

    その人気の理由の一つが、全通貨ペアで業界最小水準のスプレッドを提供していることです。

    また、高スワップ(高金利)で非常に人気があり、金利収入狙いには最適のFX会社です。

    使い勝手の良いシステム、24時間電話サポート等が顧客に支持され、オリコンランキングでも常に上位にいます。

    低スプレッドなので、取引量が多い短期売買に最も適したFX会社で、取引コストを抑えてFXをしたい場合には、GMOクリック証券が一番お勧めです。

    s2gz44

    FX業界激震!ワンコイン(500円)からの投資!初心者でも安心「SBI FXトレード」

    kd7+x4
    スプレッド
    (ドル/円)
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック 詳 細
    89d3sja

    SBI FXトレードで最大の売りは、独自サービスといってもいい1通貨単位で取引できることです。

    FX初心者でもワンコイン(500円)もあれば、充分にFX取引を体験できます。

    また、スプレッド幅は、業界最狭水準も注目すべき点です。

    2018年オリコン顧客満足度調査で、「FX取引 取引手数料 第1位」と信頼と安心のFX会社といえます。

    3m1x9

    寝ている間に稼ぐ自動売買!初心者でもOK「iサイクル」

    外為オンライン
    スプレッド
    (ドル/円)
    スワップ
    (豪ドル/円)
    キャッシュバック 詳 細
    1.0銭 15円 5,000円 89d3sja

    iサイクルは外為オンラインの自動売買です。

    感情に左右されることなく、あなたが決めたルール通りに自動でコツコツと、細かい利益を積み上げます。

    高い利益を出している注文内容がランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

    さらに、miniコースもあるので1000通貨単位4千円からできるのもメリットです

    FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

    外為オンライン


    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。