FXの基本とは?メリット5つと初心者が安全に始める5ステップ

fx 基本

この記事で解決できる悩み

  • FXってそもそも何?
  • FXで知っておくべきことを知りたい
  • FXは初心者でも稼げるのかな
  • FXを失敗せずに始める方法を知りたい

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する『FXの基本』を理解して取引経験を積めば、FX初心者でも効率よく利益を出せるようになります。

なぜなら、私もこの方法でスムーズなスタートがきれ、FXを始めて1ヶ月で約5万円の利益を出せたからです。

それでは以下で『FXの基本知識と利益を出すためのステップ5つ』について紹介しますね。

『FX初心者にオススメのFX会社について知りたい!』という方は、『少額から取引できるオススメFX会社3選』をクリックすれば該当箇所まで飛べます!

FXとは?基本知識と仕組みを紹介

FXとは?基本知識と仕組みを紹介

FX(Foreign Exchange)とは、「外国為替証拠金取引」です。

通貨の売買によって発生する「為替差益」で利益を得る取引になります。

FXは買いと売りのどちらからでも利益が狙えるのが特徴です。

たとえば1ドル100円の時に1ドルを購入して、1ドル120円の時に売却をすれば、差額の20円が利益となります。

FXするなら覚えておくべき10の基本用語

次にFXで頻繁に使う10の基本用語について解説します。

なぜなら、基本用語を覚えておかないと取引もできないからです。

基本用語について理解している方は、次の投資初心者がFXを選ぶメリット5つに飛んでください!

覚えておくべき10の用語

  • pips
  • Lot
  • レバレッジ
  • スワップ金利
  • ロスカット
  • スプレッド
  • チャート
  • トレンド
  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析

では以下で、それぞれの基本用語について説明します。

用語1:pips

pips(percentage in point)とはFXで用いられる通貨の単位です。

米ドル円の場合は1pips=0.01円(1銭)、ユーロドルなどの通貨は1pips=0.0001ドルになります。

円が絡む通貨は小数点第2位が基準で、円が絡まない通貨は小数点第4位が基準です。

そのため米ドル円の100pipsの変化は1円動いたことになります。

用語2:Lot

LotとはFXで売買する通貨の取引単位です。

FXでは通貨を1,000通貨単位や1万通貨単位など一定の数量で取引しますが、この際の数量をLotと呼ばれる単位に置き換えます。

Lotの基準は国内外のFX業者や通貨ペアによって異なります。

1Lotを1,000通貨単位にしているケースもあれば、1Lotを10万通貨単位にしているケースもあります。

用語3:レバレッジ

用語3:レバレッジ

レバレッジとは本来「てこ」の意味で、FXでは少ない資金でも大きな取引が可能な仕組みを指します。

そのため少額でも証拠金を増やせます!

国内でレバレッジは25倍までと定められていますが、海外のFX会社では数百倍~1000倍程度までのレバレッジで取引が可能です。

レバレッジを利用すれば少額取引でも大きな利益が期待できますが、大きな損失が発生する可能性もあるので注意が必要です。

用語4:スワップ金利

用語4:スワップ金利

スワップ金利とは、売買通貨ペアの金利差額です。

高金利通貨を買って低金利通貨を売れば、金利の差額を利益として受け取れます。

スワップ金利は毎日付与されるので、通貨を持ち続ければ利益を増やし続けられるのです。

このように、FXでは通常の取引だけではなくスワップ金利によっても利益を得られます。

用語5:ロスカット

ロスカットとは、保有しているポジションの強制決済です。

強制決済の条件は、証拠金維持率が一定水準を下回った場合に実行されます。

これは損失を限定して顧客の資産を守るために設けられている仕組みです。

しかしロスカットは最終手段なので、小さな損失が出たら潔く損切りしてロスカットは避けましょう。

用語6:スプレッド

用語6:スプレッド

スプレッドは、取引時に発生する取引手数料です。

為替レートの買い値と売り値の差を指します。

スプレッドは取引するからには必ず発生するので、低コストの取引をしたいのであれば少しでもスプレッドの狭いFX会社を利用しましょう。

スプレッドが狭い会社で取引したい方は、米ドル円のスプレッドが0.2銭(原則固定)のGMOクリック証券などがオススメです。

用語7:チャート

チャートは、過去から現在までの価格推移をラインやローソク足などで示した表です。

チャートでは1分~月単位での価格の動きを確認できます。

そしてチャートはのちほど紹介するテクニカル分析に用いられており、分析には欠かせないツールです。

FXでは根拠のない取引では負けてしまいますが、分析をすることで安定した利益を出せるようになります。

用語8:トレンド

用語8:トレンド

トレンドとは、相場が一方向に流れ続けている状態です。

相場のトレンドを見れば、売り手と買い手のパワーバランスが簡単に把握できます。

一度トレンドが出ると価格は同じ方向に動き続けるので、トレンドに合わせて取引すると利益を出しやすくなります。

トレンドが発生したら、その流れに乗って取引するのがオススメです!

用語9:テクニカル分析

テクニカル分析とは、過去のデータを用いた分析方法です。

先ほど説明したチャートなどを用いて相場の分析や予測をします。

テクニカル分析のメリットは、統計データや理論にもとづいた戦略で根拠のある取引が可能な点です。

つまり根拠のある取引をするには、テクニカル分析は欠かせません。

用語10:ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、政治的・経済的要因から為替動向を予測する分析方法です。

たとえば政策金利・経済指標・要人発言・株価指数や国債などが分析の対象となり、これらの要素から総合的に判断して相場の値動きを予測します。

ファンダメンタルズ分析は単一で用いるよりも、テクニカル分析と併用したほうが大きな利益を狙えます。

今回この記事で紹介できなかった用語について以下の記事に詳しく記載しているので、読んでみてください!

あわせて読みたい

FX用語
【FX用語24個】基礎用語・重要用語・業界用語を簡単に教える!
FXをこれから始める方、また何から始めればいいかわからないという方に、FXを始める前に知っておいて欲しい基礎用語14選を紹介します。実際の取引や売買方法についても解説するので、事前に基礎知識を学んでからFXトレードを始めましょう。

続きを見る

投資初心者がFXを選ぶメリット5つ

次にFXのメリットについて紹介していきます。

理由は、FXが投資初心者にオススメな理由が理解できるからです

では以下で、FXメリット5つについてそれぞれ解説します。

FXを選ぶメリット5つ

  • FXは少額資金で始められる
  • 24時間いつでも取引が可能
  • スワップ取引で利益を狙える
  • スマホを使って取引も可能
  • 不況でも稼げる

メリット1:少額から始められる

1つ目のメリットは、FXは少ない資金からでも始められることです。

レバレッジを使うと、少ない資金でも多くの通貨が購入可能になります。

ただしレバレッジは倍率を上げすぎると大損する危険性があるので注意しましょう。

レバレッジの注意点に関しては、のちほど詳しく説明します!

メリット2:24時間取引可能

メリット2つ目は、平日24時間いつでも取引可能だということです。

理由は、世界の外国為替市場は常に開いているからです。

土日などで世界の市場が休場していない限りは、好きな時間に取引できます。

昼間仕事で忙しいサラリーマンでも空き時間を利用するなど、ライフスタイルに合わせた取引が可能です。

メリット3:スワップポイントからの利益

3つ目のメリットは、スワップポイントでも利益を狙えることです。

スワップポイントとは高金利通貨と低金利通貨の売買によって発生する金利差による利益です。

特徴は1日ごとに付与されるので、通貨を長期間持ち続ければ大きな利益を狙えます。

たとえば、現在(2019年12月)日本円の金利が0.1%で、メキシコペソの金利が7.75%となります。

スワップ計算方法

メキシコペソ(7.75%)ー 日本円(0.1%)=7.65%(1日に受け取れる金利)

といったように安い通貨を売って高い通貨を買った時のみ受け取れるのがスワップポイントです。

メリット4:スマホで取引ができる

メリット4:スマホ取引ができる

メリット4つ目は、スマホでも取引ができることです。

スマホさえ持っていれば、いつでも何処でも取引やレートのチェックなどが可能になります。

最近のFX会社のスマホアプリはPC同様の取引を実現している会社が多いので、ストレスもありませんよ。

パソコンが不調で取引画面を操作できなかったり、パソコンが利用できない環境にいても、スマホがあれば手軽に取引が可能!

場所を選ばずに取引可能なのはスマホならではの強みといえます。

メリット5:不況でも稼げる

メリット5:不況でも稼げる

最後5つ目のメリットは、不況でも稼げることです。

理由は、株とは違って売りからでも取引可能だからです。

たとえば不況によって株価が暴落するような状況でも、FXなら買いと売り注文の両方で利益を狙えます。

景気の波に影響されずに利益獲得のチャンスを狙い続けられるのは、株取引には無い大きなメリットと言えるでしょう。

FX初心者に教える基本のリスク4つ

FXにはメリットだけではなくリスクもあります。

FXのリスクについても把握しておけば、取引の最中に問題が発生しても対処できます!

では以下で、FXのリスク4つについてそれぞれ解説していきますね。

FXのリスク4つ

  • 為替変動
  • 金利変動
  • ロスカット
  • システム障害

リスク1:為替変動

リスク1つ目は、為替変動により資産が増減するリスクが常にあることです。

なぜなら、予測しても予測通りに行かないことの方が多く回避するのが困難だからです。

しかし「時間分散投資」や「レバレッジを1~3倍に抑える」といった対策で、リスクを回避できます。

これらの対策についてはのちほど詳しく解説しますね。

リスク2:金利変動

2つ目のリスクは、スワップ投資をする人は金利変動リスクに注意する必要があることです。

理由は政策金利の変更によって金利が変化すると、スワップポイントも変化するからです。

高金利通貨と低金利通貨の金利が逆転してしまうと、反対にスワップを支払わなければならなくなるので注意!

対策として、政策金利は逐一チェックするようにしましょう。

リスク3:ロスカット

リスク3:ロスカット

リスク3つ目は、損失が出た状態でのロスカットです。

なぜなら、証拠金が指定の水準を下回ってしまうとすべてのポジションが強制的に決済されてしまうからです。

ロスカットによる大損を避ける対策は2つあります。

ロスカット対策2つ

  • 証拠金維持率を高めに設定する

  • 損失が小さいうちに損切りする

小さな心がけでも意識すれば、大損する前にリスクを回避できますよ!

リスク4:システム障害

4つ目のリスクは、システム障害のリスクがあります。

システム障害は対策を取っておかなければ大損する可能性があるので、必ず頭に入れておきましょう。

例として以下のようなものがあります。

システム障害2つ

  • パソコンの不調で取引ができない
  • サーバーがダウンした

こうしたリスクに対しては、

システム障害対策2つ

  • スマホでも取引できるような状態にしておく
  • 予備のパソコンを持っておく

といった対策を取るように心がけましょう!

FX初心者必見!利益を出すための基本5ステップ

次に利益を出すためのステップ5を紹介します。

FXで効率よく利益を出し続けるにはスタートが肝心です。

事前の準備ができていれば大きな失敗は避けられるでしょう。

ここでは利益を出すための基本ステップ5つについて紹介をしていきます。

step
1
基礎的な知識を身につける

step
2
トレードスタイルの構築

step
3
少ない資金ではじめる

step
4
トレードルールの設定

step
5
『仮説』と『検証』をする

ステップ1:基礎知識を身につける

最初のステップとして基礎知識を身につけましょう。

なぜなら、基礎知識を理解しないままはじめても大きな利益を得られないからです。

リスク回避の方法は、知らないより知っておいたほうがいいです。

この記事に書いた基本用語や仕組みをを理解してから取引を始めましょう!

ステップ2:トレードスタイルを決める

ステップ2は、トレードスタイルの決定です。

理由は、トレードスタイルを決めなければ自分のライフスタイルに合った取引ができないからです。

以下が3種類のトレードスタイルになります。

3種類のトレードスタイル

  • スキャルピングトレード
    →数秒〜数分
  • デイトレード
    →1日で完結
  • スイングトレード
    →数日から数週間

FXをはじめる前には、この3つのトレードスタイルの中からどのスタイルで取引するのか必ず決めましょう。

FX初心者はポジションを持ち越さないほうが低リスクでオススメなので、デイトレードから始めるといいですよ!

ステップ3:少額から始める

ステップ3つ目、FX初心者は少額資金で取引をはじめましょう。

なぜなら、最初は利益を出すよりも低リスクの取引で本物の取引に慣れる必要があるからです。

デモトレードでうまくいったからといって、いきなり多額の資金で取引をはじめるのは危険です。

取引に慣れるまでは少額の資金で取引をして、実際の取引の感覚を掴むところから始めましょう!

ステップ4:トレードルールを決める

4つ目のステップは、取引を始める前にトレードルールを作成してください。

理由は、トレードルールが無ければ感情に左右された取引で大損する可能性があるからです。

以下がトレードルールをあらかじめ決めておくべき内容になります。

トレードルール3項目

  • 損切りルールを決める
    例:投資額の2%を失ったら損切りする
  • 余剰資金で取引する
    例:自己資産の40%以下の余剰資金で取引する
  • レバレッジを抑えて取引する
    例:レバレッジ1〜3倍で取引する
トレードルールを決めておけば、感情に左右されても適切な行動ができます!

ステップ5:『仮説』と『検証』を繰り返す

最後のステップは、利益が出る方法が見つかるまで『仮説』と『検証』を繰り返します。

なぜなら、利益を出す方法ばかりは自分で見つけるしかないからです。

自分で『仮説』を立てて『検証』を利益が出るまで繰り返します。

見つけるまでに時間はかかりますが、見つけた際に安定した利益を得られるようになるので頑張りましょう!

初心者にオススメのFX口座の選び方3つ

次にFX初心者が取引するFX会社の選び方について紹介します。

なぜなら、少額で低コストな取引をするためには何を定義に選ぶべきなのか知っておく必要があるからです。

以下が選ぶ際に意識すべきポイントとなります。

FX口座の選び方3つ

  • 取引単位
  • スプレッド
  • チャートが見やすさ

この3つのポイントを頭に入れておけば、FX会社を選ぶ際にどのFX会社が自分に向いているのか理解できるようになります!

FX初心者向き!少額から取引できるFX会社3選

次にFX初心者にオススメな少額から取引可能なFX会社3選について紹介します。

FX初心者にオススメな低リスク・低コストのFX会社なので、初めは以下のFX会社から選びましょう。

では以下で、それぞれのFX会社について解説していきますね。

少額から取引できるFX会社3選

低コストで取引できるLIGHT FX

LIGHT FX

LIGHT FXは、低コストかつ少額で取引したい方にオススメのFX会社です。

なぜなら、1,000通貨単位からの取引が可能なので少額で始められるからです

またスプレッド(取引手数料)は業界最狭水準なので、コストを抑えた取引が可能!

仮説と検証をじっくりと繰り返す場合にもオススメです!

安い手数料で取引できるFXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネットは、安いスプレッドで取引したい方にオススメのFX会社です。

理由は、業界トップの最狭水準スプレッドで取引ができ、FX初心者にもやさしい低コストな取引ができるからです

またブラウザ版やダウンロード版、スマホアプリなど、さまざまなデバイズから取引できるので、システムエラーが起きても他の端末からも取引できます。

パソコンに限らず、スマホでも狭いスプレッドで少額取引したいFX初心者にオススメです!

セキュリティーが強固なYJFX!

YJFX!は、セキュリティー重視する方にオススメのFX会社です。

なぜなら、鉄壁のインフラ体制で利用者の安全を保障しておりセキュリティーはトップクラスだからです。

大手ヤフーグループの運営で信頼性とサポートは折り紙付き!

1,000通貨からの少額取引と高約定力、業界最狭水準のスプレッドで勝負がしたい方にはオススメです。

FX口座開設のやり方5つの手順

国内FXの口座開設方法

口座開設の方法を事前に知っていると、実際の口座開設がスムーズに進みます。

口座開設から取引開始までの流れは大体どこの会社も同じです。

申し込みフォームに必要事項を入力して本人確認の書類を送ります。

書類審査が通れば口座が開設されるので、後は口座に入金をすれば取引開始です。

ポイントは本人確認の部分で、必要な書類を事前に用意しておけば手続きが滞りなく進められます。

FXのリスク管理コツ4つ

次にリスク管理のコツについて紹介します。

理由はトラブルが発生した際、手遅れであるといった場合が多いからです。

あらかじめコツを把握しておけば、事前にリスクを回避できます。

FXのリスク管理には4つのコツがありますので以下でそれぞれ解説していきますね。

リスク管理のコツ4つ

  • 時間分散投資をする
  • レバレッジを1~3倍にする
  • 損切り2%ルールを設ける
  • 余剰資金で取引する

リスク管理1:時間分散投資

リスク管理1:時間分散投資

1つ目のコツは、時間分散投資をすることです。

時間分散投資とは、一度に証拠金を投資せずに何回かに分けて投資する方法です。

時間をあけて少しずつ投資をするので、相場が乱高下しても損失が急激に大きくなりません。

またこの投資方法は、高値掴みや底掴みのリスクを軽減可能なメリットがあります。

大きな損失を回避するために、時間分散投資を積極的に利用しましょう!

リスク管理2:レバレッジは1〜3倍で取引する

リスク管理のコツ2つ目は、レバレッジを1~3倍で取引することです。

なぜなら、レバレッジが高すぎると一度のミスで資金を吹き飛ばしてしまう可能性があるからです。

レバレッジは当たれば大きな利益ですが、負ければ同じ倍率の損失が返ってきます。

そのためハイリスク・ハイリターンの取引にならないように、レバレッジは1~3倍で取引するようにしましょう!

リスク管理3:損切りは2%ルールを使う

3つ目のコツは、損切りのルールを決めておくことです。

理由は、感情に左右された際に適切な損切りの判断ができず大損する可能性があるからです。

損切りには『2%ルール』を用いるとよいでしょう。

投資額の2%の損失が発生したら、その時点で損切りをします。

細かな損切りはリスク管理の基本なので、取引の際は意識してみましょう!

リスク管理4:FX自己資産の40%以内で取引する

リスク管理4:FX自己資産の40%以内で取引する

最後リスク管理4つ目のコツは、自己資産の40%以内でに抑えることです。

なぜなら、ルールもなくお金をすべて投資に使っていたら生活に支障が出てしまうからです。

そんな時にオススメなのが、自己資産の40%以内の資金を余剰資金にする『40%ルール』になります。

自己資産の40%以内なら、たとえ損したとしても生活に支障は出ないので安心して取引できます!

【注意!】FXの知識だけでは利益は出せない

最後にFX取引をする上で注意すべき点は、知識だけでは利益は出せないことです。

理由は、知識だけあっても本番で実行できなかったら意味がないからです。

利益を出すために何が必要なのかというと『経験』です。

いくら知識があっても経験が少ないと利益を出せません。

そのためにもFX初心者は少額で取引して『経験』を積む努力をしましょう!

FXは基本知識を身につけることが重要!

上記で紹介した『FXの基本』を実践していただくと今後はFXの基礎知識で悩むことは一切なくなり、FXを効率的に始められます。

最後にもう一度内容を確認してみましょう。

FXで利益を出すためのステップ4つ

  • 基礎知識を身につける
  • トレードスタイルを決める
  • デモトレードで流れを覚える
  • トレードルールを決める
  • 『仮説』と『検証』を繰り返す

少額から取引できるFX会社3選

FXの基礎知識はFX初心者のうちにつけておくことが重要です。

なぜなら、取引を始めて問題が起きてからでは遅いからです。

最初に基礎知識やリスク管理の方法を身につけてから取引しましょう。

『FXの基本』について理解できたら、次に『チャートの見方』についての記事を読んでみましょう。

FXではただ取引しても利益は出ないので、分析をして根拠ある取引をするのも安定した利益を出すための鍵です。

あわせて読みたい

初心者が失敗しないために最低限知るべきFXチャート分析の基礎知識
初心者が苦手とするFXチャート分析について、どこよりもわかりやすく丁寧に解説します!チャートを分析しないでFXをする事は自殺行為なので必ず勉強しましょう。初心者だからこそ見るべきトレードポイントとは何処か?勝率の高い罠の仕掛け方など情報満載です!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木奏人

k.araki

FXのやさしい教室ライター。2017年からFX投資で毎月約5万円ほどお小遣い稼ぎをしています。誰が読んでもわかりやすく情報量の多い記事を書くことを目標にしています。これからも本サイトではユーザーの皆様のニーズにお答えできるように精進して参ります。

-FXの基礎

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.