FX初心者が安全に運用するための基礎知識2つと対策4つを解説

fx 安全

この記事で解決できる悩み

  • FXを安全運用するために知っておきたい情報は何?
  • FXを安全運用すると得られるメリットとは?
  • FXの安全運用に必要な対策は何なのか?

といった悩みを解決できる記事です。

この記事で解説する「FX取引を安全に行う方法」を理解すれば、FX初心者でもリスクを管理して安全に取引できます。

なぜなら、私もこの方法でなるべく安全な取引がしたいという悩みを解決できたからです。

以下で「安全に運用するためのポイント」についてご紹介しますね。

FXを安全に運用するために知っておくべき2つ

FXというと危険な投資のイメージがあるなあ。安定志向の僕には向いてないかも。
たしかにFX投資って心配よね。でもFXはよく理解すれば安全に運用できるのよ!

FXはハイリスクで怖いイメージがありますが、安全な運用も可能です。

FX自体が怖いのではなく、リスクが高い運用の仕方をすれば怖くなり、安全な運用方法を知れば安心して運用できるからです。

それでは以下でFXを安全に運用するために知っておくべき2つの情報をご紹介しますね。

FXとは?

FXとは外国為替証拠金取引で、FX会社に預ける証拠金をもとに、ドル円やユーロドルなどの通貨の取引を行います。

FXでは証拠金によってその何倍もの金額の通貨の取引を行えるのが大きな特徴です。

FXが安全かどうかは考え方次第!

FXが安全か危険かは考え方や取引の方法次第です。

レバレッジを低く抑えて安全に取引すれば、FXでは安全な取引が可能だからです。

安全運用の目安として「元本が70%以下にならないように取引をする」点が上げられます。

優秀なトレーダーでも元本の70%以下になってしまうと、元の金額まで戻すのは容易ではありませんよね。

そのため、FXの安全運用は70%以下にならないように気をつけながら取引するのが大切です。

FXの安全な運用のメリット3つ

FXの安全な運用には3つのメリットがあります。

リスクを取った取引と比べると、安全運用は地味に感じられますよね。

ですが、安全運用ならではのメリットがあり、このメリットをしっかりと把握しておきましょう。

メリット1:単純なミスがなくなる

安全な運用を行うと単純なミスをかなり減らせるのがメリットです。

リスクの高い取引を行うほど、精神的なプレッシャーが大きくなりますが、低リスクの安全運用なら落ち着いた取引ができますよね。

メリット2:資産運用が安定する

FXで安全運用を行う場合、当然ながら資産運用が安定します。

FXには値動きが激しい通貨ペアと落ち着いている通貨ペアがあり、ペアの選択によっては大きなリスクを避けて運用できます。

ローリスクローリターンでもハイリスクハイリターンでも良くないので、自分の目指す利率に合った資産運用を心がけましょう。

メリット3:余裕のある取引ができる

安全なFX運用を行えば、精神的にも資金的にも余裕を持った取引が可能です。

安全な運用は大きい利益は出せませんが、それほどリスクを取らないというメリットがあります。

FXの取引で損失を出すリスクがあるのはご存知だと思います。

ですが、余裕を持った取引であれば、一時的なマイナスもそれほど気にならなくなります。

落ち着いて取引し、着実に利益を増やしていきましょう。

FXの安全な運用をするための対策4つ!

FXで安全な運用をするためにおさえておきたい4つの対策があります。

対策を学んでトレーダーとしての知識や手法を増やし、安定した取引を目指しましょう。

安全な運用を目指すなら、以下で紹介する対策はすべてマスターしてくださいね。

対策1:必ずトレードルールを決める

安全な運用を行う上ではトレードルールを決めましょう。

トレードルールがないと、感情や目先の値動きに翻弄された、行き当たりばったりの取引になってしまうからです。

対策2:レバレッジは2〜3倍で取引

安全な運用を行うためには低レバレッジは必須です。

レバレッジを利用すると、大きな利益が得られる半面、予想が外れた時に大きな損失を出すリスクがあります。

安全な運用のためには2~3倍くらいまでのレバレッジが適切でしょう。

レバレッジ2倍とは、投資資金が100万円であれば200万円分までの通貨ペアでの取引を意味します。

2~3倍くらいの低レバレッジであれば、非常に安定した運用が可能ですよね。

 対策3:24時間トレードしない

安全な運用を行うなら長時間ダラダラとトレードしないように注意しましょう。

なぜなら長時間トレードをしていると、体に負担がかかり、集中力も落ちて失敗しやすくなりますよね。

あくまで安全な資産運用なので、仕事や日常生活に支障が出ない範囲で取り組むように心がけましょう。

対策4:余裕資金でトレード

安全な運用に欠かせないのが余裕資金のトレードです。

生活に必要な資金までトレードにあててしまうと、大損したときのダメージが大きくなってしまいます。

月の収入が20万円で、生活費が15万円必要なら、残りの5万円のうちのいくらかをトレード資金として毎月利用していくとよいでしょう。

FXの口座開設を安全に行うステップ6つ

ここからは、口座開設を6つのステップに分けて詳しく説明していきます。

ステップ1:取引するFX会社を決めよう!

FXの安全運用には、その目的に適したFX口座が必須です。

慣れない人にとってFXの口座開設は難しく感じますが、ポイントをおさえれば簡単・安全に口座開設可能です。

初心者にオススメのFX会社をご紹介していきますね。

おすすめFX会社1:外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインはテレビCMなども頻繁に行っている有名なFX会社です。

全国で無料セミナーを開催しているため、FX初心者も安心して利用できます。

自動売買にも対応しているので、初期設定だけすれば、プログラムが24時間自動でプロのようなトレードをしてくれます。

特にスワップポイント(貰える金利)も高いので、長期売買に適したFX会社ですよ!

おすすめFX会社2:SBI FXトレード

SBI FXトレード

SBIFXトレードは、1通貨単位(4円)で取引できることが最大の特徴です。

 1通貨単位の取引は非常に低リスクなので、初心者がFXトレードに慣れるのに最適です。

また、スプレッド幅が、業界最狭水準も注目すべき点ですね。

2018年オリコン顧客満足度調査で、「FX取引 取引手数料 第1位」と信頼と安心のFX会社といえます。

おすすめFX会社3:GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券FX取引高8年連続で国内第1位のFX会社です。

スプレッドも、米ドル/日本円0.2銭(原則固定)と、全通貨ペアで業界最小水準のスプレッドを提供しています。

使い勝手の良い取引システムや、24時間電話サポート等が顧客に支持され、オリコンランキングでも常に上位にいます。

取引コストを抑えてFXをしたい場合には、GMOクリック証券が一番おすすめですよ。

※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月

ステップ2:必要情報の入力

FXの口座開設では氏名や年齢、住所、職業、トレード経験、収入などを入力しましょう。

入力項目が多いので最初はとまどいますが、どの会社でも聞かれる項目はほぼ共通しているので、慣れてくれば数分で入力できます。

ステップ3:必要書類の添付または発送

FXの口座開設は本人確認書類やマイナンバー確認書類の提出が必要です。

本人確認書類としては、マイナンバーカードや免許証、健康保険証、住民票の写しなどが利用可能です。

マイナンバー確認書類は、マイナンバーカードや通知カード、住民票の写しが利用可能です。

本人確認書類はFX会社のサイトに直接アップロードするか、メールでの添付、FAX、郵送などの手段があります。

ステップ4:FX会社にて審査

必要事項を入力し、本人確認書類を送ればFX会社で口座開設の審査が始まります。

口座開設の審査において、とくに重視されるのが現在の収入と資産、トレード経験の部分です。

結果が出るまで少し時間がかかるので、FX会社から連絡が来るのを待ちましょう。

ステップ5:口座開設完了

無事に審査を通過して口座開設が終わると、取引用のIDとパスワードがFX会社から送られてきます。

これらは取引画面にログインするために大切な情報ですよね。

他人の目のつかないところにIDとパスワードは大切に保管しておきましょう。

ステップ6:取引資金を入金

FXの取引を始めるには取引資金の入金が必要です。

実際に資金を入れるとすぐにでも取引を始められますよ。

数万円~10万円程度入金してみて、低リスクで取引を始めてみるとよいでしょう。

FXを安全に運用するために知っておくべき注意点3つ

FXで安全な運用を行うためには、知っておくべき3つの注意点があります。

安全な運用を行う上で、おさえておきたい注意点を3つ紹介するので、忘れないようにしてください。

注意点1:ハイレバレッジでの無茶な取引はしない

ハイレバレッジでの取引はうまくいけば儲けが大きいですが、失敗すると損失も甚大ですよね。

ハイレバレッジでの取引は強制ロスカットの原因ともなり、安全な運用とは対極にあります。

リスクの取りすぎにはくれぐれも注意しましょう。

注意点2:値動きの激しい通貨で取引しない

値動きの激しい通貨は、油断していると大きな損を被りやすいです。

ポンドなどの荒い値動きをする通貨や、新興国の通貨などは一瞬で大損しやすいので注意が必要です。

注意点3:生活費を使ってFX取引をしてはダメ

世代別ライフプラン事例。余剰資金・資金額を決める参考。

生活に必要なお金をFXにつぎ込むのは絶対に避けるべきです。

FX取引は損失を出す可能性もあるため、生活費を使って損失を出した場合、日々の生活に大きな支障が出るからです。

FXは必ず余裕資金で取引するようにしてください。

FXの安全な運用を心がけよう!

上記で紹介した「安全にFX取引する方法」を実践すると、今後は安全に取引したいと悩まずに済みますし、リスクを把握・管理した状態でトレードできます。

安全な運用は、トレーダー自身を守るためにも必要なので覚えておきましょう。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ

    • 安全な運用のためにはルールをしっかりと決める
    • リスクをおさえた2~3倍程度の低レバレッジかつ、余裕資金でトレードする
    •  長時間ダラダラとトレードせず、時間を決めて行う

上記のポイントをしっかりとおさえれば、安全な運用ができます。

最初は面倒かもしれませんが、低リスクで運用するために必要なポイントです。

日々の取引において常に意識するよう心がけましょう。

-FXの基礎

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.