【FX自動売買】簡単・選ぶだけ!71%の初心者が利益を出した方法

更新日:

FXの自動売買で稼ぐ
  • 自動売買って儲かるって聞くけど本当?
  • 詐欺が多いんじゃないの?
  • なぜ自動売買だと儲かるの?

あなたは自動売買に対してそんな疑問や不安がありませんか?私も最初は「どうせ詐欺だろ?そんな美味しい話はない」と思っていました。

ですが自動売買は「あやしいものではなく、利益が出やすく大損しにくいです。」

それでは今から自動売買が儲かるのかどうかと、安全の観点からデメリットを中心に解説していきます。

自動売買を実際にやっている人の損益も載せますので、本当に稼げるのかどうかがわかりますよ。

自動売買とは?

自動売買はシステムトレードとも呼ばれています。どのようなものか簡単に説明すると、取引の大半を自動売買プログラムにお任せするトレード方法のことです。

私たちトレーダーは、現在の為替の流れに合うシステム(自動売買プログラム)を選ぶだけです。あとはプログラムが勝手にトレードしてくれるという優れものです。

自動売買の実績!1年で164万円の利益

FXの自動売買は儲かる?

引用元:インヴァスト証券

上の表はインヴァスト証券の自動売買の損益データです。(2019/3/11時点)

このデータによると、もし上記5つの自動売買プログラムを運用していれば、1年間で1,112,000円の投資資金から1,646,295円の利益が出ていたということになります。(収益率248%

一番成績の良かったものだけを運用していたとしても274,000円の資本から434,110円の利益を得ていたということです。

このように、ある程度の資金があれば大きな利益が狙えるのが自動売買です。

全ての自動売買プログラムで利益が出るわけではないから注意が必要よ。 利益が出ている、調子が良いプログラムを選ぶのがコツね!

もう一つの自動売買の実績!71%が利益を出している

iサイクル2取引という自動売買で利益

外為オンラインの自動倍場の損益

引用元:外為オンライン

こちらは外為オンラインの自動売買に関するデータです。(2019/3/11時点)

71%が利益を出してるってすごいね。利回りも高いから運用してみようかな?
基本は自動売買プログラムを選ぶだけだから、FX初心者でも簡単に自動売買ができますよ。

日経新聞でも自動売買特集!FX経験者の44%が自動売買をしている

日経新聞でも特集されるFXの自動売買

自動売買は日経新聞や経済番組で有名なWBSでも特集を組まれるくらい人気です。

ある調査会社のアンケート結果には、「FX経験者の44%が自動売買をしている」というデータがあります。

それくらい、FXの自動売買は注目されている取引手法です。

初心者がFXの勉強をせずお金を稼げる」これはひと昔前には考えられなかった嘘みたいな煽り文句に聞こえますが、決して大げさな表現ではありません。

始めるならそのうち・・・ではなくて、「今!」ですよ。

裁量トレードは損切りできるか不安だけど、自動売買ならFXをはじめられそう!
自動売買は少しの設定で、繰り返し売買をしてくれるので初心者に人気です。 まずはどんな自動売買の種類があるか知って、自分に合ったものを見つけましょう!

自動売買の解説動画(所要時間1分38秒)

自動売買と裁量トレードの違い

一般的な裁量トレードの場合

自動売買 vs 裁量トレード

引用元:FXブロードネット

<p自動売買とは逆に主導でおこなう取引を裁量トレードといいます。裁量トレードの場合は含み益が出ていても決済のタイミングがわかず、いつの間にか含み損に変わってしまうときがあります。

反対に含み損が出ていても「損をしたくない!」という深層心理が働き、なかなか損切りできずに大損してしまうこともあります。

自動売買(リピート注文)の場合

FX自動売買の特徴

引用元:FXブロードネット

一方で自動売買は利益確定も損切りも自動でやるので利益が出やすく、大損しにくいのが特徴です。

特にFX初心者は損切りがなかなかできないので、自動で損切りをしてくれる自動売買はオススメです。

リピート型自動売買でおすすめのFXブロードネット

FXブロードネット

自動売買の強み

自動売買のメリット裁量トレードのデメリット
  • 画面に張り付く必要がない
  • テクニカル分析も覚える必要がない
  • 感情が介入する余地がない
  • 画面に張り付く必要がある
  • テクニカル分析を覚える必要がある
  • 感情が介入し損切出来ない(大損につながる可能性)

これらから分かるとおり、自動売買のメリットは裁量トレードにおけるデメリットをすべてカバーするものばかりです。

自動売買は、仕事中も睡眠中も育児中も関係なくトレードを続けてくれます。

重要なことは、相場の流れに合う良いストラテジー(自動売買プログラム)を選ぶことと、資産管理、これらのみです。

自動売買の弱点

もちろん自動売買は完璧ではないので以下のような弱点もあります。

自動売買の弱点

  • どの自動売買を選べばいいかわからない
  • 急激な為替変動には対応できない
  • プログラムを定期的に入れ替えないといけない

それではひとつづつ解説と対策を説明していきましょう。

どの自動売買を選べばいいかわからない

自動売買はFX会社によって種類が違う上に、会社によってはプログラムにも様々な種類があり、どれを選べばいいかわからなくなります。

対策

利益ランキングがあるので、実際に利益を出ているプログラムを選ぶ。

急激な為替変動には対応できない

自動売買は基本的にテクニカルチャートに沿って、独自の売買ルールで取引をするものです。

リーマンショックやサブプライムローン問題のように、急激な相場の変動には対応できません。

対策

複数の自動売買プラグラムを組み合わせて、リスクヘッジをする。

例えばトレンド系とレンジ系のプログラムのように、正反対の動きをするプログラムを組み合わせるとプラス・マイナスで利益と損失を打ち消し、結果的にリスクヘッジになります。

プログラムを定期的に入れ替えないといけない

相場は大きくトレンド系とレンジ系の2つに分けることができ、それぞれの相場の動きにあったプログラムが存在します。

つまり、トレンド系の相場にときにレンジ系のプログラムを選ぶと損失が出ます。逆にレンジ系の相場でトレンド系のプログラムを運用すると同じく損失が出てしまいます。

これを防ぐために現在と今後の相場を予想し、相場にあったプログラムを選ぶ必要がありますが、初心者には相場を読むことはとても難しいです。

対策

自動で相場にあったプログラムに入れ替えてくれる自動売買を選ぶ。

インヴァスト証券が提供するフルオートは自動でプログラムを入れ替えてくれるので、初心者でも安心して自動売買を運用できます。

インヴァスト証券

自動売買プラグラムを買うのはNG

自動売買のプラグラムを販売している業者は、右肩上がりの素晴らしい成績を出しているデータを提示して販売しています。

このデータはバックテストといって、過去の相場のデータを使って、その自動売買プログラムが売買をした場合の結果を出したものです。

簡単に行ってしまうと後出しジャンケンのように、都合の良い期間、その相場に合ったプログラムに設定すれば良い結果を出せるということです。

有料のものは利益を出すために高額な場合が多く、逆に無料のものは『当サイト経由でFX口座を開設したら無料で自動売買プログラムをあげます』というようにアフィリエイト目的がほとんどです。

対策

FX会社が提供している無料の自動売買を使う。それ以外の自動売買プログラムは買わない、使わない。

また、海外のFX会社は詐欺が多く、出金できなかったり、いつの間にかそのFX会社がなくなっていたりトラブルが多いので日本のFX会社を使いましょう。

ボビー・オロゴンもびっくり!簡単に資産形成

これは外国人タレントで有名なボビー・オロゴンさんが、自動売買の魅力や疑問、必勝法など、素朴な疑問から解決していく、ザイFXの提供する動画です。

『クスって笑ってしまう』動画なので、面白おかしく勉強ができますよ。

FXの自動売買の歴史

自動売買とは、「あらかじめ決めておいたプログラムに従って、機械的に自動売買」するものです。

当初の自動売買は、FXの知識だけではなくパソコンの専門的な知識も必要とされていたため、一般の人には敷居が高く、簡単に運用出来ないものでした。

なぜなら当時は、自分が理想とするトレードスタイルをプログラマーなどに依頼してプログラミングしてもらうか、自分でプログラミングする、もしくは海外サイトにある自動売買ツールをダウンロードして使うしかなかったのです。

メタトレーダー(MT4)の登場

先ほど述べた海外サイトにある自動売買ツールのことを、メタトレーダー(MT4)と呼びます。

今は入手が容易なMT4ですが、昔は日本向けに作られているものは少なかったため、英語がある程度できないと使えませんでした。

しかしさまざまな会社が、より簡単に、よりわかりやすく、より勝率の高いシステム開発に日々尽力してくれているおかげで、自動売買はFXの世界に新しい風を吹かせることになったのです。

FXの自動売買は5種類。自分の目的に合ったものを選ぼう

自動売買(システムトレード)の仕組みは意外と単純です。

私たちトレーダーはあらかじめプログラミングされているストラテジーを選ぶだけで、組み込まれている決められた売買ルールに従って、24時間自動でトレードをしてくれます。

しかし、「自動売買って簡単だ」と思って飛びつくのはまだ早いです。

一言で自動売買といっても、大きく分けるとシステムによって5種類に区分することができます。

これらの中からどのシステムを選ぶかによって、使い勝手やFXの勝率が異なってきます。

入口を間違えると、とんでもない結果になってしまう可能性があるので、まずは今から説明する自動売買の種類をしっかり理解してくださいね。

リピート注文型:最も初心者に優しい自動売買

代表的なリピート注文型の自動売買システム

自動売買のもう一つの形。iサイクル2取引

(出典:外為オンライン

リピート注文は値幅を自分で決めると、あとは裁量トレードでも使うIFD注文機能を自動的にリピートしてくれる自動売買システムです。

リピート注文の有名どころといえば外為オンラインのiサイクル2取引やFXブロードネットのトラッキングトレードです!難しい設定などは一切なく、簡単な設定をすればOKなので、その手軽さが顧客を虜にしています。

また、リピート型は数千円から始められるという点も大きな魅力です。

興味深いデータとしてFXブロードネットのトラッキグトレードが裁量トレードの約3倍の利益幅を出しているというものが公式HPで公表されています。

ストラテジー選択型(ミラートレーダー系)

代表的なストラテジー選択型(ミラートレーダー系)自動売買システム

  • シストレ24(インヴァスト証券)
  • セントラルミレートレーダー(セントラル短資FX)
  • アヴァミラートレーダー(アヴァトレードジャパン)

ストラテジー選択型のデメリット

(出典:インヴァスト証券

あらかじめ用意されているストラテジーの中から、好きなものを選んで起動させるだけでOK!というシンプルな自動売買が、ストラテジー選択型と呼ばれているシステムです。

世界で最もメジャーなプラットフォーム「ミラートレーダー」も、このストラテジー選択型ですね。

500種類以上あるストラテジーから、気に入ったトレード手法をセットしておけば、あとは勝手にそのトレード手法をコピーして24時間自動売買してくれるわけですから、忙しい日本人にはピッタリなシステムではないでしょうか。

ただ、必要な証拠金(投資資金)が多く、100万円以上の資金がある人向きですので、初心者には少々敷居が高いかもしれません。

ストラテジー選択型(オリジナル系)

前述のストラテジー選択型はミラートレーダー系を紹介しましたが、こちらはミラートレーダー以外のシステムを使った自動売買システムです。

自動売買システム

  • エコトレFX(ひまわり証券)
  • みんなのシストレ(トレイダーズ証券)

上記業者はミラートレーダーを使っていない、独自で自動売買システムを開発しているFX業者です。

各社がオリジナルで開発したシステムのストラテジーを選んで起動するので、選択する業者によって様々な特徴をもったストラテジーと出会うことができます。

みんなのシストレ ランキング

(出典:トレイダーズ証券)

たとえば、トレイダーズ証券のみんなのシストレの場合、「みんなのFX」で実際に取引しているトレーダー(運用成績の公開を許可しているトレーダー)と、投資戦略を搭載した自動売買プログラムが参加しているランキングが公開されています。

このランキングから自分が運用したいと思うストラテジーを選んで自動売買することができます。

ランキング形式で運用成績も公表されていますので「相場を読んで最適なストラテジーを選ぶ」というスキルがない初心者でも自動売買でトレードすることができますね。

ストラテジー自己設定型

代表的な自動売買システム

  • パートナーズFX HyperSpeed NEXT(マネーパートナーズ)
  • トライオートFX オートパイロット注文(インヴァスト証券)
  • ちょいトレFX(FXプライムbyGMO)

ストラテジー自己設定型は、自動売買の売買ルールをトレーダーが自由に設定できるシステムトレードです。

カスタマイズ性が高いということは、そのぶんFXの経験と知識が必要となってきますので、初心者には向きません。

FXそのものに慣れてきたFX中級者から上級者に適したシステムです。

ストラテジー開発型(MT4系)

代表的な自動売買システム

  • FXTF MT4(FXトレードフィナンシャル)
  • FOREX MT4(FOREX.com)

俗にMT4と呼ばれている、メタトレーダーのことを指します。

MT4のストラテジー開発機能を使って、ゼロから自分好みのストラテジーをプログラミングする自動売買だと思ってください。

MT4でいかようにもストラテジーを作ることは可能ですが、もちろん専門的なプログラミングの知識とスキル、そしてFXに関しても精通した知識が必要なため、一般人が飛び込むには敷居が高いといえます。

他人が作ったプログラムをインストールして使える

ただ海外ではプロアマ問わずMT4の開発はとても活発で、海外サイトを閲覧すると無料で配布されている程に情報交換が盛んです。

その選りすぐりのストラテジー(MT4では「EA」と呼ぶ)を、ダウンロードして自分が使っているMT4にインストールして使うことも可能です。

なので、日本国内においてはこのようなスタイルでMT4が使われていることが大半です。

ただし、自分で開発するのではなく稼げるストラテジーをダウンロードする場合でも、自分の好きなようにカスタマイズして使うといった、直接ソースが扱える程度のプログラミング知識は必要です。

かなり本格的にシステムトレードがしたいという中・上級者におすすめの自動売買システムです。

「リピート型」自動売買は初心者の味方

日本国内で自動売買の普及に成功したのはなぜか?

それは自動売買システムがFX初心者でも簡単に利用できた、という点が大きいでしょう。

2012年頃は「機械の設定が難しい」自動売買でしたが、「選択型」や「リピート型」の登場によりFXの世界に一石を投じることになりました。

「自動は便利だけどなにかと難しい」という自動売買のイメージを振り払い、「簡単で誰でもできる自動売買」のイメージを定着させることができたのは、とくに「選択型」のおかげといっても過言ではありません。

チェックは夜に1度取引画面を見ればOK

自動売買が多くの人に利用されている大きな理由として、ずっとPCやスマホに張り付かなくていい、ということがあると思います。

人にはそれぞれ仕事や家事、食事の時間などがあり、ずっと相場を見続けるのは難しいですよね。

その点で自動売買は、設定だけしておけば、あとは自動で取引されるのでずっと相場を見続ける必要がありません。

あらかじめリスク管理、資金管理をすれば、定期的にモニタリングする程度で裁量トレードに比べて、トレード時間はぐっと短縮されます。

トレーダーといえばずっとPCやスマホでチャートとにらめっこ、なんてイメージがあるかもしれませんが、最近のFXの流れは仕事中も自動で取引してくれる簡単さが受けています。

張り付かない」「焦らない」「寝不足にならない」「初心者も勝てる環境が整っている

これが自動売買が選ばれている理由でしょう。

FX中級者以上はシステム開発型の自動売買も利用できる

これは中級者以上の方に向けての話になりますが、ロシアのクオーツ社が開発したメタトレーダー4が有名ですね。

多彩な自動売買機能や、チャート分析機能も豊富なため愛好者にはたまらないんですが、取扱いが難し過ぎて、FX初心者が利用するのはオススメできません。

過去にメタトレーダーが流行して、私もメタトレーダーでチャート分析をしたこともありましたが、やはり日本のシステムの方が日本人向けに作られている気がします。

ここでは、自動売買に慣れてきて既製ストラテジーで満足できない人は、自作で自動売買システムを作成できる、ということを知っておくぐらいで良いと思います。

どのFX会社の自動売買がおすすめなの?

コツコツ安全に稼ぎたいなら外為オンラインiサイクル2取引FXブロードネットトラッキングトレード、がオススメです。

FXを1年以上やっている人に聞いてみたらわかるのですが、上記2社を知らない人はまずいません。

自動売買利用料システム数売買成績公式サイト
外為オンライン無料-公表外為オンライン
FXブロードネット無料-公表FXブロードネット
インヴァスト証券無料500以上公表インヴァスト証券
トライオートFX無料-公表トライオートFX
ひまわり証券の自動売買無料100以上公表ひまわり証券の自動売買
アイネット証券の自動売買無料-公表アイネット証券の自動売買
セントラル短資FXの自動売買無料300以上公表セントラル短資FXの自動売買

経験別おすすめFX会社

経験別おすすめポイントFX会社
はじめての自動売買初心者も扱いやすいiサイクル2取引がおすすめiサイクル2取引
安全にコツコツ稼いで安心コツコツ形で安全!裁量トレードの3倍の利益FXブロードネット
中級者に人気中・上級者も経験者も納得のいくシステムインヴァスト証券

自動売買を扱うFX会社については、以下の記事でも解説しているので、あわせてご覧ください。

くわしくはコチラ

自動売買をするならどのFX会社?|おすすめ7社をわかりやすく比較

FXの自動売買を実際の成績順で完全比較。プログラムを選ぶだけで取引をしてくれる自動売買は初心者向けの投資です。寝ていても24時間自動で売買をしてくれる自動売買はテレビで特集を組まれるほど人気です。。こちらの記事ではおすすめの自動売買システム7社を比較、紹介します。

自動売買の口コミ

簡単に利益が出せるというイメージが定着しつつある自動売買ですが、いくら全て自動でトレードしてくれるとはいえ、自動売買を動かすストラテジーやプログラムを選ぶのは私たち自身です。

自分の知識では追いつかないシストレや、トレードスタイルが合わないもの、無理な資金運用を押し通すようなトレードでは、自動売買であっても利益を出すことは出来ません。

実際に自動売買を使っているトレーダーさんたちの口コミを集めてみましたので、ぜひ自動売買を選ぶ際の参考にしてくださいね!

【良い口コミ】

Good

業者にはそれぞれの特色がありますがインヴァスト証券では、世界中の投資のプロが考案したストラテジーとよばれる自動売買プログラムを選ぶだけで自動的にFX取引ができるシストレ24という存在があります。

専業トレ-ダ-集団と呼ばれる一流の方々がストラテジーを作成し、提供することによってより客のシストレ運用に役立てるよう、日々改善すると聞き感心しました。

クイック入金サービスを利用すると入金手数料も無料なので、口座開設して本当に良かったと思っています。

参照元シストレ24(インヴァスト証券)の評判・クチコミ

Good

スプレッドはどことはいいませんが、他の会社の方がちょっと狭かったです。とはいえ、自動売買はデイトレ~スイングですから、スプレッドはあまり気にしなくてもいいと思います。

それよりポートフォリオの組み方やストラテジーを選ぶ際に参考にする情報が豊富で、組み入れたいストラテジーを検索しやすい点は、自動売買が自分でトレードしない分、ストラテジーの情報が非常に重要になるので、ここを選ぶ大きな利点だと思います。

参照元価格.com シストレ24(インヴァスト証券)の評判・クチコミ

Good

私は裁量トレードで散々勝てずに諦めかけていたのですがネットで調べていたところシストレに出会いました。

ストラテジーがたくさんあってどれを選択するかは大変ですが、裁量トレードで培った知識だけはありましたので損小利大のストラテジーのみを選んで取引をしたら、まだまだ少ないですが利益が残るようになってきました。

また、昨年からフルオートも始まり、ストラテジーの選択も自動でしてくれるようになったので監視する必要もなくなりました。

ただフルオートに関しては私自身始めたばかりなので運用結果はまだ十分なデータが取れていませんので利益が取れるかどうかはまだわかりません。心配な方はシストレをデモでの検証もできますので試してみてください。

気になる点としてはスプレッドが広いので短期売買は向いていないと思います。

参照元価格.com シストレ24(インヴァスト証券)の評判・クチコミ

【中立な口コミ】

So-So

ストラテジーを選択して売買のタイミングはお任せしちゃう。そんなシストレに興味があったのでこちらで口座を作りました。

マニュアル通りにやれば操作はそう難しくありません。多くのストラテジーの中から好きなものが選べるので押し付けがましいなんてことは一切ありません。

シストレではこのストラテジー選択が命といっても過言ではありませんから、ここは慎重に選ぶことをおススメします。

今のところは若干の評価益となっています。なれてくると各ストラテジーのよさがじわじわわかってきて楽しいですね。

自分だったらこんなトレードはできないなー、とかいろいろ見てて楽しいです。他人のトレードを覗き見してるような感じですね。なにかと勉強になりますので、30万とか50万とかまとまった資金がある人にはおススメです。

参照元価格.com シストレ24(インヴァスト証券)の評判・クチコミ

So-So

ミラートレードは山ほどストラテジーがあり選択に迷いますが、検索機能が充実していて選ぶのは楽しいですね。

面倒な人には「金の卵おじさん」など自社のトレーダーがやってるポートフォリオがそのまま使える「ユニット」がありますが、知らないうちに入れ替えが行われ(アナウンスはされますが)そこは自分で手動でメンテしないといけないのは難点ですね。

また普通の人がとっつきやすい証拠金(200万円以内くらい)でモデルになってくれていると思っていたのですが、「金の卵おじさん」は最近自己の証拠金枠を500万円に引き上げましたのは何とも残念。。。

すくない証拠金で継続的に儲かるのがシストレの醍醐味と思うのですが・・・・これでは参考にできる素人トレーダーは限られてきますね。

シストレの仕組みは優れているように思えますが、スプレッドが広いのであまりおすすめではありません。

参照元価格.com シストレ24(インヴァスト証券)の評判・クチコミ

【悪い口コミ】

BAD

自動売買することができるシステムトレードですが、非常に使いにくいです。使いにくいのが特にツール。独特なフォーマットなどのため、他のFX口座で慣れてしまっている人にとっては最初は非常に苦戦を強いられる。

さらには、シストレの情報自体も希薄で、こちらがどれを使用すればよいのか判断することが難しく、安心してトレードすることができない。

参照元価格.com シストレ24(インヴァスト証券)の評判・クチコミ

BAD

多才なツールは理解するまで、難しい 簡単にしてほしい。上がるか 下がるか シンプルさ希望します。

お金をこんなにかけるならユーザーの希望を取りえるべきです。利益を出せなかったら興味持てません。

せっかく口座開設しても 取引できません。 非常に残念です

参照元価格.com シストレ24(インヴァスト証券)の評判・クチコミ

BAD

情報やアプリ等は非常に良いのですが、いまだに手数料がかかる点と南アフリカの証拠金が他社に比べて異常に高すぎる。

しかも、証拠金を自社の都合で引き上げるなど消費者目線ではないのが非常に残念です。先月他社に移行しました。ただ、情報量は多いです。

参照元価格.com シストレ24(インヴァスト証券)の評判・クチコミ

これら口コミから思う私個人の総評は、シストレはある程度まとまった金額を用意すべきであると感じました。

やはり自動売買のシステムそのものは、日々進歩し優秀であるのは確かですが、短期トレード目的や少ない資金での運用はリスクが高くなるようです。

感情を排除出来るぶん、裁量より自動売買のほうが初心者には使い易いシステムであることは理解できるのですが、なにぶん強制ロスカットを防ぐためにある程度の資金を用意しなければいけないという矛盾をどう解決するか・・・。

という問題になってきますが、少ない資金で運用するときは、10,000通貨単位ではなくもっと少ない通貨単位でトレード出来る自動売買システムを使うと良いのではないかと思います!

FXの自動売買のまとめ

FX初心者にも利用しやすい環境が整い、自動売買は市民権を得たと言えるでしょう。ひと昔前まで自動売買はプロが使っているものでした。

ここ数年、忙しい会社員や、為替の知識のない主婦が自動売買で利益を上げているのは、「簡単な設定、収益率の高いストラテジーを選ぶだけ」という利用方法が受けているからです。

とはいえ、放っておいて稼げるほど簡単ではありません。市場の流れに合ったストラテジーを選んで1日1時間程度、口座の確認や取引のチェックをしてあげる必要はあります。

慣れてくると、投資未経験者でも簡単に利益を出すことも簡単と言われています。これからFXをはじめるなら自動売買がおすすめですよ。

初心者はとくに下記の2つ、外為オンラインの「iサイクル2取引」、FXブロードネットの「トラッキングトレード」の自動売買をおすすめします。

初心者におすすめの自動売買「iサイクル2取引」を提供 外為オンライン 外為オンライン 人気の自動売買「トラッキングトレード」を提供 FXブロードネット

FXブロードネット

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
外為オンライン
FX初心者の登竜門として人気のFX会社。豊富なセミナーなどのサポート力が人気の理由です!
無料セミナー
自動売買
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
低スプレッド低コスト!
SBIバナー
SBI FXトレード
業界最狭のスプレッドを誇るFX口座。最低取引は1通貨~、4円から投資できるのはSBIFXトレードだけ
低コスト
約4円から投資OK
スワップ人気
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
高性能チャートが大好評
GMOクリック証券【FXネオ】口座開設
GMOクリック証券
チャート分析が使いやすさ抜群なので、その為に持っておいても損はない口座の1つです!
高性能チャート
低コスト
VRトレード
キャンペーン

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-自動売買

Copyright© FXのやさしい教室 , 2019 All Rights Reserved.