【FX失敗まとめ】FX初心者が陥る典型的な失敗パターンを4つ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FXで失敗する理由4つ!

成功する人のやり方はそれぞれですが、失敗する人のやり方はなぜかだいたい共通しています。

人には個性があり、それゆえ成功の在り方は様々だと思うんですが、失敗体験は共通するなんて不思議ですよね。

「これは世の中の法則ではないか」と思うくらい、多くの事柄において共通しており、FXに関しても例外ではありません。

なにを隠そう、かつて私自身がFX初心者の典型的な失敗パターンにまんまと引っかかってきたからです!

いきなり短期間で成功するのは難しいですが、失敗しやすいポイントを理解し、私と同じ轍を踏まないようすれば、消去法で失敗しないトレードができるようになります。

失敗体験は私に任せ、ぜひ同じような悲劇を繰り返さないようにしてください!

すでに体験済みの方は、この機会にその原因を把握して、これから成功体験を増やしていきましょう!

今回は、私自身が体験してきたFXでよくある失敗パターン4つ紹介します。

FX失敗1. 無駄にトレードを繰り返す(ポジポジ病)

無駄なポジションはすぐ辞めよう

これ、一番ありがちで、タチの悪い失敗です。

無駄なトレードというのは、エントリーすべきでないタイミングでもエントリーしてしまうことです。

一般的にポジポジ病と言われていますが、「いつでもどんなときでもトレードしなければいけない」、または「トレードは取引回数をこなせば、より多く稼げる」などと、と勘違いしている人がよくやってしまうパターンです。

「エントリーする根拠」を明確にしよう

一度、ご自身のトレードを振り返ってみてください。

  • どんな時エントリーしていましたか?
  • 自分がやりたいときだけ、エントリーしていませんか?
  • そのエントリーは、なぜそのタイミングでエントリーしましたか?
  • 直感や値ごろ感だけでエントリーしていませんか?

当たり前のようにやってしまう上記のようなトレードは、FX初心者にありがちな稼げないトレードそのものです。

「FXで稼ぐにはたくさんトレードしなければ稼げない」と思ってしまう気持ちはわかりますが、それでは絶対に稼げません

まさに、FXトレードの失敗街道まっしぐらです。

「どんな時もエントリーすれば稼げる」「エントリーしなければ稼げない」という思い込みは捨てましょう。

エントリーするときは、エントリーした理由を誰にでも明確に説明できる根拠を持つこと

まずは、これをしっかり意識してトレードしてみてください。

もし思い当たる節があったら、一度トレードする手を止めて、自分のFXの仕方や考え方を見つめなおす時間を取ってみましょう。

宝くじの買わないと当たらないと一緒で、ついポジション持っちゃうんだよなぁ
ポジポジ病を克服するには自動売買(システムトレード)もおすすめですよ!詳しい記事はこちらです

FX失敗2. 他人の情報や予想だけで判断する

他人のふんどしで相撲を取るな

今はネットでFXに関する情報が簡単に手に入りますが、アナリストの予想や、億トレーダーが発信する情報などを聞いてしまうと、ついつい自分の相場分析に影響を与えてしまいます。

どこのサイトでは「今は買いだ!」と書いてあったから、ポジションを取ってみようだとか、他人の意見に左右されてポジションを持った経験はありませんか?

そして、そんな情報に振り回された結果、失敗したことはありませんか?

それらの情報はあくまで、その他人の意見に過ぎませんし、予想アプリや予想ソフトなども、ガチガチなテクニカル分析のデータのみでチャートの未来を予想しているに過ぎません。

自分なりの根拠を持って、FXの経験値を上げよう

しかし、為替相場は生き物。誰かの固定観念や、データだけで動いているわけではないので、どんなに有名なアナリストやトレーダーの予想も当たらないことは多々あります。

例え当たっていたとしても、それはあくまで他人の予想であり、自分なりの根拠がないトレードはあまり意味がありません。

人のふんどしで相撲を取るようなトレードをやっていては、自分の経験値は上がらずに、いずれ大負けを経験することになります。まさに負け相撲を取って失敗することになります。

各FXサイトから発信される情報は、参考程度に留めておきましょう。

目の前にあるチャートと向き合い、それを取り巻く環境をしっかり認識してトレードすることが大切です。

他人の情報だけで稼げるほど、FXの世界は甘くありません

それをしっかり認識しておいてくださいね。

でも、人の意見が無いと不安だよ、どう動くかわかんないし
それは相場観がないからです
まずは相場観を身につけるために経済指標などの情報をチェックし、どう動くか自分で考えてみることが大切です

FX失敗3. テクニカル分析だけに頼る

テクニック分析は完璧じゃない

先ほどとは逆に、テクニカル分析だけに頼ったトレードも危険!FXで失敗する原因の1つです。

確かに「FXで稼ぐには、テクニカル分析の実力をより良くすればいい」と思うのは当然のことでしょう。

しかし、為替相場に100%という数字はありません。

多角的な視点から予想を立てよう

誰が見てもテクニカル的に良いエントリーポイントでも、予想しない動きをすることは多くあります。

テクニカル分析は大事ですが、過信しすぎると想定外の事態になったときに臨機応変に対応できません。

大きな損失を出してしまうことにも繋がりますので、多角的な視点からチャートを俯瞰するようにしましょう。

初心者ほど様々なテクニカル分析を駆使したり、複雑な相場分析に挑戦したりと色々試したくなってしまいますが、複雑なテクニカル分析を使ったからといって失敗しないトレードに繋がるとは限りません。

データを過信し過ぎず、予想が外れた時は気持ちを切り替えて、相場分析をやり直すくらいの心構えでトレードに挑んでくださいね。

テクニカル分析のおすすめ動画

FX失敗4. ボラティリティー(価格変動)が小さいときにトレードする

価格変動が小さいときは取引しない

FXはいつでも稼げるわけではありません。

どんなテクニカルを使おうとも、どんないいタイミングでも、稼げないときには稼げません。

そこには、テクニカルや常識的な考えを超えた、ある重要なタイミングがあるからです。

それはボラティリティーです。

なんだか、聞きなれない単語だね
ボラティリティーとは一般的に「価格変動の度合い」を示しています

ボラティリティーが小さい(=価格変動が小さい)ときほど稼げないときはありません。

また、この価格変動が小さい相場のことを「波風が立たない海や湖」を比喩して、凪相場ともいいます。

ボラティリティーが小さいのにポジションを持って、無理なトレードをするのは失敗の元です。

では、ボラティリティーが小さいときとは、どんなときなのでしょうか?

いくつか基本的な例を挙げてみました。

  • 時間帯
  • 時期・季節

【時間帯】による低ボラティリティー時

一般的に昼間は東京時間、夕方からロンドン時間、夜中はニューヨーク時間と言われていますが、やはり中心となる国が変わることによってボラティリティーの大きさも変わってきます。

基本的に「東京時間は値動きが少なく、あまり値幅が望めない」という考えが広まっており、相場が活発に動いてくるのはやはり夕方からのロンドン時間からと言えるでしょう。

専業トレーダーの中には、夕方からチャートをチェックし始め、夜中にかけて取引するという方も多いようです。

東京に比べ、ロンドン、そしてニューヨークのボラティリティーはかなり大きくなりますので、うまくやれば短時間で大きく利益を出すこともできます。

なぜボラティリティーが小さいときは稼げないの?
稼げないというより稼ぎづらいと表現したほうが的確ですね

ボラティリティーが小さいときはうまく利益が乗っても、それがどこまで続くのか、どれだけ伸ばすことができるのかがうまく判断できないことが多く、またその分損切りの判断も難しくなります。

値動きが小さいということは、相場の方向性が定まっていない状況が多く、方向性が見えないチャートを相手にしてもただの負け戦。

無駄なポジションを保有した結果、損切りが積み重なり、結果的には大きな損失へとつながっていくこともあります。

失敗しないためにも、ポジションを持たないという選択肢を取るのも大切です。

もちろん、ボラティリティーが少ない相場を得意とする、スキャルピングの上手いトレーダーもいますが、基本的にはボラティリティーが少ないときは稼げないと認識しておきましょう。

無駄にトレードは駄目って分かったけど、どうやったらFXでうまく稼げるようになるのかな?
まずは一日の値動きを意識し、時間帯によってどんな違いがあるのか、一週間ごとの各値動きの違いなどもよく観察してみてください

 

1日の値動きや傾向が理解できるようになれば、「どんな作戦でトレードしよう」とか、「今週のトレードは見送りだ」などと、あらかじめトレード戦略を立てることもできるようになります。

「勝つためにトレードする」ことも大事ですが、「失敗しないためにトレードをしない」と判断することもときには必要です。

一日の中でも市場によって、あるいは時間によってボラティリティーの違いは確実にあります。

限られた時間でしかトレードできないサラリーマンや主婦でも、トレードに参加するのは値動きの良さを確認してからトレードするようにしましょう。

【時期・季節】による低ボラティリティー時

FX初心者には気づきにくい相場変動の特徴の一つで、これを知らずに失敗するトレーダーもいます。

実は、時期によっては動きやすい月や時期があります。

有名なところで「夏枯れ相場」と呼ばれる時期があります。

夏枯れ相場とは、日本ではお盆休み、海外では夏季休業などが重なり、FX参加者が少なくなるために起こる低ボラティリティー現象のこと。

一般的には8月上旬から9月までの間で、その時期になると毎年、「値動きが少ない日々」、や「全く動かない日々」が続きます。

こういうときにトレードしてしまうと、まったく稼げないと言っても過言ではありませんので、エントリーを考える際はくれぐれも注意してくださいね。

また年末に迎えるクリスマス週の低ボラティリティーも有名なところです。

海外はクリスマスのような大きなイベントでは休業することが多い為、この時も相場は閑散としていて稼げる余地がないと時期になります。

低ボラティリティー現象が起きやすい時期
  • 8月上旬から9月までの間
  • クリスマスのような大きなイベント

しかし稼ぎにくい時期があるということは、稼ぎやすい時期ももちろんあります。

一概にこの時期だと断言はできませんが、よく言われるのが9月の円買い、12月のドル買い、と呼ばれる時期です。

これは月足でみても、そういう傾向が強いのがわかると思います。

また大晦日は大納会ということもあって、大きく動きやすい傾向になるようにも思えます。

特に大納会は、東京・ロンドン・ニューヨークともに、ほぼ毎年わかりやすい値動きをしてくれている気もしますので(あくまで私の主観ですが)、このように為替が大きく動く時期も意識してトレードしてみるといいと思います。

低ボラティリティー時のトレードと落とし穴

ただ低ボラティリティー時でも、100%稼げないことはありません。

それまで全く動かなかった相場が、あるタイミングで突然動きだすときがありますので、どうしても利益を取りにいきたい人は突然動くタイミングを見計らってトレードすることもできます。

しかしこの動きは一過性のものが多く、一通り気が済むまで動いたあとは、何事もなかったかのように、また動かない相場へと逆戻りします。

低ボラティリティー時に、うまく稼げるか稼がないかは、時々大きく動くタイミングを見抜けるか見抜けないかということになります。

ただ、この見極め方を知らずにトレードすると、失敗は火を見るより明らかです。

見極めは意外に単純で、4時間足の押し目戻り売り通りに動くなど、規則正しい動きをしていることが多いので、長い時間足で分析してみると案外分かりやすいですよ。

これなら、自分でも見極めできそうだよ!
ただ、このような値動きの少ない相場で一番注意しなくてはならないのが、トレンドが発生したのか、果たしてレンジなのか?ということです

 

おそらく、低ボラティリティーの時ならトレンドは出ないと思いますが、その後にいい押し目がきても、いい戻り売りタイミングになっても、ひとまず様子を見ることをオススメします

値動きの少ない時の特徴として、たまに大きく値動きしたとしても、日足レベルでチャートを見たとき、十字のローソク足で終わる可能性が高いからです。

十字で終わるということは、どんなに大きく上がっても、その後は大きく下がり、そしてまたもとの位置に戻る・・・そんな値動きの一日です。

まるで値動きがなかったように、お澄まし気味で終値を迎える十字ローソク足は、トレーダーを散々振り回し損切りさせたあげく何事もなかったように居座る、忌々しいローソクの形だと覚えておきましょう!

低ボラティリティーの相場には一切手を出さず、様子を見るのが一番良いんだね!
方向性が見えないときは、無理せず様子見が一番、確実に勝てる相場にのって利益を上げるのがFXの基本ですよ

 

外為オンライン

FXの失敗パターンまとめ

失敗4つまとめ

  1. 無駄にトレードを繰り返す
  2. 他人の情報や予想だけで判断する
  3. テクニカル分析だけに頼る
  4. 価格変動が小さいときにトレードする
失敗パターンの改善策については、こちらのページも参考にしてみてくださいね 

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る