未成年にはバイナリーオプションよりFXがおすすめな5つの理由

未成年にはバイナリーオプションよりFXがおすすめな5つの理由

この記事で解決できる悩み

  • バイナリーオプションって未成年でもできるの?
  • 未成年におすすめの投資を知りたい
  • どうすれば未成年でも投資で利益が出せるようになるかな?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

先に結論を言うと、未成年はバイナリーオプションの口座を開設することができません

ですが、バイナリーオプションと同様に為替相場を扱うFXなら、未成年でも口座開設や取引を行えます

この記事で解説する『未成年がFXを始める手順6つ』を理解すれば、未成年でもFXで利益を出せますよ。

それではまず『【前提】未成年はバイナリーオプションの口座開設ができない』から紹介していきますね。

「いますぐ未成年でも口座開設ができるFX会社が知りたい!」という方は『未成年におすすめのFX会社2選』からチェックしましょう!

【前提】未成年はバイナリーオプションの口座開設ができない

未成年は国内の業者ではバイナリーオプションの口座開設ができません。

なぜなら、バイナリーオプションの利用は経済力や責任能力などのリスクの観点から年齢が制限されているからです。

バイナリーオプションは正しい知識を持って取引しなければ、中毒性のあるギャンブルのように利用しがちです。

判断力に乏しい未成年を守るために、満20歳以上の人しかバイナリーオプションができません

海外の業者はリスクが高くて危険!

海外業者の中には18歳以上なら口座開設ができる業者もありますが、利用は控えてください

その理由は問い合わせの対応に時間がかかったり、出金ができなくなる詐欺業者も存在しており、危険だからです。

また未成年の場合、口座開設自体は可能だとしても、入出金の際にクレジットカードや海外送金の利用制限を受ける可能性があります。

未成年はFXから投資を始めよう

未成年が投資をはじめるならFXがおすすめです。

なぜなら未成年でも口座が開設できるだけでなく、大金が用意できなくても取引ができるからです。

さらにFXで経験を積んで稼ぐためのスキルを身につけておけば、20歳になったときにバイナリーオプションでも利益を出せるようになりますよ。

20歳になるまでの時間を少しでも有効に使いたい人は、ぜひFXをはじめてください!

未成年にFXをおすすめする理由5つ

未成年にFXがおすすめなのはなぜ?」という悩みを持つ方に向けて、若いうちからFXを始めるべき理由を5つ紹介します。

FXがオススメの理由を知っておくと、自分にFXが合っているのかがわかり、もし自分に適していれば悩まずに始められますよ!

未成年にFXをおすすめする理由

  1. 平日の24時間いつでも取引できる
  2. FXの方が大きな利益を狙える
  3. 将来の就職先とは別の収入源になる
  4. 資金管理能力が身につく
  5. 就職活動に役立つ

理由1:平日24時間いつでも取引できる

ひとつ目は平日なら24時間好きなときに取引できることです。

購入できる時間や取引結果がわかる時間が決められているバイナリーオプションに対して、FXは好きなタイミングで新規注文や決済注文ができるので、空き時間を有効活用しながら自由に取引ができます

FX会社が取引アプリを公開していて、いつどこにいてもスマホで取引ができるので、アルバイトのように時間拘束されませんよ

理由2:FXの方が大きな利益を狙える

2つ目はFXのほうがバイナリーオプションよりも資金効率が良く、より大きな利益を狙えることです。

その理由は、FXには証拠金を担保として最大で25倍の金額で取引ができる「レバレッジ」という仕組みがあるからです。

レバレッジ10倍の例

レバレッジを使って取引量を増やすと、その分資金効率が上がり、大きな利益が見込めます。

ただし相場の予測が外れた場合、損失もより大きくなるので注意が必要です。

レバレッジにに詳しい記事を載せておくので、知らなかった方はチェックしてくださいね!

レバレッジについて詳しく知りたい方はこちら

レバレッジとは?資金効率を最大25倍にできる仕組み
この記事で解決できる悩み FXのレバレッジとは何か知りたい どんなメリットとデメリットがあるの? レバレッジを上手に使うにはどうしたらいいの? といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事で ...

続きを見る

理由3:将来の就職先とは別の収入源になる

未成年の時からFXを初めて稼げるようになると、将来社会人になったときに会社からの給与だけに頼らずに済みます

そのため、万が一事故やケガで一時的に働けなくなったときやリストラや倒産で職を失ったときに安心です。

金銭的なリスクを分散することで豊かな生き方ができます。

また、副業としてFXで稼げたら、家賃代や食費などの日々かかる金額が浮くので非常にメリットが多いですよ!

社会人になってからFXをはじめようとしても、仕事が忙しいからFXの勉強や練習の時間を確保しにくいよね…
自由な時間が多い学生の時から始めたほうが上達が早くなりますよ!

理由4:資金管理能力が身につく

4つ目は、学校ではあまり学ぶ機会がない「金融リテラシー」が身につくことです。

なぜなら、FXで継続して利益を出すためには資産管理能力が必要だからです。

低リスクで利益を上げる資金配分や、自分の欲を上手にコントロールしながら安定して投資を続ける能力は、社会人になってからのお金の管理にも役立ちますよ。

理由5:就職活動に役立つ

最後は、就職活動の面接でアピールポイントになることです。

FXをすると取引で必要な世界各国の経済状況や政治動向の知識が身につくからです。

金融に関する知識が身につけば得意分野が増えて、金融・財務・証券といった就職先の選択肢を増やすこともできます。

ただし、FXは銀行員やトレーダーなどに勤めてしまうとできないので注意しましょう!

投資と学業を若いうちからきちんと両立できたことを就職活動で伝えれば、自己管理能力のアピールにもなりますよ!

未成年がFXを始めるときのやり方6ステップ

未成年はどうやってFXを始めたらいいの?」という悩みを持つ方に向けて、未成年がFXをはじめるときの手順を6つ紹介します。

未成年がFXを始めるときのやり方

  1. FX口座を開設する
  2. FXについて勉強する
  3. チャート分析の練習をする
  4. 取引ルールを決める
  5. 少額から取引を実践する
  6. トレードの記録をつけて振り返る

この見出しを読むことで、未成年でも迷わずFXをはじめることができますよ。

ステップ1:FX口座を開設する

まずはFXの口座を開設しましょう。

口座開設の流れ

引用:YJFX!

FXの口座開設では、年収や保有資産などの審査が行われます。

未成年でも口座開設ができるFX会社である「みんなのFX」「LIGHT FX」については、後半の「未成年が口座開設できるFX会社2選」で詳しく紹介しています。

必要な書類を用意する

未成年が口座開設をする際は本人確認書類とは別に保護者の同意書一式が必要なので、事前に保護者を説得して書類を用意してもらう必要があります

FX取引をはじめる意義のほか、学業に支障をきたさない程度で余剰資金の範囲内で取引することを守るなど、保護者を安心させてあげましょう。

マイナンバーカードを持っているかどうかで必要な書類が変わるので、以下のパターンを参考にして漏れのないように準備してください。

本人が用意する書類 保護者が用意する書類

ステップ2:FXについて勉強する

次に取引をはじめる前にFXについての知識を身につけましょう

なぜならFXは、知識がない状態で取引をしても継続して利益を出せないからです。

ちなみに口座開設を申し込んでから審査を通過し、口座が開設できるまでには1~3日かかるので、口座開設までの待ち時間でFXの勉強をすれば、効率的に時間を使えますよ。

FXの基礎を学びたい方はコチラ

【FXの勉強法】初心者は何を勉強すればいいのか
この記事で解決できる悩み FX初心者が勉強するにはどの本やサイトがおすすめなの? 初心者はどんなことから勉強すればいいの? 初心者は手を出さない方がいいことは何か知りたい といった悩みを解決できる記事 ...

続きを見る

ステップ3:チャート分析の練習をする

基礎知識を身につけたらチャート分析の練習に進みましょう。

なぜなら、FXにおいて根拠を持って値動きを予測するためには、相場の分析が重要だからです。

根拠を持たずに取引して偶然利益が出せたとしても、そのスタイルは長続きしませんし、勘で取引するのはギャンブルと同じです。

ちなみに、チャート分析には「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがあるので、それぞれ詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

FXの主な分析方法

  • テクニカル分析:過去のチャートを解析して今後の値動きを予測する方法
  • ファンダメンタルズ分析:各国の経済状況や経済指標から相場を分析する方法

チャート分析について詳しく知りたい方はコチラ

FX初心者がチャート分析の方法を習得して勝率をあげる3ステップ
FX初心者がチャート分析方法を習得して勝率を上げる3ステップ
FXにおいてチャートを使ってのテクニカル分析は大切なものですが、チャートは時と場合によってテクニカルを超えた動きをすることが多々あります。そんなときはチャートパターンを押さえておけば大きな動きのサインや予兆として捉えることもできます。

続きを見る

ファンダメンタルズ分析について詳しく知りたい方はコチラ

ファンダメンタルズ分析|基礎知識と注目したい重要な経済指標4つ
この記事で解決できる悩み FXのファンダメンタルズについて知りたい ファンダメンタルズ分析のやり方を教えて欲しい 注目すべき経済指標はどれなの? といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事 ...

続きを見る

ステップ4:取引ルールを決める

4つ目のステップは自分なりの取引ルールを決めることです。

その理由は取引ルールを作らずに勘で取引すると、その日の気分などに取引判断が左右され、損益が不安定になるからです。

取引ルールがあれば感情に左右されず機械的に取引ができるので、長期的に安定して利益を出しやすくなりますよ。

ルールを作るのに困ったら、以下の5つの項目を参考にしてくださいね

取引ルールで決めることの例

  • 取引をする時間帯や頻度
  • 取引をする相場の状況
  • エントリー条件
  • 利確と損切りのライン
  • その他のMyルール

もっと詳しく知りたいという方はこちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

取引ルールについて詳しく知りたい方はこちら

fx ルール
FXにルールが絶対必要な3つの理由とルールを守る3つの方法
この記事で解決できる悩み FXするのにルールって必要なの? どんなルールを決めればいいの? ルールを守るためにはどうすればいいの? といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事で解説する「ル ...

続きを見る

ステップ5:少額から取引を実践する

5つ目のステップは、プレッシャーの少ない少額で取引を行い、本番の緊張感や取引の雰囲気をつかみましょう。

なぜならFXの取引で実際のお金がかかると、緊張したり欲が出たりして冷静な判断ができなくなるからです。

FXで大切なのは、最初から一攫千金を狙うのではなく、少額でも長期的に安定して稼げるスキルを身につけることです。

そのため、最初は1万円~数万円の資金で取引し、低リスクで相場になれましょう。

ステップ6:トレードの記録をつけて振り返る

最後のステップは、取引内容を記録して分析することです。

なぜなら利益が出たときの取引の根拠や、損失が出たときの原因を分析できれば、似た相場に直面したときに、損失を避けて利益を出せるからです。

このステップで取引の分析を行いつつ、ステップ4で作った取引ルールの修正を繰り返せば、少しずつ利益を出せるようになりますよ。

取引記録をつける項目の例については、下記を参考にしてください。

取引記録をつける項目の例

  • 日付、時刻
  • 通貨ペア
  • 取引数量
  • エントリーのポイント
  • 利確、損切りのポイント
  • エントリーの理由、根拠
  • 相場の状態
  • この取引から学んだこと

未成年が口座開設できるFX会社2選

未成年でも口座開設できるFX会社はどこ?」とお悩みの方に向けて、未成年でも口座開設ができるFX会社を2社紹介します。

未成年でも口座開設できるFX会社

2社とも18歳以上なら口座開設ができますが、高校生は口座開設ができないので注意ですよ

約定率が高い:みんなのFX

みんなのFX

おすすめポイント

  • 約定率が99.9%
  • 1,000通貨の少額取引できる
  • 初心者向けのサポートが充実

みんなのFXは、約定率(出した注文が意図通りに成立する確率)が99.9%とかなり高いので、自分の思い通りに注文ができるFX会社です。

1,000通貨(約4,000円)から取引ができ、米ドル円のスプレッドが0.2銭(原則固定)なのでコストとリスクを抑えて取引ができます

FXの基礎から取引まで学べる動画が用意されているので、FX初心者でも安心して取引ができるようになりますよ。

先ほど紹介したように、18歳以上でも高校生は口座開設ができないので注意してください。

24時間対応のサポート:LIGHT FX

LIGHT FX

おすすめポイント

  • 24時間電話対応サポート
  • 1,000通貨から取引できる
  • ツールが見やすく使いやすい

LIGHT FXは、電話サポートが平日24時間対応しているので、アルバイトや学校から帰ってきてから取引をしたい人におすすめのFX会社です。

スマホアプリはチャートを見ながら注文ができるので、スピーディな注文が簡単にできます。

また、パソコンとスマホ同時にログインが可能なので、状況によって使い分けができるのがとても便利です。

みんなのFXと同様に、18歳以上でも高校生は口座開設ができません。

未成年がFXをするなら税金を知ろう

未成年がFXをする場合には、FXの取引に加えて税金についても学んでください

その理由は、FXやアルバイトで一定金額以上の収入があると、親の扶養から外れてしまい納税の義務が発生するからです。

扶養に入るための要件は「年間の合計所得金額が48万円以下」なので、場合によっては取引を減らして収入を調整する必要があります。

ちなみにアルバイトをしている場合は給与所得控除という控除を受けられるので、最低55万円をアルバイト収入から差し引けますよ。

見出し

FXの利益が「30万円」、アルバイトの収入が「90万円」とする
給与所得控除を差し引いたアルバイトの収入:90万円-55万円=35万円
FXの利益とアルバイト収入の合計:30万円+35万円=65万円
合計所得が48万円を超えているので親の扶養からはずれることになる

FXの税金扶養控除勤労学生控除)の詳しい内容が気になる人は、国税庁のホームページでそれぞれチェックしてみましょう!

未成年が失敗しないためのFXのコツ3つ

未成年がFX取引で失敗しないためにはどうすればいいの?」とお悩みの方に向けて、未成年が低リスクでFXをするためのコツを3つ紹介します。

FXで失敗しないためのコツ

  1. レバレッジを抑える
  2. 損切りを徹底する
  3. 余剰資金で始めよう

それぞれのコツについて、以下で詳しく見ていきましょう。

コツ1:レバレッジを抑える

ひとつ目のコツは、レバレッジを3倍以内に抑えて取引することです。

なぜならレバレッジの倍率を高くして取引量を増やせば、資金効率が上がりますがその分損失を出したときの損失額も大きくなるからです。

実際に取引すると、利益が出たときに「もっとレバレッジをかけておけばより利益が得られたのに」と感じるかもしれません。

しかし大切なのは、一発の大きな利益を狙うのではなく少額の利益をコツコツ積み重ねることですよ。

コツ2:損切りを徹底する

相場が予測通りに動かなかった場合でも、冷静に損切りを行うのもコツです。

その理由は損切りができず含み損が膨らんでロスカットされた場合、資金の大半を失って取引を続けるのが難しくなるからです。

ちなみにロスカットとは、一定以上の含み損が膨らんだときに、FX会社が強制的にポジションを決済して、それ以上損失が膨らむのを防ぐ仕組みをいいます。

そのため、エントリーの前にあらかじめ決めた損切りラインを必ず守ってください

含み損が資金全体の2%に達したら損切りをする、サポートラインやレジスタンスラインを超えたら損切りをするなどのルールを決めるといいでしょう。

損切りについて詳しく知りたい方はコチラ

アイキャッチ画像
FXで大損しないため意識する損切り目安とポイント5つを紹介
この記事では、具体的な損切り方法が知りたい、損切りをする意味などの悩みを解決できる記事となっています。内容は、FXの損切りの目安で意識することやFXの具体的な損切りの目安、損切りを重視した取引方法など、損切りについての悩みが解決できます。

続きを見る

コツ3:余剰資金で始めよう

3つ目のコツは、万が一失っても生活に支障がない余剰資金で取引することです。

未成年で生活費を保護者に負担してもらっている場合でも、貯金を全額投資せずに資金管理を行いましょう。

貯金を全額投資すると、精神的なプレッシャーが大きくなり、冷静な判断ができなくなる可能性がありますよ。

ちなみに投資額の目安は、余剰資金かつ自己資産の40%以下です。

世代別ライフプラン事例。余剰資金・資金額を決める参考。

たとえば投資できる資金が20万円の方は、20万円×40%=8万円を投資するといいですよ

未成年がFXをする際の注意点2つ

「未成年がFXをすると、学業に支障が出そう」と不安な方に向けて、未成年がFXをする際の注意点を2つ紹介します。

未成年がFXをする際の注意点

  1. 海外の業者を使わない
  2. 学業をおろそかにしない

この見出しを読めば、未成年でも失敗せずにFXをすることができますよ。

注意点1:海外の業者を使わない

ひとつ目の注意点は、海外のFX会社を使わないことです。

なぜなら海外にも未成年が口座開設をできるFX会社があるものの、日本の金融庁の認可を得ておらず、トラブルが多発しているからです。

具体的には出金しようとしても拒否されたり、お金をだまし取る詐欺が起きています。

ちなみに海外のFX会社を使わないよう金融庁も注意喚起しているので、国内の業者を使ってくださいね

注意点2:学業をおろそかにしない

もうひとつの注意点は、FXにのめり込んで学業をおろそかにしないことです。

FXは平日24時間好きなときに取引できるので、学校の講義や勉強をおそろかにすると卒業や進学、就職活動にも影響が出ます

FXを初めて真剣に取り組んでいても、学校に行かずに卒業できなければ意味がありませんよ。

海外との時差の影響で、FXの値動きが活発なのは日本時間の22時以降なので、夜更かしして寝不足にならないよう区切りをつけて取引をやめるのが大切ですよ!

【未成年にはバイナリーオプションよりFX】まとめ

上記で紹介した『未成年がFXを始める手順6つ』を実践すると、今後は未成年ができる投資について悩むことはなくなり、FXでコツコツ投資の経験を積むことができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のまとめ

  • 未成年は国内のバイナリーオプション業者で口座開設ができないし、海外の業者もリスクが高いのでおすすめできない
  • 未成年にはバイナリーオプションよりもFXがおすすめ
  • 口座を開設するためには保護者の同意が必要

未成年でも口座開設できるFX会社

『FXよりバイナリーオプションがしたい』と思うかもしれませんが、FXで経験を積んでスキルを身につけておけば、成人したときスムーズにバイナリーオプションで稼げるようになりますよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木 教弘

荒木 教弘

当サイト編集長。株・FXトレード歴は約10年。プログラマ経験を活かし、MT4を使った自己流のチャート分析でトレードを開始。すぐに大きく利益を出したが、それ以上の損失を出して資産を減らす、という投資初心者にありがちな失敗を経験。現在は、一回の取引に一喜一憂せず、堅実に利益を積むように心掛けてトレードを継続中。

-バイナリーオプション

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.