FXで稼ぎたければ、チャートパターンを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXで稼ぐためにテクニカル分析は大切なものですが、チャートは時と場合によって、テクニカルを超えた動きをすることが多々あります。

テクニカルだけに頼っていると、なんでこういう動きをするのかと、意味の分からない動きをして思わぬ損失を出すこともあります。

そういうときに有効な考え方がチャートパターンです。

チャートパターンは、テクニカルを超えて、大きな動きのサインや予兆として捉えることもできますので、しっかり勉強して身につけてみてください。

チャートパターンの重要さ

相場は生き物と言われています。

様々なテクニカル分析がありますが、それはあくまでデータからこれからを予測するものであり、生き物の行く先を予測するこは100%出来ません

でもその生き物の性格や特徴、思考などを知れば、その生き物は今なにを考えているのか、何をしようとしているのか、その生き物の行動パターンがある程度見えてきます。

FXで利益をだすためには、まずチャートのことをよく知って、テクニカル分析では予測できない、予兆やサインなどを伝えてくれるチャートパターンを理解しましょう。

チャートパターンの種類

チャートパターンというのは様々ありますが、ここでは初心者が最低限知っておいてほしいチャートパターンを上げてみます。

1.Wトップ・Wボトム・ヘッドアンドショルダー

これは相場転換時によく現れる形ですね。

特に長い時間足程現れやすいパターンだと思います。

最近のドル円で言えば、120円から125円付近の間でヘッドアンドショルダーができ、その後大きく下がりましたよね。

こういうときはテクニカル的にはまだあげる可能性もあるし、上がりすぎて下がる可能性もあるので、相場分析してもよくわからないことが多いです。

でも「この形になるかも」とか「この方向にローソク足が出来ているから、そろそろ下がり始めるかもしれない」などと予測出来れば、ポジションの保有にはかなり慎重になることが出来ますし、波に上手に乗ることが出来たなら、かなりの利益を出すことが出来ます。

2.レンジから上(下)抜け

これも最近のドル円でよく見るチャートの形ですね。

月足で7月から10月までほぼ横ばいのレンジでしたが、11月で上抜けした後に大きく伸びました。

これもチャートパターンをしっかり作ったあとに、動いたということになります。

1,2とも、短い時間足・長い時間足の両方でよく確認出来る形ですが、こういったタイミングをしっかり見極めることがテクニカル分析以上に重要なことだといえます。

パターン別トレード方法

底値圏よく確認出来るWボトムは一般的には買いサインとされ、Wトップは天井圏で確認されやすい、売りサインとして知られています。

Wボトム

  Wボトム  この画像のように、チャートがW形になったらWボトム

この形の特徴は、安値を付けた後少し反発し、またすぐ下げ戻り、再び前回の安値付近で反発すると、Wボトムが完成します。

チャートの形を大きく捉え、底値で反発した箇所が、前回の底値とWボトムになっていることが確認出来れば、狙い目到来と思いましょう。

このWトップ、前回の安値を割らずに反発することもあれば、安値を更新したあと反発することもあります。

底値を2回見に行くということは、長期時間足でトレンドは下降になっていますので、この場所でエントリーを考えている場合は、必ず「ネックライン」を超えたら買いエントリーをするようにしましょう。

ネックラインを明確に超える前にエントリーしてしまうと、再度ネックラインに跳ねられ、トリプルトップになる可能性もあるので、エントリーは慎重に行ってくださいね。

ただし、このネックラインを明確に超えれば、このネックラインポイントは協力なサポートとして機能するので、比較的安全に買い増し出来る場所となるでしょう。

Wトップ

Wトップ英語のWを反転させたようなチャートを形成するWトップ。

Wボトムの反対バージョンがWトップと覚えておくと良いでしょう。

Wボトムは底値を2回みたあと、下降トレンドから上昇トレンドへ移行するのに対し、Wトップは天井を2回みたあと、上昇トレンドから下降トレンドに移行します。

一般的には高値更新後少し戻し、再び高値を見に行き前回の高値を超えられずに同じ値幅近く下落することが多いですが、時には前回の高値を更新してから反落する動きもあります。

Wトップの狙い方は、天井高値を見に行った時が狙い目ですが、そのまま下降し明確に下支えのネックラインを割った事を確認してからエントリーがオススメです。

ちなみにWトップのネックラインは、一つ目の山と二つ目の山を下支えしているラインです。2つの山を形成している根元にある安値がネックラインになり、この場合ヒゲも含めて考え、時間足で観察しローソク足の確定を待ってからエントリーするようにします。

Wトップ・Wボトムの両方で言えることですが、この場合の損切りポイントは、直近で付けた高値(Wボトムの場合は安値)を抜けた時としておくと良いですね。

またWトップの下降中に売りポジを持っても良いですが、もしもWトップの高値を抜けてしまうことがあれば、今度はWトップの高値があった位置が強烈に強いサポートとなりますので、買いトレンドに勢いがつく危険ポイントでもありますので、エントリーには細心の注意を払ってくださいね。

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーは、別名三尊と呼ばれるチャートパターンのことで、一見トリプルボトムやトリプルトップと間違えられることもありますが、3つの山のうち頂点が突出しているのが特徴です。

底値圏で確認出来る形はヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)、天井圏で確認出来る形はヘッドアンドショルダーズトップ(三尊)と呼ばれています。

ヘッドアンドショルダーズトップ(三尊)

ヘッドトップトリプルトップの形で、3つの山が出現していますが、良く見ると真ん中の山が一番高く、両再度の山が肩に見えることから、ヘッド(頭)とショルダー(肩)という名前が付けられました。

2つ目の山が完成した段階では上昇力が強いですが、その後の反発で3つ目の山を超えられないことから、上昇力が弱まっていると捉えることが出来ます。

このヘッドアンドショルダーズトップでも、明確にネックラインを割った時が絶好の売りポイントと判断します。

注意すべき点は、あくまでも「上昇トレンドの天井圏」での出現であり、下降トレンドやもみあい相場で確認出来るヘッドアンドショルダーズトップは、ネックラインを超えてもエントリーポイントにはなりません

ヘッドアンドショルダーズボトム

ヘッドボトムヘッドアンドショルダーズボトムは、トップの逆なので考え方は前述しているものと同じです。

3つある谷のうち、2番目の谷が一番深いことをチャートで確認出来ますね。

2番目の谷が完成した段階では、下降に勢いがありますが、3番目の谷を作った時には、前の谷が付けた安値を割ることも出来ず、下降の勢いが弱くなっているのが見て分かります。

ヘッドアンドショルダーは、あまり出現する形ではありませんが、もしも出現を察知出来たなら、大きな利益を上げるチャンス到来です!

右みて左みて安全(抜け)を確認してからのエントリーでも十分間に合いますので、あせらずに積極的にエントリーしましょう。

エントリーで気をつけること

FX 気をつけること全てのチャートパターンに言えることですが、ネックラインの抜けを確認することはとても重要な作業になります。

何故ならネックラインというのは、強力なサポートラインであり、強力なレジスタンスラインでもありますので、一回抜けてしまえばなかなか割れることがないラインとなります。

もしもネックライン抜けの見極めが悪く、エントリーに失敗してしまった場合、速やかに損切りしましょう。

損切りしても冷静に押し目を見つけて、今度は流れと同じ方向へポジションを持てば、次の反発までは利益を取れる可能性がありますので、臨機応変に対応するようにしてくださいね。

一番良くないのが、損切りしないという選択です。

Wボトムでネックラインを抜けたと思ったので、「買い」から入りました。

しかし抜けたと思ったのは騙しで、また反発して下がって行きました。

となったとき、「また戻ってくるだろうからこのまま損切りせずに待っていよう」と思ってしまう可能性がありますが、その考え方は危険なので止めましょう!

戻ってくるかもしれないけど、戻ってこないことも十分に考えられるのがFXの世界ですし、「戻ってくるかもしれない」という考えは、間違いなくいずれ相場から強制退場を食らいます。

この形が確認出来たから安心という、だろう運転だけはやめてくださいね。

4xgz1ns

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX」

jxg19xj
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
hgs37jx
ヤフーグループのFX専門会社!ヤフーの資金力とシステム構築力で業界トップを狙うYJFX!

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4000円)取引ができます。

スマートフォンアプリが有名で、昔からスマホ取引ならYJFX!と言われるぐらいスマホの取引機能が充実しています。

隠れた優良サービスである現受け・現渡しにより格安で外貨に両替する事も可能。

海外旅行の前に外貨両替するとお得です。空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめのFX会社です。メインの取引口座として必ず持っていたいFX口座の一つと言えるでしょう。

YJFX!を使えばT-ポイントが貯まります。お得な今がチャンスです。

k64hdg19


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。

コメントを残す