FXをするならデイトレード!初心者でも利益を出せる3つのポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
fx デイトレード

FX取引にはいくつかのトレードスタイルがありますが、その中でもリスクを少なく抑えながら、比較的安定した利益を出すことができるデイトレード。

「俺はデイトレード派だから」

なんて聞くと、ちょっとベテラントレーダーぽくて、なんとなくかっこいいですよね。

デイトレードは最も一般的なトレードスタイルであり、その名の通り1日単位で取れる利益を確実に拾っていくトレード法です。

ここではデイトレードの特徴やメリットなどをまとめましたので、デイトレードを始めてみたい方は、参考にしてくださいね。

FXトレードスタイルの特徴について

FXにはデイトレードを含め、主に3つのトレードスタイルがあります。

スキャルピング

今ある為替相場のレンジ幅に合わせ、細かく売買を繰り返す方法です。

スキャルピングの基本は「即買い、即売り」。

秒単位から数分単位で瞬時に売買を繰り返し、小さい値幅(0.02~0.03pips)で利食いしていく。

小さな利益を何十回も繰り返して積み上げていく為、取引中は常にチャートとにらめっこしておく必要があります。

スイングトレード

数日間から数週間という長いスパンを見てトレードする方法です。

長期的なトレンドを見極め、大きな利益を取っていきます。

1日1回~2回チャートを確認し、問題なければ放置するだけでOK。

休日や手が空いた時には、自分の相場分析と今の相場が著しく乖離していないか、相場分析を再分析する程度で良いでしょう。

デイトレード

デイトレードとは一日で取引を終わらせるトレード手法のことです。

スキャルピングが数秒から数分で決済するのに対し、デイトレードは数十分~数時間とスキャルピングより長くポジションを保有することになりますので、デイトレードの取引回数は1日1回、多くても2~3回となります。

スキャルピングと違い数少ないトレードで、20~50pipsの利食いを繰り返していくトレードスタイルになります。

大きく利益を出せる可能性のポイントでエントリーし、利益が伸びれば50p以上の利食いを目標に、あまり相場の動きがないようであれば、手早く手じまいする。

そして再び良いポイントと思える場所でポジションを保有・・・と、これを繰り返して利益を積み重ねていきます。

していこう!というのがデイトレードの特徴です。

数少なく、質は高めに。

これがデイトレードの大きなポイントと言えるでしょう。

デイトレードが初心者にオススメな理由

デイトレード サインを見逃すなデイトレードは1日数回だけトレードをするということですから、24時間チャートに張り付いてトレードする必要がありません。

いいチャンスを見つけて、そのときだけトレードする。

それ以外の時は、暇な時にでもチャート画面を見て「ここらへんまで来たら買おうかな・・」とか、「この価格まで来たら売ろう!」などとイメージして、予習しておくだけでOK!

数十pips離れている場所でも、指値注文をしておくとピッタリと入ることもありますので、これらの発注方法を活用すると、より効率よくトレードできます。

何故なら1日24時間のうち20~50pipsの利益を狙える地合いは、そんなに多くはありません。

デイトレードの基本スタイルは、一日の中で巡ってくるそのチャンスを確実に掴むというトレード手法である為、その分析方法は至って単純で簡単。

一日の中で為替が大きく動きそうな、まさしくここぞ!という場所には、誰が見てもわかるくらいに明確に、チャートの中でサインとして点灯しています。

難しいテクニカル分析なんか使わなくても、単純に引けるトレンドラインや、レジスタンスサポートラインを上手く使えば、経験が浅くても基本的な知識だけで、誰でも上手にデイトレードで利益を出すことが出来るんです!

なお初心者でも簡単に使えるテクニカル分析については「FXなら波に乗れ!複雑なテクニカル分析を必要としない4つの理由とは」の記事にて詳しく紹介していますので、合わせて読んで頂ければ効果的です。

デイトレードのメリット

チャンスが巡ってきた時にだけトレードをするスタイルなので、時間が少ないサラリーマンの方や、趣味や暇つぶし程度にFXをやっている人でも、気軽にできてしまうのがデイトレードのメリットです。

デイトレードを他のトレードスタイルと比べると、幾つかの良さがあります。

精神的な負担が少ない

fx 精神的負担まずは、精神的に楽だ、ということ。

FXなどの投資は全て自分のお金がかかっていますから、内心ビクビクしていますよね。

特に大金を投じたトレードや、中長期保有となると最悪なことが起きやしないかと心配になってしまうのは当然のことです。

例えば大量ロットで瞬時に小さいpipsを取り、そんな売買を数百回と繰り返して利益を積み重ねていくスキャルピングトレードは、一瞬の判断の誤りや集中力の途切れでそれまで積み重ねた利益を全部溶かす可能性も高いわけですから、精神的にとてもキツいと思います。

それに対してデイトレードは、事前に相場分析をし、狙ったエントリーポイントやサインが点灯するまでひたすら待つ、という受け身トレードなので、損失がでても最初から決めておいた数値に指値でストップを仕込んでおく。

そうすればポジションを保有している間、常にチャートをチェックしなくても済みますし、無駄なエントリーも防げます

24時間チャートに張り付く必要がないので、専業トレーダーでない副業狙いの人や主婦でも、十分に利益を狙うことが出来る、というのも大きなメリットです。

 サラリーマンであれば、朝出勤前の時間や、夜就寝前の時間を利用してFX取引に参加することも可能ですし、主婦の方であれば、お昼前に少しFX取引をやるとかもありですね。

難しいテクニカル分析を必要としない

前項目の「デイトレードが初心者にオススメな理由」でも少し記述致しましたが、デイトレードは、他のトレードスタイルほど難しいテクニカルは必要ありません。

スキャルピングは、色々なテクニカル分析を駆使してトレードしている、中長期保有のスイングトレードは、ファンダメンタル分析を重要視します。

でもデイトレードは難しいテクニカル分析などは殆ど使わず、基本的なテクニカル知識だけで十分ですし、その日、その日でポジションを整理し、持ち越しトレードをしない為、長期的な方向性を決めるファンダメンタルも関係なく、FX取引の中では一番取り組みやすいスタイルとも言えます。

デイトレードのデメリット

一見万能に見えるデイトレードですが、もちろんデメリットもあります。

手を出せない相場もある

デイトレードは、20~50pipsの利ザヤを狙っていくトレードなので、値幅の少ないレンジ相場には向いていません。(ブレイクアウト後など、大きな動きや流れがある相場に向いている。)

損失が積み重なることもある

テクニカル分析でポジションを持った場合、一般的に設定される損切り金額は20pipsくらいでしょうか。

5回エントリーして5回とも相場分析を誤っていた場合、20pips×5は100pipsの損失となり、1万通貨なら合計1万円溶けたということになります。

感情的になる

デイトレードはしっかりしたテクニカルを駆使して行うトレードですが、時と場合によってはテクニカルに躍らされることもあります。

損切りした途端、プラス方向の大きく伸びたとか、再度同じ方向にエントリーしたら、また逆に行って損切りしたとか、そんな事案が重なった時、やっぱり人間ですからかなりムキになってしまいますね。

デイトレードで利益を出すポイント

FXの取引時間には大まかにわけて、オーストラリア、東京、ロンドン、ニューヨーク時間と4分割することが出来ます。

どの時間帯でも、ある程度大きく値動きするポイントはありますが、時にはまったく値動きしないこともあります。

またどんなに相場分析してみても、自分の今ある知識では分析しきれない、よくわからない相場というのもあるでしょう。

そんなときは無理にポジションを持とうとせず、必ず見合わせにしてください。

デイトレードで利益を出すポイントは絶対に無理なトレードをしないこと、これに尽きます。

 

・エントリー前は必ずトレンドラインで流れの方向性を知っておく(上昇、下降か)

・ポジションを翌日に持ちこさない

・分からない相場の時は見合わせること

 

無理なトレード禁止

これら3つの項目を守って、自分を見失わないトレードを心掛けましょう。

デイトレードはただでさえ取引回数が少ないので、なんとかポジションを持ちたいとはやる気持ちになることもあるでしょう。

しかし「ノーポジ最強!」と叫ぶ人もいるように、不穏な相場はポジションを持たないことも、りっぱな勝ち逃げなんですよ。

デイトレードに向いている人とは、24時間チャートに張り付かず、空いた時間にトレードできるトレード方法なので、本業の傍らFX取引で資金を増やしたい方や、精神的にキツいトレードはやりたくない!という方に最適なトレード手法と言えるでしょう。

もちろん20~50pipsという決して小さくない利益を積み重ねていくわけですから、専業トレーダーだってこのトレード手法を活用しています。

デイトレードはスキャルに比べると取引回数が極端に少なくなる分、さほど効率的でないように思えますが、実際にはゆとりのあるトレードのほうが資金を増やすトレードに繋がって行きやすい傾向があります。

自分のプライベートな時間を犠牲にすることもせず、社会的地位を維持しつつ、好きな時間でトレードライフを楽しめるわけですから、サラリーマンや主婦層に人気があるのも頷けますね!

 

デイトレードでFXライフの第一歩を!

これからFXを始める方でも、経験が浅い方でも、どんなスタイルがいいのか迷っていたら、まずはデイトレードをやってみてください!

デイトレードは手軽なトレードスタイルですが、毎日チャートを見つめることで、次第に相場分析する力や相場勘が備わり、さらに自分の予想が当たるようになってくれば、FX取引はもっと楽しいものになるでしょう。

外為オンライン
初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
jgys64x k4sj3d7 マネックスFX jjdklj452

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。