外為オンラインのスワップポイントはお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FX取引で気になることのひとつにスワップポイントがあります。営業日を跨ぐと必ず出てくるスワップポイントですが、これも、FX会社によって設定が前後しています。

外為オンラインのスワップポイントは果たしてお得といえるのでしょうか。

外為オンラインのスワップポイント

外為オンラインのスワップポイントについて具体的に見ていきましょう。

スワップポイントは、主要な通貨ペアだけでなく、スワップポイント狙いといわれるような通貨ペアも注目する必要があります。

通貨ペア売スワップ買スワップ
米ドル/円(USD/JPY)-100円70円
ユーロ/円(EUR/JPY)0円-27円
英ポンド/円(EUR/JPY)-40円20円
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)-30円5円
トルコリラ/円(TRY/JPY)-165円65円
メキシコペソ/円(MXN/JPY)-13円5円

ここでは、1万単位当たりのスワップポイントが出てきています。マイナス表記のものは、保有していると、資産が減ってしまうことを意味しています。

外為オンラインのスワップポイントの特徴としては、南アフリカランドやトルコリラなどのスワップポイント狙いの通貨ペアにおいて、あまりスワップポイントを高めに設定していないことが見て取れます。

スワップポイント狙いとして非常に注目されているヒロセ通商の場合、南アフリカランド/円の買スワップは15円、また、FXプライムbyGMOやJFXといったFX会社も南アフリカランド/円の買スワップを15円に設定しています。

これらのことから、長期的なスワップポイント狙いのFX取引を行う際には、外為オンラインはあまり向いていないと結論付けられるかもしれません。

一方で、英ポンド/円の売スワップは-40円と低い設定になっており、米ドル/円のスワップポイントも、売りも買いも安定した設定ということができます。

そのため、スイングトレードといった日は跨ぐけれども長期の保有を目指しているわけではない取引手法にとって、非常に好条件の取引環境となっています。

たくひら
たくひら
1年で100回美術館に行けるような生活を目指して日々活動を続けているWebライター。 目指している分野は芸術やアート、歴史、哲学といった教養系。 現在の得意な分野は投資や起業・創業、法律、税金といったビジネス回りとなっている。 FXに関しては、2018年から始めており、主要な通貨ペアはGBP/JPYとNZD/JPYの2種類。
外為オンライン

【おすすめ】 もっと外為オンラインについて知りたいならこちら
外為オンラインとは?FX初心者のための4つのステップと3つの罠

外為オンラインの口座開設者の71%は初心者です。4,000円の少額からの取引や充実したセミナーで初心者も安心して取引でき、iサイクル注文を利用すれば、かんたんな設定で24時間自動で賢くトレードしてくれます。

こちらの記事ではわかりやすいステップ形式で外為オンラインの解説をしています。外為オンラインを活用して脱初心者を達成しましょう。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る