iサイクル2取引|かんたん設定で24時間あなたの代わりにFX自動売買

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FX投資始めたけど、最近仕事が忙しくてチャートを見てる時間がないよ…
きっと投資チャンスいっぱい逃してるんだろうな

そんなFXトレーダーの悩みを解決してくれるのが、外為オンラインが提供している「iサイクル2取引(旧iサイクル注文)」です。

はじめに簡単な設定をするだけで、ずっとチャートを監視していなくても24時間自動でトレードしてくれ、勝手に利益を増やしてくれる、超おりこうさんロボットとして登場しました。

んな、バカな!それが本当なら、日本人ダレモ仕事シナクナッチャウヨー!

…なんて思ってしまいますよね?

そこで僭越ながらこの私が、真偽のほどを確かめるべく調査に乗り出しました。

毎日トレードしたいけど会社員だから無理、という方に是非お勧めしたい「iサイクル2取引」についてまとめました

そもそも外為オンラインのiサイクルってどんなシステム?

簡単に説明すると、「最初に簡単な設定をすれば、後は24時間システムがチャートを監視し、条件通りにトレードして利益を出してくれるシステム」です。

iサイクルのイメージを図にすると、まさにこんな感じです。

外為オンラインのiサイクル2取引

【出典:外為オンラインウェブサイト

事前にエントリーしたいポイントを設定して、そこに値が来たら買う!もしくは売る!

それを延々と繰り返すシステムです。

iサイクル2取引の仕組み

【出典:外為オンラインウェブサイト

簡単な設定を行うだけで、IFDONE+OCO注文を仕掛け、上昇下落の為替変動幅でレンジを理解し値を追いかけながら、コツコツと利益を増やすことができます!

  • IFDONE注文
    • 新規注文と同時に決済注文が予約できる
  • OCO注文
    • 新規、もしくは決済注文において、異なる2種類のストップ注文を出しておくと、いずれか片方が成立した際自動的にもう片方がキャンセルになる
  • IFDONE+OCO注文(IFO注文)
    • IFDONE注文とOCO注文を組み合わせたもの
      新規注文と同時に、それが成立した際に有効になる2種類の決済注文を出すことができる

それぞれの注文方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

理解しやすいように、実際の設定画面を見てみましょう。

iサイクル2取引使い方

iサイクル2取引の設定方法

まず取引画面から「新規注文」をクリックするとこんな感じです。

iサイクル2取引の注文方法

「iサイクル2取引」を選ぶと、まず最初にランキング一覧が出てきます。

iサイクル2取引のランキング

  • 直近の期間:1か月~1年まで選択可能
  • 通貨ペア:好みの通貨ペアを選びます
  • ポジション方向:「売」もしくは「買」

これで結果を反映させると、直近半年(もしくは1年)の期間で、指定通貨ペアの取引損益が高い順にリストアップにされます。

例えばこの92位のポンド円は、17,024pipsの決済損益が出ている自動売買で、これに対する証拠金は1万通貨取引の場合203万円(外為オンラインminiだと約20万)必要ですよってことなんですね。

気に入ったランキング入りしているシステムがあれば、「選択」をクリックしてそれで運用することも可能です。

ただしランキングの右端にある「選択」ボタンが赤く活性化していない場合は、現在手持ちの資金ではその自動売買システムは選べませんのでご注意ください。

そんなときは、少額で始めたい方向けの「外為オンラインmini」で証拠金を1/10にすると取引しやすいですよ。

マトリクス方式とは?

このような自動売買システムを選ぶとき、まず一番に気になるのは「いくら損していくら儲かったのか?」だと思いますが、「マトリクス方式」を選ぶことで、「儲けとリスク」を知ることができます。

iサイクル2取引のマトリクス方式

マトリクス方式を選ぶ。

iサイクル2取引のやり方

この画面は、iサイクル2取引の運用で半年間、米ドルを「買い」取引をしたときの成績、つまり決済損益をみることができます。

想定レンジ幅による特徴は次のようになります。

  • 想定レンジが広い
    • 損切りリスクは低い。しかし値幅が広く、大きな含み損を保有する可能性がある。
  • 想定レンジが狭い
    • 損切りリスクは高い。しかし値幅が狭く、すぐに損切りに合う可能性がある。

これらの特性をうまく利用して、自分にあった自動売買を選べるのがiサイクルの最大の強みでしょう。

ボラティリティ方式とは?

あらかじめ用意された注文をワンクリックで選ぶだけで良いランキング方式やマトリックス方式とは違い、注文を自分でセットできるものもあり、それがボラティリティ方式です。

自分でセットするということだけあり、設定しないといけない項目は次の4つです

  • 通貨を選ぶ
  • 「買い」か「売り」か
  • 想定レンジ幅を自分で予想する
  • 投資金額を決める

この4つを設定すると、どんな注文方法でトレードしていくかを、すべて自動で計算してくれます。

iサイクル2取引のボラリティ方式

期間を決めて、想定変動幅(レンジ)をきめます。

iサイクル2取引のやり方や方法

想定変動幅を決めたあとは、ポジション方向と対象資産(いくらでポジションを作るか)を設定すればOKです!

iサイクル2取引の米ドル円トレード

「計算」をクリックすると、このように計算結果が反映され、問題なければ「注文」をクリックして注文を確定させましょう。

これで24時間チャートを監視していなくても、自動売買でトレードをやってくれる便利な設定が出来上がりました!

iサイクル2取引のメリット

iサイクル2取引のメリット

レンジ相場に強いiサイクル2取引

市場がオープンしている間は、自動で24時間トレードしてくれ、利益を積み重ねてくれます。

相場の7~8割はレンジ相場と言われており、そのレンジ相場で上手に利益を出せることが、FXで成功する近道です。

しかし利確のタイミングが早かったり、だろう運転でポジションを持ってみたりと、感情を排他できないでトレードを続けていると、FXで利益を出すことは容易ではありません。

一方、iサイクル2取引はトレードに余計な感情を完全にシャットアウトし、かつ自分に合ったリスクを選んで自動売買できます。

これまで損失が読めなかった自動売買とは違い、初心者でも管理しやすく気軽に活用しやすいツールとなっています。

ポジポジ病に効く!

チャートを24時間見なくていいので、無駄にポジションを保有することがありません。

初心者のうちは特にそうですが、裁量トレードでやってしまうと自分の相場分析に自信が持てず、ポジションを取っては離してまた取って…と、無駄な作業の繰り返しをする傾向があります。

ポジションを取ったあと、不安になる気持ちはわかりますが、無駄なポジションを持つのは事故の元です。

値ごろ感でポジションを取って損失を出すくらいなら、自動売買で損切りしてもらったほうが「100倍マシ!」ってもんですよ。

iサイクル2取引のデメリット

iサイクル2取引のデメリットとは

手数料が高い

iサイクル2取引のデメリットといえば、手数料が高めなところです。利益が出るかどうかの見極めをちゃんとしないとコストばかりかかって頑張った割に利益が…なんてことにもなりかねません。

iサイクル2取引の注意点

iサイクル2取引 注意しなければいけないポイント!

iサイクル2取引は、ポジションを取ると同時に、損切り(利確)という大きな外枠で常にポジションの周りを囲っているイメージです。

レンジ想定を広く設定した場合、レンジの中を値幅が大きく波打つ間はいいですが、小さい値幅であまり上下に振れなくなった場合、損切りや利確はされずにポジションをずっと保有することになります。

iサイクル2取引をかけている場合、相場が想定外の動きをし始めたら、すぐに設定の見直しをしてください。

もしもブレイクしてしまった場合、大きな損切りに合う可能性もあり、そうなるとそれまで積み上げた利益も吹っ飛んでしまいます。

ブレイクとは…チャート上での上値抵抗線あるいは下値支持線を越えて上下する価格の変動のこと

iサイクル2取引って稼げるの?

iサイクル2取引は稼げるのか

「稼げる人もいるけど、稼げない人もいる」

なんて答えてしまうと身もフタもないですが、iサイクルで自動トレードを仕掛ける頃合いを見誤らなければ利益を得ることができます。

特に、

俺がポジるとチャートが逆にいく…!
損切りしたら戻ってきた(涙)

…なんて泣いている人は、一度試してみる価値アリ!

iサイクル2取引は、エントリーポイントさえ決めてあげれば、あとは勝手に自動売買を繰り返してくれるシステムなので、ポチポチ病で悩んでいるような人には特に効果があります。

iサイクル2取引の上手な使い方

iサイクル2取引 おすすめ 上手な使い方

トレンドラインを使い、方向性を考えてやってみる。

100%すべてをiサイクル2取引に任せておいてもよいのですが、せっかくなので自分でも相場分析を行ってみましょう。

チャートの方向性を知るためなので、大きな時間足で構いません。

レンジ内での取引を視野に入れているので、私は週足で大まかな相場分析を行います。

トレンドラインの引き方

最初は抵抗が強そうなところに適当に線を引き、チャートは多くの過去のローソクが見渡せるようにする。

その線が過去チャートの抵抗や支持線になっていれば、使えるラインなので残す。

この作業を何回も繰り返し、抵抗と支持線、レンジ幅を自分風に見つけ出す。

初心者の方は「トレンドラインなんてどうやって引いていいのかわからない」なんてよく思い悩みますが、どんな風に引いたっていいんです。

トレンドラインに正解なんてありません

自分で相場を分析しようと試みることが一番大事なんですよ。

ということで、僭越ながら私のトレンドラインを晒しちゃいます、本当に適当なのでこんな感じなのかと参考程度に思って頂ければそれでよいかと…。

iサイクル2取引のトレンドライン

 

私のiサイクル2取引でのトレンドライン

不安な方はデモ取引で試してみるのも良い

iサイクル2取引のデモ取引

「iサイクル2取引に興味はあるけど、いきなり資金を投入するのは怖い」

そんなときは、外為オンラインのデモ口座で様々な設定をバックテストし、大丈夫そうであればリアルトレードに切り替えてもよいですね。

私もiサイクル2取引はデモ口座を使っていますが、リアルトレードとなんらかわりなく使えますよ!

まとめ

iサイクル 使い方まとめ

  • 24時間自動でトレードしてくれ、勝手に利益を増やしてくれる
  • ランキング方式やマトリックス方式はあらかじめ用意された注文をワンクリックで選ぶだけで良い
  • ボラティリティ方式は注文を自分でセットする必要がある
  • 不安な方はデモ取引からスタートしてみる

iサイクルについて述べましたが、いかがでしょうか。

外為オンラインのiサイクルは、初心者から経験者まで幅広くおススメできるツールです。

初心者で取引に不安のある人や、裁量トレードが苦手な人に特におすすめです。

今まで失敗してしまって自信がないんだという人も、勇気を出してもう一度挑戦してみませんか?

iサイクルを使っているうちの、もしかすると裁量トレードを行うために自分に足りなかったものが見えてくる可能性もあるでしょう。

FXトレードは知識と経験です!

もちろん、無茶な取引は絶対おすすめしませんが、この記事を読んだ貴方が、新しい一歩を踏み出せたきっかけになれたならとてもうれしく思います。

外為オンライン

【おすすめ】 もっと外為オンラインについて知りたいならこちら
外為オンラインとは?FX初心者のための4つのステップと3つの罠

外為オンラインの口座開設者の71%は初心者です。4,000円の少額からの取引や充実したセミナーで初心者も安心して取引でき、iサイクル2取引を利用すれば、かんたんな設定で24時間自動で賢くトレードしてくれます。

こちらの記事ではわかりやすいステップ形式で外為オンラインの解説をしています。外為オンラインを活用して脱初心者を達成しましょう。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る