(FXプライムbyGMOの評判/口コミ)始めた時からこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性別:男性年齢:20代前半 職業:会社員(兼業トレーダー) FX取引歴:約一年

FX会社の評価:★★★★☆

メリット

・業界大手で安心感がある

・キャンペーンが充実

デメリット

・スプレッドが大きい

・少額だと手数料がかかる

FXを始めて1年が経ちました

まだまだ初心者ですが、FXを始めるにあたり、かなり紆余曲折があった。ちなみに、私は今は会社員をやっている。年収はそこそこの会社で、とても待遇が良いとは言えないが、かなりホワイトなのが決め手でとなって新卒で入社した。

もともと、飽きやすい性格で学生時代もバイトもあまり続かなかった。どんなに続いても半年が限界という感じで、仕事内容に飽きてサボるようになってしまい、それが周囲に感づかれてすぐに人間関係が嫌になってしまう。

ただ、すぐにやめてしまっては、両親を悲しませることになるのは目に見えていた。何しろ、就職が決まった時の親の顔を思い出すと、会社を辞めるなんてとてもじゃないが言い出せない。

そういう性格なので、あまり会社勤めもうまくいくとは思えずにいて、そこまで大成功はしなくても良いから、何か自分の力で稼いでいくことができれば、自分にとっては幸せなのではないかと思うようになった。しかし、すぐにはFXにたどり着かなかった。

初めはフリーランスを目指そうと思い、得意なボディービルディングで食っていきたいと思ったこともあった。話が脱線するが、要はボディービルディングの大会で成績を残し、あとはパーソナルトレーナーとして仕事を受注するというもの。

ただ、これはうまくいかない。筋トレはそれこそ時間集約的な行為だから、いくらホワイトな会社とはいえど、会社勤めをしながらできるものではない。

そこで、トレードに行き着いた。トレードは知識集約的な行為だ。だから、その知識さえあれば、多少稼ぐことができる。そういう流れでFXに手を出した。

もちろん株も選択肢にあったが、当時は某企業の不祥事等々で、なんとなく株に良いイメージがなく、結果的にFXをやることになった。

安心できる会社を選ぶべき

トレードをやろうと思った時に、いろいろ考えた。まずは、投資信託のようなものに手を出してみようとかも考えた。ただ、とのファンドも年利が全く大したことがない。新卒の貯金で買ったところで、大してお金にならないことは目に見えていた。

かと言って、かなり攻撃的な数値を提示してくるファンドも、怪しいと感じていた。特にこの業界はその手の詐欺が多い。ニュースになっている案件も多いが、それ以上に水面下というか、有名になっていないだけで野放しにされている案件がいっぱいある。

そこで、やっぱり自分でトレードをするしかないということは目に見えていた。ただ、それでもどこのFX会社でトレードをするかというのは、いろいろ考えなくてはいけない。

一つ考えたのは、相対トレードは少し怖いということ。考えてみれば、トレーダーの利益とFX会社の利益が相反してしまうから。

つまり、FX会社が不利になるような局面で、トレーダーが不利になるようなレート設定、あるいはスプレッド設定だったり、わざとスリッページを発生させるようなことができてしまう。それもツール上で、トレーダーにバレないように。

そう考えると、選択肢はOTC形式が主流の国内のFX会社は選択肢に入らず、海外のNDD方式を採用しているFX会社を検討することになるけれども、そういう会社もあまり信用ならないと感じてしまう。

そもそも、サポートを受ける時に日本語に対応していなかったりすると、それはそれで不安でしかない。

そこで、結局はOTC形式でも一番安心できる国内大手にすることにした。GMOプライムに関してはおそらく業界1位ではないだろうか。それだけの顧客基盤と資本があれば、システムもコンプラも業界最高レベルに違いないという魂胆で選んでいる。

キャンペーンが充実している

GMOプライムといえば豪華キャンペーンを思い浮かべるいとも多いのではないか。私も高級カタログキャンペーンは非常に魅力に感じていた。

例えば、高級カタログギフトプレゼントキャンペーンという名前のキャンペーン、人気一番らしい。これは300万通貨達成で5000円相当、3000万通貨達成で50000円相当のカタログギフトがもらえるというもので、なかなか魅力的だ。

このカタログギフトには高級和牛やふぐの刺身やら、とにかくちょっとした時に食べたくなるグルメが揃っている。

また、デイトレキャンペーンなるものもあり、これは当日決済をすることで買いスワップが1日分もらえるというもので、それなりにお得ではある。高金利通貨限定なので、そのあたりを狙ってトレードしている人にとってはかなり美味しいのではないだろうか。

また、新規口座開設でMAX 10000円のキャッシュバックがもらえるというもの。まあ大したことはないと思うかもしれないが、そもそも始めるには口座開設をするわけで、いずれにしろするのであれば、キャンペーン対象期間に口座開設をしたい。

デメリットはスプレッドが広いこと

GMOプライムの唯一のデメリットを正直にいうとスプレッドが広いことだと思う。例えば、ドル円のスプレッドは0.6銭、ユーロ円に関してはなんと0.9銭。これは、国内の水準に照らし合わせるとかなり広い。

つまりこれは人を選ぶことを意味している。なぜなら、極端な短期トレードを繰り返す、あるいはスキャルピングを主に行う人にとっては結構な痛手になりかねない。

ちなみにスプレッドが国内で最高レベルに狭い業者はDMMFX。これは知っている人も多いとおもう。もしスキャルピングだったり短期トレードがメインという人にはそっちをオススメしたい。

ただ、もちろんどういう状況でもスプレッドが狭い=ダメというわけではない。

例えば、国内のFX業者の中には、提示されているスプレッドが狭いものの、結局システムが貧弱でスリッページが発生し、そのレートでは決済がほぼできないという状況もある。これはスプレッドがめちゃめちゃ広いという風に言い換えることもできる。

要は、業者の公表するスプレッドが狭いだけだ。これは固定されていようがいまいが関係がない。単純に低いスプレッドを公表してトレーダーを集めておいて、蓋を開ければ約定力が弱くてスリッページが発生しまくり。

これは、トレーダーが損をして証券会社が徳をする仕組みに他ならない。そう考え方を変えると、そういう風に貧弱なシステムを使って運営をしているFX会社は正直悪質に感じる。

その点、GMOプライムは良いと思う。強力なシステムで運営しているから約定力もある。確かに、公表スプレッドは広いけれども、スリッページが発生しにくい。そういう意味では、確かにスプレッドは広いけれども、広義の取引コストは安いと言えるかもしれない。

これは公式サイトでもなんども言われているけれども、結局は信頼性が重要だと思っていて、そこを評価をするのならGMOプライムは良いFX会社だと思う。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る