(外為どっとコムの評判/口コミ)外為どっとコムでFXを学んだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性別:男性 年齢:30代前半 職業:介護福祉士 FX取引歴:2年程

FX会社の評価 ★★★★☆

メリット

・スピード注文が使いやすい

・1000通貨から取引できる

・情報が多い

デメリット

・MT4との連携がない

・自動売買システムがない

他社の審査に落ちる

経済的な安心を得る為、本業とは別に副業を始めたいと思った時にFXを選択する人も多くいる。

不規則な4交代勤務の介護職員である自分にとって24時間いつでも取引可能なFXは非常に都合が良かった。少なとも始める前はそう思っていたが、後に実際のFXトレードにて悪戦苦闘する事となる。

現在は複数の口座を持っているが、1番思い入れがあるのは初めて口座開設をした初心者向けとして評価の高い外為どっとコムだ。

最初は別の会社に口座開設を申し込んだが審査に落ちてしまい、FXをあきらめポイントサイト等で小遣い稼ぎ程度の収入を手にしていたがやはり限界を感じ、再びFXへの思いが沸くこととなる。

審査落ちした会社とは別で初心者向けで少額取引が可能な証券会社を探している際に見つけたのが外為どっとコムだった。申し込み内容は最初の会社とほぼ同じだっが、無事に口座開設が完了し、自分は外為どっとコムにてFXの世界に足を踏み入れる事となる。

スピード注文が使いやすい

別の会社のデモトレードで成り行き注文までは出来るようになっていたが、会社が違えば当然取引画面も違う。また最初から覚えなくてはならないと思っていたがすぐに解決した。

「スピード注文」というツールが目に留まりタップしてみると、左右に分かれて表示された売と買の注文画面及びその関係性を示すような4行の0という数字だった。試しに買をタップすると売の方の数字が0から他の数字に秒刻みで変化していくのを確認する。

こうして相場や資金の値動きを1つの画面で視覚的に捉える事が出来る上に注文から決済までワンタッチで出来てしまうスピード注文は初心者の自分に取って心強い助けとなった。

最初は成り行き注文のみ行っていたが、様々な手法を学んでいく中でスキャルピングやデイトレードを中心にトレードスタイルが構築していった。

スピード注文は予め指値と逆指値を設定する事によってOCO注文もワンタッチで行う事が出来る等融通が利く事もあり、1日の隙間時間の中で気軽にトレードを行う事ができる。

そして実際の資金の値動きを目の当たりにする事によって、精神も鍛えられ、今の自分に扱える資金やロット数の確認もできる。自分はこのスピード注文のおかげでFXトレードのスキルが向上していったといっても過言ではない。

最初は上手くいくが…

最初に入金した資金は50000円だった。当時はアメリカ大統領選挙時だった為、米ドルでは上昇トレンドが発生していた。

昼間に買のエントリーをすれば夜にはほぼ確実に利益になっているという感じだった。最大で1ドル118円程まで上昇した記憶がある。そしてトレードを始めて最初の1週間で10000円程の利益を得る事に成功する。

ただ当時の自分はこれがトレンドという現象で起きているものだとは気付かず、取り合えず 米ドル円で買のエントリーをすれば間違いないと思っていた。

次の週は5000円程の利益 だったがこの時は先週の利益の半分程しかない事でかなり焦った。そして次の週からいわゆる調整相場がやってきた。

今まで上昇していたチャートがみるみる下落していったが、いつかは戻ってくるという初心者にありがちな見当違いを覆さなかった為、資金は20000円程損失を出し元の資金よりも減ってしまった事にひどく落ち込んだ。

その後も学習を積みスキャルピングやデイトレードを主に行ったがある事に気付く。自分にとっては損失を出した時や損切をした後の気持ちの切り替えが非常に難しかった。

エントリー後は仕事中でもポジションが気になって仕方がなかったし、ポジションを保有していなければ落ち着かないという、ポジポジ病にも陥った。

トレードが上手くいかない時はストレスも増し、妻や子供に話しかけられるだけでもすごくイライラしていた。安定した収入は欲しいが家族との時間までFXに奪われるのもおかしな事だと思い始めた。

トレードスタイルを変える

外為どっとコムは1000通貨からの少額取引が可能な事の他、テレビの為替情報時のニュースよく放送される事も多く、米国雇用統計時等の定期的なセミナーの開催や女優の深田恭子さんがCMを務める等、FXを知らない初心者に取っても安心できる証券会社だと思う。

スプレッドが低水準な事やスピード注文機能等スキャルピングのような短期売買を始め裁量トレードには非常に使いやすいツールとなっている。

ただMT4との連携がない事や自動売買システムを取り入れていないことが残念な点だ。そして重要な経済指標発表時はいきなりスプレッドが拡大する。ただこれは指標発表による相場の急激な動きから無茶なエントリーをしないようトレーダーを守る為とも言える。

スキャルピングやデイトレードで苦い体験をした後、トレードを行いながらも他の事に時間 を費やせるシステムトレードの方に移行したいと思った。

だが外為どっとコムにはその機能はない。よってiサイクル注文という自動売買ツールが使用できる外為オンラインに申し込んだ。スピード注文はとても使いやすかったが、自分の生活環境には合わなかった。

でも外為どっとコムは色々な面で良い証券会社だった。ここで培ったメンタルや相場観を活かし今後もFXトレードを学習していきたい。

FX会社比較表

このボタンを押すと比較表を表示します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る