(JFXの評判/口コミ)少しクセのある業者

更新日:

JFXの口コミ・評価

性別:男性 年齢:20代後半 職業:会社員(兼業FXトレーダー) FX取引歴:一年半程度

FX会社の評価:

メリット

  • 通貨ペアが大手と比べると多い
  • クイック入金ができる銀行が多い
  • スキャルピングOKと自社サイトで明言している
  • クイック入金に対応している銀行が多い
  • AUDとNZDのスワップポイントが高い
  • MT4に対応しているから上級者も使える

デメリット

  • スキャルピングで凍結された事例がある
  • サポートの対応の時間帯が狭く悪い
  • スプレッドが異常に開くことがある
  • アンドロイドアプリが使いにくい

小林芳彦氏が代表を務めるブローカー

小林芳彦氏はFXの主にデイトレードなどについて教本などを数冊出版していて、私も以前書店で立ち読みをしたことがありました。

某投資銀行で為替を扱っていたこともあり、経験と知識の両方を持ち合わせた方という印象で、本に関しても「なるほど」という印象でした。現役時代は受賞歴もある方だそうです。

その小林芳彦氏が代表を務めるFX会社という触れ込みで、ツイッター広告がタイムラインに流れてきたのがきっかけでこの会社を知りました。

もともと一昨年くらい前に大手の他社で口座を開設したのが初めてのFXで、それからほぼ毎日デイトレードをやってきたところで、ある程度自分もトレーダーとしてレベルアップを感じている中、他社でも取引をしてみたいという思いで、こちらの会社を試してみることにしました。

結論から言ってしまうと、乗り換えには至りませんでした。というのもこの会社は少し他社と比べるとクセがあるように感じるからです。

もともと私は、夜遅くの時間帯にはデイトレードをするのですが、昼間の仕事もあるので、ある程度のところでオーバーナイトでポジションを持つというようなスタイルです。

このJFXに関してはなかなか、そのスタイルにはマッチしないように感じました。とは言え、少し最近FX業者は増え過ぎているように感じているのですが、少し特徴があった方が利用者も増えて良いのかもしれません。

MT4に対応しているが、自前のアプリは良くない

この会社、初めは自社のソフトでしか取引できなかったようですが、最近MT4で取引ができるようになりました。

なんとも代表の小林氏のツイッターが話題になったようですが、日本のブローカーはあまりMT4に対応していないことが多いですよね。なので、これは大きなポイントです。やはりチャートツールが充実していて、その会社のシステムに依存しないで分析ができるわけですから、これは大きなプラスポイントです。

一点気になってしまったのが、スマホアプリの方です。スマホでもMT4が使えるので特に問題はないのですが、こちらの会社が用意しているスマホアプリは特にアンドロイドのものは操作が非常にしにくいです。UIのデザインがかなり古く、今時のSNSに慣れていると、基本的な操作の勝手が違うので使いにくいです。

ですが、それを除けばチャートもカスタマイズの幅がかなり広いです。たとえば、チャートの上にいくつもテクニカル指標を表示したりできます。スマホでのトレードが中心という人には便利でしょう。

普段は狭いが、、

業界最低水準を謳うだけあり、普段トレードしている分にはかなり狭くて良いと思います。特にドル円が0.3銭固定なのは、業界では狭い方だと聞きました。

しかし、例えば指標発表時や要人発言があった際には、スプレッドが異常に開きます。そうしたタイミングでスプレッドが開くのは他社も同じなので、構わないのですが、その幅が少し大きいと思います。私が見ている間に一度40pを超えたことがありました。

これではトレードができるようなスプレッドではないです。また、早朝でも普通に20pを超えることがあり、確かに普段はスプレッドは狭いですが、安定性がなさすぎると思います。また、私がずっとメインで使っている業者では大台を割っていないような状況でも、JFXは割っていたりします。

そのあたりは、まだメインに使うには信頼性がないと言えると思います。私はこのあたりが致命的だと感じて、乗り換えには至りませんでした。

ただドル円に限って言えば、SBIの0.27銭の次に狭いスプレッドになるので、取引する通過ペアによってはそのスプレッドもさほど気にならないでしょう。スタイルや使い方次第だと思います。

スピーディーに入出金ができる

JFXの特徴の一つとして挙げられるのが、やはりクイック入金に対応している銀行の多さだと思います。国内に関しては380行の銀行に対応しているとのことです。

最近増えてきたネット銀行やショッピングモール系の銀行など、あらゆる種類の銀行が使えます。しかも入金に対しては手数料無料で行えます。即時にトレードのシステムに反映されるのはかなり便利です。

入金の手続きはスマホからもできるので、スマホでトレドしている方にとってもかなり便利だと思います。口座を開設してから、普通は本人確認などで手続きにかなり時間がかかるケースが多いですが、JFXの場合は口座開設から2日目で入金ができたのもプラスです。

また出勤に関しても平日14時に申請すれば大体2時間程度で反映されます。また、JFXはキャンペーンを随時開催しているのですが、タイミングが良ければ入金金額の一定割合をキャッシュバックするキャンペーンを開催していることもあります。

これは法人口座でも個人口座でもやっているので、利用を検討している人はキャンペーンの有無を事前に調べてみると良いかもしれません。

スワップポイントは高かったらしいが、、

JFXではAUDJPYとNZDJPYのスワップポイントが他社と比べて圧倒定期に高いと言われていました。前者は一万通貨あたり1日に50円、後者は40円です。他社の場合は両者ともに30円半ばくらいです。なので、これはとてもお得と評判でした。中長期でポジションを持つことを考えている人にとってはこれは結構重要なのではないでしょか。

しかし、豪ドルの政策金利が下がってからというものの、JFXはスワップポイントではかなり微妙と言わざるを得ない状況です。

マイナススワップも生じており、通貨によってはスワップが大きかった、マイナススワップも大きい印象でした。また、買いスワップがゼロということもあり、スワップポイント目的の人は自動的にショートでしか持てなくなってしまうので、相場では不利になってしまいます。

また、トルコリラの取り扱いもないため、本当にスワップポイント目的の人に関しては、JFXを見送った方が良いかもしれません。ただ、JFXは入出金もスピーディーで約定力も安定しているので、これに現在の主要国通貨の低金利状態が続いている中でスワップ金利を高めてしまうと、企業的にはかなり厳しいところでしょう。

スキャルピングOKだが口座は凍結される可能性

公式サイトではスキャルピングOKと謳っており、スキャルピング目的で口座開設をする人もいると思います。しかし、スキャルピングを行なっていたところ、2週間ほどで口座が凍結されてしまい、サポートに問い合わせても解除してくれなかったという話を聞きました。

また、私自身サポート体制にはすこし疑問を感じています。一度入金関係で不明点があり、サポートに問い合わせようとしたのですが、なんと8時から20時までしか電話対応をしていただけないとのことでした。

おそらくほとんどの国内業者が24時間サポート対応している中、これは大きなデメリットだと思います。また、苦情窓口なるものをサイトに設置されているのですが、ここに問い合わせても、無視されることが多く、回答も内容に沿わないテンプレートのものが多いそうです。テンプレ回答を指摘すると無視されます。

正直私はこの点が大きくて乗り換えに踏み切ることができませんでした。電話対応そのものは対応は丁寧で不快感はないですが、万が一のトラブル時に対応が遅れることを考えると、信頼性という観点からは良いとは言えませんね。

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
外為オンライン
FX初心者の登竜門として人気のFX会社。豊富なセミナーなどのサポート力が人気の理由です!
無料セミナー
自動売買
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
低スプレッド低コスト!
SBIバナー
SBI FXトレード
業界最狭のスプレッドを誇るFX口座。最低取引は1通貨~、4円から投資できるのはSBIFXトレードだけ
低コスト
約4円から投資OK
スワップ人気
キャンペーン

詳しくはコチラ

 
高性能チャートが大好評
GMOクリック証券【FXネオ】口座開設
GMOクリック証券
チャート分析が使いやすさ抜群なので、その為に持っておいても損はない口座の1つです!
高性能チャート
低コスト
VRトレード
キャンペーン

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-その他FX会社【口コミ・体験談】

Copyright© FXのやさしい教室 , 2019 All Rights Reserved.