SBI FXトレードのオプションFX|最大損失額の限定で低リスク

更新日:

みなさんはSBI FXトレードの「オプションFX」をご存じでしょうか?

オプションFXとは、通常のFX取引のように外国為替そのものを取引するのではなく、オプションと呼ばれる「外国為替を特定の価格で売買できる権利」を購入して取引を行う金融商品です。

内容は満期日(権利行使日時)までに円高になるor円安になるを予想するだけのとてもシンプルなものです。なのでFX取引の知識や経験がない初心者の方でも直感的に取引をすることが可能です。

また、通常のFX取引のようにロスカットや証拠金不足の心配がないため、資産のリスク管理がしやすいという特徴もあります。

はじめて聞いたよ。そんな取引もあるんだね。

国内でオプションFXを取り扱っている会社はまだ数が少ないのよ。SBI FXトレードはその中の一社で、2018年10月1日に取り扱いを開始しているわ。取引の内容について詳しく解説していくわね

知っておきたい基本用語

原資産

オプション取引の対象となる資産(資産の価格)のことです。

満期日(権利行使日時)

オプションの権利を行使できる日のことです。

権利行使日時には、「ヨーロピアンオプション」と「アメリカンオプション」の2種類があり、どちらを採用しているかは業者によって異なります。SBI FXトレードのオプションFXは、ヨーロピアンオプションを採用しています。

ヨーロピアンオプション

満期日のみ権利行使が可能なオプションです。

権利行使の自由度が低い分、アメリカンタイプに比べてオプション料は低めに設定されています。 ※権利行使は満期日のみですが、売買は期間中いつでも可能です

アメリカンオプション

取引期間中いつでも権利行使が可能なオプションです。

権利行使の自由度が高い分、ヨーロピアンタイプに比べてオプション料は高めに設定されています。

権利行使価格

原資産をいくらで買うか、または売るかを示す価格です。

コールオプション

原資産を買うことができる権利のことで、円安になると予想したときに購入するオプションです。

プットオプション

原資産を売ることができる権利のことで、円高になると予想したときに購入するオプションです。

プレミアム

オプションを購入する時の価格のことです。

バニラオプション

SBI FXトレードのオプションFXで採用しているオプションの取引方法です。コールオプションやプットオプションの売買のような基本オプションのことで、取引内容はシンプルです。

※バニラオプションに様々な付加条件を設定したものをエキゾチックオプションといい、エキゾチックオプションはさらに数種類にわけることができます。

SBI FXトレードのオプションFXとは?

導入でも触れたように、オプションFXとはオプションと呼ばれる外国為替を特定の価格で売買できる権利を購入して取引を行う金融商品です。

購入するオプションは、2種類しかありません。買う権利(コールオプション)売る権利(プットオプション)です。

満期日までに、現在のレートから円安になるのか、それとも円高になるのかを予想し、円安になると予想した方はコールオプションを、逆に円高になると予想した方はプットオプションを購入します。

このときオプションを購入するために支払う価格をプレミアムと呼び、プレミアムを支払ってオプションを購入するとも言います。

10,000米ドルから取引が可能

SBI FXトレードのオプションFXでは、オプションを「枚」という単位で売買します。1枚は10,000米ドル通貨単位で、1回の取引で1~1,000枚(1万~1,000万米ドル)購入することができます。

オプション購入の手順

ではオプションの購入方法とその後の流れについてSBI FXトレードの実際の取引画面を使って紹介していきましょう。

例として、現在「USD/JPY 114.30円」であると仮定したときにコールオプションを購入する手順を紹介していきます。プットオプションを購入する場合も手順は同じです。

オプションの購入から、権利行使もしくは権利放棄が確定するまでの手順はわずか3つです。

見出し

  1. レートの動きを予想し、権利行使価格を決める
  2. オプションを購入する
  3. 満期日を迎える

1.レートの動きを予想し、権利行使価格を決める

権利行使価格は、米ドル/円(USD/JPY)が○円になれば買うもしくは売るという時の米ドル/円の価格のことです。SBI FXトレードのオプションFXでは、50銭刻みで少なくとも上下3価格ずつ提示されているので、その中から選ぶことになります。

ある女性は「現在の114円30銭から116円半ばまで上がる」と予想し、「権利行使価格 115.50円のコールオプション」を購入しようと考えました。

SBIFXのオプション取引

取引画面を確認してみましょう。現在、USD/JPY 114.30円なので、114.00円の箇所が白線で囲まれています。女性が購入したい115.50円の新規買価格(プレミアム)は、「1枚(10,000米ドル)あたり4,550円」であることがわかりました。

SBIFX_オプションFX

2.オプションを購入する

SBIFX_オプションFX3

次にオプションを注文します。注文画面で「権利区分(USDコール or USDプット)」「権利行使価格」「限月」「注文枚数」を設定し、新規買をクリックして注文します。注文が確定すると預託金残高からプレミアムが引かれます。

限月とは、オプションの期限が満了する月のことなので、満期と考えると分かりやすいですよ。

注文枚数が「1」枚の場合、10,000USDを購入することになり、注文枚数を増やすと比例してプレミアムも増えます。預金残高は、注文画面の右下にある「新規注文可能額」で確認することができます。

SBI FXトレードのオプションFXの満期日(権利行使日時)は、毎月第2金曜日の日本時間15:00と決められており、オプションの購入は、取引最終日時である満期日の前営業日15:00までとなっています。

ただし第2金曜日が日本の祝日の場合、前営業日に繰り上げられます。取引最終日時は、限月選択の下に表示されているので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、毎月1日~第2木曜日15:00までは、満期日と限月開始日の関係上、当月物と翌月物が両立している状態になります。そのため、注文をするのは当月物と翌月物のどちらなのかしっかり確認して注文をしましょう。

新限月開始日や満期日などの日程をまとめると、下のカレンダーの通りです。

見出し

  • 新限月開始日:毎月第1営業日
  • 取引時間:月曜日~金曜日 日本時間午前8:30~翌午前5:30
  • 満期日(権利行使日時):毎月第2金曜日の日本時間15:00
  • 最終取引日時:権利行使日時の前営業日15:00

2月3月カレンダー

見出し

  • 下線【赤】: 2月限月物の取引可能日
  • 下線【青】: 3月限月物の取引可能日
  • 下線【緑】: 4月限月物の取引可能日
  • 翌限月物の開始日~当月物の最終取引日時までは、当月物と翌月物の選択が可能

3.満期日(権利行使日時)を迎える

満期日を迎えると、自動的に権利行使か権利放棄が行われるため、何か特別な手続きをする必要はありません。

権利行使となる場合と、権利放棄となる場合の事例をそれぞれ見ていきましょう。

見出し

権利行使となる場合(原資産価格>権利行使価格

例えば満期日に「原資産価格(米ドル/円) 116.50円」だったとします。このとき「権利行使価格 115.50円」のコールオプションを購入していたので、予想が的中したことになります。

自動的に購入したオプションが行使され、口座に受取金額が振り込まれます。この取引での利益は、「受取金額とプレミアムの差」になります。この場合は受取金額が10,000円になるため、利益は5,450円になります。

計算をわかりやすくまとめると次のようになります。

見出し

受取金額 = ( 原資産価格 - 権利行使価格 ) × 数量

10,000円 = ( 116.50円 - 115.50円 ) × 10,000USD

利 益 = 受取金額 - プレミアム(オプション購入価格) 5,450円 = 10,000円 - 4,550円

※数量=枚数×通貨単位なので、この場合は1×10,000で10,000USDになります

取引開始前

取引開始前

オプションを購入 - 4,550円

購入

権利行使後 +10,000円

権利行使後

見出し

権利放棄となる場合(原資産価格≦権利行使価格)

逆に満期日に「原資産価格(米ドル/円) 114.00円」だったとした場合、「権利行使価格 115.50円」のコールオプションを購入していたので、残念ながら予想が外れたことになります。

そうなった場合はこのコールオプションを所持していても利益が発生しないので自動的に権利放棄されます。また、原資産価格と権利行使価格が同じだった場合も同様に権利放棄となります。

受取金額は計算上ではマイナスになりますが、購入したオプションは自動的に権利放棄されるため、実際の受取金額はマイナスではなくゼロになります。

しかも、SBI FXトレードは手数料も無料なので、予想が外れてしまっても損失はオプション購入費用分のみになります。

先ほどと同じように計算をまとめると次のようになります。

見出し

受取金額 = ( 原資産価格 - 権利行使価格 ) × 数量 -15,000円 = ( 114.00円 - 115.50円 ) × 10,000USD

取引開始前

取引開始前

オプションを購入 - 4,550円

購入

権利放棄後 +-0円 利益0円

権利放棄後

オプションFXの利益と損失は、次のようなグラフで表すことができるわ。グラフからもわかるようにオプションFXは損失を最低限に抑えつつ利益を狙うことができるの。

利益と損失

途中決済(売却)も可能

SBI FXトレードでは、満期日(権利行使日時)を毎月第2金曜日と決めています。つまり、満期日は月に1回しかないということになります。

取引を行っていると、満期日までに円安になると予想してコールオプションを購入したのに円高傾向に変化してしまった。逆に、円高になると予想してプットオプションを購入したのに円安傾向に変化してしまった。という事態が起こることがあります。

その場合そのままオプションを保持し続けて、満期日を迎えてしまうと権利放棄となる可能性が高く、損失が出てしまうことになります。

このような場合、購入したオプションを途中決済(売却)するという方法で、プレミアム分の損失を少なくすることができます。

それではコールオプションを途中決済すると仮定したときの利益と損失について見ていきましょう。決済の手順は次の3つです

見出し

  1. 現在の決済売価格を確認する
  2. オプション購入時の価格と比べる
  3. 途中決済をするorしないを決定する

1. 現在の決済売価格を確認する

コールオプションの購入画面をもう一度見てみましょう。緑色枠の新規買は、コールオプションを新規購入する場合の価格です。

青色枠の決済売は、満期日を待たずにコールオプションを途中決済する場合の価格です。図の時点では、決済売価格 3,900円なので、途中決済した場合、3,900円の利益が得られることになります。

プットオプションの場合は、プットオプションの新規買価格の左隣に決済売価格が表示されています。

オプションFX取引画面

2. オプション購入時の価格と比べる

現在所持しているオプションを売買することでどのくらい利益が出るのかはトータルの利益 = 現在の決済売価格 - オプション購入時の価格という式で表せます。

見出し

「決済売価格 < プレミアム」の場合

プレミアムが4,900円だと仮定したとき、途中決済することにより3,900円の利益が得られるため、トータルの損失を1,000円に抑えることができます。

トータルの利益 = 現在の決済売価格 - プレミアム   -1,000円  = 3,900円  -  4,900円 

見出し

「決済売価格 = プレミアム」の場合

プレミアムが3,900円だと仮定したとき、途中決済することにより3,900円の利益が得られるため、トータルの損失を0円に抑えることができます。

トータルの利益 = 現在の決済売価格 - プレミアム   0円  = 3 ,900円  - 3,900円

見出し

「決済売価格 > プレミアム」の場合

プレミアムが3,800円だと仮定したとき、途中決済することにより3,900円の利益が得られるため、トータルすると100円の利益を得ることができます。

トータルの利益 = 現在の決済売価格 - プレミアム   100円  = 3 ,900円 - 3,800円

3.途中決済ををするorしないを決定する

トータルの利益や予想される今後の変動を考慮し、途中決済をするのかしないのかを決定します。

SBI FXトレードのオプションFXでは、1日に3回、価格を更新しています。なので希望する途中決済価格になるまでギリギリまで粘って待つこともできます。

しかし、各限月の最終取引は、満期日(権利行使日時)の前営業日15:00までと決められているので注意しましょう。

途中決済には、今後の相場の予想と、思い切った決断力が必要になります。

オプションFXの口座について

SBI FXトレードのオプションFXを始めるためには、専用のオプション取引口座を開設する必要があります。この専用口座は、オプションを支払ったり、受取金額を振り込んでもらうための口座です。

2019年1月時点では、オプション口座への入出金は、FX取引口座を経由する必要があり、オプション口座への直接入出金はできません。そのため、オプション取引口座の申し込みには、FX取引口座の申し込みも必要になります。

SBI FXトレードのFX口座の開設は無料で、最短5分で申し込みは完了します。詳しい口座開設の手続きは、SBI FXトレードのホーページの「口座開設からご入金までの流れ」で紹介されていますので参考にしてください。

オプションFXのメリット

・予想するのは「円高になる」or「円安になる」の2択

満期日(権利行使日)までに、「円高になる」or「円安になる」を予想するだけなので、通常のFX取引の知識や経験がなくても、直感的に取引をすることが可能です。

また、米ドル/円は身近な通貨ペアなので、変動がわかりやすく初心者には予想がしやすいといえます。

・満期日(権利行使日時)に自動決済

満期日(権利行使日時)の毎月第2金曜日の日本時間15:00になると、権利行使もしくは権利放棄を自動的に決済されます。そのため、通常のFX取引のように損切りのタイミングを逃してしまうことはありません。

・少額から投資を始められる

株式や通常のFX取引と比べると、少額から取引が可能です。そのため、損失リスクを抑えることができます。

・予想が外れても、損失はオプション購入金額分だけ

予想が外れた場合、計算上では受取金額はマイナスになりますが、購入したオプションは自動的に権利放棄されるため、受取金額はマイナスではなくゼロになります。

・途中決済が可能

先ほど紹介しましたが、SBI FXトレードのオプションFXは、途中決済が可能です。決済売価格がプレミアムよりも高くなった場合、満期日前に途中決済し、利益を得ることも可能です。

・手数料は0円

SBI FXトレードのオプションFXでは、取引手数料や口座管理手数料が無料です。

オプションFXのデメリット

・米ドル/円しか扱っていない

2019年1月時点では、SBI FXトレードのオプションFXでは「米ドル/円」しか扱っていません。ただ、2018年10月1日に開始されたばかりのサービスなので、今後拡充されていく可能性はあります。

・スワップポイントが発生しない

通常のFX取引とは異なり、スワップポイントは発生しません。

・満期日(権利行使日時)に現限月の取引はできない

SBI FXトレードのオプションFXでは、 最終取引日時は、満期日の前営業日15:00までと決められています。満期日である 第2金曜日が日本の祝日であった場合、前営業日に繰り上げになるので注意が必要です。

・土日に取引ができない

SBI FXトレードのオプションFXの取引時間は「月曜日~金曜日、日本時間午前8:30~翌午前5:30」であるため、通常のFX取引のように24時間いつでも取引ができません。

・スマートフォンの専用アプリがない

2019年1月時点では、SBI FXトレードから提供されているオプションFX専用アプリはありません。

そのため、スマートフォンでオプションFX取引を行うためには、ブラウザでSBI FXトレードのホームページを開き、ログインする必要があります。

・取引期間が最大で40日ある

SBI FXトレードのオプションFXは、取引開始~決済まで長いときには最大で40日程度あります。

他社のオプションFXの中には、取引開始~決済まで数時間というデイトレードタイプのオプションFXもあります。デイトレードタイプと比べると、取引期間が長い分、「円高/円安」の予想はやや難しいといえます。

期間中は何度でも取引可能なので、途中決済を上手に使うとよいでしょう。

・講座の開設には通常のFX口座への申込みも必要

オプションFXの口座へ入出金するためには、通常のFX取引口座を経由する必要があるので手間がかかります。

また、通常のFX口座を開設していない場合は通常のFX口座とオプションFX専用の口座、2つの口座の申し込みが必要になります。

まとめ

今回ご紹介した「SBI FXトレードのオプションFX」はいかがでしたでしょうか?簡単にオプションFXのポイントをまとめると以下の3つです。

見出し

  1. 注文は、円安になるor円高になるを選ぶだけ
  2. 最大損失額はオプション購入金額分のみ
  3. 少額から投資を始められる

オプションFXは、通常のFX取引の知識や経験がなくても、直感的に取引をすることが可能なので、初心者でも簡単に始められる投資の1つです。

SBI FXトレードのオプションFXのホームページには、操作マニュアルや「オプションFX日記などが掲載されており、初心者にもわかりやすいようになっています。

まずは、口座開設から始めてはいかかでしょうか

初心者におすすめ!FX口座の組み合わせはこちら!

初心者セミナー実施中!
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
外為オンライン
FX初心者の登竜門として人気のFX会社。はじめてでも使いやすい取引ツールが人気の理由です!
無料セミナー
自動売買
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

低スプレッド低コスト!
YJFX!の外国為替証拠金取引【外貨ex】
YJFX!
ヤフーグループのFX会社で資金力が◎。低スプレッド業者では珍しい1,000通貨から取引ができます。
低コスト
アプリ人気
少額OK
キャンペーン

詳しくはコチラ

サポートが厚くて安心!
【DMM FX】申込
DMMFX
すべての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準!LINEのサポートも対応しているので初心者も安心です。
LINEサポート
低コスト
アプリ人気
キャンペーン

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-SBIFX

Copyright© FXのやさしい教室 , 2019 All Rights Reserved.