失敗談⑦|反省してるつもりがなかなか治らないポジポジ病

【投稿者情報】

PN:FX好き主婦  性別:女性  年齢:36歳  利用しているFX会社:DMMFX

小さい損失も積もれば山になる

初心者によくありがちですが、私もよく失敗するのが「ポジポジ病」。 ポジポジ病とは、何度も何度もトレードをすること。

とはいえ、根拠があるFXトレード自体に問題があるわけではありません。

スキャルピングと言われる手法は数秒から数分で注文、決済を終えるので1日に何度もポジションをもつことはよくあることです。

ポジポジ病が問題なのは「根拠がないトレード」を何度もしてしまうこと。

私がよくしていたのは、ポジションと逆に動いたから損キリして順張りしたら今度はまた逆に動いたので、また損キリしてポジションを持ち直すといういわゆる「狼狽」。 これはなかなか厄介で、この場合だと往復ビンタをくらってしまいます。

その結果損失が拡大したなんてこともしばしば… 相場は右肩上がり、右肩下がりで一直線に動くわけではありません。

大体の場合がジグザグしながら上がる、下がる動きをします。 なので、この失敗の場合だと永遠に損失が増えてしまうんですよね。

一度の失敗でやめておけば良いのですが、損失を取り返そうと何度も同じことをしてしまうんです。

ポジポジ病は損失こそ小さいのですが、塵も積もれば山となるです。 ポジポジ病が発症した場合は、一度チャートを閉じて時間を置くなどして対策しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部

FXのやさしい教室 編集部です。 FXの基礎や取引方法など、役立つ情報をわかりやすく提供します。 私どもの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

-失敗談

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.