仮想通貨とFXを比較!投資初心者にFXがおすすめな3つの理由

この記事で解決できる悩み

  • FXと仮想通貨の違いが知りたい
  • それぞれどんなメリットとデメリットがあるの?
  • 自分にはどちらが向いているのか知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「FXと仮想通貨の違い」を理解すれば、FX初心者でも自分に向いているのはどちらなのか判ります。

なぜなら、私もこの方法でFXと仮想通貨の違いを知り、どちらに投資するか決めたいという悩みを解決できたからです。

それでは、以下で「FXと仮想通貨の違い・共通点」について紹介します。

【比較の前に】仮想通貨とFXの仕組みを解説

仮想通貨とFXを比べる前に、両者がどんな仕組みなのか簡単に説明します

最初はFXにしようと思っていたものの、コインチェックやビットコインといった、最近話題の仮想通貨にも興味が湧いたという人もいると思います。

どちらに投資するか、この記事を参考にしてみてください。

投資についてはこちらの記事で詳しく解説していますよ
投資とはなにかを学んで、理解を深めよう
大事な資産をまもる「投資」とは?投資をはじめる心の準備のお話
FXの投資とは?FXの投資って気になるけど、そもそもなにかが分からない…。大損しそうで怖い…。投資初心者はみんなそんな不安を持っています。投資の知識、種類、リスクを抑えるための方法を知っていればそんな不安も解消されます!

続きを見る

仮想通貨とは

仮想通貨とは、物質的な実態がなくネット上でやり取りされる電子通貨で、特定の国家による価値の保証がないのが大きな特徴です。

投資としては金に似ています。例えば、1通貨100円で買った仮想通貨が1通貨200円に値上がりしたときに決済することで100円の利益を得ることができます。

また、決済をせずにそのままWEBマネーのように支払いや入金に利用することもできます。

FXとは

FXとは、2カ国間の通貨を売買することで利益を得る投資です。

ちなみに、FXは「Foreign Exchange」の略で、正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。

例えば1米ドル円=100円の時に1米ドルを買い、1米ドル円=105円になったら売ることで、5円の利益が出ます。

このように、為替の変動を利用して差額で儲けるのがFXです。

詳しくはコチラ

FXとは?あなたが安心して投資するために必要な基礎をやさしく解説
FXとは?ドルやユーロなど海外の通貨を売買して儲ける取引のことをFXと言います。簡単に言えばドルが上がるか、下がるか予想するだけです。FXを始める上で、最低限知っておくべき基礎知識があります。ここでは初心者にも分かりやすくFXの基礎知識を14項目にまとめて紹介します!

続きを見る

【補足】仮想通貨FXとは

FXと仮想通貨を組み合わせた「仮想通貨FX」もあります。

仮想通貨FXとは、預け入れた資金をもとに、FXのように仮想通貨を取引する投資です。

仮想通貨FXは、FXと同様にレバレッジ制度が利用できるので、用意できる資金よりも大きい額の投資ができます。

つまり、仮想通貨は現物取引仮想通貨FXは証拠金取引という違いがあります。

一方、FXと仮想通貨FXは、投資対象の通貨、取引可能時間、価格変動の幅、変動要因において違いがあります。

比較

FX、仮想通貨、仮想通貨FXの違いを比較すると、次の表のようになります。

 FX仮想通貨仮想通貨FX
取引時間24時間平日のみ24時間365日24時間365日
価格の変動幅小さい大きい大きい
価格の変動要因経済指標や政策金利など不確定不確定
レバレッジありなしあり
取引の種類証拠金取引現物取引、先物取引証拠金取引
FXと仮想通貨の違いについては記事内のコチラで詳しく解説していますよ

仮想通貨とFXのリスクの比較

この見出しでは、仮想通貨とFXのリスクを比較します

どちらも価値の変動を利用して利益を上げる投資なので、予想と反対に相場が動くと損失が出るのは同じです。

しかし、仮想通貨とFXには、それぞれ独自のリスクがあり、リスクの度合いにも差があるので、以下で詳しく解説します。

仮想通貨のリスク2つ

まずは、仮想通貨の2つのリスクについてです。

見出し

  • 仮想通貨のリスク1:流出や盗難される可能性がある
  • 仮想通貨のリスク2:法整備が十分ではない

それぞれのリスクについて、以下で詳しく見ていきましょう。

仮想通貨のリスク1:流出や盗難される可能性がある

ひとつ目のリスクは、流出したり盗難される可能性があることです。

なぜなら、仮想通貨はインターネット上の電子情報なので、ハッキングや不正アクセス、サイバー攻撃を受ける可能性があるからです。

実際に、2018年にコインチェックの仮想通貨約580億円分がハッキングにより消失した事件が起きています

仮想通貨のリスク2:法整備が十分ではない

2つ目のリスクは、法整備が不十分なことです。

その理由は、仮想通貨はできてから間もないからです。

FXでは信託保全が義務化されているので、万が一FX会社が破綻しても証拠金は返還されます。

しかし、仮想通貨では信託保全が義務化されていないので、万が一の時は資産が返ってこない可能性があります

仮想通貨で義務化されているのは、信託保全ではなく、顧客の資産と自己の資産を区別して管理する分別管理なので注意しましょう。

FXのリスク

この見出しでは、FXのリスクについて説明します。

見出し

  • FXのリスク:レバレッジによるリスク

どのようなリスクなのか、以下で詳しく見ていきましょう。

FXのリスク:高レバレッジをかけたことによる大損失の可能性がある

FXでは、レバレッジをかけることで少ない資金で大きな利益を得ることができます

しかし、レバレッジを大きく効かせて取引量を増やしすぎると、その分為替変動による損失のリスクも大きくなります

例えば、資金10万円で1米ドル100円のときに1,000通貨買った場合、レバレッジは1倍になり、為替レートが1円下がると損失は1,000円です。

しかし、同じく資金10万円で1米ドル100円のときに25,000通貨買うと、レバレッジは25倍になり、1円下がると損失は25,000円(25倍)に増えます。

仮想通貨とFXの違い3つ

ここでは、仮想通貨とFXの3つの違いを紹介します。

見出し

  • 仮想通貨とFXの違い1:取引対象
  • 仮想通貨とFXの違い2:必要資金
  • 仮想通貨とFXの違い3:価格の変動率の違い

それぞれの違いについて、以下で詳しく見ていきましょう。

仮想通貨とFXの違い1:取引対象

ひとつ目の違いは、取引対象です。

仮想通貨の投資対象は、インターネット上にのみ存在する仮想のお金で、インターネット上の公開台帳で管理されています。

一方、FXの投資対象は日本円や米ドル、ユーロといった国によって管理・発行され価値が保証されている法定通貨です。

このように、仮想通貨とFXは取引対象が異なります。

法定通貨と仮想通貨の違い

法定通貨、仮想通貨、電子マネーそれぞれの違いを比較するとこの表のようになります
 法定通貨仮想通貨電子マネー
通貨の例日本円
米ドル
ユーロ など
ビットコイン
アルトコイン
イーサリアム など
Suica
PASMO
WAON など
管理主体ありなしあり
管理元国や中央銀行インターネット上の台帳電子マネーの運営会社や組織

仮想通貨とFXの違い2:必要資金

2つ目の違いは、必要資金です。

仮想通貨とFXで取引するためには最低限いくら必要なのか、それぞれビットコインと米ドル円を例に出して計算方法と合わせて解説します。

後述のように、どちらも数円あるいは数十円から始められるので、必要資金の観点からはあまり悩むことはないでしょう

仮想通貨で最低限必要な資金

ビットコインは1通貨の小数点以下からでも購入でき、最小で取引できる単位は0.0001ビットコインです。

2019年5月16日時点の価格(1ビットコイン=約90万円)を使って計算すると、0.0001ビットコインは約90円です。

現在仮想通貨の価格は高騰していますが、最低限の購入は小数点以下からでもできるので、約90円という少額から投資できます

FXで最低限必要な資金

FXの取引をするのに最低限必要な資金は、FX会社ごとに設定されていて、ほとんどのFX会社は1,000通貨もしくは1万通貨です。

1通貨から取引できるSBI FXトレードで米ドル円を取引するのにいくら必要なのか計算してみましょう。

2019年5月16日時点のレート(1米ドル=約110円)を使うと、レバレッジを1倍から110円から、最大の25倍にすれば約4.4円から取引ができます

このように、FXには「レバレッジ」という元手資金の最大25倍の金額を取引できる制度があるので、資金が少なくても大きな取引ができるのです。

ただし、これは最低限必要な資金です。実際に投資する場合は余裕を持って資金を用意しましょう
レバレッジについて詳しくはこちらの記事で解説していますよ
レバレッジとは?資金効率を最大25倍にできる仕組み
この記事で解決できる悩み FXのレバレッジとは何か知りたい どんなメリットとデメリットがあるの? レバレッジを上手に使うにはどうしたらいいの? といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事で ...

続きを見る

仮想通貨とFXの違い3:価格の変動率の違い

3つ目の違いは、価格の変動率です。

仮想通貨もFXも、価格の変動を利用して利益を出すことは共通していますが、変動率には差があります。

変動率に差があれば、リスクとリターンの期待値にも差が出るので、仮想通貨とFXの価格の変動率について比較してみましょう。

仮想通貨の価格変動のリスクと変動率

仮想通貨は相場の変動が大きいので、価格変動によるより多くの利益も期待できますが、損失額が大きくなるリスクも高いです。

ビットコインを例にとると、2009年の登場以降、価格は急騰することもあったものの、基本的には緩やかに上昇していました。

しかし2017年の一年間で、1BTC=約12万円から、1BTC=約220万円まで急騰しました。

このように、2017年は一年間で約1646%も変動し、特に振れ幅の激しかった12月7日は始値約150万円に対して高値約203万円と1日で約35%の上昇を記録しています。

FXの価格変動のリスクと変動率

FXの変動率は仮想通貨より低いものの、FXにも相場が変動することによる損失のリスクがあります

米ドル円とトルコリラ円を例にとり、最近で大きく変動した2019年の1月3日で変動率を見てみましょう。

この日、米ドル円は始値約109円に対して安値約105円だったので約4%の下落トルコリラ円は始値約20円に対して安値約18円だったので約10%の下落です。

FXは通貨の種類や重要な経済指標発表時、事件や事故などで短時間で大きく動く可能性があるので、普段から損切り注文を入れて損失を限定させておきましょう。

仮想通貨と比較してFXで投資するメリット3つ

この見出しでは、仮想通貨と比較してFXで投資する3つのメリットについて解説します。

見出し

  • メリット1:価格変動と変動要因
  • メリット2:スワップポイントを受け取ることができる
  • メリット3:レバレッジにより資金以上の金額を投資できる

それぞれのメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

メリット1:価格変動と変動要因

ひとつ目のメリットは、FXのほうが価格変動が緩やかで変動要因もわかりやすいことです。

なぜなら、先述のようにFXよりも仮想通貨のほうが価格変動が激しいだけでなく、仮想通貨の変動要因は不確定だからです。

FXの変動要因は経済指標や政策金利、要人発言など、予想しやすいといえます。

メリット2:スワップポイントを受け取ることができる

2つ目のメリットは、スワップポイントを得られることです。

一方、仮想通貨にはスワップポイントという仕組みがありません

ちなみにスワップポイントは、金利が低い国の通貨で高い国の通貨を買った時、その金利差によってFX会社が設定した金額を毎日受け取れます。

スワップポイントが得られる分、価格変動以外にも利益を狙えるのがFXのメリットです。

スワップポイントについてはこちらの記事で詳しく解説していますよ
 
FXスワップ
FX初心者でもスワップポイントで稼ぐ!オススメ通貨とFX会社3社
「スワップポイントってなに?」「いつもらえるの?」「スワップポイント運用に適したFX会社は?」こんな悩みを解決できる記事です。FXには通貨の売買だけでなく、金利で稼ぐ方法もあるんです。スワップ狙いの運用に適した通貨や、運用方法も解説していますよ!

続きを見る

メリット3:レバレッジにより資金以上の金額を投資できる

3つ目のメリットは、レバレッジを使って資金以上の金額を取引することで、少額でも効率よく利益を出せる点です。

FXの場合、レバレッジを使えば最大で資金の25倍の金額が取引できます

一方、仮想通貨はレバレッジを利用できないので、投資できる金額は、手元に用意できる資金に限られます

FXと比較して仮想通貨の投資するメリット2つ

この見出しでは、FXと比較して仮想通貨で投資する2つのメリットを解説します。

見出し

  • メリット1:いつでも取引ができる
  • メリット2:通貨のインフレが起きる可能性が低い

それぞれのメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

メリット1:いつでも取引ができる

ひとつ目のメリットは、FXと比べて仮想通貨のほうが取引可能時間が長くいつでも取引できることです。

具体的には、仮想通貨はほとんどの通貨が24時間365日取引可能であるのに対して、FXは時間こそ24時間取引が可能ですが土日は取引できません。

FXには取引ができない土日の間に価格が急変するリスクもあるので、取引時間については仮想通貨が有利です。

メリット2:通貨のインフレが起きる可能性が低い

2つ目のメリットは、通貨のインフレが起きにくいことです。

その理由は、仮想通貨は発行する上限が決められているからです。

仮想通貨の代表格ビットコインは、発行される通貨の総量が決まっているので、通貨が発行されすぎてインフレを起こすことはありません。

ただし、仮想通貨の種類はどんどん増えていて、イーサリアムなど新しく登場したものには発行の上限がない場合もあります

投資初心者にはFXがおすすめな3つの理由

この見出しでは、投資初心者にFXがおすすめな3つの理由解説します。

見出し

  • 理由1:FXは相場の予測を立てられる
  • 理由2:仮想通貨はまだ法整備ができていない
  • 理由3:デモトレードが普及している

それぞれの理由について、以下で詳しく見ていきましょう。

理由1:FXは相場の予測を立てられる

ひとつ目の理由は、FXは価格変動幅が仮想通貨よりも狭く、変動要因やタイミングといった相場をある程度予想できることです。

そのため、仮想通貨よりギャンブル性が低いといえるFXでうまく予想をたてることができれば、安定した利益を出すことができます

理由2:仮想通貨はまだ法整備などが整っていない

2つ目の理由は、仮想通貨は取引所の倒産や不正流出などの問題が発生した時の対応策が制度化されておらず法整備が整っていないことです。

そのため、仮想通貨は取引に直接関係のないリスクも存在しており、まだまだ発展途上です。

FXなら信託保全が義務化されているので、万が一FX会社が破綻しても資産は戻ってきます。

理由3:デモトレードが普及している

3つ目の理由は、本番の取引で操作に戸惑ったりミスする可能性を減らすよう、取引練習ができるデモトレードが普及していることです。

デモトレードは無料で利用できて、ツールの操作方法や実際のチャートの動きに触れられるので、積極的に活用しましょう

なお、仮想通貨にもデモ機能があるものの、あまり普及していません。

デモトレードについてはこちらの記事で詳しく解説していますよ
 
demo
FXの無料デモトレードを大活用!初心者向け練習方法と確認事項8つ
FXのデモトレードって何?初心者へ向けて先輩トレーダーが口座開設後に後悔したことを中心にデモトレードのやり方をレクチャー。この記事では口座開設前に確認すべきポイント5つと、FX初心者がリアルトレードを始める前に練習してほしい手法を紹介します。

続きを見る

投資初心者におすすめのFX会社3社

投資初心者におすすめのFX会社を3社紹介します。

見出し

投資初心者におすすめのFX会社1:SBI FXトレード

SBI FXトレード

SBI FXトレード1通貨単位から取引ができるので、約4円から取引が始められます

また、スプレッドの幅が業界最狭水準なのでコストを抑えることができる点や、口座開設時に500円のキャッシュバックがあるので、実質0円でFX取引デビューできる点も魅力的です。

さらに、長期運用でコツコツ資産を育てる「積立FX」や、リスクを限定した為替取引ができる「オプションFX」といった魅力的なサービスもあります。

詳しくはコチラ

SBI FXトレード
SBI FXトレードの評判は?公式ページに載ってない短所3つ解説
SBI FXトレードとは?積立投資の「積立FX」、損失額を限定できる「オプションFX」など、コツコツ資産を増やしたい方におすすめのFX会社です。SBI FXトレードは他社にない「1通貨単位」の少額から取引できて、とにかくリスクを抑えて為替取引できるサービスが揃っています。

続きを見る

投資初心者におすすめのFX会社2:YJFX!

YJFX!は低スプレッド業者では、あまり提供のない1,000通貨単位で取引できるので、約4,000円あればFX取引がはじめられます

デモトレードサービスも使えるので事前に取引の練習が可能ですし、取引環境やツール、特にスマホアプリの使い勝手に定評があります

また、インターネット大手のヤフーグループが運営するFX会社で、取引額に応じてPaypayか現金を受け取れる特典もありますよ!

詳しくはコチラ

YJFX!
YJFX!の評判は?長所4つからわかる人気の理由と特徴を徹底解説
YJFX!はスマホでの取引やバイナリーオプションなど、あなたの取引スタイルに合ったサービスをご紹介。他にも使い勝手の良いアプリやPayPayでの還元、お得な外貨両替など、YJFX! の魅力をトレーダーの口コミを交えながら解説します。

続きを見る

投資初心者におすすめのFX会社3:外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインはYJFX!と同様に取引単位が1,000通貨単位なので、約4,000円からFX取引がはじめられます

またデモトレードのサービスがあるので、取引ツールの使いやすさを確認したり、FX取引の練習が可能です。

外為オンラインは無料セミナーが充実しており、初心者でもしっかりと知識を身につけることができるので、安心してFXデビューできます。

また、外為オンラインの自動売買のiサイクル2取引は初期設定をすれば、プログラムが24時間自動でプロのようなトレードをしてくれます

詳しくはコチラ

仮想通貨とFXの比較まとめ

上記で紹介した「仮想通貨とFXの違い」を理解すると、今後は仮想通貨とFXのメリット・デメリットが判らないと悩むことは一切なくなり、どちらが自分に向いているのか判断できます。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨とFXは、取引対象や必要資金、価格の変動率の観点で違いがある
  • 仮想通貨とFXにはどちらもリスクがあるものの、仮想通貨のほうが不安定でリスクが大きい
  • 少額で効率的かつリスクを抑えて投資できるFXのほうが、仮想通貨よりおすすめ

投資初心者におすすめのFX会社まとめ

  • SBI FXトレードは約4円から取引できる上にスプレッドも最狭水準なのでコストを抑えことができる
  • YJFX!は約4,000円から取引ができ、スマホアプリの性能が高い
  • 外為オンラインは約4,000円から取引ができ無料のセミナーが充実している

「どちらもリスクが高そうな投資のイメージがある」と最初は思うかもしれませんが、この記事でそれぞれの違いを理解して、どちらが自分に合うのか判断してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木 教弘

荒木 教弘

当サイト編集長。株・FXトレード歴は約10年。プログラマ経験を活かし、MT4を使った自己流のチャート分析でトレードを開始。すぐに大きく利益を出したが、それ以上の損失を出して資産を減らす、という投資初心者にありがちな失敗を経験。現在は、一回の取引に一喜一憂せず、堅実に利益を積むように心掛けてトレードを継続中。

-FXの基礎

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.