FXのコツはこの2つだけでOK!?勝ち方がわからない人への処方箋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FX こつ

FXのコツってなんですか?

最近、聞かれることNo.1はこの質問です。

「そんなコツがあったらこっちが教えて欲しいくらいだよ」という本音は心の奥底に封印して、ちょっと真面目に考えてみました。

ちなみに、私自身はよく言われる毎日100円のプラスというのはコンスタントにクリアしています。

とは言え、慣らすと本当に100円くらいになってますが。

相場を読むためのテクニックやスキルは一旦置いといて、勝つためのコツは突き詰めるとたった2つのことに集約されます。

1.      証拠金に余裕を持つこと

2.      ブレずに損切りを実行すること

「え、それだけ!?」とか「それなら自分もやってるよ!」という方、詳しく説明していくので、「もうやってるよ」という方こそ、ぜひ読んでもらいたいと思います。

 証拠金って何!?

FX 証拠金にゆとりを1つ目のコツとして、「証拠金に余裕を持つこと」を挙げました。

この「証拠金」というのは、FX最大のポイントとなっている仕組みなので、改めて紹介しておきます。

証拠金とは、投資金のことなのですが、厳密には証拠金=投資金ではありません。

投資金の中でも、FXの取引専用口座に入金しているお金のことを証拠金と言います。

そして、FXはこの証拠金を元に取引をしています。

そのため、日本語で「外国為替証拠金取引」なんて言ったりもします。

つまり、投資に使えるお金が何百万円あっても、専用口座に1円も入っていなければ、FXの取引は出来ないのです。

 FXで儲かる仕組みをNintendo Switchに例えてみる

FX ゲームに例えるとここで、証拠金のことを分かりやすいように、Nintendo Switchに置き換えて考えてみましょう。

・利益が出るパターン

今、あなたの手元に5万円あるとします。

これが証拠金です。

あなたは持前の強運から見事抽選販売に当たり、念願のNintendo Switchを定価に近い金額で買うことが出来ました。

このとき、分かりやすいようにキリがいい数字で4万円でSwitchを買ったとします。

証拠金の残りは1万円です。

ただ、ここであなたは悪魔の誘惑に乗ってしまいした。

Nintendo Switchは品薄のため中古ゲーム屋さんで45,000円で買取していました。

5,000円の利益を出して、あなたは売ってしまいます。

また別の抽選に当たって4万円で買えばいいと考えました。

これは利益が出たパターンですね(個人的には、遊びたい人が買えない状況は良くないと思うので、転売は非推奨です) 

・マイナスが出てしまったパターン

しかし、このときに売らずにいたら、大分みんなの手に回ってきたようで、徐々に買取価格が下がってきました。

今の買取は3万円です。

取引に使ったのは4万円、残りは1万円でした。

買取価格が3万円なので、今売ると買った金額の-1万円、つまり、取引に使った残りが0になります。

この「今売るとこれだけのマイナスが出る」というのを、「含み損」と言います。

そして、今回のように取引で使った残りと含み損がプラスマイナス0の状態が、「証拠金維持率100%」とは呼ばれる状態です。

この証拠金の維持率という考え方がFXで最も重要な考え方になります。

それでも、「今売れば3万円と残りの1万円で4万円になるじゃないか、まだ残っているじゃないか」という方もいると思います。

そう、その通りです。

ですので、今回の取引でスッカラカンになるとすれば、売ったときに5万円の損が出たときです。

今回のNintendo Switchは買取価格がマイナスいくらというのはありえないので、5万円の損はありませんが、FXでは十分に有り得ます

また、Nintendo Switchは一度供給が追いつけば、再び買取価格や自分がネットで販売する売価が定価以上になることは基本的にないでしょう。

しかし、FXでは2つの通貨の相対評価レートのため、上がったり下がったりするのです。

 証拠金維持率が大事な理由

証拠金維持率証拠金維持率がなぜ大事かというと、証拠金維持率が低いときにのみ、強制的に決済する仕組みがあるからです。

一つはロスカット、もう一つは追証(おいしょう)です。

ロスカットというのは、FXをあまり知らない方でも聞いたことがあると思います。

もの凄く怖いものみたいなイメージがあると思いますが、先ほどのNintendo Switchの例で見てみましょう。

 ロスカットって?

ロスカットってロスカットは決まった証拠金維持率になると強制的に決済されてしまうというものです。

ちなみに、ロスカット発動の維持率は取引会社やコースごとに決まっています。

今回は50%とします。

4万円で買ったNintendo Switch3万円で売れる場合、5万円の証拠金維持率は100%というのは先ほど書きました。

では、いくらまで売値が下がると50%になるか。

結論は売値が1万円(買値のマイナス3万円)のときです。

考え方としては、残りの1万円を含み損が飲み込み、100%になってからが勝負です。

取引に使用しているのは4万円なので、その50%という形になります。

つまり、取引に使用していない残りの証拠金が多ければ多いほど100%を割りにくくなっているのです。

これが証拠金に余裕を持つ=証拠金ギリギリまで取引に使用しないということです。

まぁ、ただ、冷静に考えてみると、1ドルがいきなり10円上がったり下がったりというのは未だかつてありません。

そう考えると、ロスカットになるというのは、余程目一杯まで証拠金を使わない限りは割と避けやすい話です。

そもそも、ロスカットは急激な相場変動の際にスッカラカンになる前に決済し、少しでも証拠金を残すための仕組みなのです。

 追証って?

ロスカットは、証拠金いっぱいまで取引をしないようにしたり、比較的変動幅が少ない通貨ペアを選ぶことである程度避けることが出来ます。

むしろ、ロスカットよりも身近な存在なのがこの追証です。

追証とは、「追加証拠金」の略で、「追証の必要がある」と言った言い方をします。

ロスカットと違うところは、決められた維持率になったらすぐに発動するわけではありません。

判定時間や執行ルールは各社で違うのですが、多くの会社で共通しているのは、証拠金維持率が100%を切っている状態でニューヨーククローズ(ニューヨーク市場が閉まる日本時間の朝5時~6時頃)を跨ぐことが出来ないというものです。

やはり、ここでもキーとなるのは証拠金維持率なのですね。

ここで注意が必要なのは、例えば追証の必要額が数百円でも、証拠金として取引専用口座に入金出来る最低金額が数千円や1万円なら、それだけ必要になるということです。

 証拠金に余裕を持つことが大切な理由

証拠金が必要な理由証拠金維持率の計算式とかを小難しく書いても、なかなか伝わりにくいと思っていたのですが、今回のNintendo Switchの話、いかがでしたか?

さて、ここで、改めてなぜ証拠金に余裕を持つ必要があるのか紹介しましょう。

答えは、多くの方がコツコツ稼いで、ドカンと大きく負けてしまうからです。

実は、FXの相場で利益を出すこと、つまり、相場を予想することそのものは、意外と誰でも出来ます。

FXは、2つの通貨の相対レートなので、大きく動いてもやがて戻ってくる傾向にあります。

そのため、何となくチャートを読んでいてもそれなりに当たります。

しかし、持っている通貨の数がそこまで大きくなく、少しの変動を読んでいくと、どうしても利益は少なくなります。

そこで問題なのは予想が外れ、相場が大きく動いたときです。

ときどき、少し大きく相場が動くときがあります。

このときに、追証の危機になり、証拠金を追加しまくった挙句、仕事中などチェック出来ないときにさらにマイナスが膨れてロスカットされて大きく失うというのがバッドエンドへのシナリオです。

ちなみに、ロスカットされても確かに0にはならないのですが、このとき証拠金を追加しまくり、本当は投資目的ではなかった「手を出してはいけないお金」に手を出していると、いくら0にならないとは言え、かなりの痛手となります。

こんな事なら最初の追証のときやロスカットのときに証拠金を足さずに、強制決済されていた方が遥かに傷が浅かったはずです。

強制決済の大損を避けようとするあまり、結果としてもっと大きな損失を出してしまうというのが最大の悲劇ですなのですが、多くの場合はアフターカーニバルでしょう。

まずは、証拠金に余裕を持って、この強制決済を避けるのが先決です。

「目安として証拠金維持率はどれくらいがいいですか?」というのもよく聞かれますが、実はパーセンテージよりも大事なのはいくらまでの変動に耐えられるかです。

持っている通貨×変動分が損益につながります。

例えば、米ドル円(USD/JPY)なら、大きく動くときで1日に2円くらい、リーマンショックでは7円くらいでした。

1週間だと連続して一方に動いたりもしますので、もう少し余裕を持ってもいいかもしれません。

ということは、10円以上耐えられるくらいの証拠金に余裕があればある程度安心して取引出来そうです。

1,000通貨単位(通貨ペアの単位、今回ならドルです)持っているなら、10円動くと1万円です。

よく聞く「5,000円から始めらるFX」というのは、ほとんどこの米ドル円を1,000通貨単位持つパターンです。

このとき、証拠金の残りはどんなに頑張っても1,000円はありません。

つまり、1円動くと1,000円分なので、証拠金維持率が1,000円を割ってしまう状況は比較的起こりやすいのです。

 レバレッジについて

これも誤解されやすいのですが、証拠金に余裕を持つ上でこのレバレッジを上手く利用しない手はありません。

レバレッジとは、証拠金に倍率をかける仕組みです。

例えば、国内FX取引会社の最大レバレッジは25倍ですので、先ほどのNintendo Switchの例だと4万円÷251,600円でNintendo Switchを買うことが出来ます。

米ドル円の場合だと、1,000通貨単位は1,000ドル分です。

レバレッジを全くかけない=レバレッジ1倍の場合、1ドル113円×1,000通貨単位だと、11万円強必要です。

これだと、多くの方がFXをやろうと思えないのではないでしょうか。

ここでレバレッジを25倍にすると、4,520円で取引出来ます。

そして、5,000円の証拠金ならば残りは480円。

所持通貨単位は1,000通貨単位ですから、1ドルあたり0.48円動くと480円分です。

米ドル円は比較的変動が少ないとは言え、結構シビアな読みをしなくてはなりません。

なお、この1,000通貨単位の状態で0.1円の読みを当てていくと100円の利益です。

1100円の理屈はこういう形です。

ちなみに、レバレッジのリスクは、所持通貨単位が大きくなることで同じ変動幅でも影響が変わってくるということです。

同じ1円の変動でも、1,000通貨単位なら1,000円分、1万通貨単位なら1万円分です。

ただし、レバレッジを低くするとそれだけ取引にお金が必要なので、結局証拠金の残りが少なくなりがちです。

レバレッジに関係なく、証拠金は残しておく必要があります。

ということは、レバレッジを可能な限りかけつつ、使う証拠金は抑えて温存しておくというのがベストです。

よく巷でイメージされているような「レバレッジを掛けた分だけ借金を負う」みたいな仕組みではないのですね。

 「ブレずに損切りを実行する」って何!?

ぶれない FXもう一つのコツとして、ブレずに損切りを実行するというのを取り上げました。

損切りは、実は言葉としては「ロスカット」そのものなのですが、FXでのロスカットは紹介したように強制決済なので、少し区別する必要があります。

損切りとは、損失が大きくなる前に確定させてしまって、マイナスを最小限に抑えようというものです。

FXの取引は常に売りと買い、買いと売りがセットでプラスマイナスが確定します。

先ほどのNintendo Switchは買ったら自分が遊ぶとかで「売らない」ということが出来ますが、FXの場合は買ったものは売らないと損益が確定しません。

いくら「今売ったら何万円の利益だ」と喜んでいても、急転直下で暴落すればその利益はもうどこにもありません。

そう考えると、含み損もまだマイナスとして確定していないので、実はそこまで頭を抱えなくてもいいのですが、FXでは証拠金維持率による強制決済ルールがある以上無視する訳には行きません。

言い換えると、どんなにマイナスが出ても証拠金に余裕を持っていれば、じっと相場が戻るのを待てば実は負けません。

ただ、この方法だとじっと待ってる間がどれくらいの期間になるか分かりません。

数日かもしれないし、数週間かも知れません。

負けないという意味ではこれでいいかもしれませんが、1ヶ月終わってみて通算の利益はこれだけかぁとなりがちです。

そこで必要なのが損切りです。

具体的には、「逆指値」と言っていくらまで含み損が出たら決済してしまうという注文指示を出しておきます。

これにより、相場が急変したタイミングを逃さずにいち早くマイナスを確定させることが出来ます。

しかし、実はこれ典型的「言うは易し」です。

FXの相場は戻りやすいので、ここでマイナスを確定させなくてもまたすぐに戻るかもしれないと思いがちです。

そもそも、誰だってマイナス決済はしたくないものです。

これが「ブレずに」という部分です。

相場の動きから逆指値を決めたら、ブレずにしっかりと決済すること。

決済すれば、Nintendo Switchのときと同様売ったお金はまた戻りますし、また新しい仕掛けるタイミングが来ます。

むしろ、大きく動いた後ならその反動で再度上がることがある筈です。

今度はその急落した底値を探る訳ですね。

FXのいいところは、変動そのものが損益に繋がります。

ですので、1日の取引が終わって、始値と終値が仮に同じでも、そこに至るまで1円下がって1円上がってを繰り返し、そのタイミングと読みを間違えなければ確実に利益が積み重なってきます。

 FX2つのコツのまとめ

FX こつとは何かFX2つのコツとは、証拠金に余裕を持つこと、ブレずに損切りを実行することでした。

証拠金に余裕を持っていないと、追証やロスカットによる強制決済が鎌を持つ死神のように狙っています。

また、この証拠金に余裕を持たせるためには、レバレッジも十分に使うことが重要です。

損切りについては、「マイナスを少しでも出したくない」という誰もが持つ心理が邪魔しがちですが、被害が大きくなる前に食い止めるという非常に大事な考え方です。

強制決済を避けるために証拠金を追加していたら結局大損してしまったというのは本当に悲劇です。

この2つをコツをしっかりと実行して、「勝てるようになっては来たけど、もっと勝率上げたいな」とかもっと色々知りたいなという方、素晴らしいです!

もう初心者のほとんどが負けると言われる初心者は卒業です。

そのあとはチャートの見方や分析、政治や経済の情勢などで勝率を上げていきましょう。

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX GMOクリック証券 iサイクル

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!

の超人気会社で50万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFX

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。