安心してFXを始めるために知るべきFXに感じる怖さの4つの原因と対策

この記事で解決できる悩み

  • FXは怖いものなのか知りたい
  • 怖い原因と対策を教えて欲しい
  • 初心者でも安全に取引できるFX会社はどこ?

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「FXの怖さの原因と対策」を理解すれば、FX初心者でもFXの何が怖いのかが判ります。

なぜなら、私もこの方法でFXの怖さを払拭して、安全なFX会社で取引を始められたからです。

それでは、以下で「FXの怖さの原因4つとその対策」について紹介します。

FXは怖くない!怖さの原因4つとその対策

FX始めたいけど怖い…取引で大損したらどうしよう、稼げる気がしない
FX=怖いと思っていませんか?原因を探ることで解決できるかもしれませんよ!

FXが怖いと思う原因とその対策を知れば、失敗を回避して安心してFXを始められます。

怖さの原因4つ

  • 原因1:FXで借金を負うことの怖さ
  • 原因2:大きな損失を出す怖さ
  • 原因3:勝てない怖さ
  • 原因4:利益が増え過ぎたときの怖さ

さまざまな怖さがありますが、根拠を持って取引すれば怖くありません。怖さの原因と対策について、以下で詳しく見ていきましょう。

FXの怖さの原因1:FXで借金を負うことの怖さ

ひとつ目の原因は、FXで借金を負う怖さです。

その理由は、FXを知らない人の中には、漠然とFXで損失を出すと多額の借金を背負うリスクがあると思っているからです。

しかし、FX会社には、資金の範囲内で損失を強制的に確定させる「強制ロスカット」という仕組みがあるので、たとえ損失が膨らんだとしても基本的には借金を負うことはありません

「ロスカット」については、こちらの記事にて詳しく紹介しています!

詳しくはコチラ

FX初心者でもわかるロスカットの仕組みとロスカットを防ぐ方法3つ
FX初心者でもわかるロスカットの仕組みとロスカットを防ぐ方法3つ
ロスカットの仕組みをしっかり理解することで、強制決済を未然に防ぐことが出来ます。たび重なるロスカットでお悩みの方は、現在お使いのFX業者に問題があるかもしれません。このサイトを参考にして貴方にあったロスカット発動条件を是非見つけてください!

続きを見る

借金を負う4つのケース

まれに借金を負うケースとして、どういったものがあるか紹介します。

借金を負う4つのケース

  • 急激な相場変動で強制ロスカットが実行されない
  • ポジションを持ったまま土日を迎え、その間に相場が急変
  • FX会社のシステム障害で取引できなかった
  • 自分で借金をしてFXの資金に充てた

不可抗力のケースもあるものの、自分から原因を作ったり、避ける・軽減できるリスクもあります。

詳しい対策については、次の見出しを参考にしてください。

FXで借金しない対策4つ

上記のようにFXで借金するリスクがあるものの、以下の4つの方法で対策できます。

FXで借金しない対策4つ

  • 対策1:ハイレバレッジ取引をしない!
  • 対策2:エントリー時に必ず逆指値注文する!
  • 対策3:土日を跨いでポジションを持たない!
  • 対策4:借金をしてFXの資金に充てない!

それぞれの対策について、以下で詳しく見ていきましょう。

対策1:ハイレバレッジ取引をしない!

ひとつ目の対策は、ハイレバレッジ取引をしないことです。

その理由は、レバレッジを低くして取引量を減らすと、損失を出したときの損失額を抑えられるからです。

そのため、初心者はレバレッジを3倍程度に抑えることで、借金を抱えたり、大損するリスクを避けられます。レバレッジを最大の25倍効かせて取引量を増やして失敗すると、損失はレバレッジ3倍と比べて約8倍になります。

対策2:エントリー時に必ず逆指値注文する!

2つ目の対策は、エントリーの際に必ず損切りの逆指値注文を入れることです。

なぜなら、たとえ損失を出したとしても、逆指値注文があればその取引での損失額を確定できるからです。

逆指値注文

1米ドル円=110円の買いポジションを持っていて、105円で逆指値注文を出しておけば、105円以下に下がっても、レートが105円になったタイミングで決済されるので、損失は5円分で確定します。

対策3:土日をまたいでポジションを持たない!

3つ目の対策は、ポジションを土日に持ち越さないことです。

その理由は、決済注文ができない土日にイベントが起こると、週明けに相場が乖離して、大きな損失が出る可能性があるからです。

このような土日の相場の急変を避けるためには、忘れずに金曜日中にポジションを決済しましょう。

対策4:借金をしてFXの資金に充てない!

4つ目の対策は、借金をしてまでFXをやらないことです。これは「大きな損失を一気に取り返そう」や「大きく稼ごう」といった感情が働き、自分の判断で借金するのが原因です。

冷静な判断をして安定的にトレードするためにも、投資資金として生活費を捻出したり借金するのではなく、基本的に余剰資金の範囲で行いましょう

FXの怖さの原因2:大きな損失を出す怖さ

2つ目の原因は、借金をしないまでも大きな損失額を出すのではないかと怖さを感じることです。

しかし実際には、自分が用意できる資金に見合わない取引量で取引した結果、大損しているといえます。

例えば、資金が10万円しかないのに、レバレッジを最大の25倍使い、250万円分の取引量でギリギリのトレードをするからです。

「ハイレバレッジ≠怖い」ではない

ハイレバレッジは資金よりも多い取引額を取引できる仕組みなので、取引額が変わらなければ損失額(利益額)は変わりません。

問題なのは、ハイレバレッジで資金に見合わない取引額で取引することです。そこで、損失額の計算を2パターンで行ってみましょう。

損失額の計算

  • 200万円の資金でレバレッジ1倍
    2万米ドル(200万円=200万円×1倍)×1米ドルあたり2円の損失=4万円の損失
  • 8万円の資金でレバレッジ25倍
    2万米ドル(200万円=8万円×25倍)×1米ドルあたり2円の損失=4万円の損失

このように、証拠金残高がマイナス4万円になる後者のパターンが怖いのです。

FXで大きな損失を出さない対策2つ

以下の2つの対策を取れば、大きな損失を出すリスクを避けられるのでおすすめです。

FXで大きな損失を出さない対策2つ

  • 対策1:資金管理をする
  • 対策2:少額取引で経験を積む

それぞれの対策について、以下で詳しく見ていきましょう。

対策1:資金管理をする

ひとつ目の対策は、資金管理をすることです。

なぜなら、エントリーから損切りまでの幅で逆算して、取引量を決めてエントリーすることで、1回の取引で出る損失額を確定できるからです。

そこで、株やFXの資金管理で有名な「2%ルール」をおすすめします。これは、1回の取引で取る損失リスクを資金の2%以内にする手法です。

対策2:少額取引で経験を積む

2つ目の対策は、少額取引で経験を積むことです。

その理由は、損失を経験した時にどれくらいの精神的ダメージがあるか確認し、取引量を調節できるからです。

実際に損失を出して、その損失額で大きく動揺して感情が動く場合は、取引量が多すぎます。安定してトータルで利益が出せるようになるまでは、もっと取引量を下げましょう。

FXの怖さの原因3:勝てない怖さ

3つ目の原因は、FXで勝てないのではないかと怖れることです。これは、たとえ少額取引で毎回の損失額が小さくても、負けが続くと自信をなくしてしまうため「FXを怖い」と感じてしまうのです。

FXに限らず、仕事やスポーツ、日常生活においても、失敗が重なると自信をなくしてしまう気持ちは判ります。

FXで勝てない怖さの対策2つ

以下の2つの対策を取れば、FXで勝てない怖さを克服できます。

FXで勝てない怖さの対策2つ

  • 対策1:ルールを作る
  • 対策2:デモトレードで取引経験を積む

それぞれの対策について、以下で詳しく見ていきましょう。

対策1:ルールを作る

ひとつ目の対策は、自分なりのトレードルールを作ることです。

その理由は、ルールを作らずに一貫性のない判断で取引していると、安定して勝つことができないからです。

取引ルールの中でなら、損失を出したとしても「確率の低い相場の動きをされたから仕方ない」と割り切れたり、ルールを改良することで、勝てるようになります。

対策2:デモトレードで取引経験を積む

2つ目の対策は、デモトレードで取引経験を積むことです。

なぜなら、FXの経験やノウハウ習得が未熟な場合は、どうしても損失を出すことが多いからです。そのため、デモトレードを利用してFXの経験やノウハウを習得してから、実際の取引を始めましょう。

DMMFXや外為オンラインが、無料のデモトレードサービスを提供していておすすめです。

FXの怖さの原因4:利益が増え過ぎた時の怖さ

4つ目の原因は、利益が増えすぎた時の怖さです。これは、自分の金銭感覚に合わない取引をしようとする時に感じられます。

例えば、資金100万円でFXを始めたとして、3,000万円の利益を出した時に、さらにその金額を使って取引することに怖さを感じる場合です。

急に儲かったお金の取り扱いについては、下記のような工夫をして、精神的な負担を軽減しましょう。

利益が増え過ぎたときの怖さ対策

上記の例でいうと、3,000万円を全て使って取引するのではなく、利益の一部を移して、また始めから100万円や200万円といった資金を基準とする取引量に戻しましょう。そうすれば、精神的な負担をかけず、むしろ気持ちに余裕を持って取引ができます。

このように、金銭感覚にあった資金と取引量でFXを続けることが大切です。

FXは怖くない!安全なFXの始め方3ステップ

FXが怖い人は、安全にFXを始めるために、以下の3ステップを踏むといいです。

安全なFXの始め方3ステップ

  • ステップ1:本で勉強
  • ステップ2:無料のデモトレードで練習
  • ステップ3:少額取引ができる口座を開設

それぞれのステップについて、以下で詳しく見ていきましょう。

ステップ1:本で勉強する

ひとつ目のステップは、本で勉強することです。

本からFXの仕組みや用語を網羅的に理解すれば、効率的にFXの知識が身につきます。しっかりした知識があれば、精度の高い相場の分析ができたり、予想外の事態が生じても対応できる力が高まります。

自分のお金を守るためにも、面倒がらずに勉強しましょう。

初心者にオススメの本はこちらの記事で紹介しています。ぜひご参照ください!

詳しくはコチラ

【2020年版】FX初心者にオススメの入門書3冊と勉強本2冊
この記事で解決できる悩み FXについての基礎知識が得たい 基礎知識の習得におすすめの本が知りたい 基礎知識の中でも押さえるべきポイントが知りたい といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事 ...

続きを見る

ステップ2:デモトレードで無料で練習する

2つ目のステップは、無料のデモトレードで練習することです。

デモトレードなら、実際の資金を使わずにFX取引を練習できるので、失敗を怖れずにいろいろな取引パターンを試せます

勉強したことが実際の相場で通用するのか、自分の相場予測がどれくらい当たるのか、取引ツールは使いやすいかなどを確認しましょう。

デモトレードで練習は大事!ツールの使い方や自分に合ったFX会社なのかを確かめましょう。詳しい紹介はこちらの記事にまとまっています!

詳しくはコチラ

demo
FXの無料デモトレードを大活用!初心者向け練習方法と確認事項8つ
FXのデモトレードって何?初心者へ向けて先輩トレーダーが口座開設後に後悔したことを中心にデモトレードのやり方をレクチャー。この記事では口座開設前に確認すべきポイント5つと、FX初心者がリアルトレードを始める前に練習してほしい手法を紹介します。

続きを見る

ステップ3:少額取引ができるFX会社で口座開設

3つ目のステップは、少額取引ができる口座を開設することです。

取引を少額から始めると、たとえ損失を出したとしても損失額が少なくて済みます。取引金額が小さければ、大きなプレッシャーがかからないため、冷静に取引できます。

また、デモトレードがないFX会社を使う場合、失敗しても少ない損失で本番の取引ツールを試せます。

少額での取引はリスクが下がるので初心者におすすめです!少額取引についてはこちらの記事も勉強になりますよ!

詳しくはコチラ

FXは4円から取引できる!初心者が少額投資で儲けるためのコツ5つ
FXは4円から取引できる!初心者が少額投資で儲けるためのコツ5つ
FX初心者のあなた!実はFXって「4円」からの少額でもOKって知ってました?FX歴1ヵ月の筆者は1万円からスタートしました。FX少額投資なら低リスクでトレードスキルがめきめき上達!少額取引を無駄にしないポイントと注意点を経験からお伝えします。

続きを見る

低リスクでFXができる口座の選び方3つ

低リスクでFXをするために口座を選ぶポイントを3つ紹介します。

口座の選び方3つ

  • 選び方1:信託保全されている国内業者
  • 選び方2:少額取引が可能
  • 選び方3:デモトレードがある

それぞれの選び方について、以下で詳しく見ていきましょう。

選び方1:信託保全されている国内業者

ひとつ目は、信託保全されている国内のFX会社を選ぶことです。

その理由は、トレーダーの資産が外部の金融機関に信託保全されていると、万が一FX会社が経営破綻しても、口座に預けていた資金が返ってくるからです。

保有していたポジションは決済されてしまうものの、決済後の残金は戻ってくるので安心して取引できます。

選び方2:少額取引が可能

2つ目は、少額取引ができるかどうかです。

その理由は、最小通貨単位が1,000通貨の少額取引ができると、万が一損失を出したとしても最小通貨単位1万通貨の場合の10分の1で済むからです。

さらに、スプレッドが低いFX会社を選ぶことで、取引コストも抑えられます。基本的に米ドル円のスプレッドを基準にすることが多く、0.3銭が業界最低水準の目安です。

選び方3:デモトレードがある

3つ目は、デモトレードがあるFX会社を選ぶことです。

その理由は、デモトレードで取引練習すれば、たとえ損失を出しても実際の資金に影響なく、取引経験が積めるからです。

特に初心者は、自信がつくまではデモトレードで本番の感覚を経験してから、実際のお金を使ってFX取引を始めましょう。

初心者におすすめのFX会社3社

上記のようにリスクを抑えてFXができる口座の選び方をもとに、国内のおすすめFX会社を3社紹介します。

おすすめのFX会社3社

それぞれのおすすめポイントについて、以下で詳しく見ていきましょう。

おすすめFX会社1:SBI FXトレード

SBI FXトレード

ひとつ目のおすすめFX会社は、SBI FXトレードです。

なぜなら、FX会社の中で唯一、1通貨単位の少額取引が可能だからです。金額にすると4円から取引できるので、本番が不安という人でも、リスクをかなり抑えて経験が積めます。

他にも「オプションFX」で損失を限定できるサービスや「積立FX」でコツコツ運用するサービスなど、リスクを抑えたサービスがあります。

おすすめFX会社2:YJFX!

2つ目のおすすめFX会社は、YJFX!です。

なぜなら、1,000通貨単位(約4,000円)の少額取引が可能だからです。

また、YJFX!はネット大手ヤフーグループが運営するFX会社なので、システム障害のリスクが低く、取引環境が安定していると定評があります。

無料のデモトレードサービスもあるので、本番の経験を積みたい人や、取引ツールの使用感を確かめてから取引したい人におすすめです。

おすすめFX会社3:外為オンライン

外為オンライン

3つ目のおすすめFX会社は、外為オンラインです。

その理由は、YJFX!と同じく1,000通貨単位の少額取引ができるからです。また、無料のデモトレードのサービスがあるだけでなく、トレーダースキルに応じた無料セミナーを全国で多数開催いています。

このように、外為オンラインはFX初心者へのサポートが充実しているのでおすすめです。

FXが怖いと思われる原因・対策まとめ

上記で紹介した「FXが怖くなくなる対策」を実践すると、今後はFXのどこが怖いのか判らないと悩むことは一切なくなり、怖いイメージを払拭してFXを始められます。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

この記事のまとめ

  • FXで借金を抱えるケースはほとんどなく、自分の金銭感覚に合った量で取引するなど、対策すれば安心
  • FXでの大きな損失を出す怖さは、資金管理と少額取引で解消、FXで負け続けることの怖さは、勝てる取引ルールの確立とデモトレードで解消できる

おすすめのFX会社3社

「対策が多すぎて、自分でできるか不安」と最初は思うかもしれませんが、この記事を読んで、ひとつひとつ身につけていけば大丈夫です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木 教弘

荒木 教弘

当サイト編集長。株・FXトレード歴は約10年。プログラマ経験を活かし、MT4を使った自己流のチャート分析でトレードを開始。すぐに大きく利益を出したが、それ以上の損失を出して資産を減らす、という投資初心者にありがちな失敗を経験。現在は、一回の取引に一喜一憂せず、堅実に利益を積むように心掛けてトレードを継続中。

-FX初心者

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.